スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け 2ND SEASON op.12~大事な人~

2011年05月17日 23:30

好敵手との決着と恋人たちの日常の第12回。
これからもラブソングは流れ続ける、ずっとずっと。

・一脚の椅子を巡る争い(後編) after story 2-敗者ばかりの日-

<あらすじ>
学校祭が終わって数日―――爽子と風早の関係は校内中に知れ渡るようになっていた。そんな時、爽子は自分たちの関係を僻む女子たちの声を聞き、自分の置かれている状況を改めて認識するのだった。


<感想>
風早が爽子に惹かれた理由としてはどんなことが挙げられるでしょう?
集約してしまえば、「黒沼爽子だから」という一般にありがちで異常に曖昧な理由でも恋する理由としては不思議と納得できてしまうものです。
でも、それは第三者だから納得できる理由であって風早のことが大好きな当事者たちには納得できる理由ではありません。

「黒沼爽子って『何』?」

こんな問いが浮かんできてもこれまた不思議ではないと思います。

彼女の良さとは何なのでしょう?

私は、「どんなことにもひたむきに取り組む姿勢」と「笑顔」なのではないかと思います。
それが、ひいては風早が爽子に惹かれた理由でもあると。



前者は正に「隣の芝生は青い」というやつです。
自分にないものを持つ爽子が羨ましくもあり、また、彼女のようになりたいと風早は思っていたのではないでしょうか。
爽子の頑張りは他人を動かす力があります。風早もまたそうして動かされているのだと実感していました。自分のことしか考えない自分とは違って、他人のことを考えることができるそんな彼女をいつしか好きになったのかもしれません。

後者は風早が評するに、「可愛過ぎて、誰かに狙われると困るから自分だけのものにしたいほど」のものです。
でも、これは風早と爽子に近い数人しか感じていないことで、他の大多数は彼女の笑顔を物珍しさから注目しているに過ぎないのですよね。
もう風早だけが盲目的に爽子を過大評価しているのです。入学式の時に見た爽子の笑顔で一瞬で自分の心を捕えてしまった彼女の笑顔に一目惚れしたのでしょうね。
そして、それに気付いた自分をある意味では誇らしくも思っているのですよね、彼は。



ここまで、風早が爽子に惹かれた理由を書いてきまして何ですが、ここから、急に反転するようなことを書きます。

結局、これだけ並べても風早のことが大好きな当事者には納得できる理由ではないってこと。

例えば、違う誰かが爽子と同じように振る舞ったとして、その子に風早が惹かれるかと言われればどうでしょうか?

胡桃なんかは風早の好みの嗜好を察知して、それに合わせたアプローチをかけていたと思うのです。
もちろん、裏では汚いこともやってましたが、それは、風早の知るところではありません。
けれども、風早は胡桃を選ぶことはなかったですよね。



やはり、風早が爽子に惹かれた理由は「黒沼爽子だから」という答えに帰結して、究極だと思います。



かくも恋愛の理不尽なことか。
コインに表と裏があるように。恋愛も甘いことだけではないんですよね。
どんなに理不尽なことであっても納得して前に進んでいかなきゃいけないんですよ、あの女の子たちも胡桃も。

そして、そんな想いの上に立っていることを爽子はちゃんと自覚しています。
自分に掛ける言葉はない。その代わり、風早のことを大切にすると何度も何度も繰り返すのでした。



という感じで、今回で「君に届け 2ND SEASON」も終了しました。
今回の爽子と胡桃の屋上でのシーンまできちんとアニメでやってくれて満足ですな。
原作はまだ続いていますが、正直、この作品のテーマはここまでで全てやり尽くした感がありまして、今は惰性で続いている感しかしないのですよね。原作者としてはこの作品でやりたいことがあるのか分からないですが、今のままならアニメはここまでで完璧で、ここで終わりのままでいいですかね。

「恋愛は付き合って終わりじゃなくて、付き合ってからが始まり」

という意見を見たことがあって、えらく当たり前のように思えて、その実、物語の中では付き合って終わりなことが多いので、この意見にとても目を惹かれたので、この作品では付き合ってから爽子と風早の姿をどのように魅せてくれるのかと期待と不安で今も見守り続けているのですが、今のところはイチャラブを見せつけられてるだけでこれまでのように訴えかけてくるものはないのですよね。
個人的には「風早の過去」という格好のネタがまだ残っているのになぁと思っているのですが、今のところこのネタを使う気配は全くゼロですねw



しかし、最後の新番組予告は腹がよじれたw
この作品の雰囲気と真逆のカイジに君届ファンを呼び込むのだから、吹いたなんてもんじゃないw
おかげで、カイジが見たくなったじゃねーか。
スポンサーサイト

君に届け 2ND SEASON op.11~祭りのあと~

2011年04月29日 23:36

新しい日々の始まりの第11回。
改めて、どうぞよろしく。

・一脚の椅子を巡る争い(後編) after story

<あらすじ>
学校祭終了の夜、爽子のクラスで打ち上げが行われることになった。爽子と風早は待ち合わせて一緒に打ち上げ会場に向かう。その頃、打ち上げ会場では既に二人の関係が噂されていて―――



<感想>
爽子が風早の「彼女」になって、とうとう二人の関係は「恋人関係」になったことが示された回ですね。
同じように見える風景でも昨日とは確かに違う明日の世界が爽子の前には横たわっていることでしょう。

その一つが胡桃との関係です。
爽子が風早と恋人関係になったことで爽子と胡桃の関係も同じでも違う関係になるでしょう。

胡桃の後姿が何とも哀愁を帯びてて小さいですな・・・。ぎうってしてあげた



そして、今回も風早の男らしさは全開っと。
爽子や風早の「勇気」というものを私にもあったら・・・、もっとカラフルな人生を歩めたんだろうか。
そう思いながら、セピアの風景の中を今日も生きてます。後悔先に立たず。



次回、大事な人。
失いたくないものが、いっぱいできた。

君に届け 2ND SEASON op.10~ここから~

2011年04月17日 21:52

爽子と風早の想いが結実する第10回。
三度目の涙は、やっと笑顔で。

・Re:一脚の椅子を巡る争い(後編)

<あらすじ>
教室で互いの想いを確かめ合う爽子と風早だったが、そこに思わぬ邪魔が入ってしまい、改めて翌日に話をすることに。だが、確かに同じ想いを抱いていることを実感した二人は明日が待ち遠しく眠れぬ夜を過ごすのだった。



<感想>
こうして二人の想いが届いたのを見ると、感慨深いものがありますよね。

2ND SEASONは台詞よりも映像と音楽のみでシーンを見せることが多いですが、この作品ではそれがプラスに働いています。
爽子が「一年間の集大成」と名付けたものが、これまでにいっぱい映し出されていて、風早が実感していることが私たちにも伝わってくるようなんですよね。

そして、風早も爽子の告白に「好きだよ」と笑顔で返しました。さらには、同じ「好き」であることまで強調して。
まぁ、そこまでしておかないと、怪しいものですからねw



何はともあれ、新しい関係を始めていくことを選んだ二人を祝福したいです。



次回、祭りのあと。
ここは未だ坂の途中。

君に届け 2ND SEASON op.9~告白~

2011年04月10日 23:59

爽子の想いを風早に届ける第9回。
「ごめんね」の代わりに「ありがとう」を。

・一脚の椅子を巡る争い(後編)

<あらすじ>
微風に靡くカーテンの音。窓から射し込む夕日の光。空間にあるは二つの影。爽子と風早。再びの告白。



<感想>
「好意」の行為。なのに、その答えはいつも「謝罪」。
「ごめんね」。
実は、自分のしている行為は「迷惑」なんじゃないかと疑う日々。

そして、今日も「好意」のつもりの行為。
でも、初めて「謝罪」とは違う答えを聞いた。
「感謝」の気持ち。
「ありがとう」。

それが、彼女の世界を大きく変えた。

なのに、どうして私は「ありがとう」をくれた彼に対して「ごめんね」で返していたのだろう。
それは私を私だけの世界に閉じ込めていたはずなのに。

彼の行為を「迷惑」だなんて。
そうやって名付けられることがどんなことか私は知っていたはずなのに。



だから、今度は言うね。
「ごめんね」の代わりに「ありがとう」を。



そして、「大好き」の想いも込めて。








長い長い告白編とも言うべきエピソードも終盤です。
今回のハイライトはもちろん爽子の告白シーン。
そして、これは物語全体のハイライトでもあるのですよね。今まで散々重要シーンはあったけれども、これこそが最も重要なシーン。

おそらく、風早にバレンタインチョコを渡す時が今回のようなシーンになったのかもしれなかった。
ただ、あの時の爽子には胡桃の横やりもあって「風早の『好きな人』」が示唆されたんですよね。
「自分の好きな人以外からの『本命チョコ』は受け取らない」ということから疑心暗鬼になってしまったんです。
もし、受け取ってくれなかったら・・・という懸念と共に、もし、そうなら自分の「好意」は「迷惑」になってしまうと思って、下心入りのチョコを渡すことを断念したのでした。
実は、そのことが風早との間に「壁」を作ることになってこれまでのいざこざになってしまうきっかけの一つになってしまったという。



さて、爽子の告白シーンですが、胡桃の告白シーンでもそうでしたが、台詞・演出・構図・間の取り方、どれを取っても本当に完璧に感じます。何度観てもそう感じます。

こういうことを書いちゃうと、水を差すようで非常に申し訳ないんですけど、いつも私はアニメを観ている時は、「私だったら、こうする」みたいな上から目線で観ているのですよね。私も何かしらの「物語」を創りたいなぁといつもいつも思っている人間でして、常に考えながらアニメを観て、楽しんでいるつもりなんです。
で、今回のようなシーンを見せつけられると、呆気に取られて何も言えなくなる状態になる一方で「悔しい」って気持ちになるんですよね。「君に届け」はそういうシーンが多くて、困ります。困ると同時に嬉しいのです。

そういう訳でして、私は、「爽子は何て告白するのかな?」って野暮なことも気になったりしてたわけです。
爽子の告白は彼女のありったけの想いが込められていて、とても彼女らしくて素直にいいと思いました。あれで1/10しか伝えられなかったと言うのですから、風早に対する想いはもっともっとあるんでしょうね。
でも、「告白」という舞台で、彼女は震えながらも勇気を持って、想いを伝えました。その姿は私には遥か遠く、羨ましいとしか言えません。

後、秀逸なのは構図なんですよ。廊下にいる爽子と教室にいる風早を挟んで「ドア」があるという構図が。
この「ドア」が爽子が風早に対して作った「壁」のイメージとして働いているんですよね。
そして、爽子の告白を受けて突き動かされた風早が「ドア」を開けて爽子を自分の世界に引っ張り込む、というのが爽子と風早の間にあった「壁」がなくなったことの証明と風早の男らしい一面が見られるいいシーンになってると思うのです。



ただ、ここで邪魔が入ってしまうのが、私的には残念なんですよ。
ぶつ切り感満載で、物語の都合上を感じてしまうのも。

ここは、「二人が抱き締め合うことで同じ想いを共有していることを互いが『実感』していること」が大切なのかもしれない、と原作を読んだ時も感じました。今回もこれで行こう。



物語のスピードは緩むことなく次回へと続きます。



次回、ここから。
始まりの音、響く。

君に届け 2ND SEASON op.8~届け~

2011年04月02日 23:59

原点を見つける為の第8回。
いつのまにか置いてきてしまったあの時の気持ちを探して。

・approach stride 2-That who change the world.-

<あらすじ>
風早に対してずっと甘えてきたことに気付いた爽子は自分自身は風早くんに何かしてきただろうかと思い悩む。友人や好敵手の支えを受け、立ち直りつつあったが、まだ踏ん切りはついていなかった。そして、学校祭は始まり―――。


<感想>
爽子が風早に惹かれていったのは、「自分の世界を変えてくれた人」だからなのではないかと私は思います。



最初は「憧れ」から始まりました。
そして、彼の色んな一面を知っていくにつれ、それは「好き」に変わります。
その「好き」が積もりに積もって、盲目的になりすぎて。
大切にし過ぎるあまり、傷つけたくない想いから知らない間に「壁」を作って。

風早くんに好きな人がいたら、どうだと言うんだろう?
風早くんに好きな人がいてもいなくてもこの「好き」という気持ちは変わらない。
この気持ちを秘めたまま生きていくことなど出来はしない。

だから―――

今は、ただ、この想いを伝えたい。



"That who change the world."は「BLEACH」のサブタイトルから。



次回、告白。
まだエンドロールにしたくない。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。