スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんなぎ op.2~玉音アタック!~

2008年10月30日 21:42

今回は素直に面白いと言えそうな第2回。
にしても、今回のタイトルって何か関係あった?何かのネタとか、ですか?



・ナギの秘密?

<あらすじ>
不思議な神様・ナギとの出会いから翌日。神様とはいえ女性の体をしているナギとの同棲生活にドギマギする仁。二人の関係はどうなってゆくのか―――。



<感想>
ちょ、あっさりステッキ折れてるw重要アイテムなのにあっさり壊れる辺りがこのアニメらしいところなんでしょうね。
瞬間接着剤でテーブルの真ん中にくっついちゃったステッキ上部が面白いw
後のつぐみとの会話シーンでも狙ったように画面に映ってきて、小さな笑いが止まらないw



そして、つぐみの登場ですよ。
つぐみ、キタ!可愛いぞ!別れ際にテレながら、(私の作った)卵焼き入ってるから食べてね、は反則だわ!仁の家の前で髪を整えたり、ナギの存在に若干の嫉妬してる描写とかもたまらん。
幼なじみ。世話好き。主人公のことが好き。突然、現れた女の子と主人公との同居に内心穏やかでない。そして、沢城さんのお声。
―――何て、王道。だが、それがいい。もうこのブログで何度も言ったはずだ。私は王道が好きだ、と。
だは、つぐみ、最高だ!



このアニメに「伏線」とかそういうものは無さそうだけど、ナギが仁に死んだ猫を自分の体に取り込んだことについて問い詰められて理不尽に反発したのは、そういうものなのだろうか。いずれ明らかになるとしたら、案外、オチは軽いものであるような気がしますけど・・・どうかな。
今回の二重人格ネタは嘘だって発覚するけど、ナギってどれが本当の姿なんでしょうね。
にしても、ナギが寝そべってテレビ視てるシーンで右足で左足をポリポリ掻く様とか神様どころか女性としてもどうなんだ!?って感じですね。まぁ、そういうところが面白いんですが。



「変質者さん」呼ばわりには噴いたwまぁ、確かに変質者さんだわ。あげくに「霊感商法」、「宗教の人」とか、言われたい放題神様。
七つ集めると・・・とか、妙なことは知ってる神様だなw
狭いところに穢れたスーパーボールを誘い込んだものの大ピンチな神様。今、必殺の・・・とかも何かのネタじゃないかと思うんだが、出てこない。最初はシャイニン○フィンガーかと思ったんだが、違うみたいだしなぁ。
にしても、私も仁のようにタイミング良く颯爽と駆けつけて格好良く女の子を助けるなんて素敵なシーンを演じてみたいね。



今回は、1話と比較して会話の内容、テンポの良さが非常に良くなってたと思います。
この作品って、仁の現実性とナギの非現実性のギャップが一番の楽しみどころなんだよね。
そういうところが上手く表せてたから良かったんだと思う。背景とかもものすごい現実的。
特に、感心したのは仁とナギが口喧嘩するシーン(厳密には仁がナギにカップ麺を出すシーンあたりから)で鳩ののどかな鳴き声が入ってたこと。どんだけ和やかにさせてくれんだよ。

戸松さんは今回三役くらい演じてた感じでしたね。以前から、色んなタイプの役を演じてらっしゃるなぁとは思っていましたが。まだまだ新人さんの方なんでしょうけど、こういうことが出来るから声優さんって本当にすごいですよね。



次回、ようやく学校が舞台として登場しますね。仁の職業を考えたら本当にようやくです。まぁ、でも、ここまででおそらく三日しか経過してないだろうから、不思議でもないのか。キャラクターも一気に増えますね。スタッフさん的には柿原徹也さん演じる秋葉に注目みたいですが、私は星野さん演じる大鉄くんを注目します!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/201-99930889
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。