スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東のエデン op.3~レイトショーの夜に~

2009年05月04日 18:13

滝沢の家に辿り着く第3回。
滝沢と近藤、再びの邂逅。



・No-09 vs No-04

<あらすじ>
住所の書かれていた場所はショッピングモールだった。滝沢は咲を映画のレイトショーに誘うも近藤の影が再び近づく。咲の知らないところで滝沢と近藤は静かに出会う。



<感想>
今回も前回の記事の続きから。



>後は、セレソンには100億円を使い切る義務があるということ。
これもまたよく分かんないことです。
使い切った先には何があるのか。
近藤の残高は7034円。目標までわずかですが、どうなるんでしょうね。

今回の話はこれを見せる為の回だったように思えます。
すなわち、100億円を使い切った先にはサポーターによる死が待っている
100億円を使い切る義務がありながら、義務を達成した先には「死」しかないとなると、これは何とも理不尽なゲームです。
しかも、このゲームの勝者は最初から決まっています。
そう、サポーターしかありえない。
いや、そもそも最後に残った一人が勝者とも言い切れない現状では、サポーターですら勝者かは分かりませんが。

問題はこのルールが最初に説明されているのかどうか
そして、サポーター自身は自分がサポーターであることを知っているのかどうか

前者は近藤の口振りや態度を見てるとされてそうですけど。
残金が0になりそうだったから、滝沢のノブレス携帯を奪おうと考えたのでしょう。まぁ、結局、近藤さんはドジっ子ということでノブレス携帯はその持ち主にしか使えない仕様になっていたのですけど。
仮にされてなかったとしたら、前例が必要な訳で、それに、誰によるかまでは分かりえないでしょうし、やはり、説明はされてるかな。

後者はどうでしょうかね。
近藤は滝沢がサポーターだと予測してましたが、滝沢はサポーターじゃないのかとか言ったら近藤さんに失礼かw
私も一応は滝沢=サポーター説を持ってるので、当たってると嬉しいですけど、可能性は低くなったか?
えーと、で、私としては知らないと思いたいです。
そうでないと、滝沢が記憶を消す理由が無くなる。
公式サイトを見ると、2話で滝沢が近藤と接触したのはノブレス携帯の事を聞き出す以外に警察手帳の在処の観察までしてたって、本当かよ。それが、今回の警察手帳の奪取に繋がってるのか。
やはり、滝沢の能力は並ではないと思う。サポーターっぽいけどね、どうかなぁ。

滝沢がショッピングモールを買い取ったのは2万人のニートを収容する為でしょうね。
果たして、本当に滝沢は2万人のニートを殺そうとしたのか。何故、ニートでなければ、駄目なのか。それが「この国を正しき方向へ導く」ことになるのか。
話にどう絡んでくるのか、この辺りも楽しみです。

このゲーム、自分を犠牲にできない者に正義を語る資格は無いみたいなものなんですかね。



にしても、咲はレイトショーの後に滝沢を捜したりしなかったんだろうか。普通に捜せば、見つかりそうなものですが、はてさて。
今後は滝沢と咲の二つの視点で話が展開されるでしょうか。
滝沢の方は履歴を辿って他のセレソンに会いに行くことになりそうですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/281-de73674f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。