スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Book report op.19~January 2013~

2013年02月12日 22:46

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1027ページ
ナイス数:18ナイス

僕と彼女のゲーム戦争 (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争 (電撃文庫)感想
ほう…天道会長は着やせするタイプか…。はっ、こほんこほん…肝心の作品ですが、物語の導入として非常に丁寧に作られた作品ですね。「ゲーム」に無関心な主人公をゲームの世界に引き込み、主人公自身の意思で「現代遊戯部」に入部するというストーリー展開は王道だけに読者を魅了するには相当な技量が要求されるのですが、本当に上手いこと肉付けされてるなぁと感じます。スタートラインに立った主人公がどんな活躍を見せてくれるのか、今後の展開に期待を持たせてくれる見事なスタートでした。中表紙のブルマ姿の天道会長…ありがとうございますw
読了日:1月11日 著者:師走 トオル


僕と彼女のゲーム戦争〈2〉 (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争〈2〉 (電撃文庫)感想
かよわい?ヒロインを主人公が守るというのは王道展開ですが、故に良いものですよね。まぁ、何と言いますか、まどかが可愛い!またも中表紙がブルマで今巻はまどかだけど…何だよ、金髪ロリ巨乳って。最高だよ!…はっ、おかしな方向に行きかけましたが、この作品はウリとしているゲームの面白さを伝えるのが上手いですよね。今巻に登場したゲームはどれも私の嗜好の範疇外なのですが、すごいやってみたいという衝動に駆られます。まどか加入からFPS講座に初のチーム戦と見所満載の巻でした。
読了日:1月21日 著者:師走 トオル


僕と彼女のゲーム戦争3 (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争3 (電撃文庫)感想
杉鹿さんと鷹三津さんの正妻戦争に微笑ましくなり、駿河坂学園電子遊戯研究部との対決に熱くなりと今巻も充実した内容でございました。部内に三人の美女を侍らす?とは岸嶺氏もすっかりリアルが充実しちゃった人じゃないですかー(涙)。杉鹿さんと鷹三津さんが一人の男を取りあう中、天道さんは我が道を行き、ゲーム第一なのか、影が薄くなっているのが気になりますけど、後には彼女にも恋の芽生えが用意されているんでしょうかね。しかし、相変わらず中表紙がえっちぃ…お約束のシーンが毎巻カラーで見られるというのは、いやはや眼福ですなぁw
読了日:1月29日 著者:師走 トオル

読書メーター









時間ってやつはどうしても有限なものであれもこれも拾っていると全く追いつけなくなるものです。

でも、だからといって、何かを選んで何かを捨てるというのは私の性には合わないようで、全ての作品を観て聴いて読んでその全てを自分の中に取り込みたい生き物なのです。

そうして取り込んだ色んなものをいつかは発信したいとも思っているのですが…まだまだ自分の人生に本気になれていないということでしょうか。

この冷めた時代だからこそか、何か一つのものに熱くなれるその様はとてもかっこよくうつります。今、最も売れる物語形式だと私は思っているのですが、「僕と彼女のゲーム戦争」もその例に漏れず良い作品ですね。



話は変わりますが、「機巧少女は傷つかない」がアニメになるとのことで。
とっくに旬は過ぎたとばかり思っていたのですが、このタイミングというのは…いやはや、よく分からないものです。
今の時代にアニメ視聴者が求めているものとこの作品の内容とは一致しているとは思えないので、正直、ヒットは難しいと思うのですが、良い作品というのは結局のところそうした世の中の嗜好や流行なんかは吹き飛ばすものです。一読者としても何だかんだでやっぱり良い評価を受けてほしいものです。

スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。