スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙をかける少女 op.26~あしもとに宇宙~

2009年07月03日 23:57

長かった宇宙の物語もこれでおしまいの第26回。
宇宙をかける少女、最後の戦い。



・終わりなき宇宙の神秘と謎

<あらすじ>
人類とブレインコロニーの長き戦いに終幕の鐘が鳴ろうとしていた。それぞれがそれぞれの意志を持ち、最後の戦いに挑む!



<感想>
いやぁ、すごい作品でしたねw
もうすごすぎてどこから語ればいいのか分かんなくなっちゃいますねw

現代の若者って「考える力」が不足してるって言われてるんでしたっけ?
あ、「自分の意見を言う勇気」だっけか?
・・・どっちでもいいか。
多分、スタッフはそういうのを憂えてこんな作品を創ったんじゃないかなぁと。
すばらしい材料は用意してあげたよ?だから、これらを上手く使って自分だけの物語を創造してごらん、っていうね。
この作品はその一例なんですよ。しかも、わざわざ悪い例を提示してくれたんですよ。こういうのは駄目だよって。
なおかつ、その中でも想像力を働かせてくれるポイントをいくつも作ってくれましたよね。神楽メモの放置なんて、その最たる例ですよ。あのメモに何が書いてあったかは私たちで自由に創造していいんです。わー、何が書いてあったんだろうw

スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。



と、まぁ、思いっきりの皮肉を込めて、半分冗談半分本気な感想を少し書いてみました。

これだけじゃ、寂しいので最終回についていいところだけもう少し。

クサンチッペとベンケイがプリンス・オブ・ダークネスに立ち向かうシーンは良かったですね。コロニーバトルについては、最後まで良質なものを見せてくれたのではないかと。
まぁ、ベンケイはつつじパワーのおかげってところもありますが、二人はこの作品のベストコンビでしたよね。ナミもこの二人に拾われたのは、最後の最後で幸せだったのかもしれません。とてもじゃないが、獅子堂家じゃ無理だw
それから、ブーゲンビリアとミンタオ。
コロニーバトルとはうって変わって全体を通してイマイチなQTアームズ戦の中で唯一光ってたと思います。キャラクターも良かったです。

うーん、まぁ、こう眺めてみると、最終的に及第点を挙げられるキャラは今挙げた六名だけだったような気がする。いつきと高嶺お姉さまのキャラクターを活かさないのはどういう訳だ?

ちなみに、半分本気っていうのは、たくさん真面目に考察したなぁと思って。まぁ、結果的には馬鹿を見てると思わないこともないのですが、そういった考察を自分の意見として提示できたように思ってるんです。それにつれて、文章の方もこれまでと比べて少し進歩してるんじゃないかなぁとかいう根拠もない自覚もあって、そういう意味では、この作品には感謝しています。
後、二次創作にも持ってこいの作品だと思うんですよ。実際、ドラマCDや小説はアニメと比べると非常に出来がいいみたいですし。つつじとベンケイのアフターストーリーやナミのアフターストーリーはやりがいありそうじゃない?最終回があの最終回なだけにwニーナとエルの古の学生運動とかもネタとしていいよね。



どうしたら、この作品はよかったのか?てなことを考えてた。
個人的にこの作品の問題点として真っ先に浮かぶのはキャラクターが多すぎること中盤の出来の悪さなんですよね。それが、25、26話の出来の悪さを助長する原因でもあったかと。

8話までは良かったと思うんだよ。ギリギリで10~12話もあっていいかな。
え?Q話?そんな余裕なかったよw(まぁ、話単体としては良かったんですけど)

13~19話Aパートまでが最も良くないと思ってる。
この辺りで重要だったのは、秋葉とナミの決別、秋葉といつきとほのかの関係強化しかないと思う。
テラ・アブダクションは後のストーリーに全く活かされなかったし、高嶺お姉さまの洗脳も必要なかったし、レオパルドの復活は最後のプリンス・オブ・ダークネスでもできるし(まさか、最後もキックでレオパルド復活やるとは思わんかった)。
まぁ、2話、多くても3話あれば、纏まるんじゃないかなと思うんだけど。

19話Bパート~24話は大筋の展開はあれでいいと思う。
ただし、イモちゃんは死亡の方向で。イモちゃんには申し訳ないが、秋葉の成長には絶対必要だったんだよなぁ。それが、なまじ生かしてしまったが為に秋葉は成長できなかったし、いつきやほのかも秋葉の支えになる必要がなくなった。
当然、プリンス・オブ・ダークネス復活の理由も突貫工事とかいうのも考えなきゃね。
第三勢力は個人的には欲しいが、尺的に厳しいので、出さない方が良かったかもしれない。ただ、暗殺ドロイドとのバトルは良かったんですよね。

25、26話は当然、全面的に見直す必要あり。
この辺りは、4話ほどかけても良かったのかな。
いずれにせよ、台詞が酷すぎるので、そこから改善しないといけない。
神楽がただのネルヴァルによる洗脳だったというのもね。ナミと相対するのは当然秋葉じゃないといけないし。
秋葉がナミを説得して獅子堂サイドに引き連れて、レオパルドを復活させたところで、残りの話数はラストバトルのネルヴァル戦に費やすと。ネルヴァルは最終的には悪でよかったんだけどなぁ。さすがに、当初とキャラが変わりすぎてるような気がするし。

こんな感じでどうかなぁと。その他どうでもいい細かいシーンを省いていけば、十分2クールで纏まる作品だと思うし、最低限の出来にはならないかな。
後、某所で予想されていた「軌道喫茶 えにぐま」=ジャニスとかラスボスは神楽なんじゃね?とかの予想は面白いなぁと思ったので、それは取り入れたいなぁ。



だいたい語り尽くしたかな、この作品については。
最後に、キャストの皆さんは本当にお疲れ様でした。これは、本音ですw仕事とはいえ、よくこの作品に最後まで付き合ってくれたなと。
それから、作画スタッフやキャラクターデザイン、音楽に関しても本当にお疲れ様でした。この作品がギリギリのラインで保っていたのも皆さんのおかげです、ええ。
後は、言わなくても分かりますよね。
主に、構成とか構成とか構成とか脚本とか構成とか脚本とか。



・「宇宙をかけるラジオ」 第26回
一応アーティストでベストマラカティストのMAKOさんの本音炸裂wのこちらも最終回。
アニメの主役だけでも大仕事なのに、初めてのラジオで難易度の高いソロパーソナリティ。そして、webTVや各方面でのイベントetc...正に、この作品において獅子奮迅の活躍をして下さいました。本当に本当にお疲れ様でした。できるなら、もっと恵まれたスタッフと作品であって欲しかった。これからの活躍に期待したいです、はい。
後は、言わなくても分かりますよね。
本来ならば、MAKOさん自身は主役に抜擢してもらって、スタッフに頭が上がらない状態なのかもしれませんが、この作品に至っては、それ以上にスタッフがMAKOさんに頭が上がらない状態であるべきです。
スポンサーサイト

宇宙をかける少女 op.25~黄昏れる神々~

2009年06月30日 00:46

文字色転回し、急転直下の第25回。
孤独な彼女を抱きしめて止めてあげて。



・夕陽が落ちる日

<あらすじ>
プリンス・オブ・ダークネスとして本質を現したレオパルドは混沌と破壊をもたらす。それを止める為にネルヴァルが姿を現す。秋葉はイモちゃんを救う為に単身ネルヴァルコロニーへ乗り込む。そこで、秋葉を待ち受けるものは―――。



<感想>
悉く、重要なシーンは外してくるなぁと感心さえしておりますです、はい。つか、今回は全体を通して、台詞が酷いです。もっと、練ってくれとしか言えない。
秋葉がイモちゃんを助けに行くタイミング「軌道喫茶 えにぐま」の破壊と存在理由秋葉とナミの会話シーン神楽→アレイダの過程「宇宙をかける少女」の意味・・・もう、がっかりどころか清々しくなりますねw終始、色んな意味で笑えましたw



にしても、ナミがさらに見てられない娘になっちったなぁ。「宇宙をかける少女ブラック」とか言い出すのも無理ないぞw
しかも、ナミを救出する役割は神楽ですかい。この役割こそ秋葉しかいないと思うんだがなぁ・・・何故に、秋葉はリーダーの役割なんだ?別に「宇宙をかける少女」だからってリーダーじゃなくてもいいんじゃないか?

で、一番、お粗末だなぁと思ってるのが、プリンス・オブ・ダークネスになっちゃったのが、「剣」接続の際の突貫工事のせいだってこと。こうせざるを得なかったのは、クサンチッペ襲撃とか理由はあるが、緊張感の欠片も無くなっちゃうよなぁ。展開は悪くないんだけど、何、その理由?って感じだもん。

今回はこれまで以上に急速に事を進めた印象ですが、その原因と問題点はこれまで何度か挙げてるので、割愛。一応、総評時にもう一度纏めてみようとは思いますが。



「黄昏れる神々」・・・ベンケイがいい味出してたなぁと思ったが、やっぱ、つつじに従っちゃうのね。最後に、ブレインコロニーとしての意地みたいなもんが見れたら良かったんだけどなぁ。



次回、最終回。
残るは、神楽のメモ。ナミが「軌道喫茶 えにぐま」を破壊する際にメモが無くなってるシーンがあったので、イモちゃんが持ち出してるんでしょう。後は、その内容だが・・・どんな内容でも、覚悟はできてますよ、ええ。
後、「神楽の遺産」って何だったのかね?まさか、「剣」のことではないと思うが。
桜の設計図も何だったのかな?あれも、「剣」接続の際のものだったのですかね?今回の桜の様子だと「私の出番はもう終わり」みたいな印象だったんですがw



・「宇宙をかけるラジオ」 第25回
これも総評時に書くと思いますが、スタッフは本当に猛省してください。
MAKOさん自体は良かったんですけど、プログラムとしては面白くなかったですからね。
しかし、アニメもラジオも酷いのはなかなか無いのでは?
この作品と同じ位に悪い意味で話題になっ・・・てもいないのか?の「黒神」でもwebラジオはかなり面白かったというのに。

宇宙をかける少女 op.24~終末の呼び声~

2009年06月24日 21:54

物語の展開はさらに転回の第24回。
どっちが味方で、どっちが敵だ?



・砂時計は反される

<あらすじ>
クサンチッペからイモちゃんが生きていることを告げられた秋葉はすぐにでも助け出そうとするが、風音に阻まれてしまう。その頃、自己実現を達成し、ご機嫌のレオパルドの下に暗い影が忍び寄る。



<感想>
ここで、ナミの「黒い神様」発言が繋がるのね。
まぁ、それ以外でももう少し伏線らしきものがあっても良かったんじゃないかとも思うが(14話のフォンの意味深な発言も伏線のつもりだったかもしれない)、さして気にするところでもないか。ネーミングセンス以外は



プリンス・オブ・ダークネスの存在は、ネルヴァル以外ではフォンしか知らなかったみたいですね。

「ネルヴァル事変」の真相としては、やはり、最初にレオパルドがイレギュラーを起こして、ネルヴァルが対峙するという構図だったのかもしれません。その際、人類も否応なく巻き込んでしまったと。レオパルド側にいた神楽やほのか、獅子堂元老院にとってはネルヴァルが突然、反旗を翻したように見える。ネルヴァルのイグジステンズ洗脳はレオパルドを抑える為の強制措置。真実を知るフォンは、ネルヴァルの助けもあって、プリンス・オブ・ダークネスの封印に成功、武装解除し、投降。後に、その全ての真実を知った神楽はネルヴァル側について罪滅ぼしをする。

うん、無いなw
ざっと、頭の中でこんな妄想してみたけど、無いわw
「ネルヴァル事変」も今回の問題も、フォンがいれば、あっさり解決しそうなものなのに。
獅子堂元老院がプリンス・オブ・ダークネスの存在を知らなかったところから、思う以上にフォンとの繋がりは無かったんでしょうね。
どうしても未だにフォンが元凶としか思えない。もっとしっかりしろよと。



いつきとほのかは前回、今回と良いシーンが増えてきました。ようやく、メインキャラらしくなってきたかな。
まぁ、それだけに秋葉がもっとしっかりしてくれないと二人も報われないんですけどね。
イモちゃんが死んだと分かって、うじうじしちゃって、いつきやほのかの説得もあって、いざ、ネルヴァル打倒と思いきや、次の瞬間、イモちゃんが生きてると知らされ、助けに行こうにも風音に止められ、部屋に閉じ込められちゃって、うじうじうじうじ・・・煮え切らないものです。さすがに、もうここはいつきやほのかと共に飛び出していいと思うんですけどね。そろそろ、他人に振り回されるのではなく、自分の意志で行動して欲しいよ。いい加減、「宇宙をかける少女」らしい描写があってもいいんですけどねぇ。



で、桜はどうなったー?
確か、設計図を書いてて、そのままじゃなかったっけ?しかも、それが重要になるっぽい雰囲気だったのに。まぁ、次回・・・か?



「終末の呼び声」・・・別の意味で、この作品はもう終末です。



次回、最早、この作品で次の展開を考えるのは無粋なのかもしれない。
ナミとネルヴァルがすれ違う展開ってどうなのよ?あんたらがナミをさらってきておいて、散々、ボロ雑巾のように使うだけ使って、自分の考えと違ったら、ポイですか。
これに対する、アレイダの反応はどうなのか、は、気になる、か、な?



・「宇宙をかけるラジオ」 第24回
前回の流れで今回も百合?なお話。
まぁ、最近の女性声優さんは外見も綺麗な方が多いですからね。しょうがないものです。ゆかなさんはシトラス系でラベンダーの香りかぁ(ぇ?)。

ちなみに、TVの方は第3回が斎藤桃子さん、第4回が遠藤綾さん、第5回が牧野由依さんがゲスト。
ラジオは今月いっぱいで終了が決まりましたし、TVの方も直に終了かな。

宇宙をかける少女 op.23~秘剣、輝く~

2009年06月15日 20:41

ラストに衝撃の事実が明かされる第23回。
そして、とうとうレオパルドの自己実現達成率は100%に。



・その悲しみを乗り越えて

<あらすじ>
ベンケイとつつじの助力もあって、辛うじてクサンチッペの追撃を振り切ったいつきたちは無事にレオパルドの下へと戻ってきた。しかし、ベンケイのハイパージャンプがネルヴァルサイドにレオパルドの座標を教えてしまうことになる。再び、迫るクサンチッペの影。レオパルドに対抗する術はあるのか―――。



<感想>
某所でも散々予想されてましたが、その予想が外れてたらいいなぁって思ってたよ。
ええ、イモちゃんが生きてましたね。
そりゃさ、感情的には嬉しいよ。ただ、作品的には駄目だと思うけどなぁ。
秋葉に対して放ついつきやほのかの想いの叫び。秋葉がネルヴァルを倒そうとする意志。
これらは、イモちゃんの死があってのもので、イモちゃんが生きてたら、まるっきり説得力が無くなっちゃうような。



レオパルドとクサンチッペのブレインコロニー戦は今回も力入ってたと思います。
その一方で、何故かQTアームズ戦や高嶺とアレイダの対決は蔑ろにされすぎ。ブーゲンビリアとミンタオはいつも通りで光ってますけど。
新型QTアームズが今回で初披露されましたが、これまでがこれまでなので、新型が出てもどうも。
しかし、まぁ、宇宙の歌うお姉さんは毎回ご苦労なことです。
必ず誰かしらにボディを傷つけられて・・・不憫です。
挙句の果てには、イモちゃん殺しの罪まで被らされて、あぁ。



イモちゃんの生存で、獅子堂サイドのネルヴァルサイドへの見方が変わったりするんでしょうかね?
何か、螺旋の迷宮に迷い込んだ感じで、どう収集つけるのか。まぁ、色んな意味で楽しみです。
それにしても、皆が皆、秋葉に最後の希望を感じるのは黄金銃を扱えるただ一人の人だからでしょうか?それ以外に、秋葉が「何か」を持ってる感じが未だに見えてこないので。
それだと、秋葉は「人」ではなく、「道具」として見られてるようで可愛そうね。いつきやほのかは別として、ね。



ベンケイとつつじはこれでお役ご免なのかな?
最終回にちょこっと出番があるってとこでしょうか。
もう少し活かせると思うけど、まぁ、残念です。



「秘剣、輝く」・・・高嶺お姉さまの秘剣も輝いて欲しかった。



次回、イモちゃん奪還作戦?
残る謎は神楽絡みのものだけになったかな。「軌道喫茶 えにぐま」に残されたメモの内容やアレイダに至る過程とか。



・「宇宙をかけるラジオ」 第23回
ゲスト、ゲストと願ったら来てくれました。南里侑香さんです。
今回のラジオは最長時間更新でしょうか。
恒例のお題に基づいた二人の百合関係?がいいですw
これまでのゲストの中で一番付き合いが長いようで、確かに一番関係のいいトークだったと思いますね。聴いててほんわかしたわ。

宇宙をかける少女 op.22~冥い旅路~

2009年06月08日 20:39

色んな所で事は進むよの第22回。
フルカウルからの解放。しかし―――。



・反抗する者たち

<あらすじ>
イモちゃんの犠牲により、カークウッドの消滅は避けられた。いつきたちによって救出された秋葉はそのことを知り、悲しみに打ちひしがれるのだった。



<感想>
イモちゃんを死なせたい何かはウーレと月でした。

そんな彼らはネルヴァルによってあっさりと倒されるのでした。

何、コレ?って感じですが、19話のBパートから割りと盛り上がってはいるのよ。悪いところが目立つとはいえ。
だからこそ、この状況はもっと前にあったらなぁと思う。そうすれば、ウーレももう少し出せただろうし、他のコロニー群も出す余裕あったのに。公式サイトの設定が全く活かされないまま終わりそうです。
やはり、中盤があまりにも無駄が多かったなぁ。



秋葉はいつきたちによって救出されましたが、あんな力技で開くような箱だったのかよw
私の中では、あの箱の中でひたすら考えて考えて考え抜いた挙句の果てに成長(覚醒)するもんだと思って、その証明としてあの箱からの脱出だと思ったんですが、うーん。
箱から出たはいいものの、イモちゃんを失った悲しみと箱依存症の影響により鬱状態になってますし。残り4話ですよ、秋葉さん。
やはり、この状況はもっと前にあっ



獅子堂元老院のお三方が生きてましたね。
エルのことといい、アレイダは不殺を貫く方ですか。緋○剣心ですか。
エニグマ同盟は元老院繋がりでしたか。神楽繋がりだという予想は外れましたか。
とりあえず、風魔をもっと前面にお願いします。



箱の行く末を知ったいつきたちは憤ります。
ここ最近はネルヴァル視点の箱に対する見方だったので、今回は獅子堂視点の箱に対する見方だったと思います。
ネルヴァルにとって、人は生きているものだけという認識なのでしょう。だから、死んでしまえば、それは、人でも何者でもない。ただの物としてあのような扱いになるのでしょう。
いつきをはじめ、人にとっては、死んでしまっても人は人で、だからこそ、ネルヴァルのしている事に怒りを覚えます。
この辺りは、人とブレインコロニーの考えの違いが表れていると思います。そして、このままでは両者が相容れる事は永遠に無いということを示したシーンかもしれません。



そして、前回の時に残念だと思った、ベンケイたちのネルヴァルサイドへの決別シーン。今回で、描写されました。
正確には、ベンケイではなく、つつじのような感じですが、クサンチッペとはっきりと敵対します。
それにしても、ブレインコロニーの方々は無駄にイキイキしてますwブレインコロニー戦に関しては、やはり、いいですね。
最後は洗脳から解放された高嶺お姉さまの一刀両断。いいところは高嶺お姉さまのものですw
洗脳の意味って何だったんだと疑問視される(まぁ、ナミについての報告の役割なんでしょうが)今だから言える。やはり、高嶺お姉さまの出番がほとんど無かった中盤はいらなかっ



前回の予想通り、ほのかはフォンを強制連行かよwやっぱ、エルでも全然良かったw
15話でのほのかの意味深な「宇宙で待ってる」という言葉もほとんど意味を成しませんでしたw



「冥い旅路」・・・いつきたちはネルヴァルへの反抗の意志を強くするも、ネルヴァルは圧倒的な力をウーレと月に見せつけました。秋葉もあの状況で、光は全く無いのですが、次回のサブタイトルは「秘剣、輝く」です。
次回は、しばらく目立ってないレオパルドがバリバリ目立つ回でしょう。そして、ネルヴァル打倒の一筋の光が輝くはずです、多分。とりあえず、秋葉がどういう過程を経て復帰するかに期待・・・はしないでw見てみましょう。



・「宇宙をかけるラジオ」 第22回
TVの方だけでなく、ラジオにもゲスト来てくれないかなぁと思う日々。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。