スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクウィッチーズ op.5~はやい・おっきい・やわらかい~

2008年08月09日 20:08

音速突破するシャーリーがメインの第5回。
今回は変態になれということですね。



・音速を超える為に

<あらすじ>
ミーティングでのことをシャーリーに伝えるため芳佳とリーネはハンガーへ向かう。その途中、ハンガーからは轟音が聞こえ―――。



<感想>
私たちの思いは全て芳佳が果たしてくれてます。
14歳の女の子が、男の子といちゃいちゃしてる夢じゃなくて、リーネちゃんとあんなことやこんなことしてる夢なんて、最早、友情を超えて愛情関係じゃないのかと。後で出てくるシーンでリーネと手繋いでるシーンとかね、もう。
芳佳がベッドから落ちるシーン。我慢してたんだけど、耐え切れずリーネちゃんの巨乳に飛びついたんだと脳内補完。
しっかし、リーネちゃんの「ん?」って首傾げるアレはまずいですよ。しかも、巨乳を存分に強調しての「ん?」ってあんなの無理だ、耐えらんねー!朝からけしからんよ、この娘たちは。

言わないでおこうと思ったんだけど、私も言おう。
「編隊」飛行が「変態」飛行に、ね・・・うん。
前回のは「編隊」飛行になんとか聞こえるけど、今回のは名塚さん意図して「変態」飛行って言ってるようにしか聞こえませんw

個人的に坂本少佐ってあんまり胸あるイメージじゃないんだよなぁ。



相変わらずの無法地帯ミーティング。
ルッキーニがいなくてもシャーリーがいなくても容赦なく始まってるのがすごい。いいのか、これで?ミーナお姉さまの器のでかさには負けます。
それと、ここで初めてサーニャが喋ります。一言目は「りょーかい」でした。

シャーリーはなんだか姉貴分というより兄貴分な気質の人ですね。
後輩の芳佳やリーネ、最年少のルッキーニらに対しても面倒見がいいし、「音速」について教えてあげるシーンとか何か好きですね。
後、「腹へったぁ~」って言うシャーリーとか、ウインクするシャーリーとか、うさ耳シャーリーとか、好きすぎます。ハンバーガー食べてるとことかもね、うー、好きだー!

にしても、ストライカーユニットってあんな壊れやすくていいのかと思いましたよ。
しかも、黒い液体がどろどろ・・・ちょ、これ魔力で動く代物だと思ってましたよ。これなら誰でも動かせるんじゃねとか思ったら負けよね。こういうものだ。パンツじゃないんだ。



さて、待望の海!海!!海!!!
芳佳とリーネ以外はみんな好き放題です。つかこの二人以外まともに訓練してるとこ見ないんだけどw本当に大丈夫なのか、この隊は。
しかも、ストライカーユニット装着して海上浮上って・・・3話では普通に浮いてたよ、芳佳とリーネ。まぁ、あの時はああだったんだ。今は今なんだ。パンツじゃないんだ。
坂本少佐とミーナお姉さまのお尻をアップに「浮いてこないな」「ええ」の真面目なやり取りがすごいシュールすぎますw「いつまで犬掻きやっとるかー」っていう千葉さんの声もツボです。

その後はけしからん娘たちのサービスショット。水着姿が眩しいぜ。
サーニャは「眠い・・・」と「肌がひりひりする・・・」だそうです。

警報が鳴り響く前にネウロイの接近に気づく、芳佳たち。やっぱ、この隊どっかやば
シャーリー、芳佳、リーネと出撃しますが、他の方は待機なんですね。まぁ、物語上ってことで納得しますが、せめて今回のもう一人のメインであるはずのルッキーニも目立たせてやっても良かったかと。ほとんどシャーリーでしたからね。
そのルッキーニはシャーリーのストライカーユニット壊して直して・・・ということがバレてミーナお姉さまにきついお叱りを受けてましたw背後にいても伝わるミーナお姉さまの殺気が怖い。あのときの文字に出来ないルッキーニの声がすごい。



今回のネウロイは可哀想でしたね。音速を超えたシールド付きシャーリーアタックでコア破壊だもんなぁw最早、戦略も何もないです。敵だけど、同情します。

ただ、恐るべしは三重テレビ。
服が破れてもシャーリーの裸体を鮮明に映し出す。そこには光の欠片もない。
明らかにパンツにしか見えないのにパンツじゃないと言い張るウィッチーズの世界のように我々の先を行ってます。パイオニアですよ、三重テレビは。
誰かお金のない私の代わりに三重にふるさと納税してあげてください。



そして、魔力の消耗によって気を失ったシャーリーを助けることに成功する芳佳とリーネですが、芳佳の手の位置がおかしいですwしかし、何故、あの位置なのかは問うべきとこではありません。

リーネちゃんのおっぱいがダメならシャーリーさんのおっぱいだ!

とでも言わんばかりに揉みます。ここで少しでもいいからシャーリーもとい小清水さんが喘いでく
しかし、シャーリーのおっぱいはさすが。「グラマラス・シャーリー」は伊達じゃない!
上手く状況がつかめない坂本少佐に対し、スピーカーから流れる芳佳の呟きにどういう状況か分かってしまい顔を赤らめるミーナお姉さま。大人の女性です。可愛いです。最高です。



アイキャッチはシャーリーとフランチェスカ。うさ耳シャーリーが可愛いですよ、もう。

EDはシャーリーとフランチェスカでしたが、今まで芳佳が必ず入ってたので何か新鮮でした。

今回で初めてウィッチーズ隊全員が喋りましたね。なんかEDのキャストが豪華です。



次回はお待ちかねのサーニャメイン回ですね。どこか幻想的な雰囲気がしますな。
私、分かりました。
このアニメ、奇数回はとことんエロを追求する変態回で、偶数回は女の子たちの友情関係を真面目に描く紳士回だということがw
そういうわけで、おそらく、今度はバルクホルンメイン回同様にシリアス成分高めになると思ってるんですが、楽しみです。
来週、サーニャによる30分が始まる―――!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/156-dcaf49d1
    この記事へのトラックバック

    梃子は広いな大きいな「美少女速報」

    普段着が水着なら水着回というのはイヴェントにならないのでは?と思いつつも、主人公が大はしゃぎしているので風呂や着替えとは違った興奮...



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。