スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密の小道

2010年01月23日 23:57

劇場版の「なのは」と「Fate」のとんでもない列の長さには噴いたw
そんな私は、呑気に劇場版「文学少女」の前売券を購入してました。特典目当てですね。
某所ではすこぶる評判悪いみたいですが、まだまだ文学少女歴の浅い私には、そういう意味では偏見もなく楽しめるのかも。
原作は「"文学少女"と死にたがりの道化」を読んだのみです。続きが読みたい。
これから、漫画の「"文学少女"と美味しい噺」を読みます。



NHK木8ドラマの「とめはねっ!」が面白いですね。
原作との展開の相違や役者の演技はともかくとして、雰囲気の再現率はかなりのものだと。テンポの良さも○。
「君に届け」の実写版もこれくらいの出来なら文句はそんなに出ないだろうなと思うのですが、さてはてどうなることやら。
しかし、まぁ、これといい、「ちはやふる」といい、よくもまぁ、「書道」や「かるた」といった悪く言ってしまえば、マイナーな題材を選んで、上手く物語にしてるよなぁ。
そう思うと、物語の題材は本当にどこにでも転がってるんだなと思う。



「RAINBOW 二舎六房の七人」を読み耽っております。いい作品ですね。
しかし、この作品、アニメはどういう風になるのか気になるところ。うーむ。

話題の「アイ アム ア ヒーロー」も読みました。
これ、途中からものすごい展開になりますねw
どういうオチをつけるのか、先の展開が全く読めないという点ではかなりのもの。気になります。

「バガボンド」が年内に完結するということが話題になりましたが、「海皇紀」も年内に完結するようで。私的にはこっちの方が気になるかも。



何か気になるばっかだ。気になる気になる気になる木になる。

「宇宙兄弟」も読んでみたい。読んでみたい漫画がいっぱい。
お金があったら、ネットカフェに行けるのに。
お金があったら、ネットカフェに入り浸りそうだ。
いや、そもそも、お金があったら、買えばいいんじゃないのか?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/398-9afa207d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。