スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんなぎ op.13~仁、デレる~

2009年01月24日 23:59

ナギ様、帰還の第13回。
難しいストーリー展開の割りに最後は上手く纏めたかな。



・ナギの帰還

<あらすじ>
万策尽きて、ナギを探すことを諦める仁。しかし、つぐみの説得を受け、再び探し始める。そうして、辿り着いた場所は―――。



<感想>
つぐみが改めて仁を説得する助けとなった「こころ」って夏目漱石のですよね(私は夏目漱石の「こころ」を読んだ事がない奴です。その割りに「夢十夜」は読んだ事があるんですけどw)。「図書館戦争」においても12話で堂上教官の愛読書として出てきましたね、そういえば。あまりにも多くの人が知っているから逆にこれまでは敬遠してきたのですが、さすがにここらで読んでおくべきでしょうか。

つぐみは仁に対してどうすべきかもう知っていたんですね。それを気づかせるには最高の道具だったんではないでしょうか。
しかし、あの部分で気づくというのはやはり「恋愛感情」があるんでしょうね。つぐみ自身はまだ気づいてませんが。

空は曇り空。
仁もこのままではいけないと思っているのでしょう。



つぐみの説得時では「迷った時は感情と直感で行動」って言ってますね。11話のは間違えちゃったのか、たまたまなのか。

ここでの仁への説得はそのままつぐみにも返ってきて、「どうすべきか」という問題の答えが出されていますね。

空は晴れ、仁の心のもやもやも晴れました。
やるべきことは一つですね。



ナギへの説得は1話の描写も活かされていました。
結局は、スタート地点に戻って来ただけですが、今度は一緒に歩いてくれる人がいる。
そう思っての涙と帰還でしょうか。



残りの部分は個人的には蛇足感あり。尺的に余ってしまった&ざんげちゃん出演の為ってところか。
「首吊り」のシーンとかの設定は無くして12回で終わるようにはできなかったのかな。大人の事情でしょうか。

とはいえ、美術部の面々がちゃんと二人を心配しているってことが分かるシーン。仁とナギの新しい感情の芽生えによってこれまでと同じとはいかない二人の生活。つぐみが仁に対して持っていた感情が「母性」的な感情でなく、「恋愛感情」だとおそらく自覚したところを見せたのは良かったか。

そして、セカンドステージへ。
と思えなくもないからBパートにもいいところはあれど、一つの作品としてはAパートで終わらせておくと私的にはすっきり終わって良かったかな。
でも、DVDには第14幕にあたる未放映話が入るんだっけ。それで、本当の意味での完成系になるのか。



全体として見ると、十分に良作の評価を受けていい作品だったと思います。最初から最後までクオリティが高く、且つ落ちなかった。
コメディパートが非常に優れていて、特に、7話と10話は秀逸。
だからこそ、シリアスパートのストーリーがイマイチだったのは残念か。
後は、未放映話の第14幕でつぐみが幸せになってくれることを祈るのみです。
スポンサーサイト

かんなぎ op.12~ほんとうにエフェメラル~

2009年01月23日 19:26

事態はどんどん悪い方向へ向かう第12回。
ナギとの関係はどうなるか?



・スプリング エフェメラル

<あらすじ>
ナギの正体を見極める為に学校の図書館の本をあたるも答えは見つからなかった仁。仁が考えた次の案は神薙神社の管理人だった。



<感想>
おそらく11話の続きで放課後だと思うのですが、晴れてますね。前回の雨は通り雨みたいなものだったのでしょうか。

大鉄が仁にナギの持っていた大幣を見せる場面は後のナギが失踪するシーンの暗示かな。
そういえば、仁と大鉄ってまだ周りから変な目で見られてるんですよね。
9話で解決した話かと思ってたんですが、カラオケ回挟んでたので、すっかり何の事か前回まで忘れてましたwこれも「話のつながり」を強調する為ですかね。



神薙神社で明確な答えを得られず、最後の手段としてざんげちゃんを訪ねる仁ですが、ざんげちゃんもナギと同じ状況ですか。さすが、姉妹。って、うーん、そうなるか。
「理屈じゃない何か」ってあるとは思うけど、ここでそれが当てはまるとは思えないなぁ。

しかし、ざんげちゃん、強いwビジュアルに似合わないパワーとスピードといたぶりっぷりwスーパードSモードのざんげちゃんには本当にゾクゾクしちゃうんですが。本格的に私もやばそうですwまぁ、ざんげちゃんに「私のことまで疑ってるんですか!?」って言われたら私なら「ううん、信じてるよ」って言うしかな

これで万策尽きたってとこでしょうか。
残ってそうな解決に至るキーワードは管理人のお婆ちゃんが言ってた「首吊り」。それから「ナギのもう一つの人格」かな。
私的には「仁の父親」も挙げてみたいんですが、明後日の方向に行きすぎですかね、これは。



管理人やざんげちゃんにあたっても結果は変わらないまま。もやもやした気持ちのまま帰宅した仁の前に起きた事態はナギの失踪です。

今回のサブタイトルに「エフェメラル」とありますが、調べてみましたよ。
私の辞書では―――

形 1,1日限りの
  2,つかのまの、短命の
名 短命な動植物

とあります。
ここでは「つかのまの」がふさわしいかな。
束の間のナギとの生活。仁にとっては夢のような・・・だったのではないでしょうか。

また、「スプリング・エフェメラル」という言葉もあります。
早春季植物のことで、カタクリやイチリンソウなどがそれらしいです。
ちなみにウィキペディアを参照すると、言葉としての意味もあるようで、「春の儚いもの」や「春の短い命」といった意味らしい。
言葉の意味として捉えるとナギ自身を指してるようにも思えますよね。そして、時期的には春の短い間の出来事だったのでしょうか。



美術部の面々は結構お気楽です。いや、心配はしてるでしょうけどね。
つぐみはナギについて仁に直接問い詰めますが、冷たい態度をとられます。
仁ってイマイチ性格が安定しませんよね。基本性質は「優しい」んでしょうけど、特殊な環境で育ったせいでしょうか。第9幕でも仁の中学時代の話題が出て、今と違ってかなり荒れてたというし。
それにしても、つぐみにはもっと優しくしてもいいじゃないかとつぐみ好きの私が言ってみたり。



次回、いよいよ最終回です。ざんげちゃんの新曲に期待しちゃいましょう(いや、ちがっ)w

かんなぎ op.11~でも、あやふや~

2009年01月22日 19:41

終幕に向けていよいよナギの秘密へ迫る第11回。
シリアスモード全開。



・ナギの秘密

<あらすじ>
今日も学校で穢れ退治に励むナギと仁。しかし、その代償に実害を被っている仁は改めてナギに穢れを祓う理由を問い詰めるのだった。



<感想>
最初の「ロリっこキューティー」についての二人の会話は後の学校での二人の会話と類比できて、いい演出ですね。

そして、ナギの大幣がパワーアップ?しました。単純に新しい紙にしただけですがwまぁ、気持ちの問題でしょうかね。ナギにとっては仁の優しさを力に・・・ってとこかな。こういうシーンは何だかいいですね。



2話以降、たびたびナギには秘密があるのでは?という描写がありましたが、結論としては「あやふや」という訳で、妙にサブタイトルと合ってます。
しかし、これは参りましたね。
「あやふや」という結論は私としては予想外でそれはいいんですけど、少し面白くない。
基本的に人はある信念に基づいて行動をしていると私は思うのです。
その「ある信念」がナギには欠落している訳ですよね?
それで、どうして「穢れを祓う」という行為へ至るのか?
ナギは「分からない時は感情と直感で行動すればいいのじゃ」と言いますが、目の前の道が見えないのに歩けますかね?
「分からない時」ではなく「迷った時」じゃないかなぁとケチつけてみたり。

いずれにせよ、今回でナギは自身の内にある「ズレ」みたいなものを認識しました。
この問題はどう解決するでしょうか?
次回はおそらく仁がその解決策を探す回だと思うのですが、手っ取り早いのはざんげちゃんでしょう。彼女もナギと同類の存在ですからね。

それにしても、鈴城先生は仁に対して思ったよりも高圧的で冷たくて他人事ですね。あなたも同じような穴にいると思うのですが、どうなのでしょうか。



次回以降はずっと雨が降ったままかな。
よく物語において背景描写が人の心情を理解する助けとなります。
天候を利用して・・・というのはよく用いられる手法ですが、分かりやすくていいですね。
「エフェメラル」って何だろ?次回まで調べておこう。



次回、ナギの秘密に仁は迫れるか―――。



・「かんなぎらじお」 第7回
とりあえず、戸松さんの「食」に対して考えたい。
正月のおせち料理で「麩」が目当てとは。
まぁ、彼女は「牛乳納豆茶漬け」なるものを美味と食す方みたいですからね。
色んな意味で戸松さんは凄い方です。

かんなぎ op.10~カラオケ戦士 マイク貴子~

2008年12月20日 23:59

カラオケしましょの第10回。
いろんな個性がケミストリー。



・からおけ

<あらすじ>
貴子の提案で今更ながら親睦を深める為にカラオケに来た美術部員たち。ジャンケンに負けた者から歌を歌っていくことになって―――。



<感想>
恋のバトル、勃発。つぐみとざんげちゃん。
最初の勝負はざんげちゃんの策略勝ち。

つぐみは歌い慣れてなくても一生懸命に歌う女の子。可愛いよねぇ。変態貴子さんと同じ目線で見てましたw



大鉄は芸術の神様に愛されてますな。普通に中の人が上手すぎて噴いたw



一度で良いからやってみたい。アニソン縛り。
あのアニメのOPとかEDとか時に無性に歌いたくなる。
昔は一人カラオケとかで人前ではできない歌をたくさん歌ったものだが、今、思えば、よく一人で特攻かけてたなぁ。
誰かと一緒にやれたらなぁと思う。そんな日は来るかな?



女の子からデュエットしようだなんて言ってくれた日には喜んで発狂して死ねます。それをあっさり断る仁はおそらく幸せです。ここまで来ると、わざとやってるのかと疑いたくなります。

まぁ、何て言うのか、気恥ずかしいとかそういうことだと思うのよ、本来は。大鉄とはデュエットしたがるし。ただ、仁にそういう表情が全くなかったのが残念。

歌ってる最中に店員乱入。あるあるw
ああゆう時ってどうしたら良いかわかりませんよね。
歌うのやめるにしても不自然だし、かと言ってノリノリで歌うのもただの馬鹿みたいだしね。
仁の対応が正解ですかね?w

え?歌?普通でしたねw



CMつーか、スーパーなんかに行くとこういう感じの曲かかってますよね。
私が知ってるのはコロッケのうただな。コロコロコーロッケ♪ってやつです。

・・・私も1度歌ってみるか?
紫乃さんだけは大受けでした。



貴子・・・だめだ・・・こいつ、早く何とかしないと。
某キャラの名台詞と共にAAも貼りたいけど、できないので勘弁を。

何て―――アニメ声w
さすが、中の人はすでにOPをカラオケで歌唱済みなだけありますw



ざんげちゃんのどこか行く時の言い訳は「お花を摘みに」が定番なのね。

これまでの中の人らしいふわっとした可愛い声でしたね。
この歌声聴くと、本当に花澤香菜さんは演技が上手くなったなぁと改めて思うわ。
以前までの演技でこの歌声は予想がつく。というかこれしかないなと思うんだけど、今の演技でこの歌声はなかなか予想がつかないなぁ。
まぁ、彼女の歌に関しては素?とも言われてますが。
すいません。上手く伝えられてないと思いますけど。

ちゃっかり、カラオケ中でも仕様に任せて仁に迫るざんげちゃん。そして、それを必死に止めるつぐみ。カラオケはこうも事情が絡み合うものなんですねw
いやぁ、つぐみとざんげちゃんの恋の争いはやっぱり見てて楽しいです。



そして、紫乃さんの出番はもうない。分かった。諦めよう。これが正しい「脇役」の在り方なのかもしれない。他のキャラが目立ちすぎなんだ。そう思おう。



今回も7話同様に全員にスポットライトが当たりましたね。バランス良くできてて好きです。
キャスト陣はみんなキャラで歌えてましたしね。やはりすごいです。
特に、女性陣は上手いと思いましたね。つぐみのドギマギした感のある歌声とかナギの堂々とした漢っぽい歌声にざんげちゃんのふわふわ下手かわボイスはなかなかできるもんじゃないと思うんですがね。

そして、貴子。
ああまで、アニメ声になるとは。
振り付けバッチリ、最後の台詞までパーフェクトでしたねw
今宵の主役は間違いなくあなたでした。

今回のキャラソンはDVD5巻の初回限定版に付いてくるのかな?聴きたいなぁ。

恒例のED絵、木村貴宏さんだったのに、いつもと違うEDで色んな意味で残念なことにw



次回、再び本筋に入りそう?シリアスな雰囲気たっぷり。

かんなぎ op.9~恥ずかしい学園コメディ~

2008年12月15日 00:39

「幼馴染み」パワー炸裂な第9回。
ボーイズラブもハーレムエンドも何でもござれですね。



・a childhood friend

<あらすじ>
つぐみは思わず、ナギが怒っているのは、仁と大鉄がアレな関係であるからではないか?と大声で叫んでしまう。それが、噂の種となり次第に仁と大鉄を見る周囲の目が変わっていった。責任を感じたつぐみは―――。



<感想>
さて、前回の続きです。
明らかに美術部の人たちは知りすぎてます。どうやらメイド喫茶が転換期だったようですw
で、知りすぎてないつぐみの反応がたまらんですよ。恥じらいながらも他のBL本も気になるつぐみもいいよ。
仁と大鉄のボーイズラブな関係をつぐみは必死に否定するも心当たりがある模様。幼馴染みは大変です。すいません。必死に否定するつぐみの姿も最高でした。
うん、でもさ、秋葉がああいうのでも何でもなく?接してくれる部長や紫乃さん、つぐみは本当に理解あるいい人たちですよ。まぁ、単純に興味あるっていうのが最大の理由だけどさ。普通、ああいう状況になったら、周囲はそれこそ今回のモブの方々以上の反応でしょうよ。

ものすごい、唐突につぐみの友達らしき人が出てきましたね。
まぁ、いつだってモブは唐突か。ガチでホモなロン毛くんまで出てくるし。



個人的にはつぐみとざんげちゃんのやり取りを見るのが一番好きだな。恋のライバル関係でもあり、戦友同士でもあるって感じが。何か女の子って感じがして、微笑ましいというか。



男の裸を女が見てしまう。
普通、女の裸を男が見てしまうものでしょうよ。
この作品、露骨な所では女の子のガードが硬いですw
うん、まぁ、何だ・・・恥ずかしがるつぐみが可愛いのは言うまでもないだろ。
あれ、私、恥ずかしがるつぐみを見るのが好きなのか。Sっ気あんのかなぁ・・・分かんないけど。

そして、「仁御厨の恥ずかしい話」展開中。
幼馴染みは何でも知ってます。



4話で仁がざんげちゃんに言いかけたことが明らかになりましたね。
反抗期はありますよ。それもあのような家庭状況では少し特殊なものかもしれません。

どんな状況でも自分を暖かく見ていてくれる存在
どんな状況でも変わらない存在


この時のつぐみの言葉と笑顔に仁に対する全ての想いが詰まっていました。
仁もまたそういうつぐみの存在をしっかり認識しているからこそのあの謝罪でしょう。

つぐみの仁に対する感情って「恋愛感情」と「母性」的な感情と両者が重なり合っているんでしょうね。
「幼馴染み」って関係はそれだけでもう強いなと改めて感じた。白亜にとっては大きな見えない壁ですね。



左手にはつぐみを。右手にはざんげちゃんを。

何、このハーレム展開。あれ、頬をつねっても痛くない。
あぁ、そうか、これは夢か。
そうだよな。

まさか、つぐみとざんげちゃんが私の口に作ってきてくれた料理をアーンなんてしてくれるわけないよね。
まさか、つぐみとざんげちゃんが私の腕に自分の腕を絡めて、胸を押し付けて取り合ってくれるわけないよね。

現実逃避したくなった時でした。



今回、ナギ様は完全に脇役でしたなw



次回、カラオケのお話。この感じ、紫乃さんが目立つ機会がもうなさそうなんだが。






・かんなぎ騒動
と、こんなこと私が取り上げて良いものなのか、色々思うところはあるのですが、やはり、気になったので・・・。

ネットで物議…人気漫画「かんなぎ」無期限休載で一迅社が理由説明

そりゃ、こんなことされてて、それを知ったら急病で倒れて入院するよ。(一迅社の方ではこういうことが原因では無いと言ってますが)

作品を批判するのは構わないと思います。
人が叱られたり、怒られたりすることで成長するように。
作品だってそういうことを経ることでより良い作品になっていくものだと思うから。

でも、作品を記事中の写真のようにするなんてことはやってはいけない。
作品だって「一つの命」ですよ。

ためらうことなく境界線の向こう側に行ってしまう人たちへ。
どうか、この場でためらってくれることを祈って。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。