スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け 2ND SEASON op.1~バレンタイン~

2011年02月14日 01:35

ちょっぴり切ない始まりの第1回。
苦味があるから甘味が際立つ。チョコレートと恋は似ている。

・Could you receive my chocolate?

<あらすじ>
バレンタイン当日。爽子は日頃の感謝の気持ちを込めたチョコレートを用意してきた。それを矢野ちん、ちづを始め友達に渡していく爽子。しかし、どうしても一人だけ渡せない相手がいた。爽子はチョコレートを渡せるのか―――。



<感想>
バレンタインチョコを渡せずに終わってしまう―――という展開が、王道的なバレンタインイベントの結末とは違うところで目を引くところですよね。

どうして、爽子は風早にチョコを渡せなかったのか?

今回のフォーカスはここにあるのですが、この問いの答えを読み取るには私的にはなかなか難しいなと感じているのですが、そうでもないのかな?どうですか?

爽子が用意してきたチョコには「お礼」の気持ちしかなかったはずでした。
ですが、胡桃の指摘により、その実は、バレンタインを通してあわよくば風早との関係がさらに近いものになったら・・・という期待(下心)があったことを自覚します。
爽子が用意してきたチョコは「義理」ではありません。本命中の「本命」です。
(自分の本命以外の相手からの)本命チョコは受け取らない風早。ここで、爽子の脳裏には考えたくないことがよぎったでしょう。

もし、私のチョコを受け取ってくれなかったら?

胡桃もおそらくこういった気持ちがあったからこそ、今まで風早にチョコを渡せなかったのでしょうね。
爽子のモノローグにあった「本気過ぎて、渡せない」というのはこういうことなのだと思います。
「怖かったのは、期待があったから」というのは、その期待が裏切られた時を考えると・・・ってことだと思っているのですが、これはどうなんだろ?

胡桃の「後悔しなきゃ、いいけどね」という言葉は、本人は意地悪のつもりで言ったかもしれませんが、「好敵手」に対する優しさにも溢れた言葉で好きです。
爽子も「後悔しないように」悩んだ末に、「渡せない」のではなく「渡さない」という選択もまた確かにしたのだと思いたいですね。



胡桃がチョコを渡すシーンは結構あっさりとした印象でしたが、第三者からの視点で見るならば、ああいうものなのかもしれません。しれませんけど、前回のエピソードを観てると、胡桃の心模様が知りたいという欲が。うずうず。
今回で好きなシーンは、やはり、胡桃が爽子に意地悪しちゃうシーンですね。二人の関係が「好敵手」関係を維持してるんだなというのが分かるので。
「好敵手」はお互いを良い方向へと成長させてくれるものです。胡桃が前回のエピソードで格好良い姿を見せてくれたように。そして、爽子もまたこの出来事を経て強くなるのでしょう。



片想いの相手からチョコを貰えなかった風早くんの心境は如何ほどか?
自分が思う以上に期待していた分、そのダメージは深い傷として残りそうです。



そして、健人くん。とうとう出てきましたねー。
彼は厄介だ。それは、今後の展開で分かってくることになるでしょう。



次回、2年生。
新しいクラスメイトとの出会い。そして、彼と出会った春がまた来る。



そう言えば、「キミトド」は「シリトド」にヴァージョンアップ(?)してますねw
アナウンサーの上田さんも変わらずマイペースで元気そうで何よりですw
スポンサーサイト

君に届け 2ND SEASON op.0~片想い~

2011年02月11日 20:57

胡桃の視点でこれまでを振り返る第0回。
今の彼女の姿は、強く、気高く、美しく―――。

・recollection

<あらすじ>
バレンタイン前日。大好きな人に渡すチョコレートを探しに外へ出た胡桃は雪を見つめながら、初秋の出来事へと想いを馳せる。それは、彼女が大好きな男の子を巡って、格闘をした彼女の好敵手と彼女の話―――。



<感想>
1期第16話「夜噺」のような総集編をまたやるのかよと放送前は少々ガッカリしてたのですが、土下座をして謝りたい。

今回は胡桃のオリジナル回と言ってもいいんじゃないのでしょうか。

「片想い」というサブタイトル通り、胡桃の片想いの始まりから終わりまでがたっぷり凝縮されて描かれてました。
しかし、それだけに留まることなく、片想いの終わりのその後の胡桃をオリジナルで描いてくれたのが、胡桃LOVEな方にとっては、たまらなかった回かもしれません。正に、原作にも欲しかった描写。

今の胡桃の姿は何だかとっても格好いいですよね。清々しくなるくらいに。
彼女はもう前を向いて歩きだしています。

でも、胡桃にとっては風早との恋が最後の恋になるように祈ってたんですよね。大好きな人への想いは、簡単には吹っきれません。
もし、あの時、こうしていたら・・・なんて、意味のない仮定の選択も後悔も大好きな彼のことを想うと、つい涙を流しながらも考えてしまうのです。



バレンタインの日にありったけの想いを込めてチョコを贈ろう。
最初で最後でよくなるくらいに「大好き」の想いを込めて。



今年のバレンタインは胡桃にとって、風早への恋愛感情に訣別する為の儀式にするつもりなのでしょうね。

バレンタインのエピソードは原作にもあるので、次回への繋ぎとしても今回のエピソードは見事な導入です。
そういう意味でも、今回のエピソードは本当に憎たらしくなるほど巧みに練られた回だと思います。三つの大きな役割を果たしましたからね。脚本のクレジットにも三名が名を連ねており、それが窺えますね。



うーむ、しかし、意外にも胡桃って「守ってあげたい」タイプの女の子に見えますね。なんつーか、胡桃がいちいち可愛いんだよなぁ、もぅ。男はこういうのに弱いよ。

それにしても、ラストの「よぉし!今日は一番高いパックだ!!」の一言に平野綾さんの中でまだまだ胡桃は健在そうで何より。
今となっては誰もが胡桃役は彼女以外は考えられないでしょうし、彼女以外が演じても胡桃の魅力は本来とは違うカタチで発揮されちゃうことになってたかもしれませんね。



次回、バレンタイン。
甘い期待をしてしまう。苦い現実も忘れるほどに。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。