スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANAAN op.13~キボウノチ~

2009年10月12日 20:12

カナンとアルファルドの因縁対決が終わる第13回。
揺れる列車の中で過去を断ち切る。



・二人のカナン(後編)

<あらすじ>
カナンとアルファルドの対決が大詰めを迎える頃、爆弾が爆発した。マリアの命はこれで尽きた。されど、揺るがないカナンにアルファルドは―――。



<感想>
「片腕の女」がアルファルドなのかは不明ですけど、雰囲気的に生きてるっぽいですよね。

アルファルドがシャムの亡霊から逃れる方法は私が考えるところ三つ。

一つは、"超人"であるカナンを倒すこと
これまでの話は全てこのためにあったと言っていいでしょう。
ただ、このことが無意味であると考えるようになったのは、どういう理由かよく分からないんですよね。あのカナンの説得にそこまでの効力があったとは思えないんだけど。まぁ、無意味さに気付いたということにしておいて。

二つ目は、死ぬこと
だからこそ、銃で蛇の刺青がある腕を撃ち抜き、引き千切ることでそれを選んだ。このシーンは、シャムの亡霊からの解放を意味する象徴でもあるでしょうね。

本当は、アルファルドに関してはここで終わらせておいて、完全に生死不明にしておいた方が良かったような気もするんですが、そんな感じでもないので、もう少し。

最後の一つは、カナンのように新しい「光(友達)」を見つけることです。
で、仮にアルファルドが生きてるとして、アルファルドの「光」は何なのか?
考えられる存在は「カナン」しかいないのですが、アルファルドの場合は「光(好敵手)」ってとこですか。

アルファルドは生きるつもりはなかったと思うんですよね。それなら、大人しくカナンに助けられてると思うんです。死ぬことを選んでなお、生きているということはつまりは、そういうことなんだと思います。死のうと思えば、いつだって死ねるわけだし。

最終的には、アルファルドも救われた、という結末になったのかな。
ちなみに、カナンにとってもアルファルドは「光(好敵手)」になったんじゃないかなと思う。最後は嬉しそうだったし。
マリアが二人の写真につけたタイトル「CANAAN」。実のところ、マリアは無意識の内に二人がお互いのカナンであると感じていたんじゃないかと。マリアはカナンの隣に立つことを望んでいたけど、それはできなくて、でも、アルファルドならできるんじゃないのかと羨ましく思ったりもして。

カナンの非日常とマリアの日常―――御法川の言うように「境遇が違いすぎる」二人は決して並ぶことはできない。カナンはすごい。けれども、それは一生懸命に生きてきたからこそであって、特別なものではなかった。もちろん、マリアもそうであって、その点において、二人の間に壁は無い。だからこそ、心は寄り添うことができる。最善の結論ではないのかもしれないけど、納得の結論を出せたことがマリアの成長ではないでしょうか。

ユンユンに関しては、最後に見せ場を作ったかなと。それでも、カナン、アルファルド、マリア以外は蚊帳の外感がありましたね。
御法川の見せ場もこれまでに作ろうと思えば、できたんじゃないかなぁと思うのですが、そこは残念ですよね、やっぱ。
そして、まさかのカミングズ生存。うーん、無理に出す必要は無かったと思うけど。
ネネの「LIFE」は、本気の高垣彩陽さんだろ、あれはw「チャイナ気分でハイテンション!」とか本気で欲しいと考えてるんですけど、今の状況、手が出るかなぁ。あぁ。



はい、とうとう最終回を迎えたわけですけども、P.A.WORKSは丁寧で高品質な作品を提供してくれるのがいいですよね。絵や動きに関しては文句のつけようがないです。
話としては、色々と考える余地があって、そこが面白いと言えば、そうなのですが、もう少し細かな説明や描写があっても良かったかなと思う。漫画の方を少し立ち読みしたのですが、こちらの方はそういうところもフォローされてて、漫画は漫画で読めそう。
カナン、アルファルド、シャムの過去についてはまだまだ気になるところはたくさんあったんですけど、とりあえずは、本作品で、カナンとアルファルドの関係、カナンとマリアの関係と当初から掲げられていた問題はきちんと纏めてくれました。

さて、最後になりましたが、スタッフ、キャストの皆様、本当にお疲れ様でした。
P.A.WORKSは次は「Angel Beats!」ですか。いきなり、でかいのがきたなぁと思っているのですが、きっと、期待に応えてくれるでしょう。来年が楽しみです。



・薄茶色の示すものは?
散々、ここでは、この問いに関して触れてきたので、やっぱり、最後にこれについて考えたい。
どうやらほぼ、「絶望」なのではないかと思われますが、あえて逆らってみる。
本当なら、シャムがカナンやアルファルドに何を望んでいたのかが分かれば、一番分かりやすいのですが、残念ながら、シャムがどういう人物なのかも細かいところは明らかにならないまま終了したので、わずかな手がかりを基に考えるしかありませんね。

そのわずかな手がかりというのが、シャムと同じ色をしていたアルファルド。あの時のアルファルドの感情は本当に「絶望」だったのか。
やっぱり、私は、「希望」だったんじゃないかなぁと思うんです。だって、あの時のアルファルドにとってはカナンだけが自分を呪いから解放してくれる唯一の存在だったんだから。

それに、シャムに色を問われた時も、薄茶色が「絶望」の色だったら、あんなに無邪気に答えるかなぁと思って。
シャムも"超人"と呼ばれる存在の前では絶望するしかないとは言っていたけども、それならどうして"カナン"という名前を与えたんだろうか。この名前をつけた以上、やはり、カナンには何らかの希望を抱いていたんじゃないかなぁと思ってしまうわけです(もちろん、アルファルドに対しても)。いくらその能力を知る前とはいえね。だからこそ、シャムという人間がどういう生き方をしてここまで来たのかとか気になるのですが、それは分からずじまいのまま。

はたして、薄茶色が示すものは「絶望」なのか、「希望」なのか。
答えはそれぞれの中にあるのでしょう。
私は、「希望」ということにしておきます。
スポンサーサイト

CANAAN op.12~忌殺劣者~

2009年10月04日 23:19

カナンとアルファルドの因縁対決が始まる第12回。
揺れる列車の中で過去が甦る。



・二人のカナン(前編)

<あらすじ>
サンタナとハッコーを失うも、無事にファクトリーから生還したカナンたち。それぞれがそれぞれの想いを抱えて、列車は揺れる。その時、一発の銃声が鳴り響いて―――。



<感想>
前回ででかいことが終わって、後は消化試合みたいな雰囲気が漂ってるなぁと今回を見て思ったのですが、実はメインはこっちのはずなんですよね。カナンとアルファルドの対決は二回目にして最後なので、あまり対立関係を目に見えて分かりやすく出せてないのかもしれません。どこかでもう一回やらせといても良かったんじゃないかなぁと思ったり。

結局のところ、アルファルドの目的というのは、カナンの真の力を引き出して、いわゆる”超人”のカナンと闘う。そして、シャムの絶望を打ち砕いて、自身が"超人"になるということだったのかな。

想像以上の圧倒的な力を持つ者―――つまり、"超人"であるカナンを前にシャムは絶望するしかなかった。その絶望から逃れるようにシャムは死んだ。それが、シャムの希望なら、シャムのカナンだった(であろうとする)アルファルドにとってはそうするしかなかった。
シャムが死んだのは誰のせい?カナンというシャムにとっての絶望が現れなければ、シャムは死なずに済んだ。カナンを殺したいわけじゃない。シャムを絶望させたカナン(つまりは、真の力を持ったカナン)が殺したい。そうすることで、シャムの絶望は打ち砕かれる。シャムの望んだ"超人"になれる。シャムにとってのカナンになれる。


そんな感じなのかな、アルファルドの心情としては。
だからこそ、共感覚持ちのボナーを作ろうとしたり、マリアを生かしたりと色々と手間暇掛けてたわけですね。何かもうご苦労様ですと言いたい。まぁ、それほどまでのことだということですね。

冗談はさておき、リャンがアルファルドしか見えてなかったように、アルファルドもシャムしか見えてないようです。
その正体は「愛」なのか。前回までのリャンとカミングズの関係はここにかかってくるのかもしれませんね。その果てに、リャンがどうなったのかは前回で結果が出ていますが、アルファルドはどうなるかな?



薄茶色が示すのは「希望」じゃなくて「絶望」なのか。
この辺りも含め、次回の最終回にでももっと長々と考えてみよう。



次回、カナンとアルファルドの因縁対決は佳境に。そして、マリアの運命は―――。
既に、御法川とユンユンが蚊帳の外という感じですが、最後に見せ場はあるのか。

CANAAN op.11~彼女添~

2009年09月27日 23:10

あらゆる物事が決着する第11回。
愛の終着点―――その先は。



・ファクトリー崩壊

<あらすじ>
マリアとユンユンに銃を向ける夏目。そこに現れたアルファルド。夏目の真の目的は―――?



<感想>
OPを本編に裂いただけあって、なかなかに大きな回だったと思います。そして、私の無い頭では理解が追い着かないという。それを言い訳にしちゃいけないんだけどもね。
とりあえず、合ってるのかどうかはともかく、勝手に理解していこう。



夏目の目的はウーアウィルスのデータを確保することだった。そして、それをカードに日本が軍事外交面でイニシアチブを常に取れるようにするってことかな。
カナンは具体的にここまで感じとっていたのかは不明ですが、前回の指摘通り、少なくとも夏目が嘘を吐いていることは分かっているはず。なのに、カナンは真実を暴き出す訳でもなく、放っておく。本当、何を考えているのか分からず、恐ろしいものです。
まぁ、夏目さんも十分に恐ろしい人なんですけどねwサンタナもリャン様も彼女の掌の上でしたよ。夏目とサンタナの繋がりはともかく、リャンとの繋がりは何か描写がありましたかね?9話でリャンが電話で会話していた相手が夏目だったのでしょうか。

アルファルドの「蛇」としての目的はボナーの確保だったみたいですけど、カナンのような共感覚持ちのボナーは生み出せないと分かって、今度は夏目と協力関係を築いて、ファクトリーを潰したってことでしょうか。
夏目と協力関係を築いて・・・とは言ったものの、最終的にそう見えるだけであって、実際にはこれまでやり取りも何も無かったんだと思いますが、全てを理解してそのように動いたってところでしょうか。

この物語、アルファルドと夏目が監督・脚本・演出を手掛けて、主演はリャンとサンタナ。助演はカミングズとハッコーといったところでしょうか。スペシャルサンクスにカナンと愉快な仲間たち、「蛇」のみなさん、CIAのみなさん、ってとこかw



今回は二つの関係が決着したと言っていいでしょう。

リャンとカミングズ
ハッコーとサンタナ

ハッコーとカミングズが生死不明の感がありますが、おそらくこれで終わりでしょう。この先出てきても物語にあまりいい影響を与えるとも思いませんし。
夏目に関しても、もう出番は終わったと思うのですが、仮に出てくるとしたら、最後にちょこっと程度だと思う。

さて、まず、前者ですが、カミングズは愛する人を間違えてるよwでも、好きになっちゃったもんはしょうがないよね。今の時代を象徴するように、この作品でも悉く女性にいいところをもってかれて男性陣は頭が上がらない状態ですが、ギリギリのところで熱い男っぷりを見せてくれたキャラだったのではないでしょうか。
リャンもまた、愛する人を間違えたのではないかと思います。まぁ、リャン自身がかなりの変態っぷりなので、それだけが問題ではないのでしょうがw後、やっぱり、アルファルドとのアクションではなく、カナンとのアクションを見たかったですよね。
しかし、まぁ、大川透さんも田中理恵さんもすばらしい演技でした。リャンとカミングズのペアは不動のベストコンビですね。

そして、後者ですが、御法川はもう活躍しない。ある意味、マリアといい、ユンユンといい、現実的な立ち位置ですが。もちろん、自分たちの力量を把握し、「待つ」ということも非常に重要なのは分かるんですけど、ね。でも、その役割はマリアだけでいいんじゃないかな。個人的にハッコーの説得は御法川にやって欲しかった。
結局、御法川の想いはカナンに託された訳ですが、それもハッコーには届かず、崩壊するファクトリーの中に消えていきました。

ところで、シャムの手紙ですが、オチは全てリャンのでっちあげとは。見ていた時は、へぇと感心したものですが、落ち着いてみるとかなり残念に思ってます。自分の予想が外れてたからじゃないよ。いや、それも少しはあるけど。
とにかく、これに重要性がほとんどないんですよね。2話の冒頭のシーンがこういうことだったのかー!と分かるだけで。
あれだけシャムの手紙をちらつかせておいて、オチがこれは、やっぱり残念。それとも、私が分かってないだけで、何かあるでしょうか?

さらに残念なことは、これら二つの関係が生き残ったキャラにあまり影響を及ぼしてないように見えることなんですよね。
カナンサイドはともかく、アルファルドはどうだったのかな。「愛とは厄介なものだな」と分かっただけで、根幹はぶれてないんですよね。アルファルドにとって、あれはただの児戯だったのでしょうか。もしくは、やはり、ファクトリーを潰す為のただの茶番か。
「愛」の正体に興味を示したのも演技だったのでしょうかね。個人的には、あれは本意で、リャンとカミングズの姿から何らかの影響を与えて欲しかったところですが。
まぁ、この辺りは、もしかしたら、次回に持ち越しなのかもしれません。

ちなみに、薄茶色って何を示しているんだろう?ってなことを何度も書いてきましたが、そうか、「希望」か。
自分であれだけ希望希望と書いておいて、そこに結び付かなかったのは何とも滑稽で面白いや。



次回、列車の中でカナンとアルファルドの因縁に決着なるか!?ってところでしょうか。
残ってるのはカナン、アルファルド、シャムの関係だけですからね。もう、やっぱり、全ての元凶はシャムにあるんじゃなかろうかw

CANAAN op.10~想執~

2009年09月19日 22:22

ファクトリーへと乗り込む第10回。
愛の言葉と引き換えに告げられる死の宣告。



・最後の言葉

<あらすじ>
「消えた村」からファクトリーへと向かうカナンたち。かつて、「フラワーガーデン計画」が行われたこの場所で再び悲劇が起きるのか―――。



<感想>
サブタイトルは、もちろん「喪失」の意味もあったでしょう。既定路線通りと言うべきか、とうとうメインキャラクターの中から死亡者が出ましたね。
ただ、今回は随分と強引でご都合主義な展開だったような。いえ、ご都合主義を否定したいんじゃなくて、あまりにも露骨に感じられて。

特に、サンタナの死亡はいかにもな感じを私は受けているのですが、彼はミノさん活躍フラグを打ち立ててくれたと思いましょう。これで、ミノさん活躍しなかったら、嘘だ。
んー、後、ハッコーに感情移入し難い人も大勢いるような感じがするんですが、どうなんでしょう?
ハッコーの悲劇を伝えるなら、これまでに「消えた村」での平和な頃の日常やサンタナとの慣れ合い辺りの描写が欲しいところかも。前回にやるのがベストだったかな。



カナンが御法川とハッコーが重なった時に見た色は薄茶色かな?
前回の記事での私の予想を踏まえて自分の都合のいいように解釈するなら、「救い」とか「安堵」とかそういう意味であって欲しいところ。



今回、私にとって、面白かったのが、カナンが夏目に対して言う台詞。

「面白いよね、あなたは。私の能力が分かっていて、それでも『贖罪』なんて口にするの」

なんですが、この言葉の真意は「私はその人が嘘を吐いているかいないのかが分かる能力を持ってて、あなたはそれを知っているのに、それでも、平然とした顔でそんな私に嘘を吐くなんて・・・あなたって、面白いね」ってとこでしょうか。
実は、最近、柚月裕子さんの「臨床真理」という本を読みまして、その中で共感覚を持っていると思われる男の子が出てくるんです。彼は声が色に見える特殊能力を持っていて、色でその人の感情がどういうものか判断できるんですよね。つまり、嘘を吐いても、色が真実を教えてくれる訳ですから、彼の前で嘘は無意味ってことです。
今回のカナンの台詞もこういうことなんでしょうね。「臨床真理」の中で彼がその能力で登場人物の嘘を見抜くシーンがあったので、それがオーバーラップして面白かったなぁと。

氷の中に凍結されたカナンらしき人物を発見したマリアとユンユンに銃を向ける夏目。彼女の真意は何処にあるのか?嘘の始まりは何処からなんでしょうね?



次回はそんな夏目さんの真意が明かされることでしょう、多分。



・「マリアとユンユンの上海飯店で会いましょう」 第6夜
「CANAAN」のラジオは三つありますが、本家?にもっと頑張って欲しいところ。変態二人の中の人たちがやってる携帯版と、ネネのラジオの方が面白いです。特に、「カミングスの上海オヤジなぞなぞ」好きだ。解答のおやじギャグっぷりとそれに対する二人の反応が好きです。

CANAAN op.9~過去花~

2009年09月13日 23:10

過去を振り返る第9回。
誰にだって、過去はあって、現在があって、そして、未来がある。



・絡み合う感情の螺旋

<あらすじ>
道中でユンユンを引き入れ、「消えた村」へと辿り着いたカナンたち一向。そして、その村で各々が過去を振り返る。はたして、この村で起きた出来事とは―――。



<感想>
これまで曖昧にぼかされていたことがくっきりと明確なものになって、色々と整理ができた回だったかなぁと個人的には思ってます。
「消えた村」で起きたことを中心にサンタナと夏目の繋がりや「アンブルーム」と「ボナー」について、そして、「蛇」が何をしてきたのかが分かりました。

また、以前にユンユンが「蛇」に戻るのかどうなのか気にしたことがあったんですが、彼女はすでに死を覚悟して故郷でその生を終えることを決めていましたね。これに対して、マリアのみならず、カナンやハッコーも怒りや悲しみ、抵抗の気持ちを表していたことが、より直後のユンユンの「諦めたくない」という言葉や置かれた状況、抱いていた感情を際立たせていたかなぁと思います。
それから、ポイントは「薬」だとも書いた覚えがあるのですが、これについても、「オンリーワン」という説明がありましたね。これにより、ユンユンが生きるにはやっぱり「蛇」に頼るしかなさそうです。サンタナの言うように、「ファクトリー」に「何か」があればいいですけど。



前回のハッコーのカナンに対する複雑な感情もアンブルームとの闘いから分かったような気がします。
アンブルームもボナーも「消えた村」の出身者であることが提示されました(ちなみに、5話でハッコーとユンユンの間でも何か関係があるのでは?と思わせる描写も、もちろん、同じ村の出身者ってことですね)。そして、これまで、カナンは何人ものアンブルームやボナーを殺してきた。それは、ハッコーから見れば、仲間を殺されていると捉えられる訳です。
でも、ハッコーがカナンに対して憎み切れないのは、自分たちがどういう存在であるかを認識しているからです。アンブルームもボナーも「薬」を餌に「蛇」に利用され、多くの人を殺してきたから
今回の闘いでは、そういう相手を殺したくないのに殺してしまったハッコーが悲劇的で印象的です。直後の、ミノさんの慰めを受けるハッコーが何か失礼だと思いつつも可愛かったです。
とまぁ、これが、前回の真相かなと。これを踏まえて、前回を見返してみると、また面白いかも。



一方で、カナン、アルファルド、シャムの関係はまだ明確になってきませんね。アルファルドの目的と並んで、最後の見せ場になりそうです。
共感覚の力を取り戻した?カナンによると、アルファルドの色は薄茶色。シャムと同じ色をしているのがまたアルファルドというキャラクターを分からなくさせますね。本来なら憎しみを表す青色になりそうなものですが、そうならない。アルファルドにはどういう思惑があるのか。

思うに、アルファルドもまたカナンの「希望」になろうとしているのでしょうか。カナンがマリアしか見えないように、リャンがアルファルドしか見えないように、アルファルドもまたカナンしか見えてないのかも。

カナンにとっての希望はシャムでしたが、そのシャムはアルファルドによって殺されました。
アルファルドにとっての希望もまたシャムだったはずで、それは、これまでの展開から何となくですが掴めそうです。
これまで、アルファルドがシャムを殺した理由は「憎しみ」によるものだと思ってましたが、そんな簡単に割り切れるものじゃなさそうです。今回、アルファルドが手にしていたシャムからの手紙には何が書いてあるのでしょう?あの手紙が一つのキーアイテムになりそうです。
シャムにとっての希望はカナンでした(これまでにシャムが希望を抱いているという描写はありませんが、「カナン」という名を与えるからにはそういうことなのかなと)。と、同時にアルファルドもその対象だったのでしょう。あの手紙には最後の希望をアルファルドに託している(託した)のかもしれません。そして、何らかの理由みたいなものの下で、シャムはアルファルドに殺される道を選んだ。7話でシャムを「間の悪い傭兵」と表現した時のアルファルドの表情がどこか憐れんでるような気がするんですよね。

何も知らずに、希望を失ったカナンに残ったものは何でしょう?それは「憎しみ」です。そして、それは「希望」となり、カナンの最後の生きる希望を増幅し、突き動かしているのがアルファルドという訳です。
とはいえ、「蛇」の活動がアルファルドのカナンの希望になると言うには、あまりに事が大き過ぎます。ここには、シャムの最後の希望も絡んでいるのかもしれません。カナンの「本当の力」に期待している描写もここに関係しているのかも。ちなみに、シャムにとっては「憎しみ」に囚われるカナンの姿、つまり、4話時点のカナンの姿は望んではいない。今のカナンはシャムのご希望の一歩手前でしょうか?
アルファルドがマリアに注目しているのは、カナンの新しい希望になったからかな。6話の「生きること」がマリアの役目だというのもこういう理由ならば肯けるか。

それでも、アルファルドの胸中としては、ただ単純にカナンの希望になることに納得がいってないんでしょう。シャムにしろ、一番の希望はカナンで、カナンにしろ、一番の希望はマリアで。アルファルドが7話でマリアに対して「欺瞞に満ちている」などと卑下するのもこういったことの表れかも。「嫉妬してる」と言う表現は正しいだろうか。
また、今回の話で、カナンに対して本当の名前は「絶望」だと言い放ったのも、結果的に、自分の希望だったシャムが死んだのはカナンのせいだと言っているのかもしれません。

マリアがカナンの新しい希望になった理由が分からないアルファルドが注目したのは、リャンやカミングズが掲げる「愛」なのかもしれません。「愛」の正体を知りたがるアルファルドが今回は描かれました。「愛」の正体が分かれば、マリアがカナンの新しい希望になった理由が分かるかもしれないと思っているのかもしれません。リャンはアルファルドへの愛を、カミングズはリャンへの愛を選びましたが、彼らの行動の結果がアルファルドに何らかの影響を与えると思いたい。


長々と思ったことを語ってみましたが、ポイントは三つ。

アルファルドがシャムを殺害した理由
アルファルドに宛てたシャムの手紙の内容
シャムがカナンとアルファルドに抱いた希望の正体


これらが分かれば、全て見えてきそうです。
まぁ、結局、カナン、アルファルド、シャムの過去や正体が分からないと何も見えてこないという結論に達しましたw
そもそも、薄茶色は何を表すのか?も気になりますし。



後、マリアがアンブルームの死体の写真を撮ることに抵抗を感じてましたが、1話では普通に撮ってなかったっけ?あの時は事情を全く知らなかったにせよ。これまでも何度か1話とは雰囲気が違うなぁと思う場面があって、どうも、1話が活きてないなと思って、残念な所。



まぁ、何か色々あったような気がするんだけど、変態さんたちに全部持ってかれたような気がしますw
この作品のテーマは「」なのでしょうね。リャンさまやカミングズですら前座のようなアルファルドさまの「だってだって愛、なんだろ?」のオチは噴いたwうーん、しかし、カミングズは本当に「いい奴」だなw



次回、何かを失いそうな回。
まぁ、約二週間遅れの私には何がどうなってるのか何となく理解しているのが本当に残念な話なんだけど。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。