スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東のエデン op.5~今そんなこと考えてる場合じゃないのに~

2009年05月22日 20:06

滝沢がこれからの決意を固める第5回。
夢を見るのはもう終わり。



・もうほっといて

<あらすじ>
内定者面談に臨む咲。しかし、そこで咲は大人の社会の現実を突きつけられる。咲の悲痛な想いを聞いた時、滝沢は社会に蔓延る見えない敵と闘うことを決意するのだった。



<感想>
今回の話は自分にとってもタイムリーな話だったので、咲の姿を見ていくのは辛かった。
加えて、咲の場合は大好きだった人のこともあって、もう色々な思いが複雑に絡み合って、自分だけではどうにもならなくて、それで、滝沢に対して自分の気持ちを思いっきり吐露する訳です。
今回は1話で咲が語った「日本にあるどうにもならない重たい空気」というものがどういうものなのかってことと滝沢がそれに立ち向かう決意を示した回でしょうか。



前者に関しては、こんな感じ。
大人っていうのは、確かに嘘は言わないけど、本当のことも言わない。
具体的に言うなれば、自分にとって都合の悪いことは言わないんです。
そのくせ、大人たちは子供たちには本当のことだけを求めるんですよね。「嘘は吐いちゃ駄目」って。
そうして、本音でぶつかっていったら、今度は否定される、拒絶される。
じゃあ、あなたたちはどうしてほしいの?って考えたら、否応でも子供たちはなってしまうんですよ。自分があれほど嫌っていた大人に。嘘を言わず、本音を言わず。
咲自身はどういう思いであの言葉を吐き出したかは咲自身にしか分からないけど、私はこう感じてます。咲はそうした大人になるのが嫌だから、あがいているんだと思います。子供のままで大人になるのを夢物語だと思いたくないんだと思います。けれど、自分だけではどうにもならなくて。

加えて、咲は義兄への想いも捨て切れません。義兄が好きだからこそ、姉と一緒に仲睦まじくやっている姿を見たくないんでしょう。
それなら、いっそ切り捨てて欲しいと咲は思ってるんですけど、義兄は優しい。だからこその、その優しさが痛いんだって。
しかし、咲がそんなこと言える立場ではありません。面倒を見てもらって、且つ、会社まで紹介してくれました。咲はまだまだ大人に守られてる子供なんです。これもまた、自分だけではどうにもならなくて。

子供のままじゃいけない。でも、大人になんかなりたくない。

そうした矛盾を抱えて、咲は生きてきたんだと思います。POPの「もうほっといて」は全てのことから逃げ出したい今の咲の心の底からの願いなんでしょう。

そうした咲の想いを受け取って、滝沢は決意を固める訳です。そんな大人が創り出す社会なんて変えなきゃ駄目だと。
ここで、1話のアバンでの咲のモノローグに繋がる訳ですね。本当の意味での「王子様」になったんだと思います。
後者に関しては、キスは少々強引な感じもしますが、視聴者に理解させるにはうってつけだったと思いますね。

もう少しこれらの部分に触れさせてもらうと。
大人の視点から見ると、また変わってくるのでしょうね。
今までのは子供の視点で好き放題言ってるだけですから。
それから、咲は必ずしも「いい人」としては描かれてないはず。
大杉くんを無意識の内に傷つけている訳ですから。
だから、これまで書いたのはあくまで咲を通して見た咲の、私個人の考え。
今回の話は他の方はどう受け止めているのか、興味深いところです。



さて、それ以外でも色々と話は動いていて。

まずは、最初に出てきた石居。滝沢が集めた二万人のニートの一人でしょうか。滝沢に対してあーだこーだと言ってましたが、最終的には感謝してるみたいですね。コンビニ袋が「THANK YOU」だったのも印象的。
滝沢の狙いはニートの社会復帰を促す事だったのか。もしくは、さらにその上をいく狙いがあったのか。

後は、二人の新たなセレソン登場。
黒羽の方は大杉くんと急接近しそうですね。次回以降は彼女との戦いがとりあえずはメインみたいか。にしても、大杉くんって背、でかいのな。過去にバスケでもやってたのかなぁとかイメージだけの短絡的思考。
物部の方はラスボスっぽい感じですね。ロマンチスト vs リアリスト。1話で出てきた謎の男もこの人みたいで、当面はセレソンの中で最も手強そうです。



次回はタイトルがそのままサブタイトルにもなってて、重要回にでもなりますかね。
まぁ、リサイクルコミュニティサークル「東のエデン」という意味でのサブタイトルだと思いますが、ちょうど折り返しにもなり、今回で、序盤が終わった感じだし、次回からが本当の戦いという意味でも、ナイスなタイミングでのサブタイトルですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/288-87cb0a93
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。