スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

start line. op.2

2009年01月20日 23:59

当ブログは「ジャンルレス」を売りにしています。
「浅く広く」でも「深く狭く」でもない。「深く広く」を目指しています。
この記事では、私の趣味や嗜好がどの方向へ向かっているのか紹介します。
以下のものがそうであり、それを記事にしていく予定です。
記事の内容は「感想」がメインです。加えて、詞やタイトルの考察、背景や心情描写の着目など「文学」的な内容にしたいというのが本音です。
少しでも興味のある項目がある方は寄ってもらって、こんな辺鄙な場所にも確かに一個人の意見や感想があることを知ってもらえれば、私にはこれ以上ない幸せです。

これらの項目以外にも「日記」も書いております。
何の他愛も面白みも無い、自己中心的なもので共感も糞も無いのですが、やっぱり読んでもらえたら嬉しいです。

以下の項目の開始は2009年7月~を予定しております。



・音楽

GARNET CROW
 1stminiAL「first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~」
 1stAL「first soundscope ~水のない晴れた海へ~」
 2ndAL「SPARKLE ~筋書き通りのスカイブルー~」
 3rdAL「Crystallize ~君という光~」
 4thAL「I'm waiting 4 you」
 5thAL「THE TWILIGHT VALLEY」
 6thAL「LOCKS」

BUMP OF CHICKEN
 1stAL「FLAME VEIN」
 2ndAL「THE LIVING DEAD」
 3rdAL「jupiter」
 4thAL「ユグドラシル」
 5thAL「orbital period」

牧野由依
 1stAL「天球の音楽」
 2ndAL「マキノユイ。」

tacica
 1stAL「parallel park」

school food punishment
 1stminiAL「school food is good food」
 2ndminiAL「air feel, color swim」
 3rdminiAL「Riff-rain」

Kalafina
 1stAL「Seventh Heaven」

黒石ひとみ
 1stAL 「Angel Feather Voice」



・映画

劇場版 空の境界
 第1章「俯瞰風景」
 第2章「殺人考察(前)」
 第3章「痛覚残留」
 第4章「伽藍の洞」
 第5章「矛盾螺旋」
 第6章「忘却録音」
 第7章「殺人考察(後)」



・本

本多孝好
 「MISSING」
 「ALONE TOGETHER」
 「MOMENT」
 「FINE DAYS」
 「真夜中の五分前side-A」
 「真夜中の五分前side-B」
 「正義のミカタ」
 「チェーン・ポイズン」

七河迦南
 「七つの海を照らす星」

奈須きのこ
 「空の境界 上」
 「空の境界 下」
 「空の境界 未来福音」
 「DDD 1」
 「DDD 2」

時雨沢恵一
 「キノの旅-the Beautiful World-」(~XII)
 「学園キノ」
 「学園キノ2」
 「アリソン」
 「アリソンII 真昼の夜の夢」
 「アリソンIII〈上〉 ルトニを車窓から」
 「アリソンIII〈下〉 陰謀という名の列車」
 「リリアとトレイズI そして二人は旅行に行った〈上〉」
 「リリアとトレイズII そして二人は旅行に行った〈下〉」
 「リリアとトレイズIII イクストーヴァの一番長い日〈上〉」
 「リリアとトレイズIV イクストーヴァの一番長い日〈下〉」
 「リリアとトレイズV 私の王子様〈上〉」
 「リリアとトレイズVI 私の王子様〈下〉」
 「メグとセロンI 三三〇五年の夏休み〈上〉」
 「メグとセロンII 三三〇五年の夏休み〈下〉」
 「メグとセロンIII ウレリックスの憂鬱」

上晒綴人
 「彼女は眼鏡HOLIC」
 「彼女は眼鏡HOLIC2」
 「彼女は眼鏡HOLIC3」

ゆうきりん
 「司書とハサミと短い鉛筆」
 「司書とハサミと短い鉛筆2」



・ゲーム

キミキス
アマガミ



・PCゲーム(18禁)

暁の護衛(全7回)
暁の護衛~プリンシパルたちの休日~
ヨスガノソラ



・アニメ

図書館戦争(全12回)(2008年4月~6月)
ストライクウィッチーズ(全12回)(2008年7月~9月)
かんなぎ(全13回)(2008年10月~2009年1月)
宇宙をかける少女(全26回)(2009年1月~2009年7月)
東のエデン(全11回)(2009年4月~6月)
CANAAN(全??回)(2009年)



*総評の際の評価点はサッカーにおける選手の評価点と同様の制度を採用。6,0が標準。基本的に大方の作品は6,0かここから+-0,5した5,5か6,5です。5,5以下7,0以上は滅多につけないつもりです。















おかげさまで、今日でこのブログを立ち上げてから1周年です。
意外にも冷めやすい私の性質上、かなりの驚きです、これは。
ちょっと自分で自分を褒めてやりたい位です。
誰も褒めてくれやしないんだ。自分で自分を褒めてもいいじゃないか。なでなで。
まぁ、それはそれとして。
1年が経過して、ようやくこのブログの形を掴みつつあると言いますか、方向性なり方針なりが見えてきたような気がします。
とは言え、理想を実現するには私の力はまだまだです。
特に、この手の事は「独自性」が必要不可欠だと思います。
それが出てくるのはいつの日の事だか。
私には永遠に無理なような気がしてますが、それを言ったらおしまいですよね。
少しでも文章を書いて前進していきたい。頑張ります。

このブログの売りに「ジャンルレス」を挙げました。
それに匹敵するような売り・・・と言っていいものか悩みなものですが、あります。
それは「遅い」。
記事を更新した頃には今更!?なものを取り上げるのがこのブログの特徴。
正に時代に取り残された者です。

それから、1周年企画なるものも考えてみました。
いや、そんな1周年企画ってほど大層な名前の下にやる事としては大したものじゃありませんけど。



・1周年企画

 「短編小説 人差し指で描く未来(仮)」(2009/12/1予定)



このブログを始めたきっかけってのはたくさんあります。これまでもいくつか書いたかもしれません。
その中に「自作の小説を公表する」というのがありまして。
って言っても私は小説を書き上げたことなどありませんが。
小説を書きたい、というのはあります。実際に何度かトライもしています。ここでも一時期は更新してましたが、あまりの駄目さに今は非公開にしてます。
そうなんですよ、よくある「時間を置いて見てみると、全然つまらねぇ」というやつです。病なのです。
もちろんそれ以外にも原因はあって、モチベーションが続かないとかもあります。
だから、ここで宣言しておこうと。一応、僅かばかりですが他の方もご覧になっておられることでしょうし、そうすれば、自分にプレッシャーもかけられる。
更新予定日の頃は1周年どころか2周年に近いようですが、そこはご愛嬌という事で。
そもそも、そこまでこのブログは続いているのか・・・私のことだから油断は出来ませんw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/233-ae9f112c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。