スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金髪ツインテツンデレガール

2008年12月03日 23:59

あなたは「VOMIC」というものをご存知だろうか?
早い話が、漫画に声がついたもの・・・がとあるページで配信されているのだ。
もっと早い話が検索してみよう。百聞は一見に如かず。

私は雑誌で唯一ジャンプSQを購読しているのだが、その中で初めてこの存在を知った訳ですよ。
この中からは「まつりスペシャル」のみがそういう配信をされていたんだけど、1月号(今月号)で「屍鬼」や「紅」も配信されるという事を知って、覗いてみたんだけど、これが、まぁ、面白い。
正直「まつりスペシャル」の配信段階でも気になってた(何て言ってもまつりの役は坂本真綾さんだったし)んだけど、どうせ有料なんだろうし、安っぽいんだろうなぁ、とか思ってたからスルーしてたのよ。

もう、誤解もいいところさ。

漫画ってやっぱり「二次元」じゃない?
でも、そこに「声」が加わると「三次元」になるのよ。

背景のざわざわ音とか。
主役たちの背後にいるモブの些細な会話とか。
そういうのもきっちり表現されてることが驚いた。
また、それによって「奥行き」が現れてるのよ。
立体的に捉えられる?って言うのかな?
これはあくまで、私の感覚的イメージなんだけどさ。

また、起用されてる声優陣も豪華なのよ。特に主役陣の声優さんは皆知ってるわ(さすがに、サブの方は知らない方も多いんだけど)。
私は、声優さんの演技だけでも楽しめるようなので、それだけでも十分に聴く+見る価値はあるのですよ。

私の場合は「物語」を読む事も好きなので、これが「無料」というのがかなり信じられないし、有難い。
まぁ、ここで配信されるのは「さわり」程度のストーリーだから、第三者を引き込むことが目的のツールなのでしょうね。
それでも、私としては嬉しいんだけどね。
新たな楽しみ方が見つかったよ。
いずれだけど、「放課後ウインド・オーケストラ」なんかもこういうので配信して欲しいな。

集英社は面白いことしたなぁ、と思う。
案外、簡単に思いつきそうなもので、もっと以前からこういうのが別の会社でやられててもおかしくないんだけど、近くにあるものほど見えにくい。盲点になっているって事なんでしょうね。まぁ、言うほど簡単なものでもないことは分かりますけど。
こういう発想やアイディアが出せる人間になりたいよなぁ。



「ヨスガノソラ」、発売日まで後2日。
その前に私はある作品のキャラ「ルーリス」に嵌ってしまった。まずい。
作品名がぶっ飛んでいるので書けませんが、まさか、ここまで金髪ツインテ+ツンデレが破壊力抜群だとは。
「ウェルザ」のアレも個人的には耐えられないんですよね。
・・・。
TG版のヨスガノソラ体験版がweb版やCD-ROM版とは違う内容ってことでTGを買ってきたのが、事の始まりさ。TG持ってる同志には分かる話かもしれない。
私のモードもヨスガノソラモードにするためにも、今からTG版ヨスガノソラやろう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/216-0162c8ea
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。