スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い出に帰る人たち

2008年03月31日 16:50

タイトルは「イエスタデイをうたって」のサブタイトル「思い出に帰る人たち」の「思い出」を「想い出」に変えただけのもの。
この漫画、特に面白いかと言われれば、何とも言えないのですが、話と絵の雰囲気のマッチング具合が好きです。
また月一連載が始まるということで、久々にBJを立ち読みしそうだ。
しかし、この作品はいつまで続くんだろう?もうかれこれ10年はやってますよね?何か終わらせようと思えばいつでも終わりそうだし。個人的にはまだまだこの雰囲気を楽しみたいので、長く続いてもらってもいいんですけど。
まぁ、この作品や「リアル」なんかはまったりだらだら1年に1冊出せるペースでやってもらって、単行本出る頃に最初からまた一気読み、という風を楽しめればいいかな(それで、1巻が出たときってこんなことしてたなぁとか思い出したりしてね)。
両作品とも最初から毎週毎月連載することを目標としてる作品じゃないから長い目で待てますし(まぁ、週間連載のはずが年間連載と化した某ハンターものは面白いようですが、それのせいで完全に素直に面白いと言えなくなっちゃいましたけど。最初から両者のような形式で連載してたなら全く気にしなかったのに、残念無念この上ない)。



さて、思い出に帰るということで、明日から6日まで実家に帰省します。
それに伴いこのブログもお休みします(昨日も更新してないけど・・・)。
まぁ、特に見てる人も居ないだろうから、告知する必要性も無いんだけどね。

そう、で。
久々に親の車でも拝借してドライブがてらにいろいろ懐かしい場所でも回ってこようかなと。
もうかれこれ半年以上も運転してないので、かなり不安ですが。

明日から4月ですね。
心機一転するには絶好の月です。
頑張ろう、うん。
スポンサーサイト

vanish.

2008年03月27日 23:37

「暁の護衛」が本日、到着。

もう色んな意味で興奮してましたよ、今日。

とりあえず、体験版の内容分は今日の内に行けないかなぁ。

げっちゅ屋の特典オリジナルテレカの萌がかわゆいですよ。

PCゲームは初めてなので、いろいろ戸惑ったよ(箱から中身が取り出せなかったり・・・。って言うか昨日の「マキノユイ。」もCD取り出すのに結構時間かかったし。もう折れそうで折れそうで、ね)。

ヒーリングメロディー

2008年03月26日 20:31

本日、牧野由依さんの2ndAL「マキノユイ。」を購入。

あー、やっぱ癒されるなぁ、この歌声は。

アニメイト限定の特典オリジナルCD(DVDじゃなくなったのね)もかなり出来の良いものでした。
正直、こんなに凝ったものだと思ってなかったので、嬉しすぎる(お喋りも入ってるし)。



明日は「暁の護衛」が届くんだよな。

今月買った作品が多すぎて、ちゃんとしっかり向き合ってないような気がするなぁ。

まぁ、来月以降は(少なくとも6月位までは)特別購入するものは今月ほどには無さそうだ。
tacicaのアルバム位かなぁ。「エヴァンゲリオン新劇場版:序」も「星の海のアムリ」も「劇場版 空の境界」も欲しいけど、この雰囲気はスルーしそうなんだよなぁ。

そういう訳だから、来月以降にしっかり一つ一つ向き合っていこう。ゲームもアニメも音楽も映画も。



そういえば、アニメイト行って思うんだけど、皆、たくさんモノ買うね。
どこからそんな金が出てくるのか。
明らかに高校生っぽい子がCD5枚ほど購入しようとしてるの見て、そう思った。
高校生ならバイトも出来るしね。多分、そういう事だから金があるのかもしれないけど、それでも凄い。
私もCD5枚買いとかしてみたいもんだ。

光の速さで45秒

2008年03月25日 20:21

タイトルは漫画版「プラネテス」のサブタイトルを本当にちょっと弄っただけ。
何か「コードギアス 反逆のルルーシュ」見てたら、「プラネテス」までまた見たくなってきたよ。

このアニメの最終話で感動しないやつがおろうか。いや、おるまい。

ハチマキとタナベの会話シーン「結婚しよう」→「うん」→ED「PLANETES」は本気で涙もの。
後、ユーリの話も好きだったなぁ。あの、ペンダントに「ユーリを守って」って書いてあったのも泣けるなぁ。


多分、見たことがある方はかなり頷いてくれるはず。
見たことないそこのキミは今すぐレンタルしなさい。して下さい。

「帰ってきたドラえもん」+「プラネテス」
涙のコンボ。
泣きたい気分になりたい方へ薦めます。

近況報告

2008年03月24日 17:00

昨日は初めてブログ更新しなかった日。
さすがに、先週が個人的にいろいろありすぎて、体力的にも精神的にも疲れてて一日中ベッドの中でごろごろしてた。
疲れたって言ってもそれはどれも幸せの中から生まれたものだから、その疲れも何だか愛しいものですけどね。

それで。
一日休んで、いろいろ考えてました。
今日はまたまた自分の確認の為にいろいろここに書き出していってみようという訳です。



・GARNET CROW
実はなかなか「LOCKS」が聴けてなかったり。
BUMP OF CHICKENやtacicaのライブの為にそっちばっかり聴いてたからなぁ。
今、またちゃんと聴いてるんだけど、明後日にはもう牧野由依さんの「マキノユイ。」がリリースされちゃうし、どうしたらいいのよ、もう。
特設サイトで募集してるレビューも書いて、壁紙欲しいし(なんかしっかりしたもの書かなきゃいけないのかなと思ってたんだけど、公表されたレビュー見る限り2行程度の短い感想でもいいんですね)。
後は、今回はライブしないのかなぁってこと。
それで、出来るなら東名阪でお願いします。
前回は大阪まで行ったけど、今回はお金が・・・以下略。交通費などかけたくない。



・BUMP OF CHICKEN
3/17「そして、弱者は刃を振るう op.5,5~BUMP OF CHICKEN 2008 TOUR "ホームシップ衛星"~」完全版?とでも言うべきか、ちゃんと書いたものを本日更新しました。



・牧野由依
アルバムリリースまで後2日です。楽しみです。オリジナルDVDも。
昨日、プレミアムコンサートがあったんですよね。行かれた方が羨ましい。
やっぱ、牧野さんも一度は生で会いたい人ですな。
都民でないときついかなぁ、やはり。



・tacica
3/22「それは「確か」なこと。op.2,5~tacica "Tour First Ballet"2008~」こちらも完全版とでも言うべきか・・・本日更新してます。よろしければ見てやってください。
もうすぐ「parallel park」がリリースされますね。
本当に半年でここまで大きな存在になるとは思ってなかったので、嬉しい限りです。
こんなにポンポンとシングル、アルバムと続くとも思ってなかったので。



・暁の護衛
こちらもリリース間近。当日の朝が楽しみ。
まぁ、どこの通販も予約ランキングが1位ですね。
前作ってここまで注目されてなかったのに、やはりこの手のゲームでは絵師さんよりもライターさんの力が重要なんでしょうね(もちろんトモセさんの絵もすごく上手くなってますけどね)。
しかし、発売後イベントはやはり東京だよねー。
行きたいよね、サイン欲しいよね。
攻略順はどうしようかなぁとかも考えたんですが、普通に麗華→彩→妙→ツキ→萌ってやっていきそうかも。



・ゲーム
実はキミキスの星乃さんナカヨシENDしてるんだけど、感想書かなきゃね。
TODDCは完全に積まれてます。
WE2008はようやくマスターリーグできる状態に。
近々DQ5借りそう。
ペルソナ4出るんだ。
3がしたいんだけど、出来てない。



・サッカー
昨日の京都×浦和を瑞穂で見たかったよ。
柳沢、ゴール決めてるじゃんよ。
しかし、京都は3失点かぁ、やはり守備はきつそうだなぁ。
そういえば、浦和は監督解任されてしまったようで。
しかし、まぁ、あらかじめ一部の浦和サポーターには謝罪しておきます。
テレビで見ました。もう、We are REDSやってあげないからね―――どこのツンデレかと思いましたよ。可愛いな。出来れば女性の方が抗議してくれてたら良かったのに。



・アニメ
昨日、話数で言うなら10話分は見ました。溜まってた分です。
「コードギアス 反逆のルルーシュ」は19話まで。
私的に、スザク×ロイド×セシルのシーンが何気に好きだなぁ。
ルルーシュは、もう何か散々言われてそうなんだけど、デスノートの月くんみたいだよなぁ。この手のキャラは嫌いかな。結局、自分の事しか考えてないような感じがしてしまうんだよなぁ。違うのかもしれないけど。自信過剰な点もマイナス。月くんもそうだけど、自信過剰に陥ってないつもりでも結局それは自分の中でってことだから分かってないんだよなぁ。
こういう頭を使うキャラで好きなのは藤崎竜さんの「封神演技」の太公望だな。
「天元突破グレンラガン」は24話まで来ました。
ヴィラルがやっぱ熱い。檜山修之さんヴォイスが最高すぎる。
キノンもいいよね。植田佳奈さんヴォイスが何かいじらしいって言うか、ね。凛も好きだよ。



・「24」シーズンⅥ
やっとこさ終わった。長かったなぁ。
見る前にシーズンⅥは一番の駄作と聞いてたんですが、なるほどそうかもしれない。
確かにハラハラさせる展開はあるんだけど、今回はテロリストが弱すぎないかい?
後、中国が出てくると面白くなくなったな。シーズン4から出してきましたが、これは明らかに私の中では失敗な感じがします。
シーズンⅦだとトニーが復活するんですよね、しかもテロリスト。
一度死んだキャラクターをいろいろ理由をこじつけて生き返らせるっての一番嫌な展開なんですよね。
上手いこと説明出来てれば納得なんですが、その説明が納得できた作品は見たことないんだけど。
でも、結局はレンタルして見ちゃうんだけどさ。基本的な部分では面白さを失ってるとは思ってないから。



・勉強
3月からある講座の講義を受けてる訳ですが。
「勉強」って私の中ではいいイメージのものではないんですよね。
常に自分の希望や理想を綺麗さっぱりに打ち砕いてくれたもの。
努力すれば願いは叶うとは言うけど、私の中ではそんなことはなかったよ。
でも、全然努力してない奴は願いを叶えてのうのうと生きてる訳で。
この差は一体何だろう、とか考えたり。
どうして、自分がこうで、あいつがああで、とか考えて。
でも、こういう考えしか出来ない自分だからこうなってるんだろうとか思ったりして。
まぁ、いろいろといい思い出はありませんよね。
じゃあ、なんで勉強してるんだろうって考えると、



知らないでいることが怖いから



なんだと思う。
特に私は法学や経済学を専攻してるわけじゃないからこれからのことを考えると余計に怖くなる。
もちろん自分のこれからにそれが必要かは分からないけど、でも知らないよりはいいと思って。
かと言って、必死に毎日やってるかと言えばそうでもなく。
何て言うかこの矛盾が一番どこか引っかかってるんですよね。



・バイト
本気で月1でもいいからバイトしてお金を稼がなきゃなぁと思う。
でも、バイトを辞めてから本当にやる気が出ない。
近い内に私にも「仕事」というものが与えられてこなしていくだけの毎日がやって来る。
それで、独りで生活して死んでいくいつか。
こう考えると色んな事が虚しくなってしょうがない。
そういう中で「社会人」やってる人たちってのは凄い事だ。
もうね、私の「考え方」がいけないんだろうけど、こう考えてしまうんだからしょうがない。



何か最後は不幸自慢になってる気がしますが、自分のブログだしいいよね。

今日の目覚め、朝、テレビをつけたら皆藤愛子ちゃんの笑顔があった。
彼女の笑顔見たさにめざましを見てるようなもんだ。
以前はアヤパン目当てだったね。
あとは、ユッキーも好きだなぁ。
うん、うん。
現実逃避したくなるよね。

tacica "Tour First Ballet"2008

2008年03月22日 00:59

tacica "Tour First Ballet"2008



First Ballet




最高に楽しかったです。行くことができて幸せです。
とりあえず、「アースコード」が良すぎです。




[tacica "Tour First Ballet"2008]の続きを読む

code.

2008年03月21日 22:33

気づけば・・・って、また気づけばって始まり方だけど。
明日はtacicaのライブです。

今週はあっという間に終わります。
こんなにも早く時が過ぎ去ってしまった。
そう思うと、本当に一瞬一秒も無駄に出来ないってことを考えてしまう。

まだまだ、今月は続く。



今日、ドラえもんを見た。
純粋に感動できるのが不思議。
後半、ドラミちゃん活躍しすぎw

何だっけ?
「帰ってきたドラえもん」
だっけか?
あれがもの凄く良かったのを覚えてる。多分、嘘じゃなくて本気で泣ける。
もし、見てない方はレンタルして今すぐ見て欲しい作品の一つ。
こんな事を書いてる自分が一番見たくなったよ。

ヤマザキナビスコカップ 第1節 名古屋グランパス vs 京都サンガF.C.

2008年03月20日 18:04

ヤマザキナビスコカップ 第1節 名古屋グランパス vs 京都サンガF.C.
2008.3.20(木) 14:00 名古屋市瑞穂陸上競技場




そんな訳で、観戦してきました。
半年振りにスタジアムで生観戦です。
雨が心配でしたけど、なんとか午後には止んでくれました(午前中までバリバリ降っててどうしたもんかと思いましたけど)。


以下、感想(京都視点。ちなみにゴール裏での観戦です。やっぱり+1000円でサイドで俯瞰的に観戦したいなぁと思った)。
京都はほとんどメンバーを落としませんでした。正直、柳沢を観れなかったら嫌だなぁって思ってたので良かったです。
対する名古屋は落としてきましたね。もちろん代表云々抜きにしても。
そういう訳だからか、開幕戦のように今回は一方的な展開にはなりませんでした。ですから、シュート数でも名古屋を上回ってましたね。
私が観てたには中盤と中盤の対決という感じでほとんど膠着状態だったような気がします。
ですが、アタリバ投入以降は、パスが有効に回り出し、それが、決勝点に繋がったと思います。
決勝点はサイドを完全に崩し、入ってきたクロスを佐藤勇人がスルー、後ろから走ってきたアタリバが押し込むというパターン。
変にファンタスティックなゴールよりこういう組織的に崩して取ったゴールこそチームの強さでもあると思います。

思うに、サッカーの試合において中盤のプレーヤーのゲームコントロール能力がゲームの勝ち負けを決する大きな一つの重要なポイントなのかなってこれまでの公式戦3試合を観て思います。
名古屋ではマギヌン、京都はシジクレイ(今回に限って言えばアタリバとかも)、浦和は(今は怪我で離脱してますが)ポンテとか・・・彼らは攻撃面においても守備面においてもパスや動きで効果的な働きをします。そして、それがゲームの流れ、雰囲気を変える要因にもなっている。
今、挙げたプレーヤーが全員外国人なのが悲しい現実。日本代表にこういう役割をこなせるプレーヤーがいないから今の日本代表の試合は面白くないんだろうなぁなんて思いました。



シジクレイは生で観ると、本当に相手からすれば嫌なとこにいるなぁと思わせる。一手、二手先を読んでる。ガンバの時はあまりいいプレーヤーとは思ってなかったのですが、すいません、すばらしいプレーヤーです。

柳沢は、今回はシュート無かったかな。第2節はかなり打ってたようなので、もっと強引に無理な位置からでも打つのかと思ってましたが、あくまで、確実なほうを選んでましたかね。
今回はあまりトップにボールが来たって印象がないので、なんとも言えませんが、ラストパスの精度がもう一つだったかも。
とはいえ、動きは観てて面白い。っていうのは周知の事だろうから、やっぱりゴールが見たいところ。



これで、しばらくはテレビでダイジェスト見るしかない日々かなぁ。
次にスタジアムに行くなら、鹿島が来た時ですかね。




RESULT

名古屋グランパス 0-1 京都サンガF.C.

0-1 アタリバ(後半33分)

雨降る、忙殺の今

2008年03月19日 00:54

10時~17時30分の地獄のロング講義の後、友達と久々に飲みパーティーです(多分、私は飲まないけど)。

それから、翌日はナビスコ観に行きます。
今、バリバリ雨降ってるけど、晴れてよ、お願いだから。

そういえば、GARNET CROWの「LOCKS」は5位かぁ。
いや、順位はいいけど、枚数がやっぱり減ってる。
予想はしたものの、せめて、40000枚台であってほしいと密かに願っていた。

隙間の日

2008年03月18日 00:46

忙しい日々の中に生まれる

微かな余暇が

一番、心地いい。

BUMP OF CHICKEN 2008 TOUR "ホームシップ衛星"

2008年03月17日 23:27

BUMP OF CHICKEN 2008 TOUR "ホームシップ衛星"



ホームシップ衛星




今日、とうとう行ってまいりましたよ。



とはいえ、さすがに疲れました。
でも、やっぱ好きなアーティストだから、良かったなぁ。




[BUMP OF CHICKEN 2008 TOUR "ホームシップ衛星"]の続きを読む

再び、廻りあう日

2008年03月16日 20:26

気づけば、明日はもう待ちに待ったBUMP OF CHICKENのライブ。

BUMPの生の歌声に触れたのは、去年の夏フェス。
「supernova」がとても感動的だったのを今も覚えてる。

あの感動に再び廻りあえる。

今回はたくさん曲が聴けるんだよなぁ。

くぁー、楽しみー!

2008年Jリーグ ディビジョン1 第2節 浦和レッズ vs 名古屋グランパス

2008年03月15日 22:16

Jリーグ ディビジョン1 第2節 浦和レッズ vs 名古屋グランパス
2008.3.15(土) 14:00 埼玉スタジアム2002




今日もテレビでJリーグやってくれたので、またまた録画したもので、ですが見る事ができました。

以下、感想(名古屋視点)。
前節の名古屋のワンサイドゲームは京都だからかと思いましたが、レッズを相手にしても前半はそうでしたね。
とにかく人が流動的に動く動く。人を追い越す動きが本当によく見られる。
それに加えてパスワークもかなり余裕が見られましたしね。名古屋の選手はあまり小細工せずにシンプルにパスしてました。私的にトリッキーなプレーよりこういう堅実な、基本に忠実な、と言うべきでしょうか、そんなプレーの方が好きなので、見てて面白かった。
もちろん、要所では閃きは必要ですよ。

名古屋の欠点というか、良くないなぁと思ったのは2点目が取れないこと。
いや、今回は取りましたけど、あれはあまり起こり得ない状況でしょう。
だから流れの中かセットプレーで取れたら、また余裕が生まれると思うし、勝率も高まると思うんですよ。

楢崎は貫禄のプレー。特に後半。見てて惚れ惚れする。GKのポジションで「魅せる」っていうのは難しいと思うのですが、今日はそういうプレーがいっぱい出たような気がする。

逆に言えば、それだけ浦和が攻めたってことなんですが、ほとんどミドルシュートなので、さして脅威的とまではいきませんでしたね。
浦和はやっぱワシントンやポンテの力がどれだけ大きかったかがわかる。
高原やエジミウソンはワシントンのように「こいつなら絶対点獲ってくれる」という感じがしないし(この二人使うなら浦和にとっては田中や永井を起用したほうがいいような感じするんですが、どうなのかな)。
ポンテのようにゲームコントロールできるプレイヤーがいないのも痛い。山田や梅崎では役不足感が否めなかった。
今回のゲームの最大の差はここだと思いました。
名古屋は今回はマギヌンが非常にその役割を果たしたと思います。タメをつくったり、サイドチェンジしたり。京都戦ではイマイチな感じでしたが、改めて力を見せたと思います。でも、コーナーキックはやめた方がいいかも。

後、名古屋は本当に楽しそうにプレーしてたけど、浦和はつまらなそうにやってたなぁ、って。
まるで「義務」みたいに。
そんなん関係あんのかよって感じですが、こういうのってゲーム中のチームの雰囲気として表れて、ゲームの流れを引き寄せるための要因の一つだと思うんです。
だから、後半は攻撃回数で言えば、両者に差はなかったと思うんですが、主導権はなかなか浦和にいきませんでしたしね。

浦和の良い点を挙げようと思っても出てこない。
監督も何考えてるのかさっぱりだなぁ。
個人的に田中と永井を先発に起用したほうが良いほうに転ぶと思うのですが、怪我とかでしたっけ?




RESULT

浦和レッズ 0-2 名古屋グランパス

0-1 ヨンセン(前半14分)
0-2 小川佳純(後半23分)

恋雨

2008年03月14日 23:25

わたしとあなたのあいだにあった

不確かなものが

わたしの心を温かくさせてくれた



遠い場所にいってしまった

あなたに伝えたい



それはまるで

やさしい雨のような・・・















福井裕佳梨「Rain Of Love」(「DRAGONAUT -THE RESONANCE-」第1期ED)を参考に。
彼女のふわっとした感じの声が心地いいです。
牧野さんといい、こういう感じの歌声が好きなのかも。
最初の2行と2番のサビの歌詞が凄い好き。
特に最初の2行の歌詞だけでメロディーと相成ってかなり切なくなれる。
今や、声優さんのほうがいい歌やってるような感じがしますね。
まぁ、何て言うか、この曲、ドラゴノーツじゃなくてグレンラガンに使ってあったら良かったのにと思う人、ここに一人。
グレンラガンの後に出たとは分かってるけどね。

ふんわりやわらかマシュマロ

2008年03月13日 00:09

「由依が独奏」見ました。
ブラック由依にゃんが可愛すぎる。メガネ由依先生もグーです。

しかし、まぁ、今度のアルバム「マキノユイ。」も綺麗な印象。
前作「天球の音楽」もジャケットとか歌詞カードとかも綺麗で汚させないものだったんですが、今作も間違いなくそういうものになるなぁ、あれは。
何か一種の芸術作品みたいなんですよね。

一度、生で見たい。生歌聴きたい。
2006年のクリスマスに名古屋に来たときに行けなかったのが悔しい。
また、名古屋に来て欲しいもんですよ、はい。



名古屋と言えば、「劇場版 空の境界」が名古屋でもやってくれる。DVDも出る。
出来れば、1~3章を1本に纏めてで、あの値段なら間違いなく買いなんだけど。
後、牧野さんが出てる「星の海のアムリ」も欲しいと思ってただけに。
今後も、まだまだ悩むことになります。

Lock on!!

2008年03月12日 19:51

せっかくだし、GARNET CROWの「LOCKS」の発売直後の私の感想でもつらつら書いてみようかな。
昨日も書きましたけど、彼らの曲は半年・・・1年と聴く度に必ず印象が変わるのが私にとっての楽しみだし、ここで書いておいて、またいつの日かこのアルバムに触れたときにこの日の記事を読み返すと面白いかもしれない。

詞を見た感想として。
「最後の離島」の"宇宙(そら)"とか「もう一度 笑って」の"生まれたての気持ち"とか何か以前に見たときある単語・・・と思ってしょんぼりしたこと。
気のせいだったらいいけど、"宇宙(そら)"は「スパイラル」で、"生まれたての気持ち"は「晴れ時計」で使ってなかったかなぁと思って。思い出すと、止まらなくて。

曲の方は、やっぱりバリエーション豊富って思った。
昔こそ、GARNET CROWはバラードでダークな印象の曲じゃないと駄目だろうなぁなんて事ばかり思ってましたが、いつの間にかそんな思いも消えてしまっていた訳で。

アルバム曲はどれも悪くないですね。特にやっぱりラスト4曲が詞と曲共に個人的にポイント高いです。
いや、でも「最後の離島」も「もう一度 笑って」も「doubt」もポイント高いかな、やっぱり。

シングル曲は、その分イマイチ感がありますかね。
「涙のイエスタデー」はアルバムヴァージョンでどう変わると思ったけど、あのサビから入るのは嫌だなぁ。それで曲自体長くなってるのも(長くなってますよね?)。

何か悪いことばっか言ってる気がしますけど、今作も全然いいアルバムを送り出してくれたなぁって思ってますよ。お金を払って良かったって思えますもん。
ただ・・・アルバムが出て、聴いて、どうしても思ってしまうんですよ、毎回。



インディーズと1stと2ndがやっぱり良すぎる



って。
あの頃の感じの曲が聴きたいとかそういうのを思ってる訳じゃないですよ。
今のGARNET CROWの曲も好きだし、これからも聴いていきたいし。
ただ、そう思ってしまうってだけの話です。
それに、彼らは必ず1年に1枚アルバムを出してくれますよね(2005年はBESTだけど、BESTの中のBESTで新曲も入ってたし)。
もう、それだけでプロのアーティストとして賞賛に値すると思うんですよ。
そんな簡単にひょいひょいアイディアって出てくるものじゃないと思うし、でも、こうして世に送り出してくる訳で(しかも、どれもいい曲だと思うし、個人的にはどれも標準以上だと思いますし)。
だから、何を言いたいのかと言いますと、ちゃんと素晴らしいアーティストだと思ってるよってこと。

こういう点では、私がまた別に好きなBUMP OF CHICKENとは一線を画すかもしれません。
彼らはもう少しメジャーというフィールドでやっていることを意識してほしいかも。
だからといって、駄作を出されるくらいなら時間をかけてほしいし、彼らの場合はそういう事だろうからアルバムが出るまであれだけの時間がかかったってことも分かるけど、うーん、まぁ、しょうがないちゃ、しょうがない話なんだけどね。

とにかく両アーティストともこれからもいい曲を聴かせてくださいねってことです。
かれこれ8年くらいは聴いてきて、未だに飽きることなく聴いているわけで、それはとてつもない奇跡のような感じがして、まだまだ聴いていたいと思うわけです。

ホント、解散とか考えたくないね。
そうなったら音楽に触れる機会は極端に減るだろうなぁ。



(追記:今日のオリコンのアルバムデイリーで「LOCKS」は4位ですね。まぁ、順位はともかく枚数が前作より上がってくれるといいです。CDが売れなくなってるとはいえ、少しずつ売り上げが落ちてますからね。50000位出て欲しいですけど、現実的に前作と同じ~少し下がる位と見て、30000~35000位かなぁ、やっぱ。)

ここまで、ここから

2008年03月11日 23:10

いろいろ溜めてた記事を一気に更新してみました。
一応、毎日記事を書いては消して、書いては消して・・・はしてました(その割に上手く書けてない、簡略化してる、とかしてますけど)。
なかなか何と言いますか。特別な出来事を書くのは大変ですね。
今後はBUMP OF CHICKENとtacicaのライブレポとサッカー観戦と奈良旅行の事と特別な事というとこのあたりを書くことになりそうです。
また、時間がかかちゃうかもしれません。学校に行く日も相変わらずあるので、なかなか大変ですが。

偉そうにこれまで音楽やら映画やらゲームやらと感想や批評なんか(と呼べるか怪しいものですが)やってきましたが、特別に私は知識を持っているわけではないのです。
もちろん、より正しいように(もちろん正しいなどとありえないのですが)見えるように様々な情報を調べてはいますけど、それでも上手く書けているかどうか。
ですので、本当、参考程度にさらっと見てもらえるとありがたいですね(まぁ、見てる人など居ないだろうと思って自己満足でやってますけどね)。



さて、実質今日が久々に更新した日になるわけですが。



只今、GARNET CROWの「LOCKS」を聴いております。
また、感想とか書けたらと思いますが、GARNET CROWの曲ってある程度日を置かないと本当の姿って見えてこないんですよね。まぁ、彼らに限らずでしょうけど。
半年後位にまたふらっと聴いてどう思うか、ですね。
今と半年後・・・1年後・・・とじゃ曲の印象が全然違うので、それが彼らの曲を聴く楽しみの一つでもありますね。



後は、そうそう、「暁の護衛」は結局通販利用しましたね。
萌の和服姿に負けてげっちゅ屋です(メッセサンオーも捨てがたかったけど、やっぱ萌の着てる着物のデザインとか背景とかこっちのほうが凝ってるしね)。
1000円ほど多めにかかるけど、初めてのPCゲームで18禁ものだしね。いいよね。
でも、ただでさえ、今はゲームに充てる時間が無い。キミキスも3月に入ってからは全然出来てませんし。
うん、でも、まぁ、一気にやっちゃってもね。
長く、ゆっくり二次元の女の子の魅力にどっぷり嵌ろうと思います。
どうせ、独り身。何でもござれさ。

梅と後光と夕日のミラクルセット(静岡旅行)

2008年03月10日 17:51

相当に簡略化して浜松での事を喋ります。

まず、今回は梅を我がデジカメの中に収めたいという思いでいました。
で、その場所に選んだのが豊岡梅園。



白梅


紅梅




次のポイントは浜松科学館。
プラネタリウム目当てです。



浜松科学館




で、そのプラネタリウムなんですが、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を再現したものだったんですが、このナレーションを担当してたのが桑島法子さん。
もっかい聴きてぇ~!いや、見てぇ!かw
あぁ、全然そんなこと意識してなかった。
てか、こんなこともしてんのかとかなりの驚き。

(追記:後に調べましたが、桑島さんはかなり宮沢賢治がお好きなようですね。このプラネタリウムの「銀河鉄道の夜」も各所でしかも延長されて行われているようで。うん、確かにすごいいいもの見たと思いましたしね、とにかく綺麗だった)



今度は浜松駅からバスを使って佐鳴湖へ。



佐鳴湖1


佐鳴湖2


佐鳴湖の鴨




真ん中の写真の光の具合が個人的にすごい好きで、上手く撮れたかなって勝手に自己満足してますよ。
下は佐鳴湖にいるという鴨だと思うのですが(そこに居たので)、分かりますかね?



とうとう、この静岡旅行の最後のポイントです。トリです。締めです。



中田島砂丘の夕日1


中田島砂丘の夕日2


中田島砂丘の夕日3




中田島砂丘です。
何故かカップルで来てる人が多くて、独り身で来た私はとても寂しくなりました。

ちょうど私が来たときは夕日が落ちる瞬間でした。
この目で初めて夕日が落ちる様を見ました。
この写真はその時に撮ったものなんですが、見比べてもらえれば若干夕日の位置が違うのが分か・・・らない、か。私が撮るのが下手なもので。

そういえば、ここには風紋目当てだったのですが、どこにあったんだろうか?
もしや、堂々と人が歩いてる砂地にあるあれ、じゃないよなぁ。



そんなわけで、今回は綺麗な瞬間を数多くデジカメに撮れたので、予想外の出費をしたとはいえ大満足でしたよ。

今月の終わりには桜を目当てに奈良へ行きたいと思います。
もちろん大仏様も目当てですけど。

2008年Jリーグ ディビジョン1 第1節 名古屋グランパス vs 京都サンガF.C.

2008年03月08日 17:37

Jリーグ ディビジョン1 第1節 名古屋グランパス vs 京都サンガF.C.
2008.3.8(土) 14:00 豊田スタジアム




そんな訳で2008年もJリーグ開幕しましたね。
テレビ観戦(しかも録画したもの)だけどこのカード、見ましたよ。

以下、感想(京都視点)。
前半は京都がパウリーニョのPKで先制して以降は完全に名古屋のワンサイドゲームでしたね・・・正直、京都がどれだけボコにされるかブルブルしながら見てましたよ。

京都はもっと中盤ないしはディフェンスラインでもっと落ち着いてボールをキープしなきゃいけないかも。おかげで流れが全然京都に引き寄せられなかった。個人的には佐藤勇人がもっとそういう役割をこなせるのかと思いましたが、後半になってもシュートやパス面でイマイチな感がありましたね。

シジクレイのボランチはびっくりしたけど、意外とできるもんなんですね。守備面では自慢の読みで相手の攻撃を摘んでたと思いますし、ロングパスが思った以上に綺麗という印象。スピードと運動量は、この年齢で期待するのは酷というやつですかね。

攻撃面は、前半はほとんど何も無かったというかできなかったに等しいですね。柳沢の活躍を期待したけど、やっぱダメなのかなぁと思いながら、前半は終了です。まぁ、中盤が完全に相手に制圧されてるあの状況では仕方ないとも言えなくもないですが。



後半は早々に名古屋のヨンセンに決められます。京都虐殺劇場の始まりかと思いました。
このヨンセンのゴールはクロスといいシュートといい上手かったですね。

しかし、京都もメンバーチェンジやシステム変更で盛り返します。途中、パウリーニョと柳沢が2トップの時がありましたが、その時が一番攻撃が機能してましたかね。この二人で攻撃作ってフィニッシュまで持ち込めるとは・・・正直、イメージが沸かなかったもので、これまた吃驚。

柳沢も本来のオフ・ザ・ボールの動きの質の高さを見せ始め、わずかですが、パスが繋がるようになってきた感じでした。ポストプレーにも守備にも顔出してたし、評価的には今日のゲームなら中~上をあげてもいいんじゃないかと。でも、やっぱロスタイムのシュートは決めて欲しい!ああいう要所のポイントできっちり決めて京都のサポーターに崇められていって欲しいっすよ。

とはいえ、後半になっても中盤は相手に制圧されたままでしたね。セカンドボールが拾えないのが一番痛い。前線1枚減らして中盤に回したとはいえそれでもまだまだでしたね(それでも前半よりは断然良かったですが)。それと、サイドから何本クロスを上げられたことか。

正直、京都のこの守備ではおそらく今回も残留争いをすることになりそうだと思いました。でも、悪い点をちゃんと改善できる選手が京都にはいると思いますし、次節以降、もっと安心できるような守備を期待したいです。
今回1-1という結果になったのは名古屋の運の無さのおかげとGKのファインセーブに尽きると思います。

あと、J2を戦ってきた旧?メンバーはもっと奮起が必要。いかにもJ1の空気に不慣れといった感じが見えて、一つ一つのプレーを見るたびに怖い。まぁ、このあたりは早く慣れてもらって、いい試合を見せていってもらいたいですね。



あぁ、ダメだな~。なんか纏めるの下手だなぁ、私。
なんか思ってる事が上手く表現できてないような気がするや。
とりあえず、20日は瑞穂まで観戦しに行くから、そこで柳沢のゴールが見たい!それだっ!
今まで何度か鹿島の試合も観戦しに行ってるけど、未だに柳沢の生ゴールは見たことが無い。
今日の試合を見てゴールできる力はまだあると思ったので、まだまだ期待していきたいです。

それにしても、鹿島はCB2枚欠いてそれでも4-0の完封とはね。J1昇格組の札幌とはいえ、ここまでやるか。しかもPK2本外してこれだからなぁ。つくづく鹿島の中盤が羨ましい。



(追記:柳沢の評価・・・サカダイは6.0でサカマガは5.0でした。うーん、個人的にも5.5~6.0くらいだと思ったので、サカマガの低さがびっくり)




RESULT

名古屋グランパス 1-1 京都サンガF.C.

0-1 パウリーニョ(PK)(前半8分)
1-1 ヨンセン(後半3分)

free time.

2008年03月06日 22:52

旅行から帰ってきてからすぐに3日ほど学校があったので、久々に丸1日フリーでした。
昨日の記事は何だと言われましても、疲れていて覚えてませんわ。

とりあえず、3日分ほど録画して溜まってたアニメを見て、これまた溜まってた各々のwebラジオを聴いて、昨日買ってきたジャンプスクエアを読んだ。

アニメは、ただいま3月1日から「コードギアス 反逆のルルーシュ」と「天元突破グレンラガン」を1日1話見ていこう計画遂行中。

そんな訳で現在は6話まで進行しましたが、両方とも面白いと思う。

谷口悟朗さん監督の作品は全部見てきましたが、コードギアスはその中でも特に名前が知れ渡ってますよね。
やっぱりCLAMPが関わってる事が大きいのかな?
コードギアスは確かに面白い(まぁ、今の私の場合なら面白くなりそう、ですが)。でも、ストーリーや作画の質とか演出?とかを比べるんなら「プラネテス」や「ガン×ソード」とかももっと知られててもいいんじゃないかなぁとか思ってみたり(もしかしたら私が思う以上に知られているのかもしれませんが)。

グレンラガンは、あれだよ、あれ。バイストンウェルの・・・げふっ。
1~3話は割と良かったのに、4話ですごいテンション下がったなぁ。あれは絶対要らないだろ(コードギアスの6話もどうかなとは思いますが、それまでが重かったので箸休め的に持ってきたのかなと思えば容認できる)。
とりあえず、ヴィラルが出てくると燃えるなぁ(6話でラストちょっとの出番で次回がかなり楽しみだ)。熱いよ。檜山修之さんの声がいいです。
檜山さんの声は多分、「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」のシローが初だったと思うんだけど、いい声してるわ。こういう声を張り上げる系?かな、叫ばせるとなんか熱いんだよ、うん。私的にね。
Zのカミーユ役の飛田展男さんなんかも個人的には檜山さんと同じ感じ受けるかな。
Zの45話以降のカミーユ×ハマーン、カミーユ×ヤザン、カミーユ×シロッコのバトルは最高にたまんないです。カミーユの声といいセリフといい良すぎですわ。
劇場版Zでは見事に改悪されてたことに未だに怒りを感じてますよ。
本気でカミーユのセリフで言いたい。



暗黒の世界に戻れ!ハマーン=カーン!!(副音声:劇場版Z!!)



ジャンプSQは、創刊号から購入してます。久々に雑誌を購入してます。
多分、藤崎さんの「屍鬼」を連載してなかったら購入してませんでした。
藤崎さんの絵は好きです。特にカラー描かせると本当に鳥肌ものだよ。綺麗。美麗。
そんな「屍鬼」は今回もページ数が多い。毎回60ページ近くだから凄い。もう1巻出せるよ。
多分ですが、ジャンプSQの単行本はカラー付きそうですよね。テガミバチやドラゴノーツとかはあるようなので勝手にそう思ってますけど。
話が停滞してるように言われてますが、私はそうは思わなかったけどなぁ。ページ数多くかけてる割にはってことかな?今回の一連の出来事の中心にいるのが辰巳?って見せたり、夏野の近くもいよいよ危うい雰囲気になってきたぞとか、カラーの葵ちゃんに惚れるだけでも(葵ちゃんといい律ちゃんといい今後はメインとかになるのかな?と原作未読者は思ってみたり)十分今月分は果たしてると思うから、やっぱページ数の割にはってことかもしれません。
何となくだけど、来月か再来月に巻頭カラーのほうがもっと盛り上がってたんじゃないかなぁ。

「クレイモア」、クレア達がナンバー2を圧倒しました。このシーンちょっと長かったので、とっとと倒して次に進みそうで嬉しいんですが、苦戦どころか圧勝ですからね、クレア達強くなりすぎてないかい?まぁ、7年も間があるしいいのか。
しかし、これは本当に私のようなジャンプSQからのご新規さんにはぜひとも漫画喫茶でこれまでの話を見てきて欲しいかな。1、2巻はともかく3巻のテレサの登場からがこの作品の本当の始まりかも。ここからがんがん本が進む。進みましたね。

後は、今月から初まった「放課後ウインド・オーケストラ」。
何か主人公にすごい共感。てか君は私か、って位。
でも、漫画の中は綺麗な女の子と出会って、仲良くなって、楽しい青春が・・・なんだよね。
こうやって嘆くだけだから永遠にヘタレでチキンでダメダメなんだよ、私は。
だから、私的にこの主人公には自分からアクションを起こして欲しかったな。何か向こうから話しかけてどんどん展開してるような気がしたので。
他にも細かいところはいろいろありますが、まぁ、話も絵もあくまで無難な感じですが、こういう無難なと言いますか、王道的なものは普通に好きです。
同系統の先月で打ち切られた?「清く正しく美しく」があまりに酷かったので、私的にはこれでまたさらにこの雑誌にお金をかけても苦になんねーぜ度合いが上がりましたよ。



ふへー、久しぶりに長く書きましたかね。
まだ、映画の感想、旅行の感想、キミキスの祇条さんスキENDの感想と祇条さんメインの二次小説とか(1週間くらい離れてるから特に記憶が薄れつつある・・・うう)とか音楽の感想に、感想、感想ですが、書きたいことが溜まってるなぁ。

こうやってブログをやってみて改めて思うのですが、



思うことを文字や言葉にする大変さ



ってのをしみじみ感じる。
自分の文章力の無さもそうだし、その分野に関する知識の無さとか、そういうのをすごい痛感する。
もっともっと色んな事を知っていきたいし、いかなきゃなぁと思う。
時間もお金もどっちももっとあってほしい。
でも、どちらも限られているモノだからこそ、
私たちはたった一度の人生を価値のあるものと思って生きていかなきゃいけませんよね。檜山

てんてー!!

2008年03月05日 22:55

To LOVE る-とらぶる- 8巻の表紙の御門てんてーにただいまメロメロノックアウト中。
セクシーすぎるよ、てんてー!!

3×4=12

2008年03月04日 23:36

キミキスデザインのノートパソコンの存在にただただ驚愕。

私もいつまでも挑戦者でありたいものです。

いつかのあの日に帰りたい

2008年03月03日 23:50

お金が無いなぁ。
何で、バイトしてたのにお金が無いんだろう。

それもこれも英会話なんてやっちゃったからだ。

もうあと半年は嫌でも勝手に金は消えてく。

セールスマンにやや押され気味とはいえ、自分で納得して選んだ筈なのに、
結果はやっぱり後悔だけ。

高校や大学を選ぶときも他人に何と言われようと自分で選択した道を歩んだ。
けど、
心のどこかで後悔の念が付き纏う。

私の場合、
自分で選ぶ道よりも、
誰かに選んでもらった道を歩むほうが幸福なのかなぁ。

自分の将来を本気で悩む春休み。
中学の頃からだけど、相変わらず自分がどうしていきたいのかが全然分からない。
時が経つにつれて、高校や大学へと行くにつれて、
それが分かるのかと思えば、そうではないし。

今日は何か悩んだ。
そういう日もある。
そういう日が最近、多くなったけど。

夕日が沈む前に・・・

2008年03月02日 17:12

旅行行ってきました。
久しぶりにたくさん歩いて足が痛い、明日は筋肉痛だね。
自分が如何に動いてないかわかった日だ。
疲れた。
明日、学校行かなきゃ。



電線月




ふむふむ。
画像の載せ方を知った。
これは、満月を撮ろうとしたんだけど、その前の電線の存在を無視していたらフラッシュが発生して跳ね返ってこんなんなりました、という。

そして気づけば春がやってくる

2008年03月01日 22:35

予定通り映画「潜水服は蝶の夢を見る」を見てきました。
近いうちに感想でも書ければいいかなと思います。



ゼロックスはまぁ、何と言うか呆れたと言うか。
せっかくいい試合してるのに審判がそれを壊してどうするのよ?
プレイしてる選手も応援してるサポーターにも納得して終わるようなゲームコントロールしてもらいたいっす。
審判については語りたくないので、いいところを挙げていこうっと。

まず、得点。
特に鹿島の1点目。
本山すげぇと心の中で叫んだ。キックフェイント入れて冷静に右足で流し込む。素晴らしいゴール。
後、広島の2点目。
最後までボールをよく見て佐藤がゴール左隅に頭で入れましたね。あれもいいゴールだと思いました。
まぁ、何て言うか代表戦より数倍も楽しめたのが複雑。
鹿島の中盤は見ててワクワクするなぁ。本山、小笠原はプレーに味があるって言うか巧みさを感じる。
広島も前線は結構いいんじゃないかと思う。佐藤、久保、ユキッチに後はこれに柏木とかも居るし、これでJ2でどうなるか。



さて、明日は旅に出ます。
でも、なんか昨日から喉が痛くなりそうな兆候がある。
つまり、これはこれから風邪をひくんじゃないかという兆候でもあります。
季節の変わり目はとことん弱いからなぁ。
今日は早めに寝て明日に備えます。
明日は朝早いしね。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。