スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは op.26~花咲くいつか~

2011年09月30日 23:55

それぞれの明日へ歩き出す第26回。
いつの日か咲かせてみせる、大輪の花を。


・光輝く明日へ

<あらすじ>
湯乃鷺での「ぼんぼり祭り」が始まる。夜の闇に煌々とぼんぼりの灯りが輝く湯乃鷺の景色に目を奪われる緒花たち。誰もがそれぞれの「夢」を抱きて、未だ見ぬ明日に期待と不安で胸をいっぱいにしていた。今はまだ夢の途中。ほろ苦く甘い香りに似た陽炎のような刹那の淡い夢の―――。



<感想>
ラストエピソード起承転結の「結」。
みんながそれぞれの夢に向かって歩き出す始まりのエピソードになりました。



スイを「悪役」と表現していいのかは難しいところですが、彼女は本当に魅力的な悪役でした。こうしたキャラクターがいるだけで、作品の質は上がりますね。
最初は緒花とスイは対立しあう関係だったのですが、それが最後には緒花にスイのようになりたいと言わしめたのですから、見事というしかありません。それほどまでに、彼女の生き様に憧れたのでしょう。

そんな緒花の姿を見て、皐月は悔しがるのですが、それは緒花の憧れが自分ではなかったからですね。ですが、皐月ですらも納得させるほどの「母親」でもありました。だからこそ、皐月はそんな母親にぼんぼって追いつこうとこれからも生きていくのでしょう。皐月にしては珍しい湿っぽい感じでスイを東京に呼び寄せようとしましたが、それも彼女の「夢」の一つなのでしょうね。スイが親子三代で喜翠荘を営むことを夢に見ていたように、皐月も心の奥底では親子で一つ家の下で暮らしたかったのだと思います。

皐月の申し出を断るスイですが、それは緒花の「ぼんぼる」に触発されたからでしょうね。おそらく、最初はそういうつもりでいたのかもしれませんが、緒花の姿にスイもまた「夢」を追いかけようとぼんぼろうと思ったのでしょう。
スイ、皐月、緒花の繋がりの描写はすばらしいの一言です。



この三人を含めて、喜翠荘のみんなの繋がりを消さないように頑張るのが縁ですね。
結局、縁は自分のふがいなさを認めて、スイの「喜翠荘をたたむ」という提案を受け入れますが、それを一時的なものにして、再び必ず喜翠荘を復活させることをみんなの前で誓いました。その姿にみんなも再び戻って来ることを約束します。民子が「喜翠荘の」板前になりたいと言いたいほどに喜翠荘はみんなの中でかけがえのない「場所」になっているんですよね。この時の縁の姿はまぎれもなく「喜翠荘の若旦那」だったでしょう。
最後に、二人が「ふくや」で働く姿が描写されますが、そこでの修行は間違いなくプラスになります。きっと、必ずや二人が喜翠荘を復活させてくれると予感させる描写でした。願わくば、スイが生きている内に、復活させて欲しいですね。



喜翠荘最後の日にスイは全ての場所を歩いては、そこに在った「喜翠荘の思い出」を昨日のように思い返します。
そして、誰もいなくなったと思っていた場所にただ一人ぞうきんがけをこなす緒花の姿を認めます。「ちゃんとお別れがしたい」という緒花の姿に密かに涙ぐむスイの姿がたまらないですよね。
正直、スイの涙は理屈じゃないと思うんですよね。もう本当に色んな想いが一気に溢れ出て自然と涙が零れてきたのではないかと思います。



そして、緒花とお別れする湯乃鷺駅のホームでスイは緒花に喜翠荘の業務日誌を託しました。あの時こそ、本当にスイは緒花を認めた瞬間だったのでしょう。緒花の成長が感じられる瞬間でもありますね。
緒花もその業務日誌を受け取り、自分が続きを書いていくことをスイに約束します。雪が降る駅のホームで一人佇むスイが、どんな想いで「待ってるよ」と言ったのかは想像するだけで胸に込み上げてくるものがあります。



この作品は、ほろ苦く甘い香りに似た陽炎のような刹那の淡い夢を観ているような感覚でした。もう終わってしまったんだなと思うと、今、とてつもない虚無感に襲われています。
でも、私たちの人生はここで終わるわけじゃないんですよね。緒花たちの人生も終わるわけじゃありません。人生はこれからも続く、ずっとずっと。その先が、暗いことばかりじゃなくて、明るい未来でいっぱいなんだよって思わせてくれるあの締め方がいいですね。明日からも頑張ろう、ぼんぼろうって気持ちにさせてくれるなぁ。
スタッフ、キャストの方々は本当に見事な仕事を果たしてくれました。誰一人として外せない隙のない見事な作品でした。
「花咲くいろは」の勢いは、とりあえずは、10月9日に行われる「湯涌ぼんぼり祭り」に繋がると思いますが、その先にもずっと繋がっていくことを願って。

みなさん、お疲れ様でした。そして、ありがとう。



・・・そういえば、緒花と孝ちゃんの恋愛には触れなかったなぁw今回の記事には上手く組み込めなかった。
この二人の描写は、緒花が大人でもない子供でもない時期にいることをリアルにさせてくれるのではないでしょうか。女子高生は仕事に恋愛に忙しいのです。菜子は孝ちゃんみたいな大人しい子は好きだろうなぁと思っていたら、案の定でしたwでも、菜子は水野さんとイチャイチャしててくださいw



・「ぼんぼりラジオ 花いろ放送局」 第26回
最終回はかな恵氏と能登さんのお二人でお届け。
そういえば、このプログラムはあんまり作品の中身については語ってくれる機会がなかったなぁ。今回は、お二人がこの作品に対する想いを目一杯に語っております。ちょっと言葉は拙いけれども、演じている側もこの作品が大好きでいてくれている、その想いはたくさん伝わってきました。「花咲くいろは」も「true tears」のように役者からもファンからも地元の方からも末永く愛される作品になってくれると嬉しいです。
先にも述べたように、「花咲くいろは」の勢いはまずは「湯涌ぼんぼり祭り」に繋がります。賑やかで楽しい祭りになるといいなぁ。
スポンサーサイト

花咲くいろは op.25~私の好きな喜翠荘~

2011年09月25日 22:03

喜翠荘の存亡を賭けた戦いが描かれる第25回。
私たちは一体何の為に戦うのか?



・砂の城、南柯の夢

<あらすじ>
ぼんぼり祭りの準備が着々と進められる中、喜翠荘では予約を取り過ぎたことによる弊害が早くも出始め、その対応に追われていた。誰もがスイの考えを翻意させようとする中、違う方向を向いている緒花はただ一人孤立するのだった。


<感想>
ラストエピソード起承転結の「転」。
喜翠荘の本当の姿をもう一度思い起こさせるエピソードでした。



何とかスイの考えを覆したいと考える喜翠荘の面々は、無理な予約を入れていっても最初の内は一人あたりの仕事量の配分を増やしたり、工夫を加えたりすることで、何とか仕事をこなしていきます。
しかし、「無理なこと」をすることは通常人の心の余裕を奪うものです。だから、普段ならば、こなしていたはずの仕事もできなくなってきます。
そして、誰もが喜翠荘の本質を忘れて、スタンドプレーに走る中、一人違う方向を向いている緒花にはみんなからの風当たりも強くなります。

でも、これらのことも一重に緒花のことが、喜翠荘のことが大好きであることの裏返しなんですよね。ただ、その愛情表現が間違ってしまっているだけで。
緒花のことが大好きだからこそ、違う方向を向いている緒花を何とかして振り向かせたくて。
喜翠荘のことが大好きだからこそ、スイの考えを変えたいと思うのです。

その愛情表現の方法にいち早く疑問を持ったのが、菜子でした。
スイの本当の気持ちを緒花から聞いた直後の菜子の台詞が印象深かったです。

「女将さんには分からないんだよ。自分が『走れる人』だから。自分だけの夢は持てない。走れないけど、夢を持ってる人に一生懸命ついていくこと。それが『夢』になる人だって・・・いるんだから」



スイはこっそりと緒花と菜子の会話を盗み聴きしてましたが、これによってスイの気持ちに変化は表れるのでしょうか。
「人間」の醍醐味・・・と言いますか、決して同じ人間などいないということを感じさせてもくれますね。

そんな中、とうとう、無理してきたことのツケがきました。
そこで、ようやく、みんなも個人的感情を優先させていて、喜翠荘の本質である「お客様のことを第一に」ということを忘れていたことに気付きます。
ここで、崇子が真っ先に縁を諫めるのがいいですよね。縁一人ではこの旅館を背負うには厳しいかもしれないけれど、崇子と共にならやっていけるのではという予感を感じさせてくれます。何だかんだで映画製作のミスも彼女は取り戻しましたしね。未来の喜翠荘の若旦那と女将の姿が確かに見えた瞬間でもありました。

皐月が喜翠荘にやって来るのは少し都合良過ぎるなと感じるのですが、どうでしょう?やはり、東京に行った時に緒花は皐月に会っておくべきだったと思うのですよね。あの時、緒花は自分の行く先を決めてから会いたいと言いましたが、結局、ここで会ってしまうわけですからね(半ば緒花の意志とは無関係なこととは言えますが)。

でも、そんな力技をやってでも最後は女将の夢を成就させたかったんでしょうね。確かに、四十万の親子三代が旅館で共に働く姿は壮観でもあり、こみあげてくるものがありました。
13話でスイが寝言で語るこの夢ですが、彼女の普段の立ち居振る舞いからは考えられない「母親」としての夢でもあったからこそ、そう思ったのかもしれません。



さて、喜翠荘はいつもの活気を取り戻し、ぼんぼり祭りに物語は収束します。
喜翠荘はどうなるのか?そして、緒花の夢とは―――?



今回のエピソードでは余談のようにさらりと流されてましたが、冒頭で結名が留学したいと言っていて、その目的が海外のホテル事情が知りたいというものでした。
結名もまた旅館にまつわる仕事に就きたいと思っているんだなと思い、何だか胸がほっこりしました。14、15話のエピソードの一つの結果がここに表れていますね。彼女もまた選んだんですよね。自分の道を。



次回、花咲くいつか。
輝ける未来に向かって、走り出す!



・「ぼんぼりラジオ 花いろ放送局」 第25回
週替わりパーソナリティーは小見川千明さん。
ゲストには久保田民絵さんが来られました。もうまんま女将さんだwこの作品に対してきちんと向き合ってくれてて、キャラクターに対するコメントや好きなエピソードの思い出を語るところから本当に愛を感じますなぁ。今回のラジオはとても優しい空気に包まれておりました。
そんないい雰囲気の中、ラジオも放送と共に唐突の最終回宣言。何かウラがありそうだと想ってしまうのは私だけでしょうか?本当に次でラスト?

花咲くいろは op.24~ラスボスは四十万スイ~

2011年09月17日 23:50

輝ける明日と輝きを失いつつある今を描く第24回。
一人の少女の明るい未来と一人の老婆の夢のおとしまえ。



・そこにあなたがいるなら/夢の代償

<あらすじ>
東京にて、孝ちゃんと再会を果たし、孝ちゃんの気持ちを知った緒花は、「自分の気持ちも伝えたいから」と、ぼんぼり祭りに来てほしいとお願いをする。
緒花が喜翆荘に戻って来ると、旅館には予約の電話が殺到し、てんやわんやになっている従業員の姿があった。雑誌の特集で喜翆荘がクローズアップされた影響だった。「喜翆荘はまだまだ盛り返せる」と俄然やる気を出す喜翆荘の面々だったが、女将であるスイの気持ちは変わらないままだった。



<感想>
ラストエピソード起承転結の「承」。
今回は、緒花とスイの対比関係が構成的にも非常に美しく計算されたように描かれていて良かったです。前回のサブタイトル「夢のおとしまえ」は本当はここでも使いたかったのではなかろうかと思いますね。



スイが喜翆荘を閉じようとしているその本音を緒花にだけ明かしたのですが、緒花はそんなスイの気持ちや考えを「お年寄りなんですね」の一言でバッサリ突き放しました。これはなかなかすごいなと思いました。もっとオブラートに包んでやれよwと言いたいところですが、緒花は空気の読めない子なので仕方ありません。むしろ、自分の考えを素直に言うところが彼女のいいところでもあるのですから。まぁ、もちろん、時としてそれは残酷でもあるのですがねw

今回はどちらかというと、それに類するもので、要するに緒花は「女将さんの目はもう曇ってるんですね」とでも言いたげ。
スイは、いつまでも自分の夢にみんなを巻きこむことはよくないと思ったからこそ、喜翆荘を閉じようとするわけですが、緒花の目には、喜翆荘で働くみんながそれで不幸になるとは思っていない(本編では「女将の夢がみんなの夢になるかもしれない」と緒花は言ってますね)んですよね。もしかしたら、最初は女将の夢に縛られていたのかもしれないけれど、今のみんなの姿を見ていても、そう思うんですか?ということですね。

でも、スイがそういった楽観的な視点を持てないのは、結果はどうあれ過去に皐月と縁を自分の都合で振り回しているという事柄があるからでしょう。もし、あの時ああしていたら、もっと幸せな人生を二人は送れていたのではないか・・・なんて無意味な仮定を何度もしたのでしょうね。
また、16話にて、スイが映画製作を縁に全権譲渡しましたが、その結果は失敗に終わりました。縁に旅館経営は不向きであること、不幸な結果になることは既に証明されてるようなものなんですよね。今回も、縁はスイに対してささやかな反抗をしていますが、あれも本当ならやってはいけないことだと言えますし。

それから、スイは緒花と違って一般的に「先」がもう長くありません。そういった焦りも視界を曇らせている要因の一つかもしれません。



今回はそのようなスイと対比するような緒花の姿が最初に描かれますね。
孝ちゃんと再会を果たした緒花は、いつか別れを告げた公園で、孝ちゃんのありのままの気持ちを知ることになります。緒花がぼんぼり祭りに来てほしいと孝ちゃんを誘ったのは、緒花自身も孝ちゃんと同じように今自分が立っている場所で自分のありのままの気持ちを伝えたいと思ったからでしょう。
しかし、二人の心は既に繋がっていることが分かりますね。孝ちゃんの歓喜の雄叫びは噴きましたw

緒花の前には花咲くような明るい未来が待っていることが窺えますね。このような緒花の姿を最初に描くことは「先」が長いことを時間的に証明している効果があると思います。スイの本音を語るシーンが最後にあるのはその逆です。「人生の長さ」をアニメの尺を利用して演出しているのではないかと勝手に考えてしまいました。緒花とスイの対象的な姿、状況を構成で巧みに演出してみせたのではと思います。



「これから」を考えるよりも、今は「今」を精一杯ぼんぼる!

何とも緒花らしい決断だなぁと思うのですが、他の喜翆荘の面々はそういうわけにはいきません。無理な予約を何とか入れようとしたり、ぼんぼり祭りの会合に参加しないのは、喜翆荘を閉じようとする女将に対するささやかな反抗ですね。ちょっとやり方は間違ってるんじゃないかと思うのですが、正攻法では考えは変えられないと思ったのでしょう。かなり強引な方法です。

お風呂場で菜子がたわわに実ったおっぱいを揺らしながら憤慨するように、誰もがスイの考えに納得できていません。
それは、もちろん、スイがそうしようと決めた理由を明かさないからなのですが、そうするのはその理由が至極個人的な感情によるもので、到底納得してもらえるとは思ってないからでしょう(縁をはじめ、みんなが喜翆荘を閉じようとする理由が「経営的な側面」があると思っていることをスイは知っているから、なおさらですね。事実、緒花には納得してはもらえませんでした)。どちらにしても、結果は同じです。

なのに、緒花にだけその理由を明かしたのは、彼女の姿が過去の自分と重なり、唯一、理解してもらえるのではないかと思ったからだと思います。まぁ、その結果は、上述の通りですがwさすがの女将もがっかりしつつも、期待していた自分に笑えたみたいですが、一方ではそういう答えが来ることも分かっていたのかもしれないような清々しさでした。スイの本当の気持ちを知った緒花も理解はできないものの本音を明かしてくれたことでスイに対するもやもやは晴れたみたいです。

これをきっかけに最終的にはスイはみんなにも理由を語るのかは気になるところですが、やはり語りはしないかな。
では、どうやって、みんなを納得させるのか。もしくは、スイが折れるのか。両者の戦いの鍵を握るのは半ば板挟み状態になった緒花にあります。彼女の活躍が結果を左右することでしょう。頑張れ、緒花!



今回のサブタイトルも上手いことつけますねwお風呂場でのシーンは正にラスボスでしたwBGM含め、女将の巧みなお風呂場整理整頓術はお見事w



次回、私の好きな喜翆荘。
見失いつつある、本当の姿を。



・「ぼんぼりラジオ 花いろ放送局」 第24回
週替わりパーソナリティーは戸松遥さん。
「喜翆荘の秘湯だより」では「どろどろオムライス」の話題がありました。オムライスの卵を「どろどろ」にできるかどうかは料理をする者として一種のステータスですよね。
エンディングではまさかの岸田メルさんがご登場。え!?何、このイケてるメンズ。めっちゃ、いい声wラジオ慣れしてるし、どことなくリア充のかほりがするんだが・・・。
そして、次回は、ラスボスさんがゲストということでw何ともグッドなタイミングで襲来しますw

花咲くいろは op.23~夢のおとしまえ~

2011年09月12日 23:59

これからの身の振り方を考える第23回。
そして、石は坂道を転がり落ちていく。



・幸福の終わり、それから・・・

<あらすじ>
縁と崇子の結婚式の夜、スイから「ぼんぼり祭りと共に喜翆荘をたたむ」と衝撃の告白を受けた喜翆荘の従業員は、一夜明け、それぞれがこれからの道を模索していた。そんな中、崇子は映画製作の際に、騙し取られたお金を取り戻すことを決め、スイに東京へ行く許しを請う。スイは許しを出すと共に、緒花も一緒に東京に連れて行って欲しいとお願いをする。緒花のこれからを皐月と話し合いをさせる為だった。かくして、緒花は再び東京へと向かう。



<感想>
ラストエピソード起承転結の「起」。
とりあえず、緒花と孝ちゃんの問題を片づけにかかったという感じですかねw正直、今回はあまり語ることがありませんw正に、メインディッシュに向けて盛り付け中、という段階。



結局、緒花も孝ちゃんも遠く離れてしまっても、互いを忘れられなかったんですよね。
緒花はだからこそ「片思い」すると決めたし、考ちゃんの方も遠くに行ってしまっても、緒花の心の中に自分がしっかり存在しているのだと知って、緒花と最後に会った時に飲んだコーヒーの味を更新しました。おい、波子はどうすんだよwというツッコミはさておき、最終的には既定路線の終着駅に辿り着きそうですね。



一方、喜翆荘の面々は、皆一様に「これから」をどうするか考えていますね。
その中でいち早く動き出したのは崇子ですね。まずは、資金調達と映画プロデューサーに騙し取られたお金の奪還に向かいます。その心は豆じいの言う通り、「喜翆荘の若女将」として頑張ろうということでしょう。彼女はまだ、喜翆荘を続けることを諦めていませんね。
さて、他の面々はどんな答えを出すでしょうか。



次回、ラスボスは四十万スイ。
ただ一つ分かる、確かなこと。



・「ぼんぼりラジオ 花いろ放送局」 第23回
週替わりパーソナリティーは豊崎愛生さん。
「喜翆荘の秘湯だより」では「思い出の味」ということで能登さんが「8番ラーメン」を挙げてらっしゃいましたが、北陸地方の方にはお馴染みのチェーン店ですね。ラーメン+餃子はどこでもそうかもしれませんが、鉄板ですね。個人的には炒飯もおいしくてイケると思います。
「花いろ ゆ~ゆ~マップ!」では今回もおいしいグルメが紹介されてます。石川ってどじょうの蒲焼きも有名なのね。以前の「ハントンライス」といい、知らないことばっかりです。

花咲くいろは op.22~決意の片思い~

2011年09月11日 23:59

幸せでいっぱいの第22回。
とても長い道のりだった。けれども、頂上まであと少し。



・片想いの途中

<あらすじ>
縁と崇子の結婚式の準備を着々と進めていく喜翠荘の面々。しかし、緒花と民子は徹をめぐり仲違いをし、今も冷戦の最中だった。何とか仲直りのきっかけをつかみたい緒花は、そんな時に、母親と「恋」の話に花を咲かす。そのことをきっかけに、緒花は「ある決意」をするのだった。



<感想>
うーむ・・・今回は「片思い」がサブタイトルにもあるので、そこから話題を始めるとしますか。

ちょっと思ったのは、緒花の「片思い」と皐月の「片思い」は全然別物なんじゃないかということ。
皐月の場合、数多くの男性とお付き合いしてみた結果、結局、緒花の父親が一番だということを改めて認識したわけです。つまり、結果的に外見上「片思い」の期間が長くなってしまって、一人の人間をそれだけ長い間愛し続けているように見えるだけです。

緒花はその「片思い」をとても誇らしく尊いもののように感じ、自分も「片思い」をしていようと決意するわけです。それが、間違いだと非難するつもりはないのですが、緒花の「片思い」には皐月の「片思い」のような前提がないんですよね。

つまり、私が言いたいのは、緒花や民子は「片思い」をするのもアリだけど、他の男の子との出会いを求めるのもいいんじゃない?ってことです。二人は、孝ちゃんや徹さんのことしか知らず、それ以外の「世界」を知りません。皐月の「片思い」との決定的な違いはここです。きっと、他にもいい男の子がいるかもしれませんよ。例えば、雪ちゃんが狙ってる霧人くんとか最高のイケてるメンズじゃないですかw



まぁ、とにもかくにも、民子も徹に「片思い」をし続けるということで、「民子の恋心」は「終わり」を迎えるわけではないようです。

肝心なことはいつも「言葉」にしなきゃ伝わらない、ということですね。徹は、民子の自分に対する抑えきれない溢れる想いを聞いて、ようやく自分が民子にどう思われていたのかに気付きます。

それに対して、徹も民子に真摯に向き合い、自分の想いを口にします。それを知って、民子は緒花と同じように「片思い」を決意するわけです。確かに、徹の心には緒花がいるけれど、自分の居場所もまだそこにはあるのだと民子は知りました。



「縁と崇子の結婚式」は、チーム喜翠荘の結束力の強さが見て取れましたね。正に、これまでのエピソードの積み重ねの結果が表れていて、観てて気持ちのいいものでした。最早、誰一人欠けても、喜翠荘は喜翠荘じゃなくなるような、そういう想いに駆られますね。
だからなのか、豆じいが業務日誌を誰かに引き継ぎたいと申し出た時に、スイが下した決断は、その言葉通りにするのではなく、喜翠荘をたたむことでした。

次回からは、終幕に向けてのラストエピソードの始まりでしょうか。「喜翠荘のこれから」と「ぼんぼり祭り」という最大の舞台が最後に整いました。本当に、構成はよく考えられてるなぁとしきりに感心させられっぱなし。



次回、夢のおとしまえ。
どんな物事にも「終わり」は来る。だから、これは一瞬輝く眩い光。



・「ぼんぼりラジオ 花いろ放送局」 第22回
週替わりパーソナリティーは小見川千明さん。
「喜翠荘の秘湯だより」では「イメチェン」の話題から髪型の話題になりましたが、銀髪に憧れていた能登さん、長い髪の方が面倒じゃないという小見川さん、何故だか美容師さんに怒られるかな恵氏と本日も個性豊かなラインナップですw
また、「読書」の話題もありましたね。「活字の周期」が来ると語る能登さんですが、分かります。小見川さんも同意してましたが、かな恵氏には分からずw少年のような言い訳をしてましたw
「花いろ ゆ~ゆ~マップ!」のコーナーでは、かな恵氏がやさぐれてましたねーw前回の文化祭の話題といい、恋に生きるリア充に対する反応がとても恨めしいといったご様子。まぁ、そんな反応が私たち非リア充にはこの上ないご褒美なんですよねw


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。