スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANAAN op.7~慕漂~

2009年09月02日 01:47

アメリカの爆撃を阻止せよ!の第7回。
打ち立てられる墓標。まだ名前は刻ませない。



・カウントダウンの鐘が鳴る

<あらすじ>
対テロ国際会議は「蛇」によって混乱の渦に飲み込まれ、合衆国大統領をはじめ多くの人が囚われの身に。彼らを救出する為にアメリカが動くが、ウーアウィルスの被害拡大を恐れた彼らが取る手段とは―――。



<感想>
今回のアルファルドの目的は何だったのか?

サンタナの予想通り、世界大戦を望んでるって事はないでしょうし、とりあえずは、アメリカを貶める事がそうだったのかな。5話から今回までの一連の流れを全て描いていたって思うと、アルファルドのすごさが窺えますね。当然、アルファルドはこの先も描いているでしょうから、当分はアルファルドの思うままでしょう。最後の最後でカナンたちの思いが結実してアルファルドの企みを超えるってのがこの作品の終わりかな。さてはて、アルファルドの真の目的は何所にあるのか?

それにしても、ミノさんは活躍しなかったなぁ。今回は絶好のタイミングだと思ったんですがね。あそこは警備員を振り切ってくんなきゃ。

後、カナンとリャンの対決もあるのかと思いきや。リャンはどこ行っちゃったんだw



さて、今回で折り返し地点ですね。
アルファルドも本格的に動き出し、ユンユンの再登場に期待して、サンタナやハッコーも今回の出来事を経てどう動き出すのか、そして、夏目の「過去と向き合う為」という言葉の意味は?なかなかいい具合に進んでいるんじゃないでしょうか。



しかし、私がこの作品の中で一番好きなキャラクターって、実は、カミングズなんじゃね?
アルファルドとリャンの間で揺れるカミングズ。テロリストだから「いい人」と言うのも違うだろうが、「いい奴」だw



次回、カナンの体に異変?共感覚の過剰使用の影響とか?
そういえば、マリアパパも出てきましたね。マリアとの遭遇シーンもある?



東海地方では最速から約二週間遅れになりましたね。てっきり、遅れを取り戻す為に2話連続とかになるのかと思ったら、そのまま進むのね。もしくは、最後にそうするのかもしれないけど。
まぁ、私の場合、元々書くのが遅いので影響ないのかもしれないけど、どうしても先の情報を知りたくなっちゃうんだよねぇ。抑えるのに苦労してます。



・「マリアとユンユンの上海飯店で会いましょう」 第4夜
すいません、全然関係ないけど、CMでfripSideのボーカルが南條愛乃さんになったということを知って驚いた。どんな歌声を披露してくれるのか楽しみです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/338-665c60da
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。