スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARI TARI op.4~怒ったり 踊ったり~

2012年09月05日 09:00

自分にとっての「音楽」の在処を探す第4回。
それは、誰の為の音楽?

・今はただ、この瞬間の為に

<あらすじ>
海の家でワールドミュージックフェスティバルのリハーサルにて合唱部に茶々を入れてきていたのは来夏が大好きなコンドルクインズというグループだった。憧れの存在に出会えたことですっかり舞い上がってしまった来夏は合唱部を放り出してコンドルクインズに夢中になってしまう。そして、紗羽はそんな来夏の姿に苛立ちを覚えるのだった。来夏は、合唱部はワールドミュージックフェスティバルに出場できるのか―――。



<感想>
1話で和奏が来夏に問いかけた「何で歌ってるの?」という問いが帰結する回でございました。

コンドルクインズという憧れの存在を目の前にすっかり自分たちの合唱を二の次にする来夏ですが、紗羽はそんな来夏に苛立ちを覚え、とうとう怒ってしまいます。この時の紗羽は1話の和奏の姿とオーバーラップしますね。
ただ、音楽を楽しむだけなら合唱部である必要は全然ないんですよね。それだけなら、それこそカラオケだったり、ファンクラブで満足できるはずなのです。
それでも、合唱部を創って「歌いたい」という純真無垢な来夏の想いが和奏や紗羽の心を捉えていたはずで、憧れに目が眩んでその想いが揺らいでいく来夏に紗羽は怒りを覚えたわけですね。

紗羽の叱咤に目が覚めた来夏は自分の「歌いたい」という想いの源がどこにあるのか探し始めます。
「歌はいつでも歌えるけど、『今』しか歌えない歌がある」ことを知った来夏は改めてワールドミュージックフェスティバルに出る為に奔走します。

和奏は和奏で来夏が創った合唱部の存在は大きくなっているようで、一生懸命に練習するウィーンたちの姿に触発されて、彼女も合唱部が活躍できる舞台を探します。

まだ、「想い」はそれぞれだけど、同じことの為に奔走していた二人。
そこで、再び問われる和奏の問いにあの時と同じように来夏はやっぱり上手く答えられなかったけれども、二人の距離が確かにあの時よりも縮まっているのは私たちが一番よく知っているはずですよね。その証明に、二人が名前で呼び合う関係になったというのは上手い演出方法だなぁと思いますね。



さて、来夏のエピソードはこれにて終了か、とりあえずの一区切りでしょうか…いずれにせよ、物語の導入からここまでの牽引お疲れ様、来夏。
次からはとうとう和奏のエピソードになりそうです。



…と、このまま真面目路線で終わりたいのですが、やっぱり、一言言わせて下さい!

ベッド上の紗羽ちゃんがエロいです可愛いです!



次回、捨てたり 捨てられなかったり。
今は亡き母からの手紙を受け取った和奏は、夕焼けの砂浜で、海を見ながら何を思うのか。



・「TARI TARIラジオ ゆったりまったり放課後日誌」 第6回
はやみんのどら猫が可愛いですねー。芸人瀬戸ちゃんの罰ゲーム回は来るのか!?
「Triple Smiley」はこれまでの合唱曲要素はなく、普通のポップソングですね。この作品としては逆に珍しいタイプの楽曲で三人の女子高生が無邪気に歌っている様子がイメージされ、元気になれる曲でしょうか。
スポンサーサイト

Book report op.15~September 2012~

2012年09月01日 01:36

8月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:949ページ
ナイス数:12ナイス

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)Ⅲ (HJ文庫)はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)Ⅲ (HJ文庫)
一巻丸々vsフィル戦だけあって長く感じられますが、色々と趣向を変えて飽きさせない努力は見られます。とりあえずは一つの区切りがついて、次巻からネクストステージになりそうですが、あまり風呂敷は広げ過ぎず、張った伏線は次の巻で即回収くらいのスタンスでいってほしいです。「コクーン」や「朱の黄昏」との戦いは当分先の話のようですね。それまでに、面白さを維持できていればよいのですが…。今巻での鬼塚の立ち位置は1巻から急に変化があり過ぎて、少し違和感を感じますね。
読了日:08月06日 著者:上栖 綴人


ブラック・ブレット―神を目指した者たち (電撃文庫 か 19-1)ブラック・ブレット―神を目指した者たち (電撃文庫 か 19-1)
情景・状況描写がかなり丁寧で日常とはかけ離れた世界観でもすんなり入り込めるのは良いところですが、無駄が多いかなという点も否めないので、もう少しすっきりされててもいいかもしれません。夏世は短いシーンで強烈なインパクトを残してくれましたが、将監はvs影胤のシーンくらいはないと何の為のキャラか分からずもったいない。それは些末なことで、一番の懸念事項は主人公のキャラや口調が不安定に感じることですかね。主人公に入れ込めないのは辛いところです。全体的なストーリーや展開は良かったので、次巻にも期待したいところですが。
読了日:08月23日 著者:神崎 紫電


ブラック・ブレット〈2〉vs神算鬼謀の狙撃兵 (電撃文庫)ブラック・ブレット〈2〉vs神算鬼謀の狙撃兵 (電撃文庫)
今巻は物語が脇道に逸れず、女性陣がそれぞれの魅力や強い信念を垣間見せはじめたり…と、前巻より質は高くなっていると感じました。ティナとの決着の均衡を崩したきっかけがアレだったのが今巻では唯一の決定的マイナスか。盛り上げる為の舞台は整い、後は男性陣が頑張ってくれれば概ね満足ですかね。木更や未織もいいけど、私は聖天使様LOVEかな。うん、誰も聞いてない。せいぜい「君は僕だけのものだよ。(中略)ハァハァ―――」しないようにしますwしかし、この三人とは誰が相手でも「身分違いの恋」になるのだから何だかすごい状況です。
読了日:08月31日 著者:神崎 紫電

2012年8月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター









よぉし、先月は6冊は読もうとか言ってた奴、出てこようかw

半分じゃないかい!(しかもギリギリ)

くそぅ、今月こそは。今月こそは。
何気に3~5冊程度の新シリーズに手をつけ始めてるので、少しずつ新巻が出てから読むまでのスパンは短くできる努力してるんだぜ、これでも…。

それから、これは本好きさんなら誰もが悩む事項の一つだと思うのですが…

本棚のスペースがない!

まぁ、いっぱい積んでる本ありますしねー(遠い目)
私はだいたい本はタイトルとか絵柄etc...インスピレーションで購入してるので、あんまりあらすじとかは読んでないんですよね。
ホント、早く積んでる本は崩してお気に入りの本だけを残しておけるようになりたいよ。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。