スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクウィッチーズ op.12~ストライクウィッチーズ~

2008年09月24日 23:56

泣いても笑っても今回で最後の第12回。
本当に最後まで余すことなくウィッチーズの固い絆を見せてくれました。



・ストライクウィッチーズ、再び

<あらすじ>
坂本少佐が車椅子に隠し持っていたストライカーユニットで芳佳がウォーロックに単身立ち向かう。解散したウィッチーズは一人で戦う芳佳を助ける為に、再び集結。最後の戦いへ「ストライクウィッチーズ」が挑む!



<感想>
今回の話もちゃんと全員に役割が与えられていて、どのキャラクターも存分にその存在を発揮していましたね。
芳佳が坂本少佐に諦めないと言い切ったその姿は格好いいですよね。その姿にさしもの坂本少佐も久々の豪快さんに。坂本少佐の大笑いも復活です。



ラスボスがでかいのはもう王道中の王道。燃えるなぁ。
ウォーロックを中心にウィッチーズが散開していく絵がとてもいいですね。

ペリーヌの電撃はここで初出しの方が良かったかもね。8話で出しちゃってたから少し驚きが薄れてしまいましたね。
武器も失い、最後のコア破壊はどうするのかと思いきや、ストライカーユニットアタックですか!?何か某スーパーロボットのロケッ○パンチのようだw

EDでウィッチーズ解散後のメンバーの様子が微笑ましかった。
意外だったのはペリーヌとリーネ。てっきり、ペリーヌは坂本少佐についていくもんだと思ったけど、故郷に帰って行ったのね。何故かリーネも一緒だけど、ペリーヌさん一人じゃ可哀想だからとか思ったりしたんだろうか。



最後は驚きの展開でしたね。もう2期を意識してるかのような感じでしたね。
しかし、最後の最後で花澤香菜さんですかい。本当にこのアニメは声優陣も豪華でしたよね。



アイキャッチは芳佳。ラストバトルに挑む芳佳の姿は勇ましく、そして、本当に成長を遂げたなぁと思います。

EDは全員で。声がかぶさったりでよく聞こえなかったのですが、大団円で喜びの唄みたいな雰囲気でしたかね。



股監督としてその名を知らしめた高村監督ですが、王道好きということで、同じく王道好きの私としてはこの監督は分かってるなぁと何故か上から目線。ラストにウォーロックと赤城を融合させて巨大戦艦っぽくしてウィッチーズ全員で挑む風に持っていったのは最高に燃える展開だった。
何にせよ、監督がこういう方だから私も楽しめたのだと思う。もちろん、監督のみならずスタッフ、キャスト陣全員の力を結集してできた紛れもない良作アニメでしたね。本当にお疲れさまでした。



さてはて、早くも2期を待望する声がかなりあるわけで、製作サイドもそれを意識したかのような締め方でしたね。
個人的にはそういうのはやってほしくなくて、一つの作品なら一つの作品としてきっちり終わらせて欲しかった。
結局、最後まで謎は謎のままでしたし。むしろ、謎が増えましたかね。

・ネウロイが芳佳に対して、ウォーロックと接触している映像を見せた意図は何なのか?
・ウォーロックを倒したら、ネウロイの巣が消滅したのは何故か?
・結局、ネウロイってなんなのさ?
・結局、芳佳の父親は生きてるの?何してるの?




後、前回にも指摘しましたが、ネウロイの技術を利用することは何がいけないんだろう?
この点で、マロニーにはまだ「何か」あると思いましたが、何もなかったようだし・・・うーん。
と、まぁ、問題点といいますか、不満点もないこともない。



私としても、当然2期希望ですよ。
現在、「ストライクウィッチーズ」はアニメ、小説、漫画と三つのメディアで展開されていますが、以前に販売された同人誌「アフリカの魔女」によるとアニメ版はブリタニアからガリア方面の西部戦線、小説版はスオムス方面の北方戦線、同人誌では地中海からアフリカ方面のアフリカ戦線を描いていると。漫画の方はよく分からないのですが、他にも、ウラルからカールスラント方面の東部戦線、扶養方面の太平洋戦線と五つも舞台があるようです。
こうなると、いくらでも続編はやれそうですよねw
今回、出てきた諏訪天姫とは漫画版のキャラクターらしいのかな?
だから、もし、2期があるならこの漫画版で展開されてる戦線がメインにくるかもしれませんね。

(追記:今しがた色々と調べましたら、漫画版といっても現在連載されてる方じゃなくて、以前にやってたのもあるのね。で、諏訪天姫とはその時のキャラクターなのね。どうも扶養が舞台だったようだから、2期は扶養方面の太平洋戦線でしょうかね?これなら、今回のようにゲストキャラクターとして芳佳や坂本少佐も出せる?時間軸が全然分からないから、よく分かんないんですけどね)

(さらに追記:公式サイトの坂本少佐の歴史講座 第6回が更新されましたが、こちらでも思いっきり2期匂わせる発言がありましたね。それにしても、基地探訪の芳佳とリーネのやり取りは本当に見事な百合っぷり。あのイチャイチャっぷりはもっと見たいよ、うん)
スポンサーサイト

ストライクウィッチーズ op.11~空へ・・・~

2008年09月17日 18:12

何か分かんないけど、盛り上がってきたー!の第11回。
程よい緊張感と適度な安心感があったいい回だったと思います。前回はこの「緊張感」しかなかったら辛かったんだろうな。



・ウォーロックの創設とウィッチーズの解散

<あらすじ>
帰還したウィッチーズ隊に待っていたのはマロニー大将。そしてその口から告げられる言葉は、正体不明機だったウォーロックの創設と芳佳の軍規違反その他諸々によるウィッチーズの解散だった。



<感想>
マロニーちゃんってば、まぁ、何て可愛いオジサマだこと。ウォーロックとネウロイの接触のことを突かれたところで、あのうろたえっぷり。小物臭たっぷりです。中BOSSチックです。でも、大将なんだよね。
島田フミカネ氏のブログによると、マロニーには世界征服とかいう思考はないのね。私の予想はすでに外れてます。お前はすでに死んでいる状態です。もう、この人はただ単に軍の中でのさばりたいだけですか。ますます、小物臭が漂う。
戦いはいつの時代も男がやるもの、ってことでしょうかね。



そして、バラバラのウィッチーズたち。リーネがあまったようなので、私がお持ち帰りしてイチャイチャし

カールスラントの三人娘は、何ていうか、さすがに同郷だけあって、バランスが絶妙だね。
姉バカバルクホルンさんの赤面うろたえっぷりに悶え、ミーナお姉さまの「はいはい、気持ちはわかったわ」の時の指の動きに???し、エーリカのセクシーギャルポージングに悩殺され・・・この三人娘のシーンが今回の言う「安心感」なんだろうなと思う。



とうとう、ウォーロックが実戦投入されます。
様々な懸念があったものの、ウォーロックはネウロイに対して圧倒的な力を見せて勝利した。
しかし、ネウロイを殲滅したウォーロックは暴走し味方にその矛先を向ける。

ウォーロックとネウロイの接触ってばれちゃまずいのですかね?ネウロイを研究して倒す為の力を手に入れるという点において、悪いことはやってないように見えるのですが、これが知られたくないということは、まだ、「何か」があるんでしょうね。マロニーがウォーロックを扱いきれてないところにその「何か」があるような感じがしますね。
それに、ネウロイが芳佳に対して、ウォーロックと接触している映像を見せた意図は何なのか?
まだまだ謎は残っています。



そして、暴走したウォーロックに対し、坂本少佐が隠し持っていたストライカーで芳佳は再び空へ向かう決意を固める。

次回、いよいよ最終回。とにかく、全ての謎を明かして大団円で占めてください。
にしても、ラスボスはウォーロックとは。この感じだと、どう考えても尺足りないよね。



アイキャッチはカールスラントの3人。なんか切なくなるアイキャッチ。

EDは坂本少佐とペリーヌ。ペリーヌの念願の夢叶うってとこですか。
「コンプリートエンディングテーマコレクション」欲しいなぁ。



次で「ストライクウィッチーズ」の記事もラストですね。
何か、この分だともう2期あるような気がするんですけど、どうなのか。DVD売り上げにもよるんでしょうが、割といい数字が出るんじゃないですか。これだけ、けしからん娘がいたら、「お金」という事情を抜きにすれば、誰もが買うでしょうよ。特典も充実してますし。まぁ、私としてはオーディオコメンタリーがあれば、と思うが、私は買えそ・・・いえ、何でもないです・・・はい。



次回、空に再び乙女は集い―――。

ストライクウィッチーズ op.10~信じてほしい~

2008年09月10日 15:59

ギスギスしてる第10回。
7話の頃のバカ騒ぎがすごい懐かしく感じるね。



・錯綜する思惑

<あらすじ>
芳佳は命令違反によりミーナから自室禁錮処分を言い渡される。しかし、あの時のネウロイとの邂逅で感じたものは何だったのかを確かめる為に部屋を抜け出す。しかし、そんな彼女の前に一人の人物が現れる。



<感想>
坂本少佐が被弾したのは芳佳のせいだと言い放つペリーヌと芳佳ちゃんは一生懸命やっているとかばうリーネ。
互いの愛する者を守ろうと必死です。愛憎劇です。昼ドラです。ドロドロしてます。

そして、今度は坂本少佐を救えるのはあなただけなんだからしっかりしなさい!と芳佳に言い放つペリーヌ。
あれ?ヒステリー起こしてるのペリーヌだけか。
でも、被弾したのが坂本少佐じゃなかったらここまでヒステリーにならなかったりw



今回の風呂場シーン、ミーナお姉さまと坂本少佐とペリーヌ以外全員おいでなさってではないか!
過去最多ですか!?パラダイスですか!?
さすがの三重テレビでも湯気が濃いw画面が白いw
ルッキーニの瞳も坂本少佐の魔眼ぽくギアス発動したのは噴いたwルッキーニがシャーリーを持っていくなら、私はリーネを・・・いや、美乳のバルクホルンさんでも・・・いや待て、ないと密かに落ち込むサーニャでもい

この風呂場のシーンでもその前の食堂でのシーンでもわかるけど、みんなが芳佳の心配してます。



病室で坂本少佐になでなでされるペリーヌ。
やっとこさ想いが通じたって感じですね。ペリーヌも嬉しそうだ。
まぁ、某所ではペリ犬とも呼ばれておりますが、このネーミングは何だかすばらしいw
このシーンの坂本少佐とペリーヌは正に飼い主と犬そのものという関係に見えて、思わず噴いてしまったw



自室禁錮の処分を受けた芳佳ですが、人型ネウロイのことが気になって脱走を図ります。リーネはそれを予期していたのか格納庫で芳佳を呼び止めます。
そこでのリーネの芳佳に対する想い。いや、本当にリーネはいい娘だよ。友情関係じゃ止められない!愛情関係まで発展してます!!
あれだけストレートに言われたら、言われた方は心にストンと何か来るものがあるよね。
現実でこういうことを言ってくれる人がいるなら、その人は永遠に大切にしてあげるべき人です。



脱走した芳佳が向かった場所は以前に人型ネウロイと遭遇したポイント。そこで、再び人型ネウロイと遭遇した芳佳はネウロイの巣へと誘われる。
ここで、謎が一気に解明されるのかなと思いましたけど、次回に持ち越しみたいですね。何となくネウロイのコアがキーになってる感じはありましたけど。

そこに、正体不明機が近づく。その気配を感じ取ったのか、人型ネウロイは芳佳との接触を中断して巣の外へ出て迎撃体勢に入ります。それに巻き込まれる形のウィッチーズ隊。
ここからの作画がすごいとは色んなところで言われてますが、本当にすごい。ビームがビュンビュン。
Aパートと比較するだけでも、ウィッチーズのみんなが綺麗だと分かりますよね。特に、髪を見ればその差が一目瞭然。

ネウロイの放つビームと同質のビームを持った正体不明機により人型ネウロイとネウロイの巣の中のコアも破壊。芳佳を無事に救出したウィッチーズ隊は基地へと帰還。そこで待っていたのはトレバー・マロニーと銃を持った部下たち。そして、例の正体不明機。取り囲まれるウィッチーズ隊。はたして、マロニーの考えとは?
全ての謎は一気に次回で明らかにってとこですね。坂本少佐の反応から察するに私としてはネウロイはどんな事情があるとはいえ「敵」だと思っていますが、どうなるのか。私の予想は前回の記事のまま次回を迎えたいと思います。

次回と最終回のAパートを使って最終決戦みたいな雰囲気ですかね。で、Bパートがその後の日常パートでしょうか。ただ、次回が公式の次回予告を見た感じ今回ほどシリアスっぽくなさそうなのは気のせいか。むしろ、結構、日常チックに見えてしまった。
それにしても、後、2話ですか。早いなぁ。



アイキャッチは芳佳、坂本少佐、人型ネウロイ。背景の色合いが佳境に入ってる雰囲気を出してていいです。

EDは芳佳とミーナお姉さま。
公式の次回予告でミーナお姉さまがEDの指の動きっぽいのをやってるシーンがあって、そこがすごい気になるんですけど。一体どういう状況であのシーンが生まれたんだw



次回、離れ離れのウィッチーズ隊。

ストライクウィッチーズ op.9~守りたいもの~

2008年09月06日 20:20

坂本少佐が被弾して、スーパーピンチの第9回。
物語は終わりに向けて加速する。



・謎の手紙とトレバー・マロニー

<あらすじ>
ミーナの下に届けられた差出人不明の謎の手紙。坂本少佐とミーナの予想通り、その影に潜むのはトレバー・マロニーなのか、それとも―――。



<感想>
前回の引きからですね。
ミーナが坂本少佐に銃を向けたその意図は・・・おー、「引退勧告」だ。みなさんの予想、大正解。すごいですなぁ。
ただ、銃突きつけたくらいだからもっと私たちの斜め上を行く予想外の展開にも期待してたんですがね。いや、このアニメは王道だからこれでいいんだ、うん。
でも、やっぱり「引退勧告」なら銃突きつけなくてもねぇ。まぁ、坂本少佐にはそんな格好で・・・と言われてましたが、胸をチラ見せのドレス姿で悩殺されつつ、ミーナお姉さまに銃で撃たれるなら本望だ!w

坂本少佐とミーナお姉さまは知ってか知らずかではあるがネウロイの本質にすでに触れてるみたいなのかな。
しっかし、トレバー・マロニーって、急に出てきましたね。しかも、3話でブリタニア首相と一緒にいたあの人ですか。

個人的にネウロイはウィッチーズにとって明確な「敵」でいいです。その後ろに人である(もしかしたら、人ではなくネウロイとか?今回のネウロイも人型になったし)トレバー・マロニーがいて、まぁ、こいつがネウロイ使って世界制服でも目論んでて、ウィッチーズがそれに気づいて最終回はフルボッコでいいんじゃない?やっぱ、最後はウィッチーズ全員の仲間パワーが見たい。ラスボス倒すのにもう一息なんだけど、もはや誰も魔力が残ってない。そこに離脱していた坂本少佐がやってきて全員の力を結集してエンド・・・とかダメですかね?
(追記:ネウロイの項目のところ・・・世界「制服」になってる。なんだ、私はトレバー・マロニーはウィッチーズ隊の制服でもコンプリートしようってかwなに、そのロマン)



サーニャがいっつもエイラの部屋に侵入してる気がするんですけど、何か?
この2人はいつ見ても安心感たっぷりだね。和むー。
最早、サーニャは確信犯としか思えないwエイラもすごい嬉しそうだしね。
「今日だけだからな」と言うエイラの言葉とサーニャの服が部屋に脱ぎ捨てられてるのとセットで、何て言うのさ、うん、まぁ、なんか、ドキドキしてこないか?

ドジッ娘姉バカトゥルーデさんは、いえ、まぁ、「ドジッ娘」ではないと思うけど、何故かつけたくなった。
くそぅ、今日のバルクホルンさんもなんて可愛いんだ。
顔赤くしてあたふたしてるトゥルーデ最高!

一番成長してるのは誰?芳佳とペリーヌはコンビを組んでシャーリー&ルッキーニとの模擬戦に勝利。芳佳は着実に腕を上げてる模様です(肝心なところはまだまだらしいですがw)。
にしても、いくら何でもシャーリーとルッキーニはやられちゃっていいのか?
なんかかませ犬?的な感じがする。
風呂場でのリーネの溢れんばかりの巨乳を見せつけるシーンではシャーリーも出すべきでしょう。
それこそ一番、二番で争うべきだ!こう、シャーリーが自分の胸をリーネの胸に押し付けあっ
にしても、リーネのあれはマジで反則ですなぁ・・・15歳だよ、まだ。

しかし、ペリーヌは本当に不憫な娘だな。カップリング作ろうにも最早、他ができあがってて、結局、あまるのもペリーヌ。坂本少佐も芳佳にかまうのもいいが、少しはペリーヌのラブコール(?)に応えてあげてくれー。



アイキャッチはナイトペリーヌがプリンセスミオを救出する図かな?ちなみに影はそれぞれ芳佳、ルッキーニ、シャーリーらしい。なるほどなぁ、遊び心ある感じ。

今回のEDは芳佳とペリーヌ。模擬戦でもコンビを組んだ二人です。
これで8パターンの組み合わせですね。芳佳がやっぱり、多いですね。次回もミーナお姉さまとのコンビですし。
「ストライクウィッチーズコンプリートエンディングテーマコレクション(仮)」というやつはどんな感じになるんでしょう。

公式の「基地探訪」が面白い。
芳佳とリーネが本編ではイチャイチャ出来ない分なのかこちらでは結構、二人のイチャイチャやり取りが見られていいです。

気づけば、DVDのCMがすごいノーマルに。
あの坂本少佐の調教っぷりと芳佳とリーネのMっ気を感じさせる声に規制ですか?w



次回、坂本少佐の被弾がウィッチーズ隊に影を落とし―――。

ストライクウィッチーズ op.8~君を忘れない~

2008年08月30日 11:15

ミーナお姉さまの悲しい過去が判明する第8回。
せっかくのミーナお姉さまのメイン回なのに、少々、微妙な回でしたかね?



・リリー・マルレーン

<あらすじ>
芳佳は「赤城」の乗組員からの感謝の手紙をミーナに取り上げられてしまう。その行為を不思議に思った芳佳はリーネに相談する。はたして、ミーナの思惑は―――。



<感想>
4話のバルクホルンの過去と今回のミーナの過去とどっちが先なんだろう?とか気になったり。

ミーナには恋人がいたことが判明したわけでありまして。悲しいけど、18歳だもんな。
そうそう、ミーナと言えば、公私混同しないと言うのか、場面で呼び方変わりますよね。
今回も坂本少佐のシールドが破られた時に「坂本少佐」と呼ぶべき場面のはずが「美緒」と呼んだり・・・そんな時にも失うことへの怖れの感情が何よりも優先して表に出てるのが分かりますよね。

ミーナには男の恋人がいたけど、私たちの味方、リーネは家族以外の男の人とはあまり喋ったことがないんだ。ますますリーネの人気が高まる。
芳佳が男性から手紙を受け取るシーンでリーネは年相応にキャッキャッしてましたが、私の中のリーネは「私だけの芳佳ちゃんなのにー・・・」と嫉妬してます。

ドギマギする芳佳も可愛いです。芳佳はとにかく全てのことに対して一生懸命で素直なところがやっぱり見てていいですよね。

ぐっすりサーニャ。ピアノ弾きサーニャ。どんなサーニャも可愛いです。

そして、エイラ。「サーニャのピアノも褒めろー」と芳佳にせっつくシーンがいいです。エイラのサーニャLOVEも見てて面白い。エイラは本当にいいキャラしてます。
エイラ役の仲井さんもだんだんと嵌ってきてます。あの憎みきれない感じの声がいい感じですよ。

個人的にもっと目立って欲しいのがシャーリー。メイン回だった5話以外なかなか見せ場が・・・。もっと見たいのに。今回も待機組だったし、戦闘シーンですらまともに戦ってるシーンがまだないような。

で、その戦闘シーンですが、今回も良かったです。
キューブタイプのネウロイでしょうか。いっぱい分裂します。スコアが稼げるとバルクホルンさんやエーリカは嬉しそうでした。
自分たちの特殊能力を駆使してチームでネウロイを倒していくというシーンが上手くできてますよね。
新人だった芳佳やリーネもしっかり成長している模様。今回はそれもしっかり描いてくれてるのが良かったと思う。

それにしても、久々登場の男性諸君。3話以来でしょうか?すごい違和感がw



今回は四つの疑問点を少し。

ミーナお姉さまがウィッチーズ隊と男性との会話を極力禁じるようにした理由は直接の明示は無かったが、後半でミーナお姉さまの悲しい過去とともに視聴者の側で結びつける形でわかるようにはなってはいるものの・・・。
自分のように大切な人を失う気持ちを他のウィッチーズのみんなには味わせたくない―――確かにそれは分からなくもないけど、それであの命令に繋がるというのはやや強引な感じか。
何ていうかミーナが出す命令とは思えないな。ミーナはその辺りのことも理解した上で、他者との触れ合いの大切さも知っている大人の女性だと勝手に思ってたので、うーん。でも、18歳ということを考えれば、年相応なのか。

坂本少佐のシールドが破られた理由は公式サイトの基地探訪の項目の坂本少佐の歴史講座 第2回での坂本少佐のお言葉でわかります。
坂本少佐は現在19歳ですから、ウィッチとしての終わりが近いのでしょうね。・・・って今月の26日時点で一応誕生日を迎えたわけで20歳に・・・素直に「おめでとう」と言えない複雑な気持ち。
9話時点でどうなってるのでしょうね?次回予告見た限りバンバンシールド破られててかなりヤバそうなのですが・・・死なないでー。

ミーナお姉さまが歌っていた「リリー・マルレーン」って?ぶっちゃけ、なんであのシーンで突然ミーナお姉さまの歌のシーンなのかさっぱりでした。
まぁ、困ったときはウィキペディアってわけでw
ふーむ、なるほどなぁ。
つまり、この「リリー・マルレーン」のエピソードが底にあるわけね。
このあたりの隠れたエピソードなんかもDVDのブックレットで語られると面白いですよね。
え?私はDVD購入を決めたかって?
まぁ、ここでミーナお姉さまに「買いなさい」と命令されたらそりゃ買うしかないw
・・・本音を言いますと、やはりお金がネックに。しかし、ここでミーナお姉さまによるDVDの紹介によると戦闘記録集もすごい出来が良さそうだし、秘め声CDがどんなのかも気になるし欲しいさ。買うとしたら一番安いAmazonになるだろうけど。特典つかないのがアレだが、しょーがない。うーむ、しかし、特典も気になるよなぁ。

ミーナお姉さまが坂本少佐に銃を向ける。その意図は何だったのか?もうこのシーンもさっぱりだったのですが、みなさんの推察力はすごいですな。
なるほど、「引退勧告」かぁ。
実際そうなのかは来週の楽しみなのですが、脚本は次回への引きを取ったのですかね。まぁ、実際それは成功してると思いますが、少々これも強引のような感じがします。
失うことへの怖れ―――それは、4話でバルクホルンをひっぱたいたシーンからも見えますよね。本当に誰かを失うことが怖いんでしょうね。
まぁ、私なんかはさっぱりだったせいなのか、ミーナお姉さまのドレス姿にメロメロだったわけですが。
ミーナお姉さまって胸がシャーリー、リーネに次ぐ三番目の方でしたよね?確か。
「私を食べて」ってあって、シャーリー、ミーナ、リーネで並んで胸よせてて極上の笑顔、なんて絵でも誰か書いてくんねぇかなぁ。



アイキャッチは月夜に佇むミーナお姉さま。「ぎう」ってしてあげたくなるなぁ、うん。

EDは、ミーナお姉さまと坂本少佐。
やっぱ千葉さんの高い声は清々しくて聴いててなんか胸がすぅーとなります。



次回はようやくペリーヌがメインですかね?
まぁ、私が言えることはただ一つ。私がペリーヌに魅了されてるのは間違いない。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。