スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

724106?

2009年05月13日 23:34

今月は珍しくも音楽CDを3枚も購入する月なんですよね。
まぁ、だからって訳じゃないけど、今月は毎週水曜日を日記更新日として、購入したCDについてさらっと感想書いてみようかな。

第1弾はtacicaの「jacaranda」。

率直に言えば、よくあの1stALから一年でこの2ndALになったなと。
期待していた通り、曲が格段に良くなってますね。おかげで、今回は1曲1曲が映えてます。
アルバム全体の流れもすばらしく、曲順も考えてあることが窺えます。
「ジャッカロープ」は確かに「アースコード」に匹敵する曲かもしれない。正直、「アースコード」級の曲は当分出てこないだろうなと思ってたので、この一年でメンバーが色んなものをいい意味で吸収してきてくれていて、それが嬉しいです。この成長度合いは異常なほどです。
この曲は小西さんが作曲なんですよね。tacicaのほとんどの曲は猪狩さんによるものですが、今後も何曲かはメンバー全員で担当してくれるといいな。猪狩さん一人に任せるんじゃなくてね。



さて、ここからはいつものように無駄?話。

週刊少年ジャンプにて「めだかボックス」という作品が連載開始されましたが、無駄に引き伸ばすとかバトル要素入れるんじゃなくて、めだかちゃんの説教でいろいろなことを教えてくれる作品であって欲しいかも。
まぁ、めだかちゃんの絶対的な正しさは読む人によってはイラッとするでしょうね。だから、あのめだかちゃんを真っ向から否定するキャラクターが出てくるとは思いますが。
で、何でこの作品を取り上げたかと言えば、原作が西尾維新さんというのもあるけど、暁月あきらさんの絵が叶恭弘さんっぽくなったなぁと思ってね。
実は、ジャンプSQ.に叶さん連載始めてくんないかなぁと思ってる一人なので、この作品、週刊じゃなくて、SQ.でやってくれたらなぁって。叶さんにしろ、この作品にしろ、月刊向きだと思うんですがね。

うん、で、「放課後ウインド・オーケストラ」が事実上の打ち切り?になりましたね。
一応、続きは別雑誌で描かれるようですが、そこで終わるのか、続くのか。まぁ、次でコンクールを描いたら、話としても単行本のページ数的にもいい具合だし、やっぱり、終わりかな。
このままだと「アイレボ-Ice Revolution-」も終わりそうだよなぁ。
王道じゃない題材はやはり生き残るのは難しいのか。
どちらも好きなんですけど、現在のジャンプSQ.は他のも強力ですからね。しばらくはこの体制でいいと思ってたんですけど、空気の入れ替えは必要になるんでしょうね。願わくば、これからの新連載がいい作品でありますように。

今週の「白い春」は現在までで最もベストな回だったと思います。
それまでのちょっぴり泣けるような、また、笑えるような小さなエピソード群が積もりに積もっての今回の春男とさちのラストシーンだと思う。

人を殺したその手で、誰を守れるというんだろう?

きっと、そんなようなことが提示されてたんですけど、それでも自分の子供を守っていきたかったという春男の思いが伝わってきて、見ていて本当にくるものがあった。あれ、画面が歪むよ。
最終的には長いネタバレ予告キター!とか、ちょwプレゼント告知wとか最後まで楽しませてもらいましたよ。



今日のタイトルは、あれですよ。
「084」が「おはよう」みたいなものです。
ポケベルが主流だった時によく使われてたのかな?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/285-e32f5ccb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。