スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

From the End To the Start. op.1

2008年12月28日 21:16

今更ながら、クリスマスの記事は酷い内容ですね。
体調不良の中でクリスマスだからと言って、安いワインと安いチーズと安いケーキを一人で食べてたらあの有様。

この1週間、本来なら他にやるべき事あったんだけど、全然終わらなかった。
明日から帰省してしばらくの間は怒涛の日々です。息つく暇もありません。

とりあえずは今年最後の日記をここに置いて来年へと一瞬に駆け抜ける事になりそうです。



皆様、今年はどんな年でしたか?
私はいろいろ考えて悩み、時には踏み込んだり、時には躊躇ったり・・・。
来年は・・・少なくとも前半期は1つの結論を出して嫌でも成長を遂げなければいけない事になりそうです。
今度こそ躊躇いはしない。逃げはしない。失敗はしない。
ただ1つ。「成功」だけが欲しい。それが全てでないと分かっていても。



それでは、皆様。
よいお年を。



(追記:DVDが再生しなくなりました・・・。来年、ここへ戻って来た時には勝手に直っていますように)
スポンサーサイト

今年のクリスマスは一人じゃない!

2008年12月25日 23:45

だって、私には「暁の護衛~プリンシパルたちの休日~」があるからね。
今や、時代は三次元じゃない!二次元さ!!ビシッ!!!

麗華お嬢様と鏡花お嬢様に激しく罵られ
妙ちんのお馬鹿ぶりに微笑ましくなって
彩と萌の空気っぷりとぽけぽけぶりに癒され
ツキと海人と尊のお喋りに腹をよじらせ

どうだい!?こんなにも私は一人じゃない。
同志よ、クリスマスの夜はこれからだ!共に楽しもうじゃないか!!

とりあえず、雷太がいろいろと暴走してますwはっちゃけてますw始まってますw

かんなぎ op.10~カラオケ戦士 マイク貴子~

2008年12月20日 23:59

カラオケしましょの第10回。
いろんな個性がケミストリー。



・からおけ

<あらすじ>
貴子の提案で今更ながら親睦を深める為にカラオケに来た美術部員たち。ジャンケンに負けた者から歌を歌っていくことになって―――。



<感想>
恋のバトル、勃発。つぐみとざんげちゃん。
最初の勝負はざんげちゃんの策略勝ち。

つぐみは歌い慣れてなくても一生懸命に歌う女の子。可愛いよねぇ。変態貴子さんと同じ目線で見てましたw



大鉄は芸術の神様に愛されてますな。普通に中の人が上手すぎて噴いたw



一度で良いからやってみたい。アニソン縛り。
あのアニメのOPとかEDとか時に無性に歌いたくなる。
昔は一人カラオケとかで人前ではできない歌をたくさん歌ったものだが、今、思えば、よく一人で特攻かけてたなぁ。
誰かと一緒にやれたらなぁと思う。そんな日は来るかな?



女の子からデュエットしようだなんて言ってくれた日には喜んで発狂して死ねます。それをあっさり断る仁はおそらく幸せです。ここまで来ると、わざとやってるのかと疑いたくなります。

まぁ、何て言うのか、気恥ずかしいとかそういうことだと思うのよ、本来は。大鉄とはデュエットしたがるし。ただ、仁にそういう表情が全くなかったのが残念。

歌ってる最中に店員乱入。あるあるw
ああゆう時ってどうしたら良いかわかりませんよね。
歌うのやめるにしても不自然だし、かと言ってノリノリで歌うのもただの馬鹿みたいだしね。
仁の対応が正解ですかね?w

え?歌?普通でしたねw



CMつーか、スーパーなんかに行くとこういう感じの曲かかってますよね。
私が知ってるのはコロッケのうただな。コロコロコーロッケ♪ってやつです。

・・・私も1度歌ってみるか?
紫乃さんだけは大受けでした。



貴子・・・だめだ・・・こいつ、早く何とかしないと。
某キャラの名台詞と共にAAも貼りたいけど、できないので勘弁を。

何て―――アニメ声w
さすが、中の人はすでにOPをカラオケで歌唱済みなだけありますw



ざんげちゃんのどこか行く時の言い訳は「お花を摘みに」が定番なのね。

これまでの中の人らしいふわっとした可愛い声でしたね。
この歌声聴くと、本当に花澤香菜さんは演技が上手くなったなぁと改めて思うわ。
以前までの演技でこの歌声は予想がつく。というかこれしかないなと思うんだけど、今の演技でこの歌声はなかなか予想がつかないなぁ。
まぁ、彼女の歌に関しては素?とも言われてますが。
すいません。上手く伝えられてないと思いますけど。

ちゃっかり、カラオケ中でも仕様に任せて仁に迫るざんげちゃん。そして、それを必死に止めるつぐみ。カラオケはこうも事情が絡み合うものなんですねw
いやぁ、つぐみとざんげちゃんの恋の争いはやっぱり見てて楽しいです。



そして、紫乃さんの出番はもうない。分かった。諦めよう。これが正しい「脇役」の在り方なのかもしれない。他のキャラが目立ちすぎなんだ。そう思おう。



今回も7話同様に全員にスポットライトが当たりましたね。バランス良くできてて好きです。
キャスト陣はみんなキャラで歌えてましたしね。やはりすごいです。
特に、女性陣は上手いと思いましたね。つぐみのドギマギした感のある歌声とかナギの堂々とした漢っぽい歌声にざんげちゃんのふわふわ下手かわボイスはなかなかできるもんじゃないと思うんですがね。

そして、貴子。
ああまで、アニメ声になるとは。
振り付けバッチリ、最後の台詞までパーフェクトでしたねw
今宵の主役は間違いなくあなたでした。

今回のキャラソンはDVD5巻の初回限定版に付いてくるのかな?聴きたいなぁ。

恒例のED絵、木村貴宏さんだったのに、いつもと違うEDで色んな意味で残念なことにw



次回、再び本筋に入りそう?シリアスな雰囲気たっぷり。

雪降る深遠の今

2008年12月19日 23:48

Kalafinaの「oblivious」初回限定版を買っておけば良かったなー、と今更ながら後悔してる今日この頃。
12/24の「fairytale」とか「sprinter/ARIA」とか買いたいと思ってるんだけど、日本人の性質を持ってる私は、最初からきっちり買って収集していきたい奴なんですよね。

うーむ、田舎の地元には初回限定版まだ無いかねー・・・。
正直、発売当初は初回限定版かなりあったから余るのかと思ってたんだけど、甘かったですね。

「sprinter/ARIA」の初回版はまだあったなぁ、とりあえず、12/24に「fairytale」初回版と共に買ってくるべきか・・・?



ただ今、アニメの個別感想は「かんなぎ」をやっておりますが、次回はどうしようか。

キャスト的に「宇宙をかける少女」とかスタッフ的に「明日のよいち!」。
後は、ヨスガノソラの鈴平ひろさんつながりで「アキカン!」とか考えてるけど、さてはて。

来年の春~は「東のエデン」を取り上げようってことはほぼ決まってるんだけどね。



今頃、ストウィの上映会やってるんだよね。
1番はサーニャとエイラがメインの第6話で、2番はいろんな意味で酷かった第7話ですかw
来年の春にはゲームも出ますね。NDSは無理だから、仮に買うなら必然的にPS2しかありません。
サブタイトルも募集中。世の変態さんがどんな変態なサブタイトルを考えてくれるかこちらも別の意味で楽しみですw
いつのまにか、オフィシャルファンブックも出ることになってるんだ。やれやれ欲しいなぁと思うものばかり増えていきます。

にしても、最近の面白そうなゲームってほとんどNDSかPSP、Wii、Xbox360のどれかです。
テイルズ オブ ハーツも出ましたねぇ・・・NDSだから出来ないけど。
レディアントマイソロジー2も出ますねぇ・・・PSPだから出来ないけど。
最早、PS2の時代も終焉なんでしょうか?私もそろそろ次世代機に移行したいような、レトロなままでいたいような。



(追記:そういえば、「暁の護衛~プリンシパルたちの休日~」のカウントダウンボイス7日前忘れられてるwしかも、担当は彩って・・・さらに、日記で公開って。くそう・・・例え、空気と呼ばれようが、萌とダブル巨乳の双璧の一角である彩もちゃんと応援してるぞ、私は)

virus.

2008年12月18日 23:59

もう。
体調不良なのに何で来るの?
しかも、午前中は来なかったくせに午後から来るの?

何だか感染しちゃったみたいか?
体が反応してるのよ。警告してるのよ。

今日は早く寝よう。
明日起きたら私が体調不良とか嫌だよ、本当に。



はぁ、すいません、よく分からない話で。
何か風邪引きそうな雰囲気なんだよね。
もう考えられる原因は体調不良の友達からのウイルス感染以外無いんだけど・・・。



今日のCWCのマンチェスター・ユナイテッド×ガンバ大阪の試合は面白かったですね。
マンチェスターの方はフレッチャーとかラファエルとか先発で出るのかなぁとか思ってたけど、ベテラン中心のメンバーで構成の予定だったみたいで。ルーニーすらもベンチスタートだからね。
両者とも非常に質が高い内容でしたね。ただ、それでも全てのスキルでマンチェスターが圧倒的に上回っていたような気がします。
ガンバ大阪の方は一生懸命やってる風に見えるんだけど、マンチェスターの方は流してるような練習感覚でやってるように見えたんだよなぁ。1本のパスで一気に流れが変わるもん。後、SBの裏を好き放題でしたね。
2-1になった時から5-1と5分で3点取った時は笑うしかなかったわ。
それでも、結果としては5-3。やり方によっては色んな面で劣っていても勝てる要素があるのが、スポーツの良いところ。ガンバ大阪は日本のクラブ代表として力を見せてくれたと思います。
大阪のFW二人がもう少し良ければなぁ・・・とつくづく思ってしまった。

嘘だと言って 瞳を見て言って

2008年12月17日 23:59

今日のタイトルは当初「嘘だと言ってよ」だったのですが、これだったら某ガンダムの某クリスの某名台詞「嘘だと言ってよ、バー○ィ」に似てるなぁと思い、こんな感じに。

でも、そしたら今度は「true tears」の何話かのサブタイトルに似てるなぁとも思って考え出したらきりがなくなってきました。



以前に、本のことで装丁が良ければ、内容も良いというような事を書きましたが、それと同じでタイトルが良ければ、内容も良いというような持論を持ってます。
タイトルって重要なんですよ。
だから、ドラマのサブタイトル見ると「何で、こんな適当なタイトルなんだろ」ってものばかりですよね。
私のドラマ離れもそういうものが原因の一つとしてあるでしょうね。

そういう意味で篤姫は最初から最後までサブタイトルはしっかりしてましたよね。今まで大河ドラマ見たことなかったから分からないけど、大河ドラマは毎回サブタイトルしっかりしてるのかな?
結局、終わってみれば、全話視聴率20%超えですか。
確かに良い作品でしたね。ちょっと「家族」というテーマをしつこく前面に押し出しすぎじゃないかという感じがして時折うざったく感じましたが、それでもいいものでした。
って、最終回は都合で見る事が出来なかったので、土曜日の再放送でチェックするんですがね。



テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2の公式のSPECIALのイラストが可愛いですよ。
1&2のカノンノたちがメリークリスマス!と祝ってくれます。さぁ、今年も1人でケーキとシャンパン買って食べよ(あはは・・・)。



昨日、Amazonから「劇場版 空の境界第4章 伽藍の洞」のDVD届きました。
もう、配達の人が毎回同じなので、軽く顔なじみです。

残念な事に、商品を包装してる透明の袋が所々ずたずたに・・・。
まぁ、通販のデメリットってやつですよね。

tacica '08 ワンマンツアー "三大博物館 新館特別展 ~ワンマンの夜明け~"

2008年12月16日 19:27

tacica '08 ワンマンツアー "三大博物館 新館特別展 ~ワンマンの夜明け~"



tacica



そんな訳で、約九ヶ月振りのtacicaのライブです。






[tacica '08 ワンマンツアー "三大博物館 新館特別展 ~ワンマンの夜明け~"]の続きを読む

かんなぎ op.9~恥ずかしい学園コメディ~

2008年12月15日 00:39

「幼馴染み」パワー炸裂な第9回。
ボーイズラブもハーレムエンドも何でもござれですね。



・a childhood friend

<あらすじ>
つぐみは思わず、ナギが怒っているのは、仁と大鉄がアレな関係であるからではないか?と大声で叫んでしまう。それが、噂の種となり次第に仁と大鉄を見る周囲の目が変わっていった。責任を感じたつぐみは―――。



<感想>
さて、前回の続きです。
明らかに美術部の人たちは知りすぎてます。どうやらメイド喫茶が転換期だったようですw
で、知りすぎてないつぐみの反応がたまらんですよ。恥じらいながらも他のBL本も気になるつぐみもいいよ。
仁と大鉄のボーイズラブな関係をつぐみは必死に否定するも心当たりがある模様。幼馴染みは大変です。すいません。必死に否定するつぐみの姿も最高でした。
うん、でもさ、秋葉がああいうのでも何でもなく?接してくれる部長や紫乃さん、つぐみは本当に理解あるいい人たちですよ。まぁ、単純に興味あるっていうのが最大の理由だけどさ。普通、ああいう状況になったら、周囲はそれこそ今回のモブの方々以上の反応でしょうよ。

ものすごい、唐突につぐみの友達らしき人が出てきましたね。
まぁ、いつだってモブは唐突か。ガチでホモなロン毛くんまで出てくるし。



個人的にはつぐみとざんげちゃんのやり取りを見るのが一番好きだな。恋のライバル関係でもあり、戦友同士でもあるって感じが。何か女の子って感じがして、微笑ましいというか。



男の裸を女が見てしまう。
普通、女の裸を男が見てしまうものでしょうよ。
この作品、露骨な所では女の子のガードが硬いですw
うん、まぁ、何だ・・・恥ずかしがるつぐみが可愛いのは言うまでもないだろ。
あれ、私、恥ずかしがるつぐみを見るのが好きなのか。Sっ気あんのかなぁ・・・分かんないけど。

そして、「仁御厨の恥ずかしい話」展開中。
幼馴染みは何でも知ってます。



4話で仁がざんげちゃんに言いかけたことが明らかになりましたね。
反抗期はありますよ。それもあのような家庭状況では少し特殊なものかもしれません。

どんな状況でも自分を暖かく見ていてくれる存在
どんな状況でも変わらない存在


この時のつぐみの言葉と笑顔に仁に対する全ての想いが詰まっていました。
仁もまたそういうつぐみの存在をしっかり認識しているからこそのあの謝罪でしょう。

つぐみの仁に対する感情って「恋愛感情」と「母性」的な感情と両者が重なり合っているんでしょうね。
「幼馴染み」って関係はそれだけでもう強いなと改めて感じた。白亜にとっては大きな見えない壁ですね。



左手にはつぐみを。右手にはざんげちゃんを。

何、このハーレム展開。あれ、頬をつねっても痛くない。
あぁ、そうか、これは夢か。
そうだよな。

まさか、つぐみとざんげちゃんが私の口に作ってきてくれた料理をアーンなんてしてくれるわけないよね。
まさか、つぐみとざんげちゃんが私の腕に自分の腕を絡めて、胸を押し付けて取り合ってくれるわけないよね。

現実逃避したくなった時でした。



今回、ナギ様は完全に脇役でしたなw



次回、カラオケのお話。この感じ、紫乃さんが目立つ機会がもうなさそうなんだが。






・かんなぎ騒動
と、こんなこと私が取り上げて良いものなのか、色々思うところはあるのですが、やはり、気になったので・・・。

ネットで物議…人気漫画「かんなぎ」無期限休載で一迅社が理由説明

そりゃ、こんなことされてて、それを知ったら急病で倒れて入院するよ。(一迅社の方ではこういうことが原因では無いと言ってますが)

作品を批判するのは構わないと思います。
人が叱られたり、怒られたりすることで成長するように。
作品だってそういうことを経ることでより良い作品になっていくものだと思うから。

でも、作品を記事中の写真のようにするなんてことはやってはいけない。
作品だって「一つの命」ですよ。

ためらうことなく境界線の向こう側に行ってしまう人たちへ。
どうか、この場でためらってくれることを祈って。

かんなぎ op.8~迷走嵐が丘~

2008年12月14日 17:41

久々に本筋に絡んだ?かなの第8回
どこまでも広がる大鉄の妄想ワールド。



・雨の中の訪問者

<あらすじ>
雨が降る日。仁の家に玄関のチャイムが鳴る。そこに現れたのは大鉄だった。大鉄は仁とナギの関係に疑惑を持ち、仁とナギは必死にごまかそうとするが、ナギをモデルとした彫刻の設計図が大鉄に見つかってしまう。しかし、大鉄の間違った解釈のおかげで話は収束に向かっていたが、今度は大鉄がナギに御神木を盗んできたことが知られ―――。



<感想>
大鉄ですよ。ノッポさんが立っておられたわけですよ。
いやぁ、待ちに待った。ようやく大鉄が目立つのね。まぁ、まさか、大鉄が仁とナギの関係の秘密に迫る役割が与えられるとは思ってなかったけど。てっきりこういう役割はつぐみだと思ったけどな。

仁は大鉄のように。大鉄は仁のように。
人間ってないものねだりするよね。
大鉄はとことんギャップで楽しませてくれますね。今度は「妄想」ですよ。あれよあれよと広がる。



しかし、本当にこの作品は太ももがエロいよ。太ももフェチの方にはたまらんでしょうね。雨の雫がナギの太ももに滴ります。

んでもって、別人格のナギが久々のご登場。2話以来かな?

>このアニメに「伏線」とかそういうものは無さそうだけど、ナギが仁に死んだ猫を自分の体に取り込んだことについて問い詰められて理不尽に反発したのは、そういうものなのだろうか。いずれ明らかになるとしたら、案外、オチは軽いものであるような気がしますけど・・・どうかな。

>今回の二重人格ネタは嘘だって発覚するけど、ナギってどれが本当の姿なんでしょうね。

と、まぁ、このときはこんなことを書いてたんですけども、今回、記憶を失ってるとなるとやはり別の人格があるのかな。
で、ナギは記憶は無いけど、自分の中にもう一つの人格があるのは感づいてるって風か。

そもそもナギが二重人格じゃないと考えてたのには、死んだ猫を自分の体に取り込んだことを普段のナギが自覚していて、その上で反発してると思ってたのよ。
それにこのシーンの前につぐみの前でナギが普段とふるまいの違う演技してたシーンあったじゃない?あれで、二重人格の線を消去しちゃってたんだよね。

どうでもいいことかもしれないが、御厨家の食卓が「レトルト」とは言え、まともになってて安心したw
仁って料理はできないんだっけ?仁の両親についてはあまりまだ語られてないか。父親はよく家を空けてて、現在は何らかの事情で遠出中みたいなような感じのことは描写されてるけど。
勝手なイメージだけど、小さい頃から自分一人でやっていかなきゃいけない状況にあると、家事関連は得意そうに見えるから、仁も料理もできるような感じするんだが・・・できないのかもしれんな。



そして、部長は「腐女子」街道まっしぐらw
紫乃さん回はまだかー!?

久々に「次回へ続く」ようです。



今回の話はひたすら大鉄の妄想ワールドを楽しみましたよ。
個人的には学校内での妄想シーンが背景や演出とともに面白かったです。

仁と大鉄のやりとりは、私たち視聴者は事情知ってるから良いんだけど、つぐみら事情を知らない者から見ると本当にBL調ですねw

最後に、体育終わりで髪を結んだナギの「イーッ」が可愛かった。



次回、女の子たちメインのお話かな。
ナギとつぐみとざんげちゃんで顔を突き合わせてるシーンとか気になる。

白の微笑

2008年12月12日 23:59

↓これを食べて大回復したところで、今日の日記です。

マーボーカレー

ええ、マーボーカレーですよ。フラッシュなど気にしません。

やはりテイルズファンとしては食しておく必要があると思い、なけなしの500円はたきました。ゲーム内ではただ飯だというのに、やはり現実は厳しい・・・。

お味はというと・・・カレーが少し強めの印象か。でも、後からちゃんとマーボーの「ピリッ」とした辛味も出てきてちゃんとした「マーボーカレー」だと思います。
言わずもがななんだけど、マーボーもカレーもどちらも基本的に辛い料理です。なので、個人的には、辛さも2倍・・・とまではいかないだろうけど、割と辛かったです。

とっておきのショコラオレ

それと、とっておきのショコラオレと茅原実里さんも大好きチロルチョコ(の苺ミルクもち)。
今日の夕食。658円。1食でこれだけお金かけたのも久しぶり。

余談ですが、このブログのタイトルはこの飲み物と同系列のものです。かなり、適当に決めちゃってますねw



今日は達成感で一杯です。久々に濃い1日を送った気がする。
朝から学校に行って課題を提出して、郵便局に行って、ある物を申請しに行って、tacicaのワンマンライブに行って、ある所で抽選でガラガラをしてきて、マーボーカレーを食べて、こうしてブログをして、と。

それでは、皆様おやすみなさい。



抽選結果

抽選の結果。
見事なまでに白玉、白玉、白玉の3連続w
まぁ、運をここで使わなかった、とポジティブにとらえます。
それにしても、誰か私の家のポケットティッシュを消費してください。

責任と自覚と反省と

2008年12月08日 16:59

この土、日は異常でした。

アクセス数が半端無い事になってました。

普段は1日二桁行くのがやっと。一桁なんて普通ですよ。
なのに、この土、日は三桁に届きかねない(三桁行かないのがこのブログらしい)勢いでアクセス数が伸びてました。

嬉しさを飛び越えて血の気が引きました。

これは、明らかに異常だ。
いきなりこんなに増える訳がないじゃないか。

12/5「と、いうわけで。」

この記事をアップ直後に急激に増えてるので、これが原因だろうと思いました。
しかし、記事内に特別な事は書いてない。
むしろ、相変わらずの面白みに欠ける記事だなぁと落胆してしまうほど。

そこで、皆様が一体どこから飛んで来てくれているのか解析を試みた結果・・・

アキバOS様の12/5付けの記事
アキバblog様の12/6付けの記事

何と、リンクが貼られてます。口に含んでたコーラを盛大に噴きました。すいません、嘘です。
このような大手サイト&ブログ様にリンクを貼っていただけるとは・・・嬉しさ100倍、勢い余って驚き1000倍、ってとこです。

アキバblog様の方は最後の関連リンクの欄に「マニュアル内でもドラマCDでも穹がファーストヒロインになってるねw」という私の記事内の文章にリンクが貼ってあるだけで、この文章は私の瞳で見て、思った感想だったので、良かったのですが・・・
アキバOS様の方は私の記事でルート制限云々の言及をしてることを取り上げて頂いたようで・・・これはさすがまずいなと思いました。
確かに前述の12/5付けの私の記事内でそういう事を書きました。でも、自分の瞳で確かめてない事なんですよね・・・。
一応、記事内からは私がまだヨスガノソラ未プレイである事ルート制限云々は「某所」からの情報である事は分かるようにしてありますし、アキバOS様の記事内でも別サイト様のリンクで補完されてはいるのですが、こういう事実関係に関わる事は自分の瞳で見て確かめてから書くべき内容だったなと反省しております。

「情報」とは受信する側にも発信する側にも責任があると思います。
私は「ネット」という媒体を通して自分の書いた文章が多くの人に見られる可能性があるという自覚に欠けていたと思います。普段、このブログに立ち寄る方なんて数が知れてるなどという事に甘えてました。
例え、このブログが普段一桁二桁のアクセス数であろうとも、同じように扱わなければならないのに。

幸いにも今回は間違った情報を発信していないようなので安心はしていますが、今後は注意して書いていかなきゃなと思った次第です。



それにしても・・・

両サイト&ブログ様には本当に感謝です。
まさか、このような教室の隅っこで体育座りしているようなブログにリンクを貼っていただけたのですから。

このブログは紹介文にもある通りジャンルレスを売りにしてます。
「浅く深く」でも「広く浅く」でもない。「広く深く」を目指しております(とは言え、現状は「広く浅く」なのですが)。
それこそ、アニメやゲームや今回の記事の元になったエロゲーとか・・・決してそっちの方にばかり特化したブログではないはずです。
実際に両サイト&ブログ様のリンクに貼ってある私以外のブログ様は非常に素晴らしい記事ばかりです。本当に愛してるんだなぁって分かります。私の記事などとは天と地の差以上にあります。
それでも、このようなブログの記事を取り上げて頂いて、リンクまで貼って頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございました。
今後、また取り上げて頂けるように頑張ります。
その時は相応しい記事であるように。

それでは。

2008年Jリーグ ディビジョン1 第34節 コンサドーレ札幌 vs 鹿島アントラーズ

2008年12月06日 22:26

Jリーグ ディビジョン1 第34節 コンサドーレ札幌 vs 鹿島アントラーズ
2008.12.6(土) 14:30 札幌ドーム




鹿島アントラーズ、優勝&2連覇おめでとうー!!

終わってみれば筋書き通り?でも、その課程には紆余曲折があったことは言うまでもない。
それはどのチームにもあるんだけど、その中でも「優勝」さらには「2連覇」を達成したというのは鹿島アントラーズの「強さ」を証明していると言えるでしょう。
特に今シーズンの優勝は昨シーズンの他力本願なものではなく自力で勝ち取ったものだから選手、スタッフ、サポーターもまた違う喜びでいっぱいでしょうね。

試合の方は序盤はやはり優勝へのプレッシャーがあったのか、札幌にペースを握られてましたが、守備陣と中盤の底に構える二人が全く動じていませんでした。
彼らの安定が主導権を鹿島のものにしていきましたね。
ラスト3は全て鹿島の試合をテレビで観ることになったのですが、とにかく守備が大きな破綻を見せなかった。
攻撃陣が振るわない中、この安定感が優勝を確かなものにしたと思いますね。

主導権も鹿島に移って、後はいつ先取点が生まれるか、という前半35分。野沢の素晴らしいミドルシュートで先制点が生まれます。
この際、興梠がデコイランで札幌のGKを右に反応させたのも良かったですね。
にしても野沢は印象的なところでゴール決めますね。去年といい、今年といい。

先取点以降は完全に鹿島のペースでしたかね。
後半に入ってからはよけいにそれを感じました。
試合運びが本当に上手いね。
ピッチにいる選手も交代で入る選手も試合が始まってから終わるまでのイメージをかなり具体的に共有してるんだなってのが分かるわ。
また、それを統率する監督の力の大きさもね。
今季のオリヴェイラ監督は審判批判が目立ったかなという印象だけど、メンタルコントロールの上手さ、選手との信頼関係の強さは相変わらずのようですね。

一方の札幌も最後に意地は見せたかなという印象。
今季の札幌についてはあまりよくは知らないけど、おそらく今季の大分のように「堅守」をベースにするはずが、その中心となっていた曽田が負傷離脱したことでプランがかなり崩れたのでしょう。代わりに川崎から日本代表経験もある箕輪をレンタル移籍(最近、完全移籍で獲得したようですが)で獲得するも彼も負傷離脱。
結果、堅守は崩壊し、ダヴィやクライトンの個人技に頼ることになるがそれにもやはり限界がある、と。
そんなチーム状況でもダヴィの16得点は見事としか言えません。
札幌にとっては様々なことを痛感したシーズンだったでしょうね。
今日の試合を観た限り、若手が多いのかな?だから、今はまだこの実力でも将来的には未知数で、可能性を秘めたチームかもしれません。
今シーズンの結果を見ると良いチームには良い選手がいるだけではダメで、必ず良い監督がいます。
だから、来シーズンの監督次第かもしれません。このチームは。
今季、柏で指揮を執ってた石崎監督に決まったんだっけ?期待は持てそうですね。

左足からのシュートで2本惜しいシュート放った上里は良かったんじゃないかな。



鹿島の連覇とか浦和の虐殺とか大宮の華麗なる裏切りとか話題には事欠かない最終節。
それ以上に某所では、

千葉、残留

の話題に、沸いてますねw

試合の途中経過で後半20分過ぎくらいで0-2で、千葉ダメか・・・と思って、次の途中経過で2-2、3-2、終わりには4-2になってて噴いたw
何、このドラマチックな逆転劇。
千葉が残留するには勝つだけでなく、磐田、東京Vの負けが必要だったんだよ。
そもそも「勝つ」という条件ですら困難なのよ。それを0-2の劣勢から跳ね返すとはね。
そういう試合に立ち会えたサポーターは最高だろうなぁ。羨ましい。
開幕11試合で勝点2という絶望的な状況からアレックス・ミラーが監督に就任して、残留まで持ってくるからね・・・やはりリヴァプールのヘッドコーチという看板は伊達じゃないってことですかね。
おそらくかの有名な「イスタンブールの奇跡」にも立ち会ってるはず。
来季、彼がどういうチームに仕上げるのか楽しみですね。

それから、今シーズンで日本代表を支えた森岡、森島、名波が引退なんですよね。
何ていうか、時代の流れを感じる。
私がサッカーに興味を持ち出したのがちょうど2000年前後で、彼らがまだバリバリに活躍してた頃だったので、今はただ、お疲れ様でした、と言いたい。
いずれは今の選手たちも「引退」という日が来るのですよね・・・って、ダメだな、この先書くと悲しくなるだけだ。



今年もJリーグは終わりかぁ(まだ、入れ替え戦はあるけどね)。
来年の春以降は暇もお金もそれなりにある予定だから、たくさん現地で試合観戦したいなぁというのが心情。
富山のJ2入りも本格的に決定したみたいだし、そっちの方も行きたいし。

最後に言いたい事?未央ちゃんはtoto予想でいったい何節から連続で京都勝ちに予想してくれてるのか?とかあるけど、

日程くんは神

これは、断言出来るw
本当にどうやったらこういう日程組めるんだよって感じ。


んで、

柳沢、日本人得点王おめでとうー!!




RESULT

コンサドーレ札幌 0-1 鹿島アントラーズ

0-1 野沢拓也(前半35分)

と、いうわけで。

2008年12月05日 20:27

1週間前の日記によると、今の私には「束の間の休み」があるらしい。

ところが、現実はどうだ?

全然、余裕が無いような気がしてならない。

記念すべきヨスガノソラ発売日だというのに、現状、どっぷり嵌れそうにないぞ。某所の「漢」にはなれない・・・勇気の無い私。
とりあえず、今はソフマップの特典でついてきたドラマCDとIMAGE CDでヨスガノソラ気分に浸ってるけど。
「君、繋ぐ空」良い曲だなぁ。詞が特に。



ヨスガノソラ1



スティックポスター、ソフマップ限定の穹が破壊力ありすぎる。
いや、でも、私は奈緒ねーちゃん派だ!ここはぶれてはいませんよ。

某所のフライングゲット組もとい、神々によるとルート制限があるみたいね。
当初、瑛→奈緒→一葉→初佳→穹の攻略予定でしたが、一葉→瑛、奈緒→穹、初佳はどこでも良いみたいな流れ推奨みたいなので、一葉→瑛→初佳→奈緒→穹の順番にしようかと思います。
まぁ、最初のルート制限でどのルートが出来ないのか分からないのですが、この順番で。

にしても公式は当初、瑛がファーストヒロインみたいな扱いだったのに、ここに来て、ヨスガノソラのマニュアル内でもドラマCDでも穹がファーストヒロインになってるねw



(追記:この記事に対する僅かばかりの言い訳と戯言。12/8「責任と自覚と反省と」

金髪ツインテツンデレガール

2008年12月03日 23:59

あなたは「VOMIC」というものをご存知だろうか?
早い話が、漫画に声がついたもの・・・がとあるページで配信されているのだ。
もっと早い話が検索してみよう。百聞は一見に如かず。

私は雑誌で唯一ジャンプSQを購読しているのだが、その中で初めてこの存在を知った訳ですよ。
この中からは「まつりスペシャル」のみがそういう配信をされていたんだけど、1月号(今月号)で「屍鬼」や「紅」も配信されるという事を知って、覗いてみたんだけど、これが、まぁ、面白い。
正直「まつりスペシャル」の配信段階でも気になってた(何て言ってもまつりの役は坂本真綾さんだったし)んだけど、どうせ有料なんだろうし、安っぽいんだろうなぁ、とか思ってたからスルーしてたのよ。

もう、誤解もいいところさ。

漫画ってやっぱり「二次元」じゃない?
でも、そこに「声」が加わると「三次元」になるのよ。

背景のざわざわ音とか。
主役たちの背後にいるモブの些細な会話とか。
そういうのもきっちり表現されてることが驚いた。
また、それによって「奥行き」が現れてるのよ。
立体的に捉えられる?って言うのかな?
これはあくまで、私の感覚的イメージなんだけどさ。

また、起用されてる声優陣も豪華なのよ。特に主役陣の声優さんは皆知ってるわ(さすがに、サブの方は知らない方も多いんだけど)。
私は、声優さんの演技だけでも楽しめるようなので、それだけでも十分に聴く+見る価値はあるのですよ。

私の場合は「物語」を読む事も好きなので、これが「無料」というのがかなり信じられないし、有難い。
まぁ、ここで配信されるのは「さわり」程度のストーリーだから、第三者を引き込むことが目的のツールなのでしょうね。
それでも、私としては嬉しいんだけどね。
新たな楽しみ方が見つかったよ。
いずれだけど、「放課後ウインド・オーケストラ」なんかもこういうので配信して欲しいな。

集英社は面白いことしたなぁ、と思う。
案外、簡単に思いつきそうなもので、もっと以前からこういうのが別の会社でやられててもおかしくないんだけど、近くにあるものほど見えにくい。盲点になっているって事なんでしょうね。まぁ、言うほど簡単なものでもないことは分かりますけど。
こういう発想やアイディアが出せる人間になりたいよなぁ。



「ヨスガノソラ」、発売日まで後2日。
その前に私はある作品のキャラ「ルーリス」に嵌ってしまった。まずい。
作品名がぶっ飛んでいるので書けませんが、まさか、ここまで金髪ツインテ+ツンデレが破壊力抜群だとは。
「ウェルザ」のアレも個人的には耐えられないんですよね。
・・・。
TG版のヨスガノソラ体験版がweb版やCD-ROM版とは違う内容ってことでTGを買ってきたのが、事の始まりさ。TG持ってる同志には分かる話かもしれない。
私のモードもヨスガノソラモードにするためにも、今からTG版ヨスガノソラやろう。

かんなぎ op.7~キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後篇)~

2008年12月01日 19:30

ナギ様が押入れに閉じこもる第7回。
前篇は脳内補完しましょうってことね。



・ナギ様を押入れから引き出そう!

<あらすじ>
仁の「とある事」が原因でナギが怒って仁の部屋の押入れの中に閉じこもってしまう。



<感想>
前回、ナギと仁が良い雰囲気で終わったのなんかなかったかのような始まりで噴いたwいきなり喧嘩ですか、あなたたち。



卵焼きとおひたしとおひたし入り卵焼き。
あれからレパートリーは増えてないのねw
仁と二人きりになった時に急に意識し出すつぐみがかわゆいよ。

ナギ様の素敵なステッキの「ライトアップ」のスキルはどうでもいいことに使われすぎw
前々からあのステッキの名称が何て言ってるのか気になってるんですが、「おおぬさ」ですかね?漢字変換すると「大幣」か?一発変換で出てくるのがこれだけど・・・。

しかし、この時のナギとつぐみの発言から前篇を想像すると、どうしてもいやらしい内容しか想像できないのは私が汚れてるせいですかw

そして、まだ押入れのエロ本ネタが出てくるのねw1話、かなり重要じゃねぇか。
巨乳、爆乳と仁と私とでは話が合いそうですw

結局、つぐみがナギを引き出すはずが、引き出したのはナギが飲み終えてすっからかんになったカピルスのペットボトルでしたw



仁といちゃいちゃしてナギの気を引く作戦は、お芝居からドキュメンタリータッチにw
いつのまにか机の上にあるカピルスは汗濁にw
うはー、ざんげちゃんに責められてぇ。

押入れプリンセスの気を引く事は成功?けれど、その前に卵焼きの人がレフェリーストップかけて、作戦は失敗に。
ざんげちゃん、恐ろしい娘。



秋葉、何てものを女の子に貸してるだよwいくら貴子のような人でもなかなか貸せねぇよ。
ただ、そういう部分までお互い曝け出せるって本当に羨ましく思う。そういう人が友達にいないからねぇ。
エロゲーを女の子に貸せるなんて最高じゃないか!そういう女の子とお知り合いになってみたいぜ。トゥーシャイシャイガールには刺激が強すぎた模様ですがw

ゴキブリの目線になってもつぐみのスカートの中はガードが固い!
貴子はオバサンすぎるぜw
紫乃さん、平然と窓を開けてゴキブリ追い出すね。



ちょ、この神様、面倒くさすぎるw気持ちは私もめちゃくちゃ理解できるけどさ。
いや、確かに、今回のケースとはちょっと違うけど、私もアニメを録画しようと思って録画予約したのにされてなかったら凹むよ。

ちなみに、ベータって何なのか分からない人ですね、私は。
まぁ、ものすごいレアなものなのか、マニアックなものなのか。
とにかくマイノリティなんでしょうね。ソニーの製品なんでしょう。It's a SONY.

大鉄の服の襟に「NOPPO」とプリントされてますね。
細かいとこまで芸が細かいというか。

後、秋葉の登場が無駄に格好良すぎw



仁の必死の謝罪も虚しく、とっくにナギ様は押入れから出ていましたとさ。

秋葉曰く、「ファンならぜひ押さえておくべき回」だったロリっこキューティー。
ナギ曰く、「神回・・・かな?」と疑問げでしたね。



個人的には今回の話は「神回」としてもいいかもしれませんね。
こうやって一つの舞台で話を展開したのは言わずもがな、会話の内容、構成、テンポ、場面の間の取り方とかも最高の出来だったと思う。それと、秋葉曰く「オールスターキャスト」がバランス良く出番があったのもいいし、個性が生かされてた。
絵コンテ切ってるのも1話以来の監督の山本さんだし、スタッフサイドも相当の自信があったんでしょうね。お見事です。

そんな素晴らしい回だったにも関わらず、上手くこの場で伝えられない自分の文章力のなさに泣く。
「w」使いすぎだ。でも、本当に面白い回だった。



次回、大鉄の回か?今回とはまた違った意味で楽しみだなぁ。脚本も「かんなぎ」では初めて倉田さん以外の方が担当ですしね。



・「かんなぎラジオ」 第6回+
前回の時は不具合だったようです。
あの続きが聞けました。

倉田さん→高度なネタ過ぎてパーソナリティー二人が付いていけないってどんな内容だったか気になるなぁ。にしても、天下の集英社さんに喧嘩売りすぎw一種の富樫状態ですかw

そして、やまかんなぎラジオ。ここからが本番か。
ピー音がめっちゃ気になる。祭り参加者は分かるんだよねぇ。
最後の花澤香菜さんの「結婚は降板しないでくださいね」って可愛い声で厳しい忠告に噴きましたw


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。