スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東のエデン op.10~誰が滝沢朗を殺したか?~

2009年07月01日 23:59

セレソンゲームの真相が明かされる第10回。
そして、失われた記憶が再現される―――。



・限りない絶望を抱いて

<あらすじ>
突然のノブレス携帯のコール。相手の名は物部大樹。物部と共に滝沢は播磨脳科学研究所へ向かう。そこで、明かされる真実とは―――。



<感想>
今回の話は、セレソンゲームの真相No-01物部大樹とNo-10結城亮の思想、そして、滝沢が記憶を消した理由が判明する回でしょうか。

セレソンゲームの真相はどうなんですかね。あくまで、物部の推理であることは当然忘れてはいけないのですが、大方のところは当たっているのでしょう。少なくとも、全て間違いということはないはず。そうでないと、このシーンを入れる理由が分からないし。
嘘を吐くのが上手い人は本当の中にさり気なく小さな嘘を入れるという。おそらく、ある一部分だけが決定的に間違っているのだと思います。さてはて、それは何処なのか・・・?



No-01物部大樹とNo-10結城亮の思想について。これは、前回も気にかかってた点ですね。
物部の考える「この国を正しき方向に導く」方法とは、ダウンサイジングして、グローバルな競争力をつけること。その為には、既得権を貪る老害と怠け者の排除をした方が早いと。
結城の思想としては、既得権益の再分配。その背景には、結城がワーキングプアであることが関係しています。
そして、これらを成し遂げるには一度日本を破壊して、戦後からやり直すべきだと。
この点で二人は共通して、協力関係にある訳ですね。
No-02辻仁太郎はとりあえずはそれに乗っかっているというところでしょうか。
ちなみに、物部の推理では、亜東才蔵は自分のやり方で正しかったのか疑問視したところからセレソンゲームが始まったそうですから、亜東才蔵=Mr.OUTSIDEにとっては、このようなことも容認という訳か。

しかし、物部が板津を殺す理由がやっぱり分からんな。結局、滝沢に真実を教える訳だしなぁ・・・一般人には知られたくないってことかもしれんが、うーん。

そして、滝沢が記憶を消した理由。
物部が語るには、自分が助けた人たちと協力した仲間、双方に裏切られたからということらしい。今回のサブタイトルの主語に当てはまるのはこれらのようですね。
自分が助けた人たちとは、一般民衆のことですね。ここでは、代表として咲がフォーカスされてますが。
もっと、すごいことが起きればいいのに・・・
もちろん、実際に日本にミサイルが落ちるとなれば、こんな呑気なことを言ってる場合ではないし、言わないとは思いますが、自国ではなく他国の出来事(=アニメの世界、「東のエデン」の世界)であれば、私たちも咲と同じ感想を漏らすのではないでしょうか。
この咲の台詞は2話でも出てきているのですが、一体どれだけの人が2話の段階でこの台詞を問題視できただろうか。

滝沢に協力した仲間は、誰でどんな人でしょうね。
何となく、同じセレソンのような感じがしますが、辻だったりするかな。それとも、まだ見ぬセレソンか。
出てきてないナンバーはNo-03、No-06、No-07、No-08、No-12ですね。その内、No-12がサポーターでしょう。物部がまだ把握し切れてない人が二人いて、一人はサポーターの可能性が高いとして、もう一人が誰なのかもちょっと気になる。
物部はサポーター=Mr.OUTSIDEと推測してましたが、それは勘弁だな。自分が創ったゲームに自分が参加して何の意味があるっていうのか?あくまで、Mr.OUTSIDEはある信念に基づいてこのゲームを設定して、サポーターの勝利を願っている程度の位置づけであって欲しい。



次回、最終回。60発のミサイルを巡る戦い。
滝沢は記憶を失ってもやっぱりどこまでも滝沢で、ミサイル攻撃をすることに対する反応は記憶を失う前の滝沢と同じでしたね。けれども、前回と違うのはその結果を知っていること。このことによって、滝沢の行動は何か変わってくるのでしょうか。そして、その未来はどうなるか。



・「東のエデン放送部」 第6回
神山監督がゲストということで、いつもより濃く「東のエデン」について語ります。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/317-45f58e70
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。