スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIFA コンフェデレーションズカップ2009 グループリーグ Bグループ イタリア vs ブラジル

2009年06月23日 23:51

FIFA コンフェデレーションズカップ2009 グループリーグ Bグループ イタリア vs ブラジル
2009.6.21(日) 20:30 プレトリア




イタリアの試合はEURO2008以来ですが、その時のチームの出来は散々なものでした。
あれから、一年。
どれだけ変わったのか。
それを期待して観ていました。

前半開始早々、イタリアの左サイドはマイコンによって完全制圧されましたね。ヤクインタは何処にいたのか。
左サイドを潰され、中央のトーニにボールは収まらず、右サイド頼みになりますが、ボールの来るところが限定されれば、ブラジルとしても守るのに苦労はなく、再三インターセプトして、カウンターに結び付けられましたね。ブラジルは守備→攻撃への切り替えが早く、SBが戻る前にカウンター。結果、3対3の状況を何度も作り出し、ゴールに迫ります。
ブラジルの得点は時間の問題。そんな中、1点目は左サイドを制圧したマイコンから生まれました。マイコンのシュート気味のボールをルイス・ファビアーノが綺麗にトラップして、流し込みましたね。
この直後、リッピ監督も早々に左サイドの主導権を奪い返そうと、ほとんど空気状態だったヤクインタを変え、ジュゼッペ・ロッシを投入。
しかし、この時にはもうすでに時すでに遅しでしょうか。
再三許していたカウンターからさらに追加点を奪われます。
今回の勝負は前半45分で決まってしまいました。
後半にさらに空気状態のモントリーヴォ、トーニに代え、ぺぺ、ジラルディーノを投入。左サイドにイタリアで唯一奮起していたカモラネージを配置し、左サイドの主導権争いを五分に戻し、若干の流れは引き寄せるも、運動量の少ないイタリアはブラジルの守備陣を崩すことは叶わず、結果、ミドルシュートのみに頼ることに。守備にしても、プレスが全くなく、ブラジルにパス回しをさせる余裕まで。
結果、3点リードを奪ったブラジルは、時間の使い方も巧く、貫禄の勝利でした。



まぁ、イタリアにはがっかりさせられたかな。
いやー、変わってないなぁwむしろ、酷くなってないかい?
W杯王者の称号も最早、過去の栄光ですね。
相変わらずの運動量の少なさには驚きを通り越して、呆れました。頑張ってるのが、カモラネージだけで泣けてきた。
今のイタリアの凋落の象徴の一人がトーニのような気がします。もちろん、彼一人に責任がある訳ではないのですが。何故、シュゼッペ・ロッシやジラルディーノを先発で起用しなかったんだろう。まぁ、彼らもパッとしませんでしたが、それでもトーニがいた時よりは良かったと思う。
そして、もう一人がピルロ。個人的にピルロも思い切って外した方がいいんじゃないかなぁと思ってる。EURO2008でもスペイン戦はピルロが出場停止で出られませんでしたが、その時の試合が最もイタリアらしい試合だったんですよね。今のイタリア代表は彼に依存している部分が大きすぎて、他のプレイヤーが怠けてる感じがするんで。もちろん、代役がいないのも確かなのですが。
一番の問題は、二列目にプレイヤーがいないことだと思う。スペインではイニエスタ、ブラジルではカカのような存在ですね。トッティが代表引退して以来、空席状態が続いて、それが、ピルロ依存に繋がってるのかもしれない。
いずれにせよ、このままでは、W杯連覇はほぼ無いでしょうね。今回の試合や大会の結果をどう受け入れるか。選手以上にリッピ監督が深く受け止めて欲しいですね。自分の方針をがらっと変えないと時代に取り残されてしまいますよ?

ブラジルの試合はドイツW杯以来ですが、こちらもそこまでの衝撃は無かったかな。
ドゥンガ監督が本国で毎回のように非難を浴びまくってるようですが、それは守備的だからとか?いう感じですよね。
確かにカウンター一閃って感じで、かつての「超攻撃的」というフレーズからは遠い印象でしたかね。でも、グループリーグは全て3得点以上とやはり攻撃のチームでしょう。ルイス・ファビアーノ、ロビーニョ、カカの三人だけで攻撃が成立するのはさすがといいますか。
後の事はまだ分かりませんね。正直、ブラジルが良かったというより、イタリアが悪すぎたので。中盤や守備の真価は次の試合ではっきりするかな。



まぁ、物事に絶対は無いのですが、今回の大会はスペインの優勝でしょう。
今のスペインのチームに並ぶどころか追随するチームすら見当たらない。アメリカのみ試合を見ていないので、何とも言えませんが。
大方の予想と同様、私の予想も決勝のカードはスペイン vs ブラジル。けど、それ以外のカードになったらなったで、それは面白いよね。
ジャイアントキリングを起こすなら、イタリア、ブラジルと渡り合ったエジプトだと思ったんですが、最後にアメリカに完敗とは。
ならば、次の可能性は開催国の南アフリカか。スペインとの試合もなかなかの出来ではありましたし、ホームというアドバンテージは大きいですからね。
さぁ、どうなるか。楽しみですね。




RESULT

イタリア 0-3 ブラジル

0-1 ルイス・ファビアーノ(前半37分)
0-2 ルイス・ファビアーノ(前半43分)
0-3 オウンゴール(前半45分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/310-d800537c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。