スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

school food punishment Quattro oneman tour “NEXT vol.2”

2010年02月15日 23:37

school food punishment Quattro oneman tour “NEXT vol.2”
2010.2.6(土) 18:00 名古屋クラブクアトロ



<セットリスト>
01.butterfly swimmer
02.art line
03.pool
04.close,down,back to
05.egoist
06.煙に白
07.flow
08.曖昧に逸れる
09.浮かび上がる
10.future nova(新曲)
11.fiction nonfiction
12.line(新曲)
13.you may crawl
14.light prayer
15.futuristic imagination

EN1.パーセンテージ(新曲)
EN2.sea-though communication



<感想>

「butterfly swimmer」が始まった瞬間、去年、初めて彼らのライブを見た時の衝撃が甦ってきて、胸の鼓動が高鳴り始めます。しかも、私にとっては、今回はベースの山崎さんも復帰して初の完全版school food punishment。

そこから、立て続けに「art line」、「pool」、「egoist」と続いて、少しずつschool food punishmentの世界に引き込まれていきます。「you may crawl」を含め、この辺りの曲はライブでも定番になってるだけあって完成度が高いです。
そして、聴いてて思ったのですが、これらの曲はメロディーラインを楽しむ曲だなぁと。歌よりも音がメインになってるんですよ。声が前にあって音が後ろにあるんじゃなくて、音が前にあって声が後ろにあるっていうか。内村さんの歌声がBGMみたいな役割で音を引き立たせてるように感じますね。面白い曲です。

MCを挟んで、「煙に白」、「曖昧に逸れる」、「浮かび上がる」はそれまでと一転して、地味な印象の曲が並んだ感じだったかも。
まぁ、ほとんど初めて聴いたので、私が真価を分かってないんですよね。特に、スローでキャッチーじゃない曲は何回も聴かないと真価は分かりません。
こういうのは書かない方がいいかもと思いましたが、その時感じたものをやっぱり書いておきたい。
ただ、内村さんの歌唱が魅力的なので、聴き惚れてしまいます。

ここからは、メジャー以降の曲が多く並びます。そして、静→動の雰囲気へと少しずつ移り変わっていきます。
school food punishmentの楽曲は基本的に静的なものが多いかなと私は感じているのですが、「fiction nonfiction」は珍しく動的な楽曲で、盛り上がりますね。内村さんの歌唱が、本当、不思議なもので、さっきまでしとやかに歌ってた方とは思えないほど、この曲や「butterfly swimmer」ではキュートな感じで歌いあげますね。楽曲に合わせた歌唱ができるのが内村さんのすごいところだなぁと思います。

「light prayer」、「futuristic imagination」は「東のエデン」でおなじみの楽曲。知名度ではやはりこの二曲が高いのかな。
「light prayer」は山崎さんがコーラスで入って欲しかったなぁというのがあります。この曲、あの部分が好きなんですよね。

新曲については、やはり、一回聴いただけでは何とも言えないのが本当のところ。
「line」は今時のロックバンドのようにガシャガシャした、これもまた珍しく動的な曲だったかな。ただ、「fiction nonfiction」のように面白い感じの曲ではなかったかもしれない。
「パーセンテージ」は音が少なく、スローテンポな静かな曲。極限まで音を引いていった曲なのかもしれない。これも、何回か聴いて初めて真価が分かるような曲でしょうね。



インディーズの頃の曲からメジャーになってからの曲まで幅広く揃ったセットリストとなり、正にschool food punishmentの歴史を凝縮した二時間だったのではないでしょうか。さらには、ツアータイトルを"NEXT"と冠するだけあって、新曲三曲も引っ提げてのご登場。欲を言えば、c/wからもう一曲だけでもいいから聴きたかったかなというのが本音ですが、それは傲慢かな。いずれにせよ、とてもいいライブでした。
次のワンマンライブ(『amp-reflection』release tour"Switch")も決まってるので、ぜひとも行きたいなぁ。1stALの発売も決まって、アルバムツアーですね。ますます楽しみなところ。

それにしても、「you may crawl」の異次元っぷりには言葉もないw
私の中ではすっかり「school food punishmentと言えばこれだ!」っていう代名詞的な曲になりました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/409-fb603970
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。