スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙をかける少女 op.23~秘剣、輝く~

2009年06月15日 20:41

ラストに衝撃の事実が明かされる第23回。
そして、とうとうレオパルドの自己実現達成率は100%に。



・その悲しみを乗り越えて

<あらすじ>
ベンケイとつつじの助力もあって、辛うじてクサンチッペの追撃を振り切ったいつきたちは無事にレオパルドの下へと戻ってきた。しかし、ベンケイのハイパージャンプがネルヴァルサイドにレオパルドの座標を教えてしまうことになる。再び、迫るクサンチッペの影。レオパルドに対抗する術はあるのか―――。



<感想>
某所でも散々予想されてましたが、その予想が外れてたらいいなぁって思ってたよ。
ええ、イモちゃんが生きてましたね。
そりゃさ、感情的には嬉しいよ。ただ、作品的には駄目だと思うけどなぁ。
秋葉に対して放ついつきやほのかの想いの叫び。秋葉がネルヴァルを倒そうとする意志。
これらは、イモちゃんの死があってのもので、イモちゃんが生きてたら、まるっきり説得力が無くなっちゃうような。



レオパルドとクサンチッペのブレインコロニー戦は今回も力入ってたと思います。
その一方で、何故かQTアームズ戦や高嶺とアレイダの対決は蔑ろにされすぎ。ブーゲンビリアとミンタオはいつも通りで光ってますけど。
新型QTアームズが今回で初披露されましたが、これまでがこれまでなので、新型が出てもどうも。
しかし、まぁ、宇宙の歌うお姉さんは毎回ご苦労なことです。
必ず誰かしらにボディを傷つけられて・・・不憫です。
挙句の果てには、イモちゃん殺しの罪まで被らされて、あぁ。



イモちゃんの生存で、獅子堂サイドのネルヴァルサイドへの見方が変わったりするんでしょうかね?
何か、螺旋の迷宮に迷い込んだ感じで、どう収集つけるのか。まぁ、色んな意味で楽しみです。
それにしても、皆が皆、秋葉に最後の希望を感じるのは黄金銃を扱えるただ一人の人だからでしょうか?それ以外に、秋葉が「何か」を持ってる感じが未だに見えてこないので。
それだと、秋葉は「人」ではなく、「道具」として見られてるようで可愛そうね。いつきやほのかは別として、ね。



ベンケイとつつじはこれでお役ご免なのかな?
最終回にちょこっと出番があるってとこでしょうか。
もう少し活かせると思うけど、まぁ、残念です。



「秘剣、輝く」・・・高嶺お姉さまの秘剣も輝いて欲しかった。



次回、イモちゃん奪還作戦?
残る謎は神楽絡みのものだけになったかな。「軌道喫茶 えにぐま」に残されたメモの内容やアレイダに至る過程とか。



・「宇宙をかけるラジオ」 第23回
ゲスト、ゲストと願ったら来てくれました。南里侑香さんです。
今回のラジオは最長時間更新でしょうか。
恒例のお題に基づいた二人の百合関係?がいいですw
これまでのゲストの中で一番付き合いが長いようで、確かに一番関係のいいトークだったと思いますね。聴いててほんわかしたわ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/305-57668f50
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。