スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURO2008 グループリーグ Cグループ イタリア vs オランダ

2008年06月10日 23:12

EURO2008 グループリーグ Cグループ イタリア vs オランダ
2008.6.9(月) 20:45 ベルン




いや~、えがったw

頑張って、朝まで起きてたかいがありましたよ。
「24」のジャック・バウアーのような気分で一日過ごしました。



オランダはイタリアに快勝し、ルーマニアはフランスと分けたことで、昨日の私の予想も現実味が多少増してきた?

この試合のスコアとして(まぁ、後から言ってるので全然言葉に力がありませんが)こうなると予想してました。

つまり、先制点で決すると。

イタリアが取れば、イタリアのディフェンダー陣がオランダのアタッカー陣を完璧に封じて1-0。
オランダが取れば、オランダのアタッカー陣がイタリアのディフェンダー陣をそのまま圧倒して3-0。

こう考えた要因として、

前者は、イタリアの攻撃陣を甘くみているわけではないのですが、おそらく最終的に点を取るにはトーニのパワー(高さやポストプレー)とピルロのパス精度が必要条件になるだろうということ。後は、本質的にはやはりイタリアは1-0で勝つチームだと思うので。
今日の試合はトーニのパワーは割と見せてくれたと思います。やっぱ、体強いわ。
でも、ピルロのパスが・・・決定的なところではほとんどガットゥーゾがラストパス出してた気が(何て言いますか、ガットゥーゾも慣れない感じでパス出してたのが妙に微笑ましい、国歌斉唱時も彼にカメラが来た時に、めっちゃでかい声で歌ってたのには笑い・・・気迫十分だったのに)。
あと、アンブロジーニ出してきましたね。てっきりデ・ロッシでくると思ってましたが、連携面を取って安全性を出してきましたか。まぁ、初戦だし、間違いではないと思います。初戦は負けないことが重要だと思いますしね。特に今回のような短期決戦では。
でも、連携面というと、まぁ中盤の底の三人はともかくトップやディフェンダーらとイマイチ噛み合ってなかったような・・・何かパスもすこしズレが生じてたみたいだし。
今回3失点したものの、ブッフォンじゃなかったらもっと取られてたのかなぁ。決定的シーンが何度もあったし、下手したら5-0位の点差でやられてたかも。

後者としては、オランダのアタッカー陣が充実していることですね。だいたい交代選手でファンペルシーとか何という(まぁ、イタリアもデルピエロとかカッサーノとかですが)。
おそらく、イタリアの守備をかいくぐって先制出来れば、勢いで行くだろうと。若さもありますしね。
結果として、こちらの予想になりましたが、1点目はオフサイドかと私も思っちゃったんですが、そういやブッフォンに一人吹っ飛ばされてたなぁw(直前のスナイデルの高速シュートで決まってくれるとたまんなかったけど、ファンニステルローイがよく合わせましたよね)
2、3点目の得点パターンも勢いそのままのシーンだったと思います。守→攻の切り替えの早さ+パスがワンタッチ、ツータッチでつながるから速さがある。見てる方としてはあれで盛り上がらない訳がない。
2点目はファンブロンクホルスト(クリア直後に一気に左サイドを駆け上がる)→スナイデルの横パス(パス直後に中央を駆け上がる)→ファンデルファールトの長いグラウンダーのパスが左サイドを駆け上がっていたファンブロンクホルストへ→逆サイドのカイトへ正確なロングパス→中央を駆け上がっていたスナイデルにダイレクトで落とす→スナイデルの美しいボレーシュート→ゴール。
3点目はファンデルサールのピルロのFKストップから始まり→スナイデルの縦パス→ファンブロンクホルストの横パス(また彼が長い距離走ってきたんですよね)→カイトがシュートもブッフォンに阻まれ弾いたボールを再び確保し、中へクロス→ファンブロンクホルストのヘディングシュート→ゴール。
どうもスナイデルやファンデルファールトに目がいきそうですが、個人的には献身的なランを繰り返し、なおかつ、トドメの3点目を取ったファンブロンクホルストにMOMをあげたいなぁ。すげぇ、良かった。

とまぁ、ハイライトで何度見ても惚れ惚れするシーンでした。やってるほうとしてはたまらんだろうし、やられたほうは最悪なやられかたですよね、これは・・・きついぜ。



さて、昨日も書いたように今日はC、Dグループの突破予想を少し詳しく。

Cは昨日書いたようにオランダ、ルーマニア。
オランダは次のフランスの攻撃陣(ベンゼマやアネルカ、そしてやっぱり注意したいのはアンリかな。先の試合では先発じゃなかったみたいですが、オランダ、イタリアを見越してですかね。エースはやっぱりこの人でしょうし、仕事をきっちりこなすからエースと呼ばれる)を抑えることができれば、おそらくもう突破は確定的。
ルーマニアは、まぁ、完全な個人の願望です。次戦イタリアですからね。で、その後にはオランダだし、大変だなぁw

Dはスペイン、ロシア。
スペインは中盤の出来によるでしょうね。ここしばらく負けてないようですし、問題ないんじゃないかと思いますが。
ロシアはやっぱり、監督ヒディンク。こちらもルーマニア同様に個人の願望ですが、ここで、また予選突破なんてさせると、すごいんだろうなぁ、この人はって。
客観的に見れば、若干スウェーデンに分があるかってとこ。とはいえ、ギリシャもチャンスがない訳でもないと思いますし、Aグループのもう1枠の争いと同じ感じですね。



しかし、今日の試合でオランダはイタリアに30年振りの勝利!?
随分長いこと勝ってなかったけど、本当?

次の地上波放送は金曜か。今度は両方やってくれるのね。次、土曜と言えど、講義が昼から控えてるんですよね。マジ、ジャックな生活の予感ですわ。




RESULT

イタリア 0-3 オランダ

0-1 ファン・ニステルローイ(前半26分)
0-2 スナイデル(前半31分)
0-3 ファン・ブロンクホルスト(後半34分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/117-4e7439dc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。