スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館戦争 op.11~死闘!茨城県展警備~

2008年06月28日 23:37

嫌な予感が当たった第11回。
図書隊と良化隊の話はやはり微妙。



・茨城県展最優秀作品「自由」を守れ!

<あらすじ>
小田原以上の激闘になると予測される茨城県展警備。様々な事情を抱えて良化隊との戦いが始まる。



<感想>
図書隊と良化隊の話がメインになるということは、愛しの柴崎さんの出番がなくなるわけで。
もうね、ラストはね、良化隊より慧を出してくれたほうが(いや、出るには出たけど)盛り上がると思うよ。
本気で慧はあれで終わりだったのか。

良化隊はただの集合体の存在でつまらんのよ。
やっぱ、個性ある中心人物が良化隊サイドにも出てこないとダメ。

「対立」を描くにはやはり、誰かと誰かの考えがぶつかりあうことが前提として必要。
図書隊サイドはもちろんいるけど、良化隊サイドが誰も出てこないから3、4話といい今回といいつまらなさに拍車をかけてる。
いつになったら出てくるのかと待っても待っても出てこず、気づけばラストエピソードに。
7、8話の「図書館未来企画」編は手塚慧というキャラクターがいたから盛り上がったのに。

正直、郁×堂上に興味はなく(堂上は好きだけど)、柴崎×手塚の方が興味あるし。
小牧は良化隊の人とばったり遭遇しても呑気に話してるし。
相変わらず九時になったら戦闘終了とか、箱庭の中の戦争だな。



そういや、あの図書館のおばちゃん館長は最高だったな。
何かこういうダメダメというかヘタレな中年キャラのビジュアル創るのProductionI.G.は上手いような気がする。



・「関東図書基地 広報課」男子寮 第6回
もう、終始笑いっぱなしな一時間越え無法地帯ラジオ。
サンプラー(だっけ?)の音、お願いだから自重してwファンキーな感じの「Yeah!!」の音といい鈴木さんの流すタイミングといい完璧すぎだろw「がんばれ!手塚くん」までコーナー化しちまったしwつか、リスナーのメールももう無茶苦茶なやつばっかだなw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/127-974557fe
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。