スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェニックス

2008年08月31日 23:10

古本屋に行ったら、かなり良い状態(帯付き)のハリー・ポッターの第5巻があったので、つい購入。
どうせ新品で買う事になると思っていただけに新品とほとんど変わらないような状態で原価の半分で売っていたのだから、これは今しかないと思い。

しかし、まぁ、今更ながら5巻目です。
これまでずっと映画→原作でしたので、今後もそうなると思います。
最終巻が今年出ましたが、読むのは2、3年後だと断言出来ます。
私なんかは常に流行とかそういうものが過ぎ去った後に色んな作品に触れる性質なので、こうなるのも仕方ないものです。

何故か、今、綾辻行人さんの「十角館の殺人」なんか図書館から借りてきて読んでるし。
次あたり西尾維新さんあたり気になってたので手をつけてみたかったり。
後はライトノベルものが多いかな、読みたいのって。
今、アニメでやってる「乃木坂春香の秘密」はここらの図書館には無さそうだから厳しそう。
「狼と香辛料」とかもねー・・・ずっと貸出中だけど。
「図書館戦争」もね。簡単に借りられないって分かってるんだけど、予約数が本気で半端無いっすね。30、40とか本当にそんだけあるんだなぁ。

基本的に読みたいものとかは買う方です。
何ていうか図書館で借りてくるというのは好かなくて・・・あの期限が決められてると急いで読まなきゃいけない気がして、本の中身にしっかり向き合って読めない気がするんだよね。
と言っても買っているばかりではやはり読みたい本が増える一方で・・・お金がかかっちゃう一方で・・・夏休みは割りと図書館を利用してます。
お金が無く、友達もそう居ない私は夏休みはひたすら家で過ごすしかないのですよ。
だから、今年の夏休みは過去にないほど本を読んでる気がします。
それから、最近の図書館は読みたい本が割りと置いてあるものなんですね。
まぁ、特にライトノベル系だけど、昔はこういう系統のは置いてなかったもんだと思うけど、気のせいかな?
スポンサーサイト

ストライクウィッチーズ op.8~君を忘れない~

2008年08月30日 11:15

ミーナお姉さまの悲しい過去が判明する第8回。
せっかくのミーナお姉さまのメイン回なのに、少々、微妙な回でしたかね?



・リリー・マルレーン

<あらすじ>
芳佳は「赤城」の乗組員からの感謝の手紙をミーナに取り上げられてしまう。その行為を不思議に思った芳佳はリーネに相談する。はたして、ミーナの思惑は―――。



<感想>
4話のバルクホルンの過去と今回のミーナの過去とどっちが先なんだろう?とか気になったり。

ミーナには恋人がいたことが判明したわけでありまして。悲しいけど、18歳だもんな。
そうそう、ミーナと言えば、公私混同しないと言うのか、場面で呼び方変わりますよね。
今回も坂本少佐のシールドが破られた時に「坂本少佐」と呼ぶべき場面のはずが「美緒」と呼んだり・・・そんな時にも失うことへの怖れの感情が何よりも優先して表に出てるのが分かりますよね。

ミーナには男の恋人がいたけど、私たちの味方、リーネは家族以外の男の人とはあまり喋ったことがないんだ。ますますリーネの人気が高まる。
芳佳が男性から手紙を受け取るシーンでリーネは年相応にキャッキャッしてましたが、私の中のリーネは「私だけの芳佳ちゃんなのにー・・・」と嫉妬してます。

ドギマギする芳佳も可愛いです。芳佳はとにかく全てのことに対して一生懸命で素直なところがやっぱり見てていいですよね。

ぐっすりサーニャ。ピアノ弾きサーニャ。どんなサーニャも可愛いです。

そして、エイラ。「サーニャのピアノも褒めろー」と芳佳にせっつくシーンがいいです。エイラのサーニャLOVEも見てて面白い。エイラは本当にいいキャラしてます。
エイラ役の仲井さんもだんだんと嵌ってきてます。あの憎みきれない感じの声がいい感じですよ。

個人的にもっと目立って欲しいのがシャーリー。メイン回だった5話以外なかなか見せ場が・・・。もっと見たいのに。今回も待機組だったし、戦闘シーンですらまともに戦ってるシーンがまだないような。

で、その戦闘シーンですが、今回も良かったです。
キューブタイプのネウロイでしょうか。いっぱい分裂します。スコアが稼げるとバルクホルンさんやエーリカは嬉しそうでした。
自分たちの特殊能力を駆使してチームでネウロイを倒していくというシーンが上手くできてますよね。
新人だった芳佳やリーネもしっかり成長している模様。今回はそれもしっかり描いてくれてるのが良かったと思う。

それにしても、久々登場の男性諸君。3話以来でしょうか?すごい違和感がw



今回は四つの疑問点を少し。

ミーナお姉さまがウィッチーズ隊と男性との会話を極力禁じるようにした理由は直接の明示は無かったが、後半でミーナお姉さまの悲しい過去とともに視聴者の側で結びつける形でわかるようにはなってはいるものの・・・。
自分のように大切な人を失う気持ちを他のウィッチーズのみんなには味わせたくない―――確かにそれは分からなくもないけど、それであの命令に繋がるというのはやや強引な感じか。
何ていうかミーナが出す命令とは思えないな。ミーナはその辺りのことも理解した上で、他者との触れ合いの大切さも知っている大人の女性だと勝手に思ってたので、うーん。でも、18歳ということを考えれば、年相応なのか。

坂本少佐のシールドが破られた理由は公式サイトの基地探訪の項目の坂本少佐の歴史講座 第2回での坂本少佐のお言葉でわかります。
坂本少佐は現在19歳ですから、ウィッチとしての終わりが近いのでしょうね。・・・って今月の26日時点で一応誕生日を迎えたわけで20歳に・・・素直に「おめでとう」と言えない複雑な気持ち。
9話時点でどうなってるのでしょうね?次回予告見た限りバンバンシールド破られててかなりヤバそうなのですが・・・死なないでー。

ミーナお姉さまが歌っていた「リリー・マルレーン」って?ぶっちゃけ、なんであのシーンで突然ミーナお姉さまの歌のシーンなのかさっぱりでした。
まぁ、困ったときはウィキペディアってわけでw
ふーむ、なるほどなぁ。
つまり、この「リリー・マルレーン」のエピソードが底にあるわけね。
このあたりの隠れたエピソードなんかもDVDのブックレットで語られると面白いですよね。
え?私はDVD購入を決めたかって?
まぁ、ここでミーナお姉さまに「買いなさい」と命令されたらそりゃ買うしかないw
・・・本音を言いますと、やはりお金がネックに。しかし、ここでミーナお姉さまによるDVDの紹介によると戦闘記録集もすごい出来が良さそうだし、秘め声CDがどんなのかも気になるし欲しいさ。買うとしたら一番安いAmazonになるだろうけど。特典つかないのがアレだが、しょーがない。うーむ、しかし、特典も気になるよなぁ。

ミーナお姉さまが坂本少佐に銃を向ける。その意図は何だったのか?もうこのシーンもさっぱりだったのですが、みなさんの推察力はすごいですな。
なるほど、「引退勧告」かぁ。
実際そうなのかは来週の楽しみなのですが、脚本は次回への引きを取ったのですかね。まぁ、実際それは成功してると思いますが、少々これも強引のような感じがします。
失うことへの怖れ―――それは、4話でバルクホルンをひっぱたいたシーンからも見えますよね。本当に誰かを失うことが怖いんでしょうね。
まぁ、私なんかはさっぱりだったせいなのか、ミーナお姉さまのドレス姿にメロメロだったわけですが。
ミーナお姉さまって胸がシャーリー、リーネに次ぐ三番目の方でしたよね?確か。
「私を食べて」ってあって、シャーリー、ミーナ、リーネで並んで胸よせてて極上の笑顔、なんて絵でも誰か書いてくんねぇかなぁ。



アイキャッチは月夜に佇むミーナお姉さま。「ぎう」ってしてあげたくなるなぁ、うん。

EDは、ミーナお姉さまと坂本少佐。
やっぱ千葉さんの高い声は清々しくて聴いててなんか胸がすぅーとなります。



次回はようやくペリーヌがメインですかね?
まぁ、私が言えることはただ一つ。私がペリーヌに魅了されてるのは間違いない。

ストライクウィッチーズ op.7~スースーするの~

2008年08月24日 01:33

世界はすべてエーリカの手の平の上で廻っている気がした第7回。
自分で事件を引き起こし、自分で解決するという・・・何という恐ろしい娘。



・パンツのようなもの消失事件

<あらすじ>
今日もウィッチーズ隊のいつもの日常が始まる―――と、思いきや、ある事件が勃発して―――。



<感想>
冒頭からこのアニメはもうダメですw
まさかサーニャのあんなアングルからやるわ、OPが終われば、けしからん娘たちの寝顔を次々映していくわ。何か盗撮したテープみてる感覚なんですがw
とりあえず、リーネとシャーリーはやっぱ好きです!巨乳大好きだ!
バルクホルンさんとミーナお姉さまは裸なのね。うーん、アダルト。
そんな中でも坂本少佐は一人で朝から訓練です。相変わらずおしりのアングルが(←へぶしっ)

けしからん娘たちの目覚めの朝。
部屋を間違えてベッドで眠りだすサーニャに悪態つきつつも満更でもない笑顔のエイラが可愛い。
それから、バルクホルンさんが今回は表情豊かです。慌てふためくバルクホルンさん、何て最高なんだ!あぁ、可愛すぎるよ、愛しいよトゥルーデ。「しょくどう」に来い!が「ちょくどう」に来い!に聞こえるのは気のせいじゃないよね。バルクホルンさんは慌てて、ああなったんだよね?そう思いたい。思わせて下さい。
うーん、ウィッチーズ隊の朝は私たちには刺激が強いですねw

芳佳と坂本少佐の訓練シーン。

この剣は敵を倒す剣ではないぞ!わかるか、宮藤?
わかりません!!
そうか、素振り。後、100本だ!
はいっ!


このやりとりはwそんな堂々と「わかりません!!」ってw
そういや芳佳役の福圓さんは少し前まで体調崩されてたんですよね。最近はまた復帰されたようで、良かったです。

そして、相変わらずの少佐ウォッチングのペリーヌ。だから体位がエロいとあれほど・・・このけしからん娘は、もうね。坂本少佐への愛もここまでくればやはりストーカー級だぜ。お風呂場でズボン(そういや、パンツじゃないものの正体ってズボンなんだよな・・・ズボンか・・・)がなくなったからって坂本少佐のパンツ、もといズボンを穿こうとするなんて・・・えぇい、グッジョブ!いいぞ、ペリーヌ。

今回は、あまり見られそうにないカップリングが出来てましたね。
中でもバルクホルンとシャーリーのじゃがいも争奪戦。
何かいかにも合わなそうな二人ですが、ちゃんと会話が成立してて良かったなぁ。
バルクホルンさんの「電撃戦だ」には笑ったw



さて、話もBパートに入って、事件です。
パンツのようなものがパンツのようなものを呼ぶ事件。
前々から思ってたのですが、やはり、この隊はもうダメですw
バルクホルンさんは自分のパンツのようなものを芳佳に貸そうと脱ぎだすわ・・・それ、私に下さい!
しかも穿きなおすときのあの豪快な「パンッ!」って音w
ぶっちゃけ、今回はエーリカよりもルッキーニよりもバルクホルンさんがMVPでしょ。

本来ならシリアスになりそうな出撃シーンもけしからん娘たちにかかれば、笑いになりますw
もう、パンツのようなものすら穿いてない娘多すぎw何のパーティーなの、これw

空では誰も見ていない!
坂本さん!スースーしますっ!
何をやってるんだ、こいつら・・・


上から坂本少佐、芳佳、バルクホルンさんのお言葉。もう、面白すぎですw
バルクホルンさんのお言葉なんてもう仰るとおりなんだが、説得力がねぇw



肝心の事件はというと、元はと言えばエーリカがルッキーニのパンツのようなものを取ったことが原因なのに何故かエーリカが解決しちゃうという・・・本当になんて恐ろしい娘。
まぁ、最後の満面の笑顔(ウインク+敬礼付き)で全て無かったことになりましたw
正直、やられました。スコーンと額に何か当たった以上の衝撃です。
ルッキーニがその事件のとばっちりを受けた感じでかわいそうでした。
でも、何か一応のメイン回だったはずの前々回より目立ってました。
事件=ルッキーニの式でもあるかのようね。泣くな、ルッキーニ。私が慰めてあげ



アイキャッチはペリーヌとエーリカ。これも、何だか想像つかないカップリングですなぁ。

EDもペリーヌとエーリカ。何か声質的に似てるのか最初どっちがどっち担当してんのか分かんなかったけど、なかなか良かった。
本編ではこのカップリングはまだないけど、今回のリーネ×ミーナやバルクホルン×シャーリーのように出番があるかもしれない。



次回はミーナお姉さまがメインの回かぁ。
順番的に次はシリアス回ですかね。



「ストライクウィッチーズ」のイベントが続々ありますね。
そして、やっぱり秋葉原。
見事なまでの秋葉原。
全イベント秋葉原。
やはり、私たちには聖地なのか。まぁ、これはしょうがないことか・・・みなさんのレポートを楽しみにしよ。



先日、「ストライクウィッチーズ」関連の同人誌2冊購入しました。
一つは「アフリカの魔女」です。
購入はどうしようかなぁとも思ってたんですが、島田フミカネさんのあの表紙には勝てず買っちゃいました。
ぱらっとしかまだ見てないのですが、漫画の方はアニメと違い男が熱い。なんか「攻殻機動隊」を見てる感じだったな。絵柄が。
もう一冊は芳佳×リーネ×ペリーヌ×ルッキーニ本かな?リーネが見たかったので、購入しちゃったんだけど、二ページ分しかなかったのがちょい残念と言えば残念。リーネのあのけしからん胸をもっとこうだな・・・げふんげふん。

雨に響くピアノの音

2008年08月22日 23:20

戦利品1

久々に一杯お金使った感ありますね、こう並べると。
お金無い無いっていつも言ってますけど、普段本当に一応食費を抑えてるつもりなので、たまにはね。
総額8000円ほどか?うわ、結構使ったなぁ、私としては。
まぁ、全然後悔はやっぱ無いけどね。

後、ここには並んでませんが、黒石ひとみさんのコンピレーションアルバム「Angel Feather Voice」も購入。
やっぱ初回版は欲しくなるよね。結構、入手まで大変でした。なかなか入荷されてないみたい。
個人的にはやはり「Paradiso」→「PLANETES」の流れがもう良すぎ。「コードギアス 反逆のルルーシュ」の曲より「ガン×ソード」や「プラネテス」で使われた曲の方がやっぱ好きかなぁ。

月夜のオーケストラ

2008年08月20日 19:17

さーて、実家に帰省しても一人で居ることの多い私は、夜に寂しく一人で車でドライブです。
車は実家に居る時しか使えないからね。

そんな訳で、今日のタイトルは「月夜のオーケストラ」。



月夜のオーケストラ1

月夜のオーケストラ2

月夜のオーケストラ3

月夜のオーケストラ4

月夜のオーケストラ5



ツキアカリの下。
車で近くの人の少ない公園へ。
そして、私は音楽を聴く。



えと、私は車は別に好きでも何でもないんですが、車の中で聴く音楽って滅茶苦茶いいね。
公園の駐車場でエンジン切って窓を閉め切り背もたれ倒して静かな夜に月を見ながら音楽鑑賞。
完全にこうしてる自分に酔ってましたが、いいものです。

一人で居るときは一杯考える。
自分には何が出来るのか?
どうしていきたいのか?
もう、とにかく一杯考える。

「ダイアモンド クレバス」を聴いてたら、不覚にも泣けてきた。
私は一人で居る事の方が、誰かと居る時よりずっとずっと大好きだけど、
でも、やっぱり誰かと居たい―――ふと、そう思って、泣けた。



皆さんもたまにはお気に入りの音楽を連れて一人ドライブなんていかがでしょう?
自分を見つめるにはなかなかだと思いますよ?

ちなみに今回の私が引き連れた音楽さまはこちら。



01.Welcome To My FanClub's Night! (Sheryl On Stage)
02.What 'bout my star (Sheryl On Stage)
03.射手座☆午後九時Don't be late (Sheryl On Stage)
04.トライアングラー
05.What 'bout my star @Formo
06.Innocent green
07.アイモ
08.SMS小隊の歌 ~あの娘はエイリアン
09.ニンジーン Loves you yeah!
10.「超時空飯店 娘々」CMソング (Ranka Version)
11.アイモ~鳥のひと
12.インフィニティ
13.ダイアモンド クレバス
14.Ahnenerbe
15.ドラマチック
16.青春ライン
17.プレゼント
18.熱帯夜
19.3声のカノンとジーグ ニ長調 カノン



TOTAL TIME 74:30



基本的に「娘フロ。」から多数選曲。
車の中で聴くSMSとニンジーンはなかなか凄いものでしたw
中島愛さんが歌う曲は声オンリーなところが車の中で聴くと鳥肌モンです。
「ダイアモンド クレバス」もぜひ車の中で聴いてもらいたい。
高校野球&おお振りの影響丸出しの15と16。
プレゼントはあまり聴けてなかったので入れました。
熱帯夜は7分超える大作だけど、今の季節にぴったりの曲ではないかな。最後にしんみり聴きたかった。
14と19はレアではないかと。総額14000円をかけて初めて耳に出来る2曲です。

自分で言うのもアレな訳だが、選曲といい、曲順といい、結構良く出来たCDになってますw

続・真実の涙

2008年08月19日 22:58

皆様、おはようございます。こんにちは。こんばんは。おやすみなさい。さようなら。
結崎です。
朝から凹む事がありました。泣きたいです。
えっ?何かって?

「ストライクウィッチーズ」の録画が出来てねぇー!!!!!!!!!!!!!

うわ、マジ最悪です・・・。
んな絶妙なタイミングで「再起動の必要があったので再起動しました」じゃねぇよ。
ほんの30分前の「薬師寺涼子の怪奇事件簿」は録画出来てるのに・・・もう、嫌だ。
第7話の感想は動画サイト使用か・・・あー、出来れば使用したくないが、我慢出来ないのは分かってます。
まぁ、いつものように感想あげるのは遅いでしょうがw

しっかし、これは、ストウィのDVD購入フラグ立ったってことか?
まぁ、100ページ超の戦闘記録集とか、秘め声CDとかかなりそそられるけど、けど、
「劇場版 空の境界」のDVDも購入してる私には、金がない私にはなかなかに厳しい。
勢いで購入しそうだけど、だけど、
「スカイガールズ」の時も欲を抑えるのは苦労したなぁ。



さて、まぁ、前置きはこん位にして。

今回は以前(詳しくは7/30「真実の涙」参照)に言っていたように、城端に行って来た事でも書こうと思います。
目当てはtrue tearsコーナーにある名塚佳織さんのサイン&書き込みですね。



城端1

城端2



恐るべしですよ、名塚さん。
よくもまぁ、本当に行ったモンだよ、しかもプライベートで。

いやー、生で名塚さんのサイン&書き込みが見られて幸せでした。
今もデジカメで見ててうっとりですわ。
私なんか本当に田舎者なんで、テレビに出てる人なんかの姿とかこういう書き込みとかサインとかに触れられるだけで嬉しくなるんですよね。
実際にコーナーのとこにも名塚さんがプライベートで来られたという事ですでにそういう旨のボード?みたいなものがあったしねwうーん、さすが田舎。
名塚さんのメッセージとかサインとかそのボードとか写真でアップ出来ればいいんですけど、さすがにそれは私と同じような目的で苦労して来ている人たち(ちなみに行った日は同志がたくさんいましたw)も居る訳だし、安易にするのは良くないなとも思うので、控えます。
名塚さん好きな方はぜひ城端へレッツゴー!



最後に、名塚さん繋がりで。

「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」は、と言いますか谷口作品はやはりまともな精神では見てられませんなw
絶対どっかイッちゃってる人が出てくるもんなぁ。
つかジェレミアって本当にルルーシュサイドについてたのね。
いつかどっかで裏切ると思ってたんだけどね。
今週のラストシーンで、C.C.の言葉通りルルーシュは様々な大切なものをなくして孤独の道を歩むのね。
R2は細かいとこ見てけば、いろいろ無理あるなぁと思いつつ見てますが、基本大まかに見てればやっぱ楽しいです。

ナナリー、生きてて欲しいですね。まぁ、生きてると思うんだけど。どういった理由付けするか。こういったとこの整合性がR2は少し弱い感じします。今週のニーナとかとっくに覚悟を決めてフレイヤを作ったのかと思えば、いざ使われればたくさんの犠牲者の前に後悔の念が生まれるなんてね。このシーンとかどうかと思うけど、ロイド先生の有難いお言葉が聞けたのでいいのかな。

まつりのあと。

2008年08月18日 21:38

さて、実家から帰って来て1週間振りのブログ更新&ネットサーフィンです。
私的に昨日、一昨日が東京で祭りがあったようなものなので、それが過ぎ去ってしまってお祭りが終わった後の気分です。

1週間もネットをしていないと、まぁ、色んな情報が更新されている訳で。

GARNET CROWのライブのレポを読まさせて頂いて行きたいなぁと思ったり、
「未来福音」が買えた、買えなかったーとか
ふじのん調査書って何ー!?とか
トモセシュンサクさんのイラスト集が委託されないかなーとか

いろいろ思う訳でして。

そんな祭りがあった頃、私はと言うと実家で1日中高校野球&北京五輪。
もう何やってるんだろう?って感じですよ。



意外に私にはやりたい事があるのにそれが出来ない。
もっとおおっぴらに出来たらいいのに。
出来れば、そこに誰か理解者が居てくれたら怖くないのに。




とりあえず、とらのあなに近いうちトモセさんのマクロスFの同人本を買いに行こう。



さて、話は変わって、

私の携帯がお逝きになりそうです。

兆候はあったんだ。
1ヶ月前から電池の残量メモリーが急に3→1に減るわ、画面がブラックアウトするわ、もう限界です。
ほとんど携帯使わない私としてもさすがにここまでくるとまずいと思ったので、実家から帰ってきてショップに出向きます。

「あの、電池パックの交換お願いしたいんですけど・・・」

「2、3週間ほど修理に時間必要なんですが、よろしいでしょうか?」

・・・

このねーちゃんは何を仰っておられるのかと。いや、むしろ人の話を聞いていたのかと。
一応、実家にいた時もショップに1度行っておりまして、こういう切り口で言ったところ、答えは3、4日で済むものだ、と理解していたので、このねーちゃん分かってないなと思い、改めて説明するも答えは同じ。
こりゃ、駄目だと判断して別のショップへ。だいたい、化粧が濃いし、身だしなみが整ってないわで、駄目そうだなぁと思ってたので無駄な抵抗はせず、スパッと切り上げました。

で、次のショップで同じ切り口で行くと、今度は私が考えていた応対をしてもらいました。
担当が研修生だったんですけど、丁寧に対応してもらいましたさ。

まぁ、こんな面白くもない話を取り上げて何を思ったかと言いますと



外見って大事だなぁ



って事。
ちなみにこの研修生さんは「気持ちのいい好青年」って感じで応対してもらってるこっちも気持ち良かったのね。
よく言われるのは「外見が全てじゃない」って事。
だけど、結局、名前も知らない赤の他人を最初に判断する所って「外見」だし、私なんかは本当に心が狭いのか、以前にもどっかで書いたけど、「外見」で駄目そうな人はバッサリ切るので。
別に髪が短ければいいって訳じゃなくて・・・何だろなぁ、上手く表現出来ないけど、「真面目さ」みたいなものが滲み出るような外見と言いますか。
もちろん「外見」じゃカバーし切れない・・・そんな人も居ると思う。
そういう人はやっぱり「表情」。
これまた「真面目さ」みたいなものが外に表われれば、ねぇ。

あぁ、もう。何書いてるんだろ。真面目な話になるといつも最後は滅茶苦茶になるな。
とにかく私も人に好印象を与える外見、表情が自然に表れるようになりたいなって思ったんです。



さて、明日、明後日と実家に帰省してた時の事でも書こうと思います。
明日のタイトルは「続・真実の涙」。
明後日は「月夜のオーケストラ」というタイトルでいこうと思います。
あまりたいした話じゃないけど、自分のブログに位は日記のように自分の想いを馬鹿みたいに書き殴りたい。



(追記:芳佳とサーニャの誕生日。おめでとうー。今後も芳佳にはより一層男性諸君の夢を叶えて欲しいです、はい。サーニャには枕でもプレゼントしたいです)

ストライクウィッチーズ op.6~いっしょだよ~

2008年08月12日 15:02

電波少女もといアンテナ少女サーニャがメインのしっとりした第6回。
サーニャには幻想的な雰囲気が似合います。



・1944年8月18日

<あらすじ>
軍上層部に呼び出されて帰還中の坂本少佐らを迎えに来たサーニャのところへネウロイが出現する。しかし、ネウロイを完全に撃退することは出来なかった。1度取り逃したネウロイが再び現れる可能性は高い。そこで、芳佳とエイラとサーニャの3人でそのネウロイの撃墜にあたることになる。1944年8月18日、芳佳とサーニャの誕生日、光輝く月夜の下、取り逃したネウロイが再度現れ、サーニャをターゲットとして狙う。そして、その時、奇跡が起こる―――。



<感想>
前回の次回予告通り、今回はあんなサーニャやこんなサーニャがいっぱい見られます。
今回の話で、私の中のサーニャ株が突き抜けていきました。
ウィッチーズのみんなと上手く交流出来ないけど、交流を深めたいと思うサーニャの設定が言葉や表情で上手く表れてたと思います。



「夜の空が怖いから手を繋いで」と言う芳佳に照れるサーニャが可愛い。アンテナが真っ赤になっちゃうのもいいですね。あのアンテナはサーニャの感情バロメーターですね。
この時、エイラも芳佳の手を繋ぐわけですが、私のサーニャと手を繋ぐなんて許せにゃいという嫉妬から芳佳と手を繋いだっていうのが妥当かもしれませんが、それと同時に、本気で芳佳の不安を和らげるために芳佳と手を繋いだというのもあると思うんですよ。
だって、エイラは「仲間思い」だもん。それに嫉妬だけならサーニャの右手を繋げばいいわけですしね。いじわる大好きなエイラだけど、こういう面があるのもいいところですよね。
サウナのシーンとかでも、サーニャをまじまじと見る芳佳に「サーニャをそんな目で見んなー!!」って言ったかと思えば、裸で歌うサーニャを見て「何か、こう、ドキドキしてこないか?宮藤」とか言ったり、いいよ、いいよ。



今回のネウロイはこれまでのネウロイと異なるようです。
ネウロイの新たな謎が提示された回でもあります。
キャラクターにスポットを当てつつもこうやって本筋であるネウロイについても触れていたのはいいことです。
坂本少佐やミーナお姉さまは上層部も何やら信用出来ないようで・・・こちらも何かある?
1話完結ものって続きものよりもよっぽどしっかりした構成じゃないと一気に評価が下がるものですが、「ストライクウィッチーズ」はこの辺りもしっかりしてますよね。

そして、チーム戦をしたことも今回のいいところ。
戦闘は一対一がやりやすいものでしょうが、今回のように各々が自分の役割を自覚して戦うチーム戦ができてるのも「ストライクウィッチーズ」のいいところですね。
音楽も今回、ピアノでしっとりした曲が使われてて、良かったな。



ネウロイが狙っているのが自分だと分かったサーニャはみんなから離れていきます。すかさずエイラと芳佳も追いかけます。サーニャとしてはみんなを傷つけたくない思いからそうしたのですが、エイラも思いは同じです。

「サーニャは私に敵の居場所を教えてくれ。大丈夫。私は敵の動きを先読み出来るからやられたりしないよ。あいつはサーニャじゃない。あいつは一人ぼっちだけど、サーニャは一人じゃないだろ?私たちは、絶対負けないよ。」



サーニャのあらゆる思いを汲み取ったエイラのこの言葉が好きです。本当に、いい娘だー!
ただ、サーニャが好きってだけじゃない。

バカだなぁ、おまえ。こういうときは楽しいことを優先したっていいんだぞ。


芳佳が自分の誕生日についてお父さんの命日と同じ日ということでなかなかみんなに言い出せなかったこともフォローしてあげたり、ちゃんと芳佳の誕生日を祝ってあげたり。
でも、サーニャが自分と二人きりの秘密を芳佳に明かしたことに嫉妬したり、サーニャに近づく芳佳の間を割って入ったりとかそういうエイラも可愛いし・・・エイラの株もとことん突き抜けていきました。



さて、エイラがこんなだから同タイプのペリーヌはかなり不利な立場に。
エイラは割りとすんなり感情表現するんだけど、ペリーヌはそうはいかないみたい。
ブルーベリーのときはみっともないところを大好きな坂本少佐に見られたり、マリーゴールドのハーブティーはみんなから不評だったり・・・サーニャも「まずい」と一言です。
肝油の時は坂本少佐が持ってきたものを芳佳のものと勘違いしたり。何だか踏んだり蹴ったりのペリーヌですが、きっとペリーヌも心の底では悩んでるんだよ、きっと。



今回は、前回でいうとこのルッキーニのポジションのエイラも決してサブ的役回りに留まらずメイン級に視聴者にいい印象を与えたと思います。
この作品は毎回王道ど真ん中で、現実にあったらこっぱずかしいことこの上ないストーリーなんですが、こういうことができるのがアニメの利点だなぁと思う。
王道好きの私としてはこのアニメは最高に大好きです。



アイキャッチは雪国の中のエイラとサーニャ。二人に合った風景ですね。

恒例のEDについて。
今回はエイラとサーニャの鉄壁コンビでした。
何か一番キャラで歌ってたような気がします。
前回のシャーリー×フランチェスカのコンビよりも好きかな。
思うに千葉さんパートの高音部がいかに出てるかが私の好みの分かれるところみたい。仲井さんのお声も爽快感あっていいです。



次回はエーリカがメイン。
タイトルから、そして奇数回であることからも間違いなくコメディ色が強い回でしょうね。
ペリーヌにも早くいいところを魅せてあげたい。はっ、そうか。これは、じらし作戦か。ツンがあるからデレが映えるようにじらしが長ければ長いほどその分一気にペリーヌに落ちるということか。くそぅ、スタッフの手の平の上で転がされてるんだな、私たちは。

Missing stories. (Love)

2008年08月11日 21:01

何か分かりませんが、今日でこちらで再放送してた「ケータイ刑事 銭形愛」が終わった。
どうもおかしかったんだよ。
以前から話数飛んでるし、どう考えても以前予告してた時期に「ケータイ刑事 銭形舞」が始まらなさそうと思ったら、今日で最終回って。
こんな中途半端に放送するなよと言いたい。半分しか放送しないまま終わったって。
で、この後は何が放送されるのかと思えば、例の銭形舞が始まるって・・・おい。
こっちも中途半端に放送されるんじゃないかとひやひやですよ。
結局、全部見るにはレンタルしなきゃダメか。確か、愛と泪の方はあるんだけど、舞とか零の個人的に1番見たい方が無いんだよね。

うーん。

何か何が言いたいのか分からん記事になりそうだ。滅茶苦茶です。
かれこれこのブログ始めて半年近くになりそうですが、私の記事って中心点が分かり難いですよね。
要するに「伝えたい事」です。
言いたい事は漠然といろいろあるんだけど、明確なものになっちゃくれないって言いますか。
もう1歩先に進めない感覚。
その奥に行きたいんだけどね。
もっと色使ったりして、このブログのオプションを有効活用したいなぁ。
今の私の記事って言いたい事は漠然とあるって言った通り、ただそれを垂れ流してるから見難い事この上ないです。
かと言って、考えて言いたい事が制限されたらそれは失敗だろうし。
うーん。
その記事で1番伝えたいことをこういう風に太字にしてみる?
いや、こういう風に赤くした方がいいかな?
うん、何か少し改善した気がしないでもないな。
少しでいいから工夫していこう。



13日~17日は実家に帰省する為ブログ更新は停止予定です。
18日以降から今日の意識を持って毎日の記事に変化がつけばいいな。
とりあえず、明日は私的最速「ストライクウィッチーズ」第6話感想を書いて帰省したいと思います。
いや、いつもアニメ感想は馬鹿みたいに遅いんですが、さすがに明日感想書かないと次書くときには第7話が放送されててタイミング失くしちゃうからね。頑張ります。



(追記:「熱闘甲子園」見て泣けてきた。え?決して「感動」の涙じゃないですよ。故郷のチームのアウェーっぷりに泣けてきたんだ。「無情」の涙だよ。いつの日かスポットライトがあたる日が来る。その時まで我が故郷よ、フォーエバー)

Every dog can (not) be a lion.

2008年08月10日 23:10

何故、この時に皆は本気を出すのだろう?

私は今、バイトでお金を溜めたいという状況でもなかなかそれが出来ない微妙な状況なんだ。
1年前ならバリバリにバイトしてたんだ。お金もそれなりにあったんだ。

トモセシュンサクさんは自選のイラスト集までコミケで出すわ。
「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」見てたらCMで黒石ひとみさんのコンピレーションアルバム出ること知るわ。

もう私の欲しいものリストが埋まりに埋まってしょうがないのですが。

お願いですから1年前か1年後でお願いします、こんな事は。



黒石ひとみさんと言えば、私の中ではアニメ業界の三大作曲家みたいなものです(後、2人は菅野よう子さんと梶浦由記さんですね)。
「Angel Feater Voice」だなんて上手いタイトルですよね。正にそうだと思います。菅野さんや梶浦さんと異なるのは黒石さんって歌い手としてもいい声してるんですよね。
収録曲の半分は知ってるんですが、やっぱ1番感慨深いのは「ガン×ソード」で使われた「Paradiso」。最初に聴いた曲だからですね。EDで流れたときに本当に心洗われる感じでした。

菅野さんの方はマクロスFのO.S.T2が出ますね。「娘トラ。」でしたっけ?
新OPの「ライオン」やEDの「ノーザンクロス」もいいですしね。
物語も佳境で盛り上がってまいりました。そんな私はナナセちゃんとキャシーさまが好きです。
後、ライブが相変わらず名古屋で無いのがいじめとしか思えませんよぅ・・・うう。

もう破産覚悟で行くしかないのか。耐えられません。



北京五輪の男子サッカー・・・終戦ですね。
アメリカ戦、そして今日のナイジェリア戦と見たけど、もう酷すぎて言葉も無い。
スコア以上に内容に差があったと思います。
ナイジェリアの2点目の時なんか相手に拍手しちまったよ。
問題点ありすぎて挙げるときりないだろうけど、やっぱ1番の問題は経験不足。
長友や香川らを代表とする新戦力を選出した事とオーバーエイジを使わなかった事と二重にその問題はのしかかったと思います。
だいたい1年前とは全然チーム違いますもんね。A代表もそうだけど、こんなにメンバーころころ変わるのって日本位じゃないの?毎回、新しいメンバー選出してその度に新しいチームになるんだから連携も糞もない。
だから、細かいパス回しからの崩しなんて出来るわけない。
大人しく一発で裏にパス出したり、クロスで中に放ったり、フリーになってゴール見えてたらシュート打つとかでいいのに。PA外周辺でちょこちょこパス回してるの見てたらイラッとくる。時間の無駄。ワンツーで崩すとかダイレクトで繋ぐとかは連携が成熟してるチームがやるもの。
後、シュートが枠に行かないとかももう日本の伝統なんだろうなぁ。
次のオランダ戦はいつぞやのようにバベルにズタズタにされるとしか思えません。
もう、光が見えない。良かったのは内田位かな。その彼も今後さらにレベルアップしたいなら守備の向上は必須ですが。一応、SB。ディフェンダーなのだから。

この後、放映される(多分、愛知だけだと思うけど)豊田国際ユースサッカー大会のが面白いんじゃねぇのか?



(追記:昨日って「キミキス」の咲野明日夏ちゃんのお誕生日だったのか。おめでとう。好きです、咲野さん)

ストライクウィッチーズ op.5~はやい・おっきい・やわらかい~

2008年08月09日 20:08

音速突破するシャーリーがメインの第5回。
今回は変態になれということですね。



・音速を超える為に

<あらすじ>
ミーティングでのことをシャーリーに伝えるため芳佳とリーネはハンガーへ向かう。その途中、ハンガーからは轟音が聞こえ―――。



<感想>
私たちの思いは全て芳佳が果たしてくれてます。
14歳の女の子が、男の子といちゃいちゃしてる夢じゃなくて、リーネちゃんとあんなことやこんなことしてる夢なんて、最早、友情を超えて愛情関係じゃないのかと。後で出てくるシーンでリーネと手繋いでるシーンとかね、もう。
芳佳がベッドから落ちるシーン。我慢してたんだけど、耐え切れずリーネちゃんの巨乳に飛びついたんだと脳内補完。
しっかし、リーネちゃんの「ん?」って首傾げるアレはまずいですよ。しかも、巨乳を存分に強調しての「ん?」ってあんなの無理だ、耐えらんねー!朝からけしからんよ、この娘たちは。

言わないでおこうと思ったんだけど、私も言おう。
「編隊」飛行が「変態」飛行に、ね・・・うん。
前回のは「編隊」飛行になんとか聞こえるけど、今回のは名塚さん意図して「変態」飛行って言ってるようにしか聞こえませんw

個人的に坂本少佐ってあんまり胸あるイメージじゃないんだよなぁ。



相変わらずの無法地帯ミーティング。
ルッキーニがいなくてもシャーリーがいなくても容赦なく始まってるのがすごい。いいのか、これで?ミーナお姉さまの器のでかさには負けます。
それと、ここで初めてサーニャが喋ります。一言目は「りょーかい」でした。

シャーリーはなんだか姉貴分というより兄貴分な気質の人ですね。
後輩の芳佳やリーネ、最年少のルッキーニらに対しても面倒見がいいし、「音速」について教えてあげるシーンとか何か好きですね。
後、「腹へったぁ~」って言うシャーリーとか、ウインクするシャーリーとか、うさ耳シャーリーとか、好きすぎます。ハンバーガー食べてるとことかもね、うー、好きだー!

にしても、ストライカーユニットってあんな壊れやすくていいのかと思いましたよ。
しかも、黒い液体がどろどろ・・・ちょ、これ魔力で動く代物だと思ってましたよ。これなら誰でも動かせるんじゃねとか思ったら負けよね。こういうものだ。パンツじゃないんだ。



さて、待望の海!海!!海!!!
芳佳とリーネ以外はみんな好き放題です。つかこの二人以外まともに訓練してるとこ見ないんだけどw本当に大丈夫なのか、この隊は。
しかも、ストライカーユニット装着して海上浮上って・・・3話では普通に浮いてたよ、芳佳とリーネ。まぁ、あの時はああだったんだ。今は今なんだ。パンツじゃないんだ。
坂本少佐とミーナお姉さまのお尻をアップに「浮いてこないな」「ええ」の真面目なやり取りがすごいシュールすぎますw「いつまで犬掻きやっとるかー」っていう千葉さんの声もツボです。

その後はけしからん娘たちのサービスショット。水着姿が眩しいぜ。
サーニャは「眠い・・・」と「肌がひりひりする・・・」だそうです。

警報が鳴り響く前にネウロイの接近に気づく、芳佳たち。やっぱ、この隊どっかやば
シャーリー、芳佳、リーネと出撃しますが、他の方は待機なんですね。まぁ、物語上ってことで納得しますが、せめて今回のもう一人のメインであるはずのルッキーニも目立たせてやっても良かったかと。ほとんどシャーリーでしたからね。
そのルッキーニはシャーリーのストライカーユニット壊して直して・・・ということがバレてミーナお姉さまにきついお叱りを受けてましたw背後にいても伝わるミーナお姉さまの殺気が怖い。あのときの文字に出来ないルッキーニの声がすごい。



今回のネウロイは可哀想でしたね。音速を超えたシールド付きシャーリーアタックでコア破壊だもんなぁw最早、戦略も何もないです。敵だけど、同情します。

ただ、恐るべしは三重テレビ。
服が破れてもシャーリーの裸体を鮮明に映し出す。そこには光の欠片もない。
明らかにパンツにしか見えないのにパンツじゃないと言い張るウィッチーズの世界のように我々の先を行ってます。パイオニアですよ、三重テレビは。
誰かお金のない私の代わりに三重にふるさと納税してあげてください。



そして、魔力の消耗によって気を失ったシャーリーを助けることに成功する芳佳とリーネですが、芳佳の手の位置がおかしいですwしかし、何故、あの位置なのかは問うべきとこではありません。

リーネちゃんのおっぱいがダメならシャーリーさんのおっぱいだ!

とでも言わんばかりに揉みます。ここで少しでもいいからシャーリーもとい小清水さんが喘いでく
しかし、シャーリーのおっぱいはさすが。「グラマラス・シャーリー」は伊達じゃない!
上手く状況がつかめない坂本少佐に対し、スピーカーから流れる芳佳の呟きにどういう状況か分かってしまい顔を赤らめるミーナお姉さま。大人の女性です。可愛いです。最高です。



アイキャッチはシャーリーとフランチェスカ。うさ耳シャーリーが可愛いですよ、もう。

EDはシャーリーとフランチェスカでしたが、今まで芳佳が必ず入ってたので何か新鮮でした。

今回で初めてウィッチーズ隊全員が喋りましたね。なんかEDのキャストが豪華です。



次回はお待ちかねのサーニャメイン回ですね。どこか幻想的な雰囲気がしますな。
私、分かりました。
このアニメ、奇数回はとことんエロを追求する変態回で、偶数回は女の子たちの友情関係を真面目に描く紳士回だということがw
そういうわけで、おそらく、今度はバルクホルンメイン回同様にシリアス成分高めになると思ってるんですが、楽しみです。
来週、サーニャによる30分が始まる―――!

空想予言

2008年08月08日 23:52

8月の16、17って東京でいい事ばっかだよなぁ。

GARNET CROWのライブはあるし。
「劇場版 空の境界」の5章公開初日だし。
コミケでは「空の境界」の未来福音は出るし。
後、トモセシュンサクさんも同人誌とか「暁の護衛」の麗華お嬢様抱き枕を4000円で出すし。
他にも他にも行ってみたいとこあるし。



皆は都会でばっかいろいろやりやがるから私は地方でいろいろやっちゃお



っていうクリエイター、絵描きさん、募集中。

・・・もちろん募集はしませんけど、そういう人がいてもいいよね。
もし、私にも「モノ」をつくる才があるなら・・・私は、地方で売り出したい&イベント事したいな、うん。



何にせよ、未来福音が1ヶ月だろうが何だろうが書店委託してくれるようで良かった。
金は無いけど、これは買うだろね。



皆様。
「MBA」。通称「マジカルバトルアリーナ」という同人ゲームをご存知でしょうか?
私も昨日、体験版をDLしてやってみたんですが、なかなかに良さげな雰囲気でして。
格闘ゲームは苦手ですがね、ええ。でも、何か良かったの。
基本、女の子大好きな私は「魔法少女リリカルなのは」や「スレイヤーズ」を知らずとも楽しめたクチです。
言ってる事がよく分からないかもしれませんが、詳しくはこちらから。
マジカルバトルアリーナ
体験版もあるので、やってみては如何でしょう?
何か欲しいなぁ、なんて思っちゃったりしたので、取り上げてみました。

欲しいと言えばね。
うさころにー

同人の音楽作品。
ニコニコ動画は全く見ないのでよく分からないけど、そこで結構視聴者が多くて話題になってるのかな?
何にせよ、私のような無知な奴がある1つの作品に触れるにはジャケットの力は偉大な訳でして。
空の境界だって最初は竹内崇さんのあの表紙だけで買っちゃったし。
私の持論・・・ってほどでもないですけど。



内容が良いものなら自然と外見も良くなる



と思ってまして。
視聴してても悪くないなぁと思いましたし。
って、何でこんな上から目線なんだ、私よ。
何にも出来ない私より創ってる方々の方がよほど偉いっつーのに。



以上、2点ほどご紹介してみたり。
私は欲しいけど、お金の都合で買うかはまだ不確定。ごめんなさい。
でも、ここで取り上げて1人でも「これ、いいかも」なんて思ってくれたらいいですね。
自分の好みのものを誰かが好きになってくれたらそれは嬉しいことですし。



3億2000万なんて言いません。
せめて、10万円でも意味もなく空から降ってこないかなぁ?

ああいう低視聴率ドラマのが好きだなぁ。
フジテレビでやってた「明日の喜多善男」とか「無理な恋愛」とかも低予算ぽくて全部見た訳じゃないけど、好きだった。
尾崎将也さん脚本で言うなら、「結婚できない男」はもちろんだけど、「オトコの子育て」とかも好きだったな。

「正義」の意味を知る日。

2008年08月07日 21:25

ブログ更新してなかった3日間、地元の友達が遊びに来ました。
あれよあれよと私らももう「社会人」となる年頃な訳で。
お先に就職を決めちゃったそのご友人から「就職」のことを根掘り葉掘り聞いた&聞かされましたさ。
ちなみに私は一度浪人してるので、年は同じなんですよ。

で、なんか今すごい危機感持ってるんですがね。

周囲が何もやってないからといって自分もやらないのは良くないようです。
今からいろいろやっておいて差をつけろ。
就職が決まった人は皆こう言うらしい。「3ヶ月前からやっとけば良かった」と。

私には将来やりたいことがない。
一応、ある「職」のための講義を春からずっとやってはいるけど、その職も私にとってはあくまで選択肢として残しておきたかっただけで、やりたいわけじゃない。
とにかく、情報を集めよう。
あと、友達に薦められた本を買って、「自己分析」もやってみよう。
明日にはどうなるか分からない。
出来ることをやっておこう。
そう思った8/7。



そういや、その友達と自宅で何故か高校野球観戦。
地元の高校はどうせ負けるだろうと思ってたら勝っちゃいましたよ。
「熱闘甲子園」及びその他のニュースでどれだけ取り上げられるのかなーと思ったら、全くのスルーっぷりありがとうございます。46年振りのチームに全部持ってかれてましたwくそぅ、こっちだって21年振りの初戦突破&県勢としても何年振りかの初戦突破だったんだぞ。
まぁ、次の46年振りのチームに負けそうです。正直よく勝ったなというのが友達との感想。
ぶっちゃけ、このブロックは他チームからしたら羨ましいブロックな感じがしてるんですが。

ちなみに左隣の県は勝ってました。例の高校に。
右隣の県は途中で変な継投してサヨナラホームラン打たれてました。
下の県は上の46年振りのチームに負けました。「熱闘甲子園」でも全く取り上げられなかったという。分かるぞ、その気持ち。



TOV発売されましたね、今日。
何つーかPS2でも十分な感じがするんですが、そうでもないんでしょうね。
今やブルーレイブルーレイ言われてますが、私なんかはDVDでも十分だと思ってるし。
i-Podなんか使ってやるかの反抗心で未だにMDプレイヤー使ってるし。
一度甘い蜜を舐めるとその味が忘れられないって事ですかね。

確かにねぇ、私もさすがに今の時代にファミコンのあの画像とかカセットテープとかなかなか耐えられないところですが(まぁ、味はあるでしょうが)。

私もそろそろ「21世紀型」もしくは「次世代型」に移行しなきゃいけない時かなぁ。

何となくお分かりの方はお分かりになりそうですが、世間でMDの時代だったときは平気でカセットテープ使ってました。携帯なんかvodaphoneになって1年以上経ってもJ-phoneでしたさ。

懐かしの・・・。

2008年08月03日 22:14

私が女の子の絵に興味を持ったのってどうしてだっけ?

っていう答えに出会った日。



With You~みつめていたい~



この作品の女の子の絵が凄い可愛かったんだよなぁって今日思い出した。
実際にはこちらのPC版ではなく、PS版の「絆という名のペンダント with TOYBOXストーリーズ」の方なんだけど、PS専門の雑誌の記事で載ってたのに惚れたんだったなぁ。
もう今から10年くらいも前か・・・多分、実家の方にその雑誌まだあるかもなぁ。
基本、捨てられない体質だから。
当時はやっぱり美少女ゲームってどこか気恥ずかしさがあったり、周囲の目が気になったりで出来なかったな。

今や、私もいい大人(ってほどでもないけど)になってこうやってネットの世界にも触れられるようになって。
何つーか、改めてパソコンの便利さを知りましたわ。
だってその絵を描いてた人とか調べられるものね。
で、この作品の原画家さんが橋本タカシさんという方だそうで。
今もバリバリ?やってるようでCuffsというブランドの姉妹ブランドSphereというとこで「ヨスガノソラ」という作品の原画やってらっしゃるようで。
この作品の絵を見てなんだか嬉しかったですよ。
もちろん絵は全然お上手になっててWith You~みつめていたい~の頃とは変わってるけど、こういうふんわり感のある優しい絵は好きです。

この「ヨスガノソラ」。
発表はもう1年位前にされてるみたいで未だ発売に至ってないようです。
公式サイトによると今年の夏予定らしいですが、間違いなく延期だろう、と(まぁ、公式サイトは随時更新されてるみたいですがね)。
どうにも橋本タカシさんは遅筆らしくて、こうなってるやらいないやら。
まぁ、私としては今出されるとお金ないし、ここ1年はかなり正念場の時で暇が無くなるのは間違いないので、延期でもウェルカムなんですが。
とは言え、私以外の人は1年前から待ってる人もいらっしゃるでしょうから、早く出してあげてほしいですw



にしても私は遅筆の人が大好きだねぇ。
作家で言うと本多孝好さんとか、漫画家なら「イエスタデイをうたって」の冬目景さんとか(今、アフタヌーンで「アコニー」連載再会してたけど)。
後は、BUMP OF CHICKENとかね。
もう、だから待つのは慣れっこなのよね。
私の地元柄もあるかもしれないけどさ(電車とかここほど早くほいほい来ませんよ?)。

遅い分じっくりその作品に情熱を傾けてもらってると思ってますよ。
だからこそその作品にまた愛着が湧く。

・・・まぁ、少しだけ早めてはほしい、かな、うん。



さっそく「Sphere」のバナー貼ってみました。
「ヨスガノソラ」欲しいなぁ。
この作品が第1弾なのね。
今後の活動にも期待したいですね。
何かこの作品出たら次がすごいスパンありそうですが。
あー、欲しいものはたくさんあるね。
With You~みつめていたい~も何かしてみたいしね。
にしてもこの作品って前述したようにPS版の方を先に知ってて、今まで非18禁なのかと思ってたら元はPCゲームでやっぱ18禁なのね。

ストライクウィッチーズ op.4~ありがとう~

2008年08月02日 20:58

バルクホルンの心の隙間に触れる第4回。
今回は前回と打って変わってシリアス風味でお届けです。



・family

<あらすじ>
芳佳がウィッチーズ隊に来て以降、様子がおかしいバルクホルン。それに気づいている美緒とミーナは心配するが―――。



<感想>
今回はバルクホルンさんがメインですが、ペリーヌやエーリカとの関係も良好なものになっていきます。
相変わらず、ミーナお姉さまはこのアニメのサポート役で今回も至るとこで出てきますね。毎回他キャラと比べると出番はあるのですが、この感じだとミーナお姉さまメインの回はないんじゃないかと心配だ。

まぁ、それはさておき、本編へと。
今回は前回と比べるとシリアス成分高めでしたね。
内容的には前回のリーネ回も今回のようにシリアスにできそうなものですが、あえてしなかったのはやはりリーネのあの胸を活かしたかったんだろうなぁ。
個人的にはバルクホルンさんもなかなかの胸だと思うのですが、まぁ、バルクホルンさんまで前回のノリだとキャラ崩壊しかねませんからね。今回はシリアスたっぷりで正解だと思います。



前回のリーネは、母国ブリタニアへの想いが強すぎて、それがプレッシャーとなって、実戦では上手く力を発揮出来ずに悩むというものでしたが、今回のバルクホルンは、母国カールスラントや妹のクリスを守りきれなかったことで、みんなを守るどころか人一人すら守ることが出来ない自分に悩むというとこですかね。

芳佳が来るまでおそらくその問題から知らずに目を背けてきていたんでしょうね。
でも、芳佳が来てからは芳佳の姿に妹のクリスを見てその問題に再び直面することになります。

中心となるのはBパートの芳佳とバルクホルンの会話シーン。

「みんなを守るなんて無理かもしれません。だからって、傷ついてる人を見捨てることなんて出来ません!ひとりでも多く守りたい・・・守りたいんです!」



バルクホルンが自分の心情を芳佳に吐露するわけですが、それに対する芳佳の反応。
今回の言いたいことってこの言葉に全て集約されてますよね。

自分のできる範囲で最大限やってみる。
そういう想いが大切なんでしょうね。
結果は良い時も悪い時もあるけど、やらずにいるよりずっといい。

芳佳の訓練の賜物か、自身の治癒能力もパワーアップし、復活を果たしたバルクホルンがネウロイを倒します。



その後、ミーナお姉さまにビンタを浴びせられ、お叱りを受けるバルクホルン。
そういや、ここも見所の一つですね。

どこか孤独になりたがり、死に急いでいたバルクホルン。
周囲の想いを無視する彼女にミーナお姉さまの愛のムチというやつですね。

ウィッチーズは家族。あなたを大切に想う人がここにはいるのだから。



アイキャッチは雨に打たれるバルクホルンさん。「ぎう」って抱きしめたい。
前回のリーネのアイキャッチもですが、やはり島田フミカネさんの絵はいいですね。

今回のEDは芳佳とバルクホルン。
やはり、千葉さんパートは千葉さんにしかできないから千葉さんパートなのか!?
芳佳と坂本少佐のコンビを超えるコンビは現れる?
次回のシャーリーとルッキーニのコンビに期待ですね。

私もバルクホルンさんのことは「トゥルーデ」とお呼びしたほうがいいのか・・・最初、妙に違和感があったんだけど、何か「トゥルーデ」が今じゃ可愛らしく感じる。でも、「トゥルーデ」はカールスラント組だけの呼び名って感じもするし・・・。

最近、ミーナお姉さまミーナお姉さまばっか言ってる気が。だってなぁ、今回のミーナお姉さまの笑顔と涙はたまんないですよ。ノックアウトですよ。

今回はペリーヌにも割りとライトが当たったんですが、相変わらず少佐ウォッチングの時のあの体位がやらしいんだよなぁ。くそぅ。
ツンがあるからデレが映える。ペリーヌに限ったことじゃないかもしれませんが、デレ時のペリーヌは可愛いですよね。あの頬を赤らめながら「ありがとう」ってねぇ。やばいっす。

そういや、前回の記事でエーリカに対し、「私にロリの属性はないようです」、何て言ったけど、エーリカ16歳ですか!?シャーリーと同じ年とは・・・。
サーニャやエイラより年下だと思ってました。まぁ、それでもロリっぽいんでロリ属性はないということにしておきます。
と言いますか、多分、私は「ロリ」の定義を知らない。



今回のサブタイトルは「ありがとう」ということで。
ペリーヌ、エーリカ、バルクホルンと色んな「ありがとう」があって、今回の話に合ったいいサブタイトルでした。



次回、待ちに待ったぜ、シャーリーのメイン回。あぁ、あの巨乳がフルタイムで堪能出来るのね。
にしても、次回タイトルのなんというストレートっぷり。「はやい・おっきい・やわらかい」。
どんなアニメでもお約束である水着回ですが、まぁ、私なんかはこのアニメに関しては毎回水着回みたいなテンションでいるので、これほど有難味の薄い水着回も不思議なものです。
まぁ、いかに毎回このアニメがおかしな(いい意味で、ですよ)ものであるか分かるような。

dramatic line.

2008年08月01日 23:30

夏。

高校野球の季節ですなぁ。

私は野球は全然好きじゃないんだけど、やっぱりこの季節になると暇があれば高校野球見ちゃいます。
まぁ、私の県の高校が勝ってくれるといいんですが、ここ何年も初戦敗退なので期待はしません。
本当に・・・主要なスポーツは弱いんですよね。
目立たない県はとことん目立ちません。
スポットライトをあててやりたいさ、私も。

最近、その高校野球も近いということで、去年アニメ化された「おおきく振りかぶって」の影響もあり、いきものがかりの「青春ライン」とかBase Ball Bearの「ドラマチック」とか聴いてますね。
この季節にピッタリの2曲です。



高校球児には二通りある

ライバルたちとの熱い戦いを私たちに魅せてくれるもの
セクハラや暴力沙汰や飲酒、喫煙等の不祥事をはたらくもの

何つーか、あんまりにも両極端ですよね。

桐生第一は甲子園出場することに決まったみたいですが。
いろいろ思う事もあるだろうけど、頑張って欲しいです。

関係無いとこでとばっちり受けるってのが1番やってられませんよね。



ちなみに~には二通りある。と言うとこでニヤリとしたそこのあなた。
分かる人はアニメ「ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~」を見ている方ですね。
私も見てます。
次回の第5話でアムロとシャアとカミーユが共演という、ナニコレ展開きました。
webラジオの方も楽しく聞いてますね。小林ゆうさんのあの謙遜っぷりが好きです。
次週のラジオでゲストとして池田秀一さんと飛田展男さん来たら小林さん含め、私もおかしなことになりそうです。
ないよなぁ、そんな事。

アニメと言えば?「恋姫†無双」。
テレビ愛知では第4話がもの凄い放送事故でしたw

華琳と桂花の百合シーンで急に音声が消えたり、桂花が華琳の脇や足を舐めるシーンがカットされてたり、華琳と愛紗の百合シーンでも画面ストップかかるわ。

他局じゃ規制無いのに、テレビ愛知のこの守備力の高さw
三重テレビの「ストライクウィッチーズ」の規制の無さっぷりを見習うべきじゃないのかw

ま、まぁ、規制がかかっても不思議ではないんですけどね。
正直地上波でここまでやるとは(華琳と桂花のシーンはやばすぎです)・・・エロゲー原作の底力を見た気がする。
エロゲー原作のアニメって大抵失敗が多いと思うんですけど、これは今のところ普通に良い方向に向かってると思います。相変わらず関羽が好きです。あの胸はねぇ。後、超雲とか馬超とかも良いよなぁ。今回の曹操と荀も良かったし、第2話で出てきた公孫賛もなかなか。

何と言いますか、かなり嵌ってるみたいですね、私。
冬に出るという「真・恋姫†無双」がもの凄く今欲しい気がする。
私にとって「暁の護衛」に続く第2弾の18禁PCゲームになりそうな。
何かいろいろ企画も充実してますしね。
私のような新参者が易々と参加していいものかいろいろ悩んでますが、一時の気の迷いという事もないとは思うけど・・・ありますからね。
しばらく様子を見てみましょう。
もし、やるならやっぱ「恋姫†無双」(もしくは「恋姫†夢想」)もしたいしねぇ。金の問題もあるし。



今日、何の話してるんだろ?
高校野球に始まりエロゲーの話題で終わるという。
紳士でありつつ、不埒である、と。

お気を悪くされた方はすいません。
何か謝るのも今更な気がしますけど。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。