スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANAAN op.1~洪色魔都~

2009年07月25日 23:10

作品の雰囲気を伝えたい第1回。
上海の異常性、その背後にあるものは―――。



・魔都、上海

<あらすじ>
上海に集う三人の女性―――カナン、アルファルド、マリア。彼女たちの物語がここから動き出す。



<感想>
原作ゲームは未プレイです。
なので、どう語ったものかとも思うのですが、的外れな意見があったらお見逃しを。

完全にゲームプレイ済みの方専用アニメ?と思いつつも、そう思いたくない人。
カナンとマリアの出会いは原作にあるのでしょうか?まぁ、仮にあったとしてもアニメ内でも後で再現してくれると思って待ってます。後、シャムって誰ー?教えて、エロい人ー?まぁ、ウィキペディアで調べれば早い話ですが、この辺も後にフォローが入ると信じて楽しみにしてますわ。

今回はサブタイトルからも上海の異常性さえ出せれば良かったのでしょうね。それが、ひいては作品の空気みたいなもんと受け取って貰えればってとこなんじゃないかなと。「魔都」は何となく分かるとして、「洪色」はどう考えればいいんだろう?人々の色んな思いが洪水のように溢れ返ってるとかそんな感じかな。
ただ、分かるのはマリアは可愛いってことリャンとカミングズが変態だってことだねw田中理恵さんはまたもや妙な色モノキャラですねw

人が死んでもそれを見て見ぬ振りをする上海の人々。その背後には何があるのか?それを解明していく物語なのかなぁと思っているのですが、どうなのでしょうね。ただ、人が死んでもマリアも平然としてたのはどういった訳か。さすがに、マリアは悲鳴をあげるとか過剰反応を示すと思うのですが、この辺りも原作かな?

タイトルがタイトルなので、「カナンの物語」なのでしょうが、「マリアの物語」でもあるっぽいですね。EDなんか見てると。

カナンとアルファルドの敵対関係
カナンとマリアの友情関係


この二つがメインの見どころでしょうか。ここにアルファルドとマリアの関係がどう構築されるのかも気になるところですね。もちろん、夏目やサンタナ&ハッコーの他勢力?がどう絡むのかもね。
カナンも元は「蛇」の一員だったのですかね?それが裏切ったか何かで組織を離反して目をつけられてるって感じか。

そうそう、意外だなと思ったのは、カナンってもっと中性的な声なのかと思ってたんだけど、ずっと女性的でしたね。



次回・・・もどうも雰囲気的になるらしいですね。次は戦闘シーンがもっとメインに来るのかな?今回だけでも十分にアクションシーンのすごさは伝わりましたけどね。



・「マリアとユンユンの上海飯店で会いましょう」 第1夜
何ともし難い二人の間に流れる微妙な空気。戸松遥さんの元気っ娘も空回り気味で聴いてて少し痛々しく感じたり。回を重ねる毎によくなるって思いたい。南條愛乃さんのクールと戸松遥さんのホットがいい具合にかみ合うといいんだけど。まぁ、ほぼ初対面のような、あまり話をしたことがないような関係っぽいので、しょうがないと言えば、しょうがないんだけどね。「GA」のwebラジオでの名塚佳織さんとのやり取りもそうですけど。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/324-5238a2df
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。