スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! op.13~Graduation~

2010年06月27日 23:59

死後の世界からの卒業の第13回。
全てが過ぎ去った後で、彼が叫んだ最初で最後の「わがまま」。

・落日の刻、慟哭の咆哮
「影」との戦いから三日後―――ゆりが目を覚ますと、そこには音無、かなで、日向、直井らがまだ死後の世界に残っていた。そして、彼らはこの世界から旅立つ為に、最後の儀式を執り行う。死んだ世界戦線卒業式。彼らがこの世界で過ごす最後の日。

最後に残された謎は「天使の心残りとは何なのか」ということでしたが、この物語を締めくくる最後の場面にきちんと用意されていました。
天使の心残りがどういう設定になされているのかがポイントでしたが、あの設定は死後の世界での音無と天使の出会いを奇跡的でロマンチックなものに仕立て上げましたね。うーん、こういうのには弱い。

音無の最後の選択はそれまでの彼が掲げてきた主張とはまるっきり正反対のもので、某所でも視聴者の大半が失望されたみたいですね。
ですが、私としては、ようやく最後の最後で自分の本当の気持ちを曝け出してくれて良かったと思ったものです。
7話の感想でも書いたのですが、彼は「他人の為に」生きていて、「自分の為に」は生きてはいません。それが私としては、間違ってるんじゃないのかなと思っていて、もっと「自分の為に」生きて欲しいと思っていました。それが、最後にこういう形で表現されて良かったなぁと。

ただ、あの描写、演出では音無がかなでに抱いていた感情が「恋愛感情」に見えるのは気のせいでしょうか。音無のかなでに対する感情はそういう次元を遥かに飛び越えたところにあると思うんだけど、どうなんだろう。

結局のところ、かなでの説得を受け、当初の信念を貫き、かなでの魂も卒業させた音無ですが、彼の本当の願いは叶わず。
最後に一人だけ取り残されたみたいですが、EDを見る限りだと、最終的には音無も成仏はしてるみたいですよね。
どうやって成仏したのかは不明ですが、最後にそういう風に取れる描写にしたということは、音無は「Angel Player」の制作者とは違う道を選んだということを示してるのだと思うことにします。
12話の感想で、「Angel player」の制作者は死後の世界での目的を「卒業」することだとしておきながら、もし、彼が愛した人が再び死後の世界にやってきて会えたら、その時はどうするつもりだったんだろうと疑問を残しました。
私の考えとしては、その時は、彼は永遠の楽園で暮らすことにするんだろうなと思ってます。
だから、この点でも彼と音無との違いが見られて良かったです。



そういうことで、最終的には音無もあの世界から卒業することができたと思われ、ハッピーエンドと取れなくもないですが、割合的にはアンハッピーエンドの雰囲気を漂わせて終了かと思いきや、最後にCパートが用意されてましたね。
個人的に、あれは必要なのかどうなのかはかなり悩むところですね。

この作品は「人生」をテーマにおいているのは分かるのですが、その下部構造として、「次」の人生にテーマをおいているのか、「今」の人生にテーマをおいているのかが最後まではっきりしなかったなぁというのが個人的に残ってまして。

9話で音無も天使も「次」の人生も悪くないとSSSのメンバーに思わせたいという願望を口にしていましたが、あの時、少し違和感を感じたんですよね。
と言うのも、SSSのメンバーは「次」の人生がどうこうではなく、「生前」の人生が理不尽で納得のいかないものだったから、死後の世界に迷い込んでしまったのであって、「次」の人生なんて考えてもいないんじゃないかなぁと思って。
12話では、ゆりは「どんなに理不尽な人生でも、そのたった一度きりの人生を、受け入れなくてはならない」というようなことも言っていて、テーマとしては「次」の人生がどうあるべきかではなく、「今」の人生がどうあるべきかに主眼を置いているようにも思うのですよ。ゆりがメインキャラクターである理由もここに焦点を当てたいからだと思ったのですが・・・。

その一方で、9話での音無と天使の願望や11話の音無の主張に同意するSSSのメンバー(これについては、11話の音無の主張がどのようなものであったのか気になるところ)、今回のCパートはその逆。「次」の人生がどうあるべきかに主眼を置いてるように感じます。

前者ならば、今回のCパートはハッピーエンドの一つの形としても、やっぱり、奇跡的でロマンチックだなぁと思います。

しかし、私的には、後者だと思いたくて、「人生ってやつはたった一度きりしかないのだから、突然、理不尽な死が襲ってきても、後悔のないように、自分がいつ死んでも満足できるように、自分が納得できる人生を、今、この瞬間から歩め!」なんてことをこの作品のメッセージとして受け取っていたので、そういうこともあってか、「次」の人生がある、なんて描写には違和感と言いますか、納得できないものを感じてしまうのです。

今回のCパートは、「来世」の存在を匂わせていて、6話での音無の直井に対する「お前の人生だって、本物だったはずだろ!」や12話でのゆりの言葉に説得力が弱まるような気がして。
「次」の人生があると考えさせてしまったら、「今」の一度きりの人生に対する情熱や葛藤が薄くなったり、また、生まれ変わって、性格も言動も何もかもが変わってしまったら、それは自分の人生じゃない。違う誰かの人生なのだから。

実際には、そこまで深くは考えておらず、あの終わりでは後味が悪いから、もう少し希望の見える終わりにしようという程度のものだと思うのですが、どうせなら、ざっくりアンハッピーエンドにしてくれとも思いました。
そうでないなら、音無と天使が共に卒業する気持ちのいいハッピーエンドにして欲しかったかな。むしろ、こっちが本音かもしれません。



さて、「Angel Beats!」も終わりを迎えました。
個人的評価を一言で纏めると、「それぞれの星はこれ以上ないほどの輝きを見せていたが、星と星を繋ぐ線は輝いていなかった」というところでしょうか。
はぁ?と思われた方、正解ですw
まぁ、それぞれの話数は単体で見るならば、非常に質が高かったと思うのですよ。
しかし、俯瞰的にこの作品全体として見るならば、そうでもないなと。
何て言いますか、毎回毎回、この作品は次の話を見る度に、違和感とかちぐはぐ感を感じて戸惑いを覚えていたのですよね。
今回の卒業式も死後の世界からの旅立ち=卒業というのも分かるんだけど、前回の話の流れからそういう雰囲気じゃないような。そして、やっぱり、話からは浮いていたと思います。
確かに、あの展開からこの展開、何となく分かるけど、視聴者の想像にお任せします的なことが多すぎないかという感じでしょうか。
ようするに「繋ぎ」の描写が圧倒的に足りないというのがあるのかな。

その原因は言うまでもないでしょうが、キャラクターの多さでしょうね。
もう、名作に後一歩という大半の作品はこの部分で大方つまずいてるような感じがする。個人的にも、少人数で物語を回す作品の方が好きなんですけど。
「Angel Beats! -Track ZERO-」のキャラクターをそのまま踏襲すれば良かったのにと思いますね。それもこれも最後の卒業式の寂寥感とかを出したいが為だったんだろうなぁとは思うものの、あれの為にはデメリットの方が多すぎますね。
「Angel Beats! -Track ZERO-」でも、野田と椎名は???なまんまだったし、チャーは現世での詳細も描かれていたにも関わらず、本編ではこの扱いというのはちょっとね。

指摘されてる方もいますが、最終的には「Angel Beats!」は「やりたいことをとにかくやり尽くした話の集合体」に過ぎないのでしょうね。もう無理矢理一つの作品にしてしまったと、そういう印象が拭えませんね。



相変わらず、マイナス点ばかり挙げるのはそこいらにいる人間並みに例に漏れず、上手いもんだと自分でも感心してますw
もちろん、いいところもありますよ。
先に挙げたように、話の内容自体は質が高いと思います。
これまでの感想の中でも、ところどころ、「人生」ということについて話の内容に沿って、自分なりの考えを表現してきたつもりです。
それから、某所での他の視聴者の方々との意見や考えを見るのは楽しかったですね。なるほど、こういう考え方もあるのかと毎回、衝撃を与えてくれたものです。
これだけを取っても、人には一人一人の確かな「考え」というものが確かに存在していて、それは、その人がこれまでに歩んできた「人生」から弾き出された一つの「答え」なのだと思うと、それを見せてくれたこの作品にはやっぱり、感謝しています。

また、ガルデモの音楽にも、勇気づけられている人、感動をもらっている人は確かにいて。
話の本編にあまり深く関わらなかったことが個人的には、すごく残念ですが、それでも、この作品を創ってくれてありがとうという気持ちでいっぱいですね。



これが「Angel Beats!」に対する私の「答え」の全てかな。
あぁ、これから、みなさんの意見や感想を見ていくのが楽しみだなぁ。
スタッフ、キャストのみなさん、お疲れ様でした。



・「Angel Beats! SSS(死んだ世界戦線)RADIO」 第13回
前回の「ぺろぺろ」に加えて、「やんよ」まで流行し、しまいには「カタコト言葉」まで。
webラジオはどこまで続くのかな?
スポンサーサイト

Angel Beats! op.12~Knockin' on heaven's door~

2010年06月23日 21:06

「神」と対峙する第12回。
長き闘争の終わり。その果てに―――。

・楽園の向こうへ
増殖し続ける影に天使とSSSが挑む。一方、ゆりは影を生み出している元凶がいると睨み、ギルドの地下深くへ単身挑む。そして、そこにも影は現れ―――。

私もその他大勢の一般人だからか、今回の話がなかなかに難しく感じていたり。

まぁ、音無のような存在が過去にもいたと思えばいいわけですよね。
ただ、過去の音無のような存在の彼は「愛」を覚えてしまうとどちらか一方が「卒業」してしまった時に、永遠に心残りとして残ってしまって、残された方が永遠に「卒業」できなくなる。その苦しみから他の誰かを解放させる為に、または、自分自身が解放される為に「Angel Player」を作成したわけですかね。

果たして、彼の選択が正しかったのか、間違っていたのか。これは、誰にも責めることはできないでしょう。
ただ、彼自身はそれが正しいことだと信じてやってきたわけです。何故なら、自分自身がそういう状況に陥って、どういう感情に縛られるのか身を持って知ってるわけですから。

しかし、それは彼の場合にのみあてはまることで、他の誰かにも例外なくあてはまるとは限りません。

例えば、「Angel Player」の制作者と同じような存在と思われる音無の場合はどうなるでしょうね。
音無自身も全員を成仏させたらどうなるんだろうと思っていたことがありましたが、もしかしたら、音無も果てには同じことをやるかもしれませんし、そうじゃないかもしれないし。

ゆりの場合はどうなるでしょう。
彼女は「Angel Player」の制作者が「茨の道」だと思った方を自ら望んで選びましたが、彼女の選択の結末が謎の青年の言っていた「答え」になるかもしれませんね。
この辺りは、天使の物語の結末と共に最終回に持ち越しですね。



今回の話は、複雑で、単純化できないのが難しいところですね。
正直、自分の書いてることが正しいのか、間違ってるのかもよく分かりませんw何を書いてるのかもよく分かりませんw

最後まで、天使の謎が残ったままですが、彼女の心残りもまた「Angel Player」の制作者と同じように愛した人に先立たれ、再び会える日を信じて待っている人間なのでしょうか。
書いてて思ったのですが、「Angel Player」の制作者は、死後の世界では「卒業」することが目的だとしておきながら、彼の愛した人に再び出会えたなら、どうしていたのでしょうね。
そうなったら、「卒業」なんてどうでもよくて、永遠に死後の世界で暮らそうとしていたんだろうか。



次回、Graduation。再び会える日を信じて。



・「Angel Beats! SSS(死んだ世界戦線)RADIO」 第12回
全編「ぺろぺろ」でお送りする今回のラジオ。
理性と闘う櫻井さん。可愛くあろうとする櫻井さん。いじられる櫻井さんで楽しむのがこのラジオの正しい聴き方なのかw

Angel Beats! op.11~Change the World~

2010年06月20日 20:27

新たなる敵の襲来の第11回。
示された二つの道。分かれ道を前に人は悩み惑いて。

・SHADOW
ユイを成仏させることに成功し次の対象者を誰にすべきか考えていた音無の前に日向と直井が現れる。二人は協力を申し出てくるが、二人の間で音無をめぐる諍いが納まらない。そんな諍いの最中、直井の背後から影のようなものが現れ―――。

物語の終わりと共に世界の終わりをも予感させるような急展開で進んだ今回のエピソード。
そのきっかけは「影」の登場ですが、この「影」は人をNPC化させるという。
NPC化というのはようするにこの世界での「死」に等しかったわけなんですね。

否応なく迫りくるリアリティのある死を目の前にして、SSSのメンバーの前には二つの道が示されます。
一つは、ゆりについてこれまでのように反抗を続け、この世界に居残ること。
もう一つは、音無について自分の心残りを解消し、この世界から消えることですね。

さてはて、どちらの道を選ぶべきか―――SSSのメンバーは自らの思いと向き合い、それぞれの夜を過ごします。



ゆりと日向の短いやり取りは「Angel Beats! -Track ZERO-」を読んでいた方にとっては感慨深いものがあったのではないでしょうか。

日向としては、ゆりにも自分たちと同じ道を選んで、一緒に消えて欲しいという願いがあると思うのですが、その道を選ぶ彼女ではないこともまた知っているのですよね。
彼女の願いは、「神」になりかわって、この世界を乗っ取ることだから。

常に孤独の道を歩もうとするゆりをそうはさせまいとしてきたのが日向ですが、再び、ゆりはその道を歩もうとしています。
ただ、誰かと一緒にいた時間も悪くなかったと思って、ゆりはその道を選びました。
それは、少しながらでも日向の想いがゆりに届いていた証拠のようで、嬉しくなりますね。



さて、ゆりの考えでは、「影」は「Angel Player」によってプログラミングされたものであり、人の魂を蹂躙する「神」のような存在がいると。
「神」については以前から出てくるんじゃないかと予想されてましたが、ちゃんと出てきてくれそうです。よかったよかった。



次回、Knockin' on heaven's door。その扉の向こうに、本当の幸せが待っている?



・「Angel Beats! SSS(死んだ世界戦線)RADIO」 第11回
ゆりっぺに足りないのは「豆乳」だそうですw
そして、行われた第2回AB!飲み会。喜多村さんの為にも土日にしてあげましょうw
木曜日に飲み会ができるのもある意味職業柄かな。

Angel Beats! op.10~Goodbye Days~

2010年06月06日 22:03

ユイ消失の第10回。
やりたいことはいっぱいある。あれもこれも。

・六十億分の一の奇跡を信じて
みんなを成仏させようと決めた音無と天使は、まず、ユイから成仏させていくことを決める。しかし、そのユイにはやりたいことがたくさんあって―――。

むぅ。
部分的に見ると、いいエピソードだったと言えるのかもしれないが、全体的に見ると、どうかなぁと思うようなそんな話。



ユイの無念に日向が応えるシーンが今回のハイライトだと思うのですが、どうにも説得力が欠けてます。
その決定的原因は、やはり、それまでのユイと日向の描写が不足してるに尽きると思います。

今回、OP、ED共に抜きでギリギリまで詰め込んだことが窺えるのですが、そんなことしなくても省けるシーンはあって、入れるべきシーンを入れていけば、きちんと通常通り収められるのではないかなぁと思ったのですが。
省けるシーンは、やはり、プロレスとサッカーのくだりかなぁ。入れるべきシーンは当然、ユイと日向の描写です。
最初から、野球限定にしておけば、すんなり日向も絡められて、濃い話にできただろうに。それができなかったのが、残念ですかね。



まぁ、これ以上に残念(になるかなぁ)と思うのがガルデモですね。
できれば、ユイはもっとガルデモと絡めて欲しかったのですが、それとは無縁のところで彼女の物語は終わりましたからね。

そもそも、岩沢消失後のガルデモは存在意義すらも失われつつあって、何なの?と思うわけですよ。
これだけ商品展開も活発に行っておいて、かつ、楽曲もいいものが揃っているのに、どうにも本編では活かされてないような。
何だかガルデモはこの作品とは別のところで行われているようなそんな淋しさを感じずにはいられないんですよね。

まぁ、まだ残り話数もいくらかあるので、こう言ってしまうのも早いのかもしれませんが。
正直、ユイってあれで成仏したの?っていう疑念が残ってて。何か次回にはすんなり出てくるんじゃなかろうかと思っていたり。



次回、Change the World。いつだって終わりは唐突だ。無常にも無慈悲にもそれは誰の下にも優しく舞い降りる。



・「Angel Beats! SSS(死んだ世界戦線)RADIO」 第10回
そういえば、「してやんよ」は日向の言葉でしたねwいつから彼はこんな言霊使いになったんだw
今回は「あるモノ」のおかげで花澤さんがいつも以上に元気ですw

Angel Beats! op.9~In Your Memory~

2010年05月30日 20:37

生前の自分に別れを告げ、死後の世界で生きていくと決めた第9回。
この身は消えてなくなるけど、せめて想いを、残したい。届けたい。伝えたい。

・遥かな未来のファンタジー
それは、とても長い夢―――。

ようやくと言うべきなのか、今更と言うべきなのか。
でも、このまま大人しく全員を成仏させてく展開にするなら、とっくにやってますよね。
そういうわけで、まだ最後に大どんでん返しがあると信じて。音無を記憶喪失にした意味やなった理由も、天使がSSSのメンバーを成仏させたいという思いも、「神」の存在についても、まぁ、色々と分からないポイントは残ってますよね。



音無の生前の物語は、7話も含めて、力が入ってますね。見ごたえがあります。

今回は事故から死ぬまでの一週間の記憶の再生でしたが、いい話でした。
あの極限の状況では、それこそ水を盗んだ人がいたように醜い惨状になって、音無のような英雄は孤独に陥って、最後は誰からも顧みられず裏切られて死ぬんだろうなと思ってましたが、そうしたドロドロの話ではなかったようで。

むしろ、生きる希望をみんなに与えて最後を迎えたということが、この物語にわずかながらのハッピーエンドをもたらしてくれました。

今回の場合、ドナーカードによって自分の生きた証を残そうとしてました。
音無たちがこれによって自分たちの生きてきた意味に満たされたのは何も自分の生命が誰かの生命の助けとなるからだけではありません。

例えば、あらゆるジャンルの古典や名作と呼ばれるものがあれほど尊く感じられるのは、それ自体の素晴らしさ以外にもそこに関わってきた人々の想いと積み重ねられてきた歴史があるからだと思います。
いつ途切れてもおかしくない襷をその時代に生きる人々が様々な想いを抱えて考え得る方法で後世に引き継いできた。その繰り返しで今に至るわけです。
そうして、受け継がれてきた古典や名作に触れることができるって、それこそファンタジーだと思いません?

夏目漱石も宮沢賢治もベートーベンもモーツァルトも音無もまさか自分の想いが遥かな未来に届くだなんて夢にも思わないでしょうね。でも、彼らが今の世界を見ることができるなら、例えようもないほどの喜びと満足感と達成感とで包まれるのではないでしょうか。

どういう因果か音無は死後の世界でそういう機会を得て、生前の自分の人生に納得しました。生きてきた意味を見出だし、報われたわけですね。



さて、本来ならここで岩沢と同じく消失・・・してもおかしくないのですが、どうやら、音無にはまだ心残りがある模様。SSSのメンバーを成仏させたいと。
ただ、彼の場合、それ以上に天使を救ってあげたいのでしょうね。
全員を成仏させたら、自分たちはどうなるんだろうと心配してましたが、その時は音無も天使も消えるんじゃないんでしょうかね。まぁ、個人的にはそうじゃないエンドに期待してたりもするんですが。

うーむ、しかし、こうなると直井の心残りは何なんだろうwまだまだ音無さんとイチャイチャしてたいってことだろうかw



次回、Goodbye Days。明るさの裏に潜む闇。その向こうに。



余談ですが、「スパイラル~推理の絆~ 外伝小説 名探偵 鳴海清隆 ~小日向くるみの挑戦~」の「ワンダフル・ハート」を読んでみると、今回の音無の物語にも色々と思うことができるのではないでしょうか?
関連性があるかないかは読み手次第なのですが、今回のエピソードを見て、私は真っ先にこれを思い出したもので・・・今回の感想はこれの受け売りも交じってますねw想いや願いの強さが何よりも尊いものだと分かるような気がします。



・「Angel Beats! SSS(死んだ世界戦線)RADIO」 第9回
10話のキーワードは「してやんよ」だそうです。言動から察するとユイっぽいですが、はてさて。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。