スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館戦争 op.12~図書館ハ誰ガタメニ~

2008年07月09日 00:40

とりあえずは綺麗に終わったかなの第12回。
ラストエピソードは完全に私の中では下降線を辿りましたね。



・図書館の未来

<あらすじ>
茨城県展も終了したが、堂上教官は失認状態、玄田隊長は意識不明状態となった。そして、世論は先の戦いでのことを契機に図書隊への責任追及を求めていた。図書隊はどうなってしまうのか?堂上教官は復活するのか?



<感想>
感想も前回、前々回と何度も書いてることですが、良化隊がなぁ・・・後、あのマスコミやら評論家とかの描写とかもおかしいを通り越して滑稽。
このアニメの設定って空想的な設定じゃなくて現実的な設定だから現実世界と少し違和感感じるとダメだな。

郁の成長の跡を窺わせるシーンもあったんだけど、やっぱり郁が成長してる感ゼロなのよ。
おそらく小田原や茨城での良化隊との戦闘の経験で成長したっていう風に捉えればいいのかなと思うけど、アニメとしてはやはりこの両戦闘の回にもっと郁に見せ場を与えるべき。郁に関しては「泣いてる」ことしかすんなり出てこない。
と、まぁ、色々言ったもののテレビでの主張シーンは良かった。

少しの出番だったけど、稲嶺指令や折口さん、それから最後の最後で喋ってくれた堂上教官は存在感ありましたね(折口さんに関してはもっと出番あって欲しかったけど・・・せっかく田中理恵さんが声をあててるのにね)。
もちろん忘れてはならないのが、柴崎さんだけど。
彼女だけはいつも綺麗で声が素敵でしたさ。



・「関東図書基地 広報課」女子寮 第7回
「一応」の区切りらしいです。
続きがやはりあるんだろうか。
この辺りはいつもフリーダムの男子寮に期待すればいいですかねw

(追記:・「関東図書基地 広報課」男子寮 第7回
いやぁ、最後の最後までこの人たちはいいね。
笑いあり涙あり、シリアスありコメディありといろんな要素満載でした。
まぁ、下ネタが入るのは最早ご愛嬌みたいなもので、今回は冒頭の井上さんと沢城さんへの思い、鈴木さんの前野さんやスタッフその他みんなへの感謝の気持ちとか感動要素も入ってます。普段のフリーダムなモードと違ってすごい大マジなので、素直に感動しました。やっぱり、声優さんがその作品に対して熱い思いを持っているとこちら側も応援したくなるし、いいなぁって思う。
「一応」の最終回と言いつつ、二週間の休みでカムバックしてきそうとか、いかにも続編あります雰囲気とか相変わらずのぶっちゃけモードも全開です。
しかし、本気で女子寮の罰ゲームやったんだ・・・しかも、どっかで映像特典として入るみたいな感じだしwある意味この人たちは消費者の反応によく応えてくれる人たちで好感もてるなぁ。
何か、すっごいDJCDが欲しくなってきたんですが)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/132-47190217
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。