スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年Jリーグ ディビジョン1 第34節 コンサドーレ札幌 vs 鹿島アントラーズ

2008年12月06日 22:26

Jリーグ ディビジョン1 第34節 コンサドーレ札幌 vs 鹿島アントラーズ
2008.12.6(土) 14:30 札幌ドーム




鹿島アントラーズ、優勝&2連覇おめでとうー!!

終わってみれば筋書き通り?でも、その課程には紆余曲折があったことは言うまでもない。
それはどのチームにもあるんだけど、その中でも「優勝」さらには「2連覇」を達成したというのは鹿島アントラーズの「強さ」を証明していると言えるでしょう。
特に今シーズンの優勝は昨シーズンの他力本願なものではなく自力で勝ち取ったものだから選手、スタッフ、サポーターもまた違う喜びでいっぱいでしょうね。

試合の方は序盤はやはり優勝へのプレッシャーがあったのか、札幌にペースを握られてましたが、守備陣と中盤の底に構える二人が全く動じていませんでした。
彼らの安定が主導権を鹿島のものにしていきましたね。
ラスト3は全て鹿島の試合をテレビで観ることになったのですが、とにかく守備が大きな破綻を見せなかった。
攻撃陣が振るわない中、この安定感が優勝を確かなものにしたと思いますね。

主導権も鹿島に移って、後はいつ先取点が生まれるか、という前半35分。野沢の素晴らしいミドルシュートで先制点が生まれます。
この際、興梠がデコイランで札幌のGKを右に反応させたのも良かったですね。
にしても野沢は印象的なところでゴール決めますね。去年といい、今年といい。

先取点以降は完全に鹿島のペースでしたかね。
後半に入ってからはよけいにそれを感じました。
試合運びが本当に上手いね。
ピッチにいる選手も交代で入る選手も試合が始まってから終わるまでのイメージをかなり具体的に共有してるんだなってのが分かるわ。
また、それを統率する監督の力の大きさもね。
今季のオリヴェイラ監督は審判批判が目立ったかなという印象だけど、メンタルコントロールの上手さ、選手との信頼関係の強さは相変わらずのようですね。

一方の札幌も最後に意地は見せたかなという印象。
今季の札幌についてはあまりよくは知らないけど、おそらく今季の大分のように「堅守」をベースにするはずが、その中心となっていた曽田が負傷離脱したことでプランがかなり崩れたのでしょう。代わりに川崎から日本代表経験もある箕輪をレンタル移籍(最近、完全移籍で獲得したようですが)で獲得するも彼も負傷離脱。
結果、堅守は崩壊し、ダヴィやクライトンの個人技に頼ることになるがそれにもやはり限界がある、と。
そんなチーム状況でもダヴィの16得点は見事としか言えません。
札幌にとっては様々なことを痛感したシーズンだったでしょうね。
今日の試合を観た限り、若手が多いのかな?だから、今はまだこの実力でも将来的には未知数で、可能性を秘めたチームかもしれません。
今シーズンの結果を見ると良いチームには良い選手がいるだけではダメで、必ず良い監督がいます。
だから、来シーズンの監督次第かもしれません。このチームは。
今季、柏で指揮を執ってた石崎監督に決まったんだっけ?期待は持てそうですね。

左足からのシュートで2本惜しいシュート放った上里は良かったんじゃないかな。



鹿島の連覇とか浦和の虐殺とか大宮の華麗なる裏切りとか話題には事欠かない最終節。
それ以上に某所では、

千葉、残留

の話題に、沸いてますねw

試合の途中経過で後半20分過ぎくらいで0-2で、千葉ダメか・・・と思って、次の途中経過で2-2、3-2、終わりには4-2になってて噴いたw
何、このドラマチックな逆転劇。
千葉が残留するには勝つだけでなく、磐田、東京Vの負けが必要だったんだよ。
そもそも「勝つ」という条件ですら困難なのよ。それを0-2の劣勢から跳ね返すとはね。
そういう試合に立ち会えたサポーターは最高だろうなぁ。羨ましい。
開幕11試合で勝点2という絶望的な状況からアレックス・ミラーが監督に就任して、残留まで持ってくるからね・・・やはりリヴァプールのヘッドコーチという看板は伊達じゃないってことですかね。
おそらくかの有名な「イスタンブールの奇跡」にも立ち会ってるはず。
来季、彼がどういうチームに仕上げるのか楽しみですね。

それから、今シーズンで日本代表を支えた森岡、森島、名波が引退なんですよね。
何ていうか、時代の流れを感じる。
私がサッカーに興味を持ち出したのがちょうど2000年前後で、彼らがまだバリバリに活躍してた頃だったので、今はただ、お疲れ様でした、と言いたい。
いずれは今の選手たちも「引退」という日が来るのですよね・・・って、ダメだな、この先書くと悲しくなるだけだ。



今年もJリーグは終わりかぁ(まだ、入れ替え戦はあるけどね)。
来年の春以降は暇もお金もそれなりにある予定だから、たくさん現地で試合観戦したいなぁというのが心情。
富山のJ2入りも本格的に決定したみたいだし、そっちの方も行きたいし。

最後に言いたい事?未央ちゃんはtoto予想でいったい何節から連続で京都勝ちに予想してくれてるのか?とかあるけど、

日程くんは神

これは、断言出来るw
本当にどうやったらこういう日程組めるんだよって感じ。


んで、

柳沢、日本人得点王おめでとうー!!




RESULT

コンサドーレ札幌 0-1 鹿島アントラーズ

0-1 野沢拓也(前半35分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/218-74391891
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。