スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANAAN op.6~LOVE & PIECE~

2009年08月22日 22:58

愛と平和を唄う第6回。
「蛇」がその牙を剥く。



・動き始める大いなる陰謀

<あらすじ>
対テロ国際会議が始まり、「蛇」の計画が動き出す。



<感想>
ふむふむ、元々はアルファルドに「カナン」の名が与えられてたのか。
しかし、シャムは後に、滅ぼされた村である子供を見つけて再び「カナン」という名を与えた。そして、アルファルドはどういう経緯かそれを知って、シャム殺害やカナンに目をつけるという行為になるわけかな。
アルファルドに関しては、シャムはその役目を終えたのか見捨ててしまったのか不明ですけど、この辺りも後々分かると思いたい。

かつて自分に与えられた名を与えられた子供。シャムは私ではなくその子供に何を見出したのか。

アルファルドがカナンに対して持っている思いというのはこんな感じですかね。
マリアの役割が「生きること」と言ったのは、カナンにとっての「友達」という特別な存在がシャムがカナンに見出したものを自分に見せてくれるかもしれない存在だからか?この辺りは、以前に会っていると思われるアルファルドとマリアの過去を見てみないと断定できませんね。ここも、原作の方になるのかな?きっと、フォローはあると思いますが。
また、カナンがシャムを「家族」のように慕っていたように、アルファルドもシャムを「家族」のように慕っていたのかもしれないですね。だからこそ、自分ではなくカナンを選んだ?シャムが憎くて列車での出来事になったのかなって思います。ましてや、かつては自分にくれた名前を別の人間につけたとなれば、その憎しみも増すってものです。

アルファルドとマリアの関係、アルファルドとシャムの関係が繋がった訳で、欠けていた「PIECE」は埋まった。
個人的には、シャムがどういう人なのかがまだ気になるところですがね。ある戦争の英雄みたいな人なのかな?



さてはて、対テロ国際会議でアクションを起こした「蛇」ですが、アルファルドの目的は未だ分からず。
ですが、一つには「自分の力をシャムに証明したい」ってのがあるかもしれません。シャムが関わると妙に「親に意地でも反抗する子供」のように思えるのは気のせいじゃないよね。

しかして、その本命は?
事務次官に投与したウーアウィルス。その力を世界に知らしめたいのか、別の目的があるのか。
今後の展開において、ウーアウィルスがキーになるのは分かるけど、どういう展開になるのか楽しみですね。



リャンは完全に空回り気味のご様子ですね。アルファルドとしてはカミングズの方がよっぽど使えると判断してるだろうなw
しかし、カミングズも変態と言えど、あのリャンによくついていってるよなぁと感心してしまうw変態のレベルがいくらか違うわw

リャンについては、これまた、貧弱な私の妄想の話ですが、「愛」に飢えてるんだろうなぁと。きっと、親に捨てられた過去とか持ってるんだろうなぁとか。そんな時に、下手にアルファルドがリャンを救ったせいで、それ以来、リャン様は「アルファルド命」になっちゃったと。
個人的には、リャンにはもっと複雑なバックボーンがあると面白いのですが、どうなるでしょうか。その辺りも、期待したいです。少なくとも、上の妄想は斜め上にスルーしてくれると助かります。



と、まぁ、リャン様はいつものリャン様でしたが、合衆国大統領には何が起きたのかw「LOVE&PEACE」にオーディエンスはノリノリだったが、各国の代表はひいてたなw

御法川もウーアウィルスについての情報を知って、とうとう動き出しそうですね。彼の活躍はここからだ。
ハッコーもねぇ、「喋れない」んじゃなく「喋らない」のね。声が能力になっているのか。能登麻美子さんがようやく喋りましたw



それにしても今回は、田中理恵さんが大活躍でしたねwSDリャンとかも彼女がやってるんですよね、おそらく。すごいなぁ。後に、「機動戦士ガンダムSEED」のラクスを彼女がやっていたのだと知って驚いたのは懐かしい話。



次回、カナンと御法川がマリア救出に向かってる展開。カナンは嫌でも活躍するだろうから、次回はミノさんの活躍に期待したいかな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/334-642d5560
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。