スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東のエデン op.11~さらにつづく東~

2009年07月08日 17:40

この国に王子様が誕生した第11回。
再びのミサイル攻撃に滝沢が選ぶ道とは―――。



・次なる道は

<あらすじ>
記憶を失う前の滝沢朗はかつて10発のミサイル攻撃から一般民衆を救った。そして、自分が助けた人たちと協力した仲間に裏切られ、絶望し、記憶を消した。そして、2009年2月19日午前8時―――再び、ミサイルが日本中を襲う。その数、60。かつてと同じ状況にある今、記憶を失った後の滝沢朗が選んだ道とは―――。



<感想>
結果として、広い意味では、記憶を失った後の滝沢はミサイル攻撃から一般民衆を救った。記憶を失う前の滝沢と同様に。
滝沢が選んだその結果が素直に嬉しい。
ミサイル迎撃シーンは綺麗でしたね。挿入歌もいい味出してて、たまらなかったです。

狭い意味としては、記憶を失う前の滝沢はテロリストになることで全てを終わらせようとした。
しかし、記憶を失った後の滝沢が選んだ道はこの国の王様になることでした。
こうした違いが生まれたのは咲がいたからですね。前回の時は、全ての人に裏切られ、絶望したけど、今回は違う。ただ一人、信じてくれた人がいるからこそのこの道なんですよね。
王子様になった滝沢がいる日本のその後は、劇場版Ⅰ"The King of Eden"で、ってところですかね。



「迂闊な月曜日」と「二万人ニート失踪事件」についてのまとめ。

「迂闊な月曜日」とは、No-10結城亮が10発のミサイルを持って主要政令6都市を攻撃した事件。
No-09滝沢朗の活躍により、被害者がゼロであったことと、このことに対する首相のコメントが「迂闊だった」というところからこの事件は「迂闊な月曜日」と呼ばれる。

「二万人ニート失踪事件」は、文字通り、二万人のニートが失踪した事件。
ただし、その真相は以下の通り。
滝沢が「迂闊な月曜日」の際に助けた住民が二万人のニートだった。やがて、彼らはどうして、ミサイル攻撃を予知できたのか?何か別の目的があるのでは?滝沢に対して不満や疑惑を持ち始めた。やがて、事態を傍観していた人たちが避難住民=二万人のニートをネットを通して誹謗中傷を始めた。それから守る為に滝沢は偽名を使って二万人のニートを豊洲に集めて、一時的にドバイに送ることで彼らを守った。

で、合ってるかな。
「迂闊な月曜日」はともかく、「二万人ニート失踪事件」は咲の言うとおり「複雑かつ奇妙」でちょっと理解しきれてないかも。
何で二万人のニートを集めて、ドバイに送る必要があるのかが分からない。
滝沢がテロリストだと公表することで、二万人のニートも傍観していた人たちの怒りの矛先が一つに集中するのは分かる。となると、二万人のニートに対する傍観していた人たちの誹謗中傷の矛先が滝沢に変わる訳で、世間の目から隠す必要が無くなる気もするんだけど。うーん、完全には消えないということか。
「一時的に」というのは、世間はいずれこのことから関心がなくなると思ってのことでしょうかね。しかし、石居が先に戻ってきていたのはどういった理由だろう?

と、ここまで書いてウィキペディアを見てみると、二万人のニート=避難住民ではなく、住民を助ける為に滝沢が集めた有志みたいな書き方ですね。確かに改めて絵を見ると、そんな感じもするかも。ただ、これだと避難住民が誹謗中傷される謂れはないし・・・こまけぇこたぁいいんだよ!ってことにしておく?



物部はよう分からんが、実際には、本気ではなく、牽制程度のつもりだったのかな?

辻は思ったよりも一癖も二癖もありそうな人物ね。
辻の読みで物部=サポーター?というものがありましたが、サポーターのノブレス携帯は「林檎のように赤い」らしいので違うかな。まぁ、ノブレス携帯を二つ持ってるっていうなら、話は別だけど。
えっと、近藤のように誰かのノブレス携帯を奪ってとかじゃなく、最初から持ってるってことね。つまり、最初からNo-01とNo-12の役割を持っているとかね。一人二役。あり得るかな?

結城は・・・まぁ、頑張れ。劇場版では結城の逆襲が見られること間違いなし!
この手のキャラはいい具合に壊れてくれそうだwある意味、物部よりも面倒な存在になるかも。

そして、板津は生きてましたね。
ここで、フェードアウトさせとくべきだと思うんですが、まぁ、劇場版でまだ出番があるってことでしょう。
また、私の認識を改めさせてくれるような展開に期待したいですね。亜東タクシーの運転手も気になる存在ですね。



最後は、どうなったんでしょうね?
一応、私の考えとしては、記憶を戻した方に一票投じたいけど。
自分を信じてくれる人ができたからこそ、今度は前を向いて闘える。そういうことの表れなのかなと。
咲のコートのポケットにノブレス携帯を入れたのは、一緒に闘っていこうとかそんな感じ?

ちなみに、「東のエデン」ってどこを指してるんでしょう?
日本?アメリカ?それとも、両方か?

辻の「ミサイルなんか落ちなくたって、この国はすでに死に向かっている」という台詞に代表されるように日本はエデンとはかけ離れてるような気がします。
Mr.OUTSIDEの考案したセレソンゲームが実を結んで、これからエデンになるという意味で日本=東のエデンなのか。

滝沢はアメリカで何になろうとしていたのか―――。
絶望した滝沢は内側から日本を変えることを断念して、アメリカで王様になろうとしていたんじゃないかって。ホワイトハウスに拳銃を向けてたのもその決意の表れか?んで、外側から日本を変えていこうとしてたとか?今の日本に比べれば、アメリカはエデンのようだという意味でアメリカ=東のエデンなのか。

"The King of Eden"―――劇場版では滝沢は日本にいるのか、アメリカにいるのか。
まぁ、日本にいるような感じするけどね。黒羽を助けてあげないといけないし。
実は、黒羽との再会が一番楽しみだったりする。



この作品が始まる前から、公式ページで取り上げられていた二つのキーワード―――「迂闊な月曜日」と「二万人ニート失踪事件」―――の真相と繋がりは一応、最終回で明かされました。
確かに、サポーターって誰よ?とかMr.OUTSIDEって何よ?とか、まだまだ謎を残したまま終わってしまったのは、残念ではあるけど、上記二つの事ですら劇場版に持ち越しの可能性も考えてたので、ここを解決させたのは良かったんじゃないかと思うんですがね。
アニメはアニメで謎を残さず綺麗に終わって欲しいというのが、理想ではありましたが、最初から劇場版の告知はされてた訳ですし、こういうエンドもあり得ると予想していたので、まぁ、しょうがないと割り切りましょうよ。
とりあえずは、TVシリーズ終了ということで、スタッフ、キャストの皆さん、本当にお疲れ様でした。

しかし、この作品、「11日間の物語」のはずでしたが、実際には11日間経過してませんよね?
残りの何日かはどうなのでしょうね。劇場版はここから半年後の話らしいですけど、回想みたいな感じで挿入していって、その残り何日かがまた重要になってくるのかもしれないですね。

後、初回に全ての謎を解く鍵があるってことでしたが、個人的に一番すばらしい伏線は、やっぱ、2話の咲の台詞「もっと、すごいことが起きればいいのに・・・」ですね。前回と話題がかぶるところですけど。
まさか、これが滝沢が記憶を消す要因の一つになっていたなんて思いもしないし、同時に日本に蔓延る問題点を暴き出すなんて考えもしませんでした。
明かされてみれば、どうしてそこに疑問を抱かなかったんだろう?とそればかりです。
今回、咲が言った「不確かな情報や自分にとって都合のいい噂で簡単に自分の意見を変えてしまう無責任な大多数」って台詞も痛いね。自分の胸にきます。



いや、しかし、みっちょんの「大丈夫。あの人たち、多分、二次元にしか興味ないから」には噴いたwこれは、効いたwみったん、サイコーw



・「東のエデン放送部」 第7回
花澤香菜さんの中では坂東英二さんの物真似が流行ってるのかw
「喰霊-零-」のwebラジオでも白石稔さんがよく物真似してたなぁ、しかも上手かったという。
今、声優界でも坂東英二さんが熱いのねw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/319-e17173d6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。