スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tacica ワンマンTOUR 2011 "アリゲーターは眠らない!!!!!"

2011年07月02日 23:59

tacica ワンマンTOUR 2011 "アリゲーターは眠らない!!!!!"
2011.7.1(金) 19:00 ボトムライン



<セットリスト>
01.HERO
02.人鳥哀歌
03.ドラマチック生命体
04.命の更新
05.JADITE
06.ハイライト
07.その日、一日。
08.アリゲーター
09.人間1/2
10.黄色いカラス
11.コオロギ
12.贅沢な蝋燭
13.掟と礎
14.タイル
15.神様の椅子
16.永久列車

EN1.不死身のうた
EN2.アースコード



<感想>

おかえり、tacica。この日を待っていたよ。どれだけ、tacicaに飢えていたのか。自分でも気づかなかったのですが、今回のライヴで思い知らされました。
音の厚みは一音一音が重くのしかかるようで。表現力はより豊かになって。一切手抜きなしの真剣勝負の芯の部分は変わらないで、より成長して私たちの前に戻ってきてくれた。そんな感じがしたライヴでございました。
そして、相変わらず、ストレートに響く猪狩さんの無骨で熱い声に胸の高鳴りが抑えられなくなりますね。

今回は3rdALの曲がやはり必然的に多くなりました。
3rdALは「生命」がテーマになっていると思いますが、これは坂井さんが病気で長い入院生活を余儀なくされたという経験の影響もあり、かなり真に迫る作品になりました。実に、「重い」作品です。それだけに、生で演奏して私たちに訴えかけられるものが出来るのか。一抹の不安を覚えましたが、そんなのは杞憂だったようです。見事に演り切ってくれました。この時に、また確かな彼らの進化を感じることができました。
1st→2nd→3rd・・・それ以前から彼らのライヴを見てきた者としては、本当に彼らの成長と進化は著しいと言わざるを得ない。だから、私もまだ彼らをこうして追いかけ続けていて、追いかけ続けていくんだろうなぁと思うのです。

特に、演奏面における部分がすごい。2ndAL以降、曲の幅が増えたことを実感し、今回はそこに音の厚みや深さというものが増したことを感じます。1stの頃の軽さや薄さはすっかりなくなり、こんなにも頼りになる音に出会えるなんて。
tacicaは(今回は特に)アウトロの良さが際立っているなぁと思ったのですが、その余韻も抜群ですな。これも、演奏力の格段の向上の証明ではなかろうか。



MC面では、相変わらずの言葉少なめで何だか安心しました。
恒例の坂井さんのグッズ紹介も相変わらずのグダグダ感満載で逆に安心した。トートバッグの模様が暗くなると光る仕様らしいが、全く光らなくて噴いたwあれは不良品なんじゃないのかwこの辺りから、猪狩さんがノッてきたのか、ひょいひょいと言葉が出てきてることにMC力の向上も感じてしまったw喋り、上手くなってるよ。

しかし、私たちが思う以上に苦しい思いや辛い思いを経て、ここまで来たってことが伝わってきました。だからこその今回の3rdALの完成度の高さだったり、ライブの完成度の高さだったり・・・決して、悪いことばかりじゃなかったってことも今回のライブの私たちの「熱」を受けて感じてもらえていたらいいですね。

客層も女性が多くなってるとのことでしたが、案外、男女比率はそこまで極端でもなかった感じで、後ろから見ている様子では、客層も良いオーディエンスだったと思います。どのライブ・コンサートでもいつもこういう感じだといいんだけどな。久々に客層に不満を感じないライヴでもありました。



初っ端から「HERO」を持ってきたのは珍しいですね。この曲は「アースコード」と共にラストを飾ることが多かったから。でも、これで会場のボルテージは最初からMAXになります。やはり、tacicaの代名詞はこれなんだろうなぁ。
スポンサーサイト

豊崎愛生ファーストコンサートツアー"love your live"

2011年06月13日 23:59

豊崎愛生ファーストコンサートツアー"love your live"
2011.6.12(日) 17:00 中京大学文化市民会館 オーロラホール



<セットリスト>
01.Hello Allo
02.春風 SHUN PU
03.Alright
04.何かが空を飛んでいく
05.march
06.Magical Circle
07.パティシエール
08.ぼくを探して
09.カレイドスコープ
10.片想いのテーマ
11.Dill
12.君にありがとう
13.love your life

EN1.ソラソラ☆あおぞら
EN2.KARA-KURI DOLL
EN3.シカゴ (Clammbon cover)
EN4.春風 SHUN PU



<感想>

何と言うか、この方は確固たる自分の、自分だけの世界というものを持っていて、それを表現することに長けてらっしゃる方だよなぁと改めて思いました。そして、自分の世界を表現することに決して妥協しない強い信念も感じることができます。それは、アルバム「love your life,love my life」に触れてみてもよく分かります。

このコンサートにしても「love your life,love my life」という「一つの物語」を表現する場だと捉えて、全くアルバム曲の構成を変えずにやってきたのは純粋にすごいと思いました。しかも、アルバム付属の彼女制作による絵本の世界に則った進行という本当に憎いやり方で。

アンコール以降の曲は今回が初だったのですが、それらを含めてどれもが「豊崎愛生の曲」になっているのがこれまたすごい。多分、全曲作詞・作曲・編曲:豊崎愛生とクレジットされてても疑われないぞ、これは。まぁ、彼女が愛してやまないアーティストさんによる提供曲ばかりだから自然と出来上がる曲は彼女寄りの曲になっちゃうのかもしれないのだろうけど、それにしたって完成度は高い。もちろん、最終的には彼女の声がメロディーに乗って、初めて彼女の曲になるのだけど、今回はその彼女の声を思う存分堪能させていただきました。

アンコールでカバーする曲は毎回変えてるみたいで、今回はクラムボンの「シカゴ」を披露。
クラムボンの曲は「Dill」もそうですけど、クセのある楽曲が多いなぁと思ってまして。昔はラジオから彼らの曲がよく流れて聴いてたなぁなんてことを思い出しながらも、あの頃はそのクセの強さになかなか馴染めなかった記憶、も思い出されたw。「シカゴ」もそれに漏れない曲だったような気がしますが、今ならそのクセも受け入れられそうな気がした。彼らの曲は音楽にあまり触れない人には優しくないかもしれませんね。ちょっとあまりいい書き方してませんが、リリースされる曲はいい曲ばかりであることは確か。

彼女のふんわりした歌声に癒されて、彼女の望んだ曲に合わせて彼女が動く姿に和んで、素直にいいコンサートだったと言えるコンサートでしたね。彼女自身のパフォーマンスとしては言うことなかったです。
後は、彼女の世界に僕らの世界が一致すれば、もっと完璧なんですけど、オーディエンスは何百何千といて、それぞれが自分の世界を持っているのだから、完全には無理だけど、少しでも彼女に寄せていければ、より良いコンサートになること間違いなしですね。
私は3F席だったんですけど、そこは座って落ち着いてマターリ過ごせました。それだけでも満足でした。

GARNET CROW Happy 10th Anniversary livescope 2010 ~THE BEST TOUR~

2010年04月05日 23:59

GARNET CROW Happy 10th Anniversary livescope 2010 ~THE BEST TOUR~



GARNET CROW Happy 10th Anniversary livescope 2010 ~THE BEST TOUR~



GARNET CROW十年の集大成のライブ。
そして、次に続く為のライブ。




[GARNET CROW Happy 10th Anniversary livescope 2010 ~THE BEST TOUR~]の続きを読む

GREEN LIVE+(牧野由依編)

2010年03月31日 20:45

GREEN LIVE+(牧野由依編)



牧野由依「ふわふわ♪」サイン



うーん、何というぼやけw
今回は牧野由依さんのイベントについての感想を少し。




[GREEN LIVE+(牧野由依編)]の続きを読む

B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Magic”

2010年02月22日 23:55

B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Magic”



B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Magic”



B'zのライブは「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」以来、二度目というわけなんですが、今回もご友人に連れられ、参戦。同じものを共有して、語り合えるってのはいいもんだ。




[B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Magic”]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。