スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館戦争 op.10~里帰リ、勃発~

2008年06月24日 10:54

いい大人が嫌がらせなんかしてんじゃないよの第10回。
やっぱり、図書隊が絡むとおかしな話になるなぁ。



・舞台は茨城へ

<あらすじ>
茨城県展における展示作品「自由」を良化隊の検閲から守るためにタスクフォースは茨城図書館へ向かう。



<感想>
業務部が防衛部に嫌がらせしてるとかもうね、いい大人がこんなことしてるシーン自体作る必要ないし、どうでもいいんじゃないのかい。
業務部が防衛部に優越してるとか、ローカルルールとかもう見てて、何だそれと言わざるを得ない。今のルールは防衛部が業務部に優越してるっての?逆になってるだけで、業務部の連中からすれば、郁らと同じ意見になると思うけど?正に、そのままそっくりその言葉お返ししますって感じだな。
郁の言う「大人の喧嘩」ってやってることは業務部のそれと同等に見えるのですが。

図書隊が正しいみたいな雰囲気が当たり前のようにあるのも嫌だなぁ。
良化隊が検閲という強引な手でくるなら図書隊も武装化という強引な手を使って対抗する、何て「目には目を 歯には歯を」みたいなのがなんかなぁ。
菅原館長の言う対話路線が個人的にも採るべき道なんじゃないかと思うのだが。仮にも「表現の自由」を守るためにやってるんでしょ?だったら「言葉」で対抗してくださいよと思うのが私のない頭使って出てくる考え。単純すぎるのかな?
もう、私は図書隊が悪いことしてるようにしか見えなくて。

設定が設定なだけに図書隊がメインの話は見てて妙に滑稽に思えてくるんだよなぁ。
今回から最終回までの3回が大きなラストエピソードになるみたいなので、最後はかなり盛り下がるんじゃないだろうなぁと今から心配です。



「無事に帰って来いって言ってんのよ、バカ」



「すいません、ちょっとだけ・・・いつものしてください」



前者は柴崎の手塚に対する、後者は郁の堂上に対する言葉ですね。この言葉は良かったです。堂上教官の郁の頭をなでる行為はもう「いつもの」なのねw



今回のエピソードで郁はようやく両親と本当の思いのみならず、本当の姿も晒すことで本当の関係を築き上げたんじゃないかと思います。
何にせよ、こういう時って郁の父親のように一人でも味方になってくれる人がいると心強いと言いますか、頼りになりますよね。



後、名塚佳織さんだ。こんなところで出てくるなんて。うーん、やっぱ好きだなぁ。
まぁ、私は声優さんで嫌いな人はそういない・・・ってのは最初にも言いましたか。特に、女性声優さんは好きですよね、うん。
「RD 潜脳調査室」のヒロイン役の沖佳苗さんも前回から端役として出てます。



・「関東図書基地 広報課」女子寮 第6回
さてさて、webラジオは女子寮6回目ですが、もう、そろそろ終わりそうですかね。
あの恒例のゲームも今回がラストでしたしね。
しかし、女子寮の纏まり具合を見ると男子寮のあの荒れ展開とバランス取ろうとしてんのかと思ってしまう。
最後もなんか構成作家さんもとい男子寮の誰かさん(多分、手塚役の鈴木達央さんですよね?話の流れからすると)が来てましたし、男子寮の面々のフリーダム具合はすばらしいです、もう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/125-26e0329c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。