スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト op.6~彼方ノ休日・髪結イ~

2010年02月13日 22:46

第1121小隊の隠れた危険な事実が判明する第6回。
衰退してゆく世界の中で、それでも「生きる」ことを止められない。

・闇の中に差す一筋の光、光の中に在る確かな闇
セーズに来てから初めての休日。カナタは初めてもらった給料を手に街へと繰り出す。その頃、小隊内では何やら不穏な動きが―――。

困ったことに、前回に引き続き愚痴しか書けそうにありません。
ここまで、この作品を好きで見ている方はあまり見ない方が吉かもしれません。

今回は二つの話が展開されましたが、いずれにせよ表現したかったのは、カナタたちが生きる世界が私たちが思う以上に深刻な状況に陥ってるってことだと思う。でも、その中でも生きる喜びや希望みたいなものは見出だせるよって感じかな。

まぁ、例の如く、話は薄味かなと思います。
一つの話を一回で完結させるのも難しいのに、二つの話を一回で展開するなんてよっぽどの技量がないと無理ですよ。
そういった話の弱点をこの作品は毎回、構成や演出でカバーしてるおかげで、ギリギリのラインで留まっているわけですが、それもここまで来れば、限界に近いんじゃないでしょうか。



密造酒の話は、話自体は悪くはないけど、好きな話じゃないな。
何が気に入らないかって、小隊全体で副業のことをカナタに言わずに隠しておくことが気に入らないんですよね。
もちろん、フィリシアたちが隠しておきたいと思う気持ちは分かります。けれども、それが彼女たちなりの優しさだと言うなら、勘違いも甚だしいと思う。
彼女たちがカナタにあの副業を一生やらせないというつもりならいいですよ。しかし、この話をやった以上、私が思うのは、いずれカナタもあの副業をやらなきゃいけない時がくるんだろうなってことです。実際、同年代のクレハやノエルはやってるわけだし。
そんな中で、後でこんなことしてましたなんて知らされたら、カナタはどう思うでしょうね?
確かに、カナタは給料が遅配されないことに何かがあると気付けない人間ですが、軍に入った以上、相応の覚悟はしてると思うんですが、どうかな。
彼女たちのやってることはただの「自己満足」じゃないかなぁなんて思ってしまうわけです。

しかし、まぁ、この娘たちは可愛い顔してとんでもないことしてますよねw
そういうところも「ギャップ」なのかもしれない。だからこそ、よりこの世界のハードさが際立つっていうか。

後、前々から伏線があったようですが、イマイチ効果的じゃなかったような。
この話自体がまださらに後の伏線になってるっていうなら感心なことなのですが、この話はこれで終わりのような気がします。



一方のユミナとミシオの話は良かったと思いますが、時間が無い分、過程も短くなりますよね。ラストシーンがいいだけによけいに残念。
かと言って、長く割く時間があるかと思えば、あるとも思えず、良かったと言っておいて、やる必要あるのかなぁとは思ってしまう。そういう余裕がある作品とは思えないんですけどね。やるなら、一回分使ってきっちりやって欲しかったところ。



最後に、二つの話の総括。
上記で書いたようなことを表現したかったのなら、五人の関係を描きながらやって欲しいというのが私的感情。やる必要はあると思いますが、今回の話はあまりにも最後のリオの言葉に説得力を与えたいが為としか思えない。あれも後半に活きてくるんだろうなとは思うけど。
それから、この話、もっと前にやるべきじゃないの?とも思った。
現状、振り返って見ると、1→2→6→5→3→4の順番が最も綺麗な気がするんですけどね。



そんなわけで、非常に辛口です。本当、好きで見ている方には不快なことこの上ないでしょうね。ごめんなさい。
でも、これも期待値の高さ故ですよ。
一応、ここまでは想定の範囲内と覚悟してたので、まだ絶望はしてません。ここから盛り返す作品もいくつか(ってほどじゃないけど)知ってますし、この作品もそういうタイプの作品だと思ってます。
とりあえず、ウォームアップはこの辺でいいでしょう。何となく、次回からが本番って感じですし、「アニメノチカラ」の本気に期待してますよ。



次回、フィリシアの過去。胸の奥底に潜む想いとは―――。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/407-06fca936
    この記事へのトラックバック

    (アニメ感想) ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第6話 「彼方ノ休日・髪結イ」

    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る セーズにやってきてから初めての休暇に、カナタは張り切って街に出ました。 偶然にもその日は、街の中央広場で市が開かれる日。 初任給を手にあちこち見て回っていたカナタは、教会の修道女・ユミナと...

    ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第6話「彼方ノ休日・髪結イ」

    かわいい顔して…まさか 裏稼業やってたとはね(ノ゚ο゚)ノ\(゜□゜)/ これも生きていく術なんだろうけど、すでに小隊の伝統になっていて、ナオミさんまでグルとは。 裏稼業に足がつきそうになって取引先とタッグを組んで一芝居。 みんなノリノリだあw フィリ...



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。