スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは波間に揺れる小舟のような。

2008年10月06日 22:43

こんなにも前回の更新からスパンが空いたのは初めてだな。
カテゴリの整理をしようと思ったの。
そしたら、記事を改めて新しいカテゴリに移行する為に更新する度に記事の内容やら構成やら所々細かい所が気になって。
もちろん記事内容の主旨自体は変えてないので、本当に少し手を加えただけなのですが、思う以上に時間がかかりそう。まだまだ新しいカテゴリに移行したい記事あるし。

そして今年ももう10月です。
就職活動と言う嫌な響きのものがいよいよ本格化しようとしています。
私も例に漏れず、いろいろあれだこれだとしているつもりです。
それから、ゼミです。
この早い時期にもう卒論のテーマを決めて11月には発表しなくちゃいけないのですよ。
他のゼミなんて卒論のその字も出ていないと言うのに、何故に私のゼミだけ。
友達曰く、「このゼミはやることがない」。
なるほど、仰る通りです。
そういうわけで、本漬けの毎日でもあるのです。
ゼミで専攻しているテーマの専門書とまではいかないけど、入門書を読んでどんなテーマにしようかお悩み中ですよ。
それに加えて、小説まで読んでるという。只今、3冊の本を同時展開中です。
その他にも通常の単位を取る為の講義もそうでない講義もあるし、何て言うかもういろいろあって時間がいくらあっても足りないとはこの事だと思う。

だからと言って、ブログの更新が途絶える言い訳にはしたくないなとも思う。
以前から「これから半年間は忙しくなるからブログの更新が以前ほど多く出来ないかもしれません」などと書いておりましたが、なんかそういうのは駄目だと思った。
どんな短い文章でもいいから日記を書いていきたい。
そういうものが蓄積されて私にとってもこのブログにとってもいいものになると思うし。
少しでもいいから書いて、日々の心の糧にしていきたいと思う。



と、まぁ、堅苦しい感じはこれ位にしましょうか。
とりあえず10月の間は夏季アニメの総評をしたいですね。他のブログ様のもいろいろ拝見させて頂いてますが、やはり色んな意見があって面白いですね。
それから、秋季のアニメ感想ですが、これまで「図書館戦争」、「ストライクウィッチーズ」としてきましたが、今度は「かんなぎ」の予定。ちょうど始まるまで私のところではまだ余裕あるので、いい頃合いにも出来そうです。
後は何だろうなぁ。先ほど本を読んでると言いましたが、森見登美彦さんの「夜は短し 歩けよ乙女」の感想でも書いてみる?
まぁ、本当に今更なものに触れるのが私なのですが。常に時代に乗り遅れてます。
後は、サッカー日本代表の記事も余裕があればしたい。



CBCで再放送されてた「ケータイ刑事銭形愛&舞」が終わっちまいましたよ。
とにかく愛のあおいちゃんと舞の真希ちゃんが可愛すぎて毎回、悶絶してました。
出来れば、また零を再放送してくれないかなぁ。1年前に再放送されたばかりだから、無理なお願いだけど、夏帆さんの可愛さにも改めて悶絶したい。
1年前の再放送の時間帯はアニメとかぶったり時間ずれたりで全部上手く見られてないんだよなぁ。
泪でももちろん良いんだよ。

新しいアニメもスタートしました。
とりあえず、録画だけはしてあるのですが、未だに手をつけてないや。ざっと目は通して見ましたけど。

TOA、OPなげぇwでも、ゲームと同じようにしたいっていう製作者の熱意は伝わる。音楽も桜庭統さんだし、声優の変更もほとんどないしね。EDも悪くない。藤原さんらしい曲でしたわ。ただ、あの声質は個人的に苦手なタイプかもしれない。詞や曲に合ってるかなぁとも言い難い。

「とらドラ!」はとりあえず後藤沙緒里さん演じるインコちゃんってのがどんなのか気になってその部分だけ見たんだけど、衝撃的だったねw
まぁ、イメージと異なる役柄を演じることは演技の幅を広げることになるからいいことだと思う。
いや、しかし、まぁ、衝撃的でしたよ、本当に。どんな気持ちで声あてしたのか気になるわw



さて、まぁ、アニメが馬鹿みたいにたくさん本数があるので、なかなか全部見るのも大変な訳ですが、ドラマの方がここ最近個人的に見たいと思うものが無いのが救いか?おかげで、アニメに時間割けるわけだし。
一応、ドラマの方も基本的にだいたい最初は目を通します。でも、最近は1話で切るのが大半かなぁ。
前期も最後まで全部見たのが何故か「正義の味方」と「ロト6で3億2000万円当てた男」の2本。こんな奴はそう居ないんじゃないのかと。前者は志田未来さんと西内まりやさん、それから本郷奏多くんとか滝沢沙織さんとか石井美絵子さんの一部キャストのおかげで最後まで見てたかな。
最近は、キャストだけなら見たいドラマもたくさんあるけど、ストーリーがあんまり期待出来ないのが多いのよね。

今期は堀北さん主演の「イノセント・ラヴ」は見ようと思う。あらすじ見た限りあんまり面白そうではないけど。
脚本はラストフレンズの方でしたよね?(ちなみにラストフレンズはあんまりにも共感出来ず、途中で切りました。経験ある方なら共感も理解も出来るのでしょうが、ああいう経験もなければ、ああいう行動に至る思考も理解出来ない私には終始???でした)
それから、漫画原作のドラマも増えましたね。
まさかの「ブラッディ・マンデイ」のドラマ化。講談社はTBSにコネでもあるのかと疑ってしまう。
期待はしたいけど、多分成功はしないだろうな。
だいたいあの手の謎モノは完結してるならともかく未完結のままのドラマ化は当たらないと読めそうだけど。
ドラマオリジナルの結末なんだろうけど、たいした所に着地しないのが見えるなぁ(最近だと、「シバトラ」とかね。一応、この作品は飛ばし飛ばしではありますけど、最終回は見ました)。
こういうマイナス面ばっかり言うと、好きな人にはいい気分はしませんよね。止めときゃ、良いって分かるんだけどね。でも、マガジン愛読者としては成功して欲しいし、期待したいのが本音ですよ。



ちなみにタイトルはRie fuの「Life is Like a Boat」を参考に。ほとんどそのままですけど。
久しぶりに聴いたのですが、良い曲です。
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のED曲だった「I Wanna Go To A Place...」やDTBのED曲だった「ツキアカリ」とかも好きな曲ですね。



(追記:何と今日は堀北真希さんの20歳の誕生日なのね。おめでとうございます。好きな女優さんだけど、あまり作品見れてないのが申し訳ないと言いますか何と言いますか。とりあえず「イノセント・ラヴ」は頑張って見ようと決めてるので、これからも頑張りすぎず適度に頑張って欲しいですね)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/187-78c8977e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。