スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

She is waiting for me.

2009年03月20日 20:56

今日は本能のままに書いてもいいんだ。きっと、そうだ。



アマガミ



アマガミが家にやってきた。

いや~、キミキスの時もそうだったけど、ニヤニヤが止まらねぇw
あまりのキャラクターの可愛さに部屋でジタバタしてる私ってば気持ち悪いよw

誰か一人を選べだなんて無理すぎる。
そう思ったそこの君。アマガミ解説書のP,27を見てくれ。



どうしても2人以上の女の子と仲良くしたい人は・・・・・・?

あえて厳しい道のりを行きたいというのであれば、あなたを止めるものは何もありません。
なぜなら、どのような「行動」をとるのもあなたの自由なのですから・・・・・・




つまり、これは、二股、三股・・・・・・推奨ということだな。ようし、分かったw(←ごふぁ)

本来なら夜通しやり尽くしたいとこだけど、現在は集中できる状況にないのが腹立たしい。
と言っても今日もプロローグだけのつもりがすでに二時間もやっちゃいましたが。
キミキスと比べて、選択の幅が広がってるような感じしますね。
あー、早く本格的にプレイしたいよー。

朝、妹に起こされる。
これ、何て夢。
美也、可愛いよ。

あ、後、主人公はやっぱり変態でどこか安心しましたw

ちゃんとこれも個別で感想書いてくつもり。
キミキスの方も長らく更新してないけど、しっかりがっつりやる予定はあります。

にしても、ギリギリ予約特典が確保できて良かったよ。
ずっと、森島先輩のブルマテレカか逢ちゃんのギリギリテレカかで保留にしてたんだけど、結局、お金の安さでAmazonに。
まぁ、カレンダーは一番実用性があるよね。
お、お金があれば、私だって。

私は一週間前に予約したんだけど、その直後に切らすようになってたみたいだから、本当に危なかった。



さて、話は変わって。

アニメの個別感想で扱う予定の「東のエデン」。
まさかのと言いますか、予定通りと言いますか。

EDにschool food punishmentがきました

school food punishment公式サイトのディスコグラフィーに3rd mini album「Riff-rain」について神山健治監督がコメントしてて、もしかしたら・・・?という噂が某所でもありましたが、まさか本当に来るとは。
ただでさえ、期待している作品なのでこれは嬉しいことです。
タイトルは「futuristic imagination」。
この曲を皮切りに今度こそschool food punishmentの世界に浸かって脱け出せないようにしたい。
とりあえず、シングルは購入しよう。
ここで、決めておかないとまたずるずる先延ばししちゃうからね。
その前にミニアルバムを買えればいいけど、難しいんだろうなぁ。

しっかし、「東のエデン」はすでに劇場版公開予定ですか。
まぁ、「空を見上げる少女の瞳に映る世界」が劇場でやる位だからなぁ。
あの作品は3回で切ってしまったのですが、あの後に猛烈に面白くなる展開でもあったのでしょうか?
だとしたら、惜しいことしたなぁ。



黒石ひとみさんが「ジャングリ・ラ」の音楽担当らしい。
谷口悟朗監督以外の作品でもお目にかかれて嬉しいわ。
音楽のみならず、挿入歌もぜひ。
作品に色を添えて欲しいですね。



「夏目友人帳」再放送決定かぁ。しかも夕方だよ。
明らかに深夜にやる作品じゃないからぴったりの時間帯です。後、EDの雰囲気としても。
中学生位の人にもぜひ見てもらいたいですね。
私もまた録画して見てみたいです。



つい先日。



ホーリートーカー



「ホーリートーカー」の3巻限定版を購入。
京都編は少しイマイチかなぁだったので、新章に期待かな。
1、2巻に収録されてるのはとてもいいストーリーなので、未読の方はぜひ。
まぁ、世間的には中二病的で腐女子的作品らしいので、それが駄目な方には薦められませんが。
私は綾峰欄人さんの作品は「裏話」が入ってるので好きなんですよね。
だからこそ、より作品に愛着が湧くって言いますか。

4巻の限定版はドラマCDとは、これまた。
しかも、声優陣も豪華だわ。
できれば、オリジナルストーリーだと嬉しかったが、欲は言うまい。



最後に真面目で重い話でもしようかなぁと思ったけど、止めよ。
ここでは、楽しい話にしておこう。
まるで、楽園みたいに。

そういえば、「ヨスガノソラ」のFDの真偽が明日には明らかになりますね。
ほぼ間違いの無い情報だと思いますが、公式発表を待ちましょう。

(追記:てな訳で、正式情報来ましたね。「ハルカナソラ」だそうです。このタイトルは以前から某所では散々挙げられてましたが、漢どもの妄想力想像力はすげぇや)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/261-32a05368
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。