スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIFA コンフェデレーションズカップ2009 決勝トーナメント ファイナル アメリカ vs ブラジル

2009年06月29日 23:55

FIFA コンフェデレーションズカップ2009 決勝トーナメント ファイナル アメリカ vs ブラジル
2009.6.28(日) 20:30 ヨハネスブルグ




アメリカの基本戦術はスペイン戦と同じ感じで、守備時はDF陣と中盤の8人で中央を固め、トップの2人は前線で張ることでディフェンスラインの押し上げを妨害します。攻撃時は前線で待つトップ2枚と中盤2人(ドノヴァン、デンプシー)によるカウンターが主です。
前半はスペイン戦で実践したことがそのままブラジルにも通用した格好でしょうか。スペインの攻撃陣を完封した守備陣はブラジルの攻撃陣でも容易に崩すことは叶いません。そうして、奪ったボールを的確に繋いでゴールへと結びつけていきます。
特に、2点目のカウンターは綺麗でした。ブラジルのSBはよく上がるので、カウンター時には2対2の状況に。その後、ワンツーリターンからドノヴァンのトラップ、シュートと完璧な形で決まりましたね。

前半はアメリカの理想の展開だったでしょう。
後は、残り45分、同じサッカーができるかどうか。それだけでした。スコアの上でも、精神面においてもアメリカに分がありました。

しかし、後半開始直後にその思いを鈍らされます。
アメリカに油断があった訳ではありません。けれども、失点を許してしまいました。
あの得点はブラジルの個の能力の高さが窺えますね。
前を向くスペースをわずかに与えただけで、ターンされて、シュート。そして、股下を抜かれてゴールですよ。
あの得点を防ぐには本当に体をぶつけて密着マークして、前を向かせないようにしないといけなかった。毎回のようにやっていることを、一度たりとも、疎かにしてはいけなかったんです。もちろん、ブラジルもその一度を見逃さずにゴールに結びつけるところはさすがとしか言うまい。

結果として、この失点は非常に痛い失点となりました。
持っていたイニシアチブも余裕もいつのまにかブラジルに奪われていきました。それは、ライオンがウサギを狩る時にも全力を尽くすように・・・という印象でしょうか。必死に逃げるウサギとそれを追うライオンの図が見えます。

ライオンがウサギに追いついたのが後半29分。
カカのサイド突破から同点弾は生まれました。

ブラジルは確かに強いが、どうにもパッとしない。
この大会が始まってからの私のブラジルに対する印象ですが、その中でもカカはやはり、ワンランク上の選手ですね。
前半からそうでしたが、カカは繋ぎ役となって、サイドへ散らしたり、また、自身でドリブルを仕掛け、フィニッシュにまで持っていったりと多彩なプレーができますね。一人だけ別格の輝きです。

2-2の同点。
最早、アメリカに前半終了時の精神的余裕も勢いも無く、どうにかしてこのまま試合を終えるしかなかったでしょう。
当然、ブラジルがそれを許すはずはありません。ライオンがウサギを噛み殺す瞬間は後半39分。トドメは交代で入ったエラーノのコーナーキックからルシオのヘディングでした。この段階で、アメリカの集中力はもう切れていました。

終わってみれば、2-3でブラジルの逆転勝利。
ブラジルの地力を見せつけられたような試合でしたね。
そして、決勝戦にふさわしい面白い試合展開でもありました。
何だかんだと言ってもブラジルは勝っちゃうねぇ。結局、今大会は全勝で優勝ですよ。
アメリカはドノヴァンが活きなくなってきたのが辛いところでしたね。攻守において抜群の存在を見せていただけに、消えてしまうと、その影響も大きいです。後は、ハワードがよく守備陣を纏め、すばらしいセーブを見せていたのですが、あれだけシュートを浴びると、大変ですよね。毎試合のようにシュートの雨嵐だったようで、もう少し、シュートを潰せると楽だったのですがね。



最後に、まとめを少し。
W杯の前哨戦のような意味合いもある今大会ですが、優勝はブラジル。続いて、アメリカ、スペイン、南アフリカ。
今大会を盛り上げたのはアメリカと南アフリカでしょう。W杯ではどこまで実力をつけてくるか楽しみです。せめて、グループリーグは突破できるといいんだけど。まぁ、アメリカはまずW杯出場を決めるところからだけどさ。

優勝はブラジルでしたが、相変わらず、私の中では、スペインが一つ抜け出してる印象なんですよね。それに続くのが、イングランド、ドイツ、オランダか。その次位にようやくブラジルという感じなのですが、どうですかね。
まぁ、まだW杯出場国が出揃ってもいませんが、やはり、W杯は待ち遠しい。
個人的にはウクライナにW杯に出てきて欲しいが、クロアチアが・・・。世間では終わった選手と思われても、私は、やはり、シェフチェンコが見たいんだ。ミランなのか?チェルシーなのか?はたまた、別のチームなのか?とにかく、何でもいいから、試合に出ているところが見たい。

そういえば、3位決定戦も面白そうでしたね。あれも、観たかったなぁ。




RESULT

アメリカ 2-3 ブラジル

1-0 デンプシー(前半10分)
2-0 ドノヴァン(前半27分)
2-1 ルイス・ファビアーノ(後半1分)
2-2 ルイス・ファビアーノ(後半29分)
2-3 ルシオ(後半39分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/315-37922d3f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。