スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURO2008 決勝トーナメント オランダ vs ロシア

2008年06月22日 21:21

EURO2008 決勝トーナメント オランダ vs ロシア
2008.6.21(土) 20:45 バーゼル




あぁ、いい試合でしたね。
前回見たフランス×イタリア戦が個人的にイマイチなものだったので、今日は楽しめた。
結果は予想してる人は少ないであろうロシアが勝ちました。
私もさすがにオランダが勝つだろうと予想していたので、なかなか何と言うか。
ロシアに関してはハイライトしか見てなかったので、完全に見誤ってましたね。
やはり、チームの力というものはフルタイム見ないと分からないものです。

今回の勝負は正に「連動性 vs 連動性」。
オランダもロシア(前述通りハイライトを見た限り)もどれだけ効果的な動きが出来るか、いつまで動けるか、がポイントだと思っていました。だからこそ、後は、圧倒的な攻撃力を誇るオランダが勝つと考えたのですが、さすがはヒディンクと言ったところでしょうか。
オランダの力の源または特徴とでもいうべきサイドを封じてきました。ロシアの両サイドバックはほとんどあがることなくサイドのスペースを消していましたね。

その結果、どんどんとオランダは中央にプレーを狭められ、ミドルシュートばかりになってしまいしましたね(後半終盤のスナイデルがいい例じゃないでしょうか。まぁ、鬼のようなシュートでしたが)。

前半は両者共に無難な出来でしたがペースはロシア。それを感じたのかファンバステンも流れを変えるために後半頭からファンペルシーを使い、10分過ぎにはブーラルーズを下げました。が、これは焦りすぎましたね。確かにカイトもブーラルーズもイマイチでしたが、交代には早かった気がします。特にブーラルーズは精神的なものによる交代だと思ったのは私だけかな?その前にブーラルーズはイエロー貰ってましたが、それで交代させたというにはあまりに弱腰すぎたような。
後は、ロッベンですかね。彼を使わず、アフェライを起用したのが、ファンバステンにとって後にまでうだうだ言われそうですが、サイドを崩すよりパスワークで中央から崩す方を取ったのか。サッカー観のない私の考えですが、こういう意図だったのかなと思ってます(まぁ、私としてはアフェライもハイティンハも観れて有難かったんですがね)。
しかし、中央で崩すにもいつもの連動性が全く感じられず選手間でズレが生じていました。個としてはやはり見るべきところが多かったんですがね。後半終盤にファンニステルローイが1点返すに留まり、延長戦に入ってからは完全にロシアに運動量でも負けましたね。

さて、サイドを封じる戦術を取ったロシアはオランダのお株を奪うかのように連動してオランダのゴールに迫ります。おそらく、ファンデルサールがいなかったら普通に90分で試合は決してたんじゃないでしょうかね。ロシアの選手は全員シュート上手いなぁって思いましたよ。コーナーのこぼれ球からのシュートとかもちゃんとおさえてるもんなぁ(結果としては外れてるんですけど、少なくとも日本のような"宇宙開発"と言われてるほどのものは無かった)。
終始一貫して守備からのカウンターを効果的に繰り返すロシアは延長に入ってもその運動量は落ちませんでした。延長の2点はほぼアルシャビンによるものでしたね。ハイライト見てたときにスパサカの小倉さんが注目してたから私も今回注目して見てたんですが、まぁ、すごかった。2点目のアシストもよく上げたなぁと思うし、3点目もスピードの緩急で振り切ってるからなぁ。EURO終わった後、どうなるのかな?クロアチアのモドリッチなんかはトッテナムに行きましたが、うーん・・・まだまだすごい選手がいるもんなんだよね。

こう見ると、オランダもサイドを封じられ中央でのパスワークによる崩しもダメならロシアのアルシャビンが見せたようにドリブルによる突破が有効だったのかなって気がしてきたんですが。なら、ロッベンがうってつけだろって話ですよね。このあたりが監督としての力が試されるところなんだろうね。
ヒディンクはこれでロシアをベスト4に導き、またもや話題にあがる人になりましたね。この人は本当に大会ごとに必ずその名前を轟かせますね。もうここまできたらやはり名監督なんでしょう。ヒディンクジャパンとかなったらどうなんだろね。監督の思考と日本のスタイルと合うのかよくわかりませんが、誰を代表に選ぶのかは気になるところだな。

次は、スペイン×イタリアの勝者ですが、おそらくスペインだと思ってます。
この予想は前回も書きました。今のとこグループ2位が全て勝ち残ってるらしいことからイタリアか、ってことになってますが、さすがに・・・ねぇ。
個人的にはオランダ×スペインの攻撃的サッカー対決で乱打戦が観てみたかった気もするけど、ロシアがこんなに良いチームなら次も楽しみだな。今度こそリベンジ戦が成立して欲しい(ドイツもトルコもお互い負けたチームが相手に下されましたからね)。



以下、決勝トーナメントのこれまでの2試合総括。

ドイツはポルトガルに勝利。正直、ドイツにとっては危ないという相手でしたが、なんとか下し、優勝が見えてきたのでは・・・と思うのですが、次の相手は3戦連続劇的逆転勝利のトルコ。この勝負強さはやはり侮れない。少なくとも3点は取らないとやはり安心は出来ないんじゃないのでしょうか。
だいたいトルコはチェコ戦だけでもありえんくらいだったのにクロアチア戦でもありえんことしでかしましたね。



さて、もう直にスペイン×イタリア戦です。
あ、そういや今日の日本の代表戦すっかり忘れてたなぁ。ハイライト見た感じだと内田が結構良い感じに見えたけど。それと、長谷部外して中村憲剛を起用し、駒野外して安田を起用してたみたいでなんとなく良さそうな雰囲気でした。佐藤寿人も途中招集でいきなり先発だし、他のFW陣は何やってるんだかって話ですが。




RESULT

オランダ 1-3 ロシア

0-1 パヴリュチェンコ(後半11分)
1-1 ファン・ニステルローイ(後半41分)
1-2 トルビンスキ(延長後半7分)
1-3 アルシャビン(延長後半10分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/123-2a37c27b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。