スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年Jリーグ ディビジョン1 第33節 鹿島アントラーズ vs ジュビロ磐田

2008年11月29日 23:48

Jリーグ ディビジョン1 第33節 鹿島アントラーズ vs ジュビロ磐田
2008.11.29(土) 14:00 カシマスタジアム




ロスタイム弾は取るべくして取ったし、取られるべくして取られた。

鹿島は最後まで気を抜いてなかったし、磐田は完全に気を抜いてましたね。
点を取った岩政を褒めるのは当然として、キッカーだった増田も私は褒めたい。
空気読んでたなぁって思う。正に磐田の気の抜けたところを見逃さず、ボール蹴りましたね。

試合序盤は磐田がダメダメだったので、面白い試合になりそうにないなぁと思ってたのですが、少しずつ劣勢を盛り返してました。それだけに今日の負けは厳しい。
やはり優勝争いしてるとこはしてるし、残留争いしてるとこはしてる。
下のチームは上のチームに勝てない・・・ってところですか。
磐田はかなり台所事情が厳しいようで。
若手二人がどう考えてもトップのレベルにあるとは思えなかったんだけど、サブのメンバーってあれより酷い?そんな事ないような気もするんだけど。

鹿島は前節ほどのゲーム内容ではありませんでしたが、優勝に対する強い執念は今節も感じましたね。
だからこそのロスタイム弾。
優勝は次節に持ち越しですが、最終節の相手は札幌だけあって、やはり鹿島の2連覇は決まりでしょうか。前年の例があるので油断大敵であることは間違いありませんが。



残留争いの方は下位のチームは今回の磐田含め全て負けましたか。
京都を応援してる私としては理想的な結果ですね。明日の大宮戦で引き分け以上で残留を決めて欲しいです。



(追記:京都、残留キターーーーー!!!)




RESULT

鹿島アントラーズ 1-0 ジュビロ磐田

1-0 岩政大樹(後半44分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/214-6f4d4bd5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。