スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト op.5~山踏ミ・世界ノ果テ~

2010年02月09日 23:14

世界の果てを見る第5回。
その先にあるものは―――。

・私たちが生きている世界
ノーマンズランドを監視している装置をチェックする為に、「遠足」と称して南の境界付近へと向かう第1121小隊。その地でカナタ、クレハ、ノエルが見るものとは―――。

うーむ、難しい。
今回は何を書いたらいいのか。

これまでは「音」に絡めて何かしらのいいシーンがあって、いつもそれを取り上げてるつもりですが、今回は見る限り、それがなさそう。
おそらく、今回の監視装置やノーマンズランドの姿の描写は自分たちが生きている世界がどういう世界かをカナタたちに実感させる為に必要なものだったのでしょうが、それにしてももう少しストーリーに濃さが欲しいところ。毎回、言ってるような気もしますが。
今回なら、カナタ、クレハ、ノエルら三人に試練を与えてるわけなんだから、もっと過酷な状況に追い込んで、仲間同士の対立を煽って、最後にはそれらを乗り越えて結束が深まる・・・という王道展開が個人的には欲しいよ。いや、やってはいるんだけど、どうにも淡泊に見える。あっさりし過ぎてるというか。もっとこの辺りに時間かけられないかなぁ。Aパートはもっとスマートに纏まりそうだけど。Bパートにもう少し比重を置くべきなような。
何か伏線描写に気を取られ過ぎて、肝心のストーリーがおざなりになってるような気がする。気のせいかな?



愚痴ばっかりなのもダメなので。

いやぁ、それにしても髪を下したクレハは可愛かったですなぁw
普段と違う髪型で来られるとこう・・・来ますよね(何がだw)。これも、「ギャップ」ですよね。
それから、ノエルの冗談を言った時の赤らめた顔も良かったよ。
クレハとノエルのコンビが好きですね、きっと。



次回、初めての給料と休日にカナタは―――。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/405-6e8b7661
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。