スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼年期の終わり

2010年03月28日 22:31

若干、憂鬱な気持ちで今回の日記は始まります。
とうとう、この日が来たかという感じでございますよ。私の引きこもりライフも今日で終わりか。半ニート状態だったこの半年とちょっとは本当に良かったなぁ(遠い目)。

まぁ、言うほど引きこもってたこともなかったんだけど。
去年の今頃は就職活動で奔走してたなぁと街でスーツ姿の学生を見ると思いだします。泣けてきます。
私なんかは六月まで決まらずで、「もう疲れたよ、パトラッシュ・・・」と思っていたところで、どういう因果か決まりまして。
それが本当に不思議なもので、決まったところは割と専門的な知識が要されるようなところで、事実、私以外の方はそういう畑の出身で知識も持ってるんですよね。研修で顔を合わせた時に、自分だけそういう知識を持っていないことを痛感させられて、何で私を取ったんだろうなぁ、あはは・・・な感じでございまして、ええ。
親や人事の方は、入社してから学べばいいとは言うものの私以外にも似たような奴がいるならいいけど、そういう奴がいない状況で、そんなチャレンジャーなことできるかぁって感じで微妙に去年から焦ってたわけで。一応、その間、本を読んだりして、知識を得てきたつもりですが、まだまだ他の方とは遠く及ばないよなと感じております。今になって、できることはまだあったんじゃないかと考えてしまう日々。正に、後悔先に立たず。本当、時間を上手く使える人間になりたいなぁ。
「自分が世界で一番不幸だ」とよく思うけど、その不幸を幸福に思う人は世の中にたくさんいて、実際、私より苦労してる人はいっぱいいる。憂鬱とは言ったものの、本当、自分はまだ幸福なのかもしれないのだから、頑張らないとな。

夏はバイトに明け暮れ、秋~冬は卒業論文でひいひい言わされ、実質、引きこもりライフと言えたのは二月だけだったような感じ。
まだまだやりたかったことはいっぱいあったなぁ。まぁ、本を読んだり、音楽聴いたり、映画やアニメを観たり、ゲームをやったり・・・ってそんなのばっかですけど、そういうことが今の私の生きる希望で、それがなくなったら、自分は何をしたらいいのかって状態になりますよ。
幸いにも、仕事も全く興味のない分野ではない(そもそも、興味のないところに行くくらいならフリーターの方がマシだ!ってのは甘い考えなのかな)のですが、楽しさや喜びを見出すのはおそらく難しいと思う。まぁ、こればっかりはやってみないと分からないし、まだまだ経験値の少ない若造の戯言かもしれないし、可能性は限りなく低いですが、そうなったらそれはとってもいいことかもしれない。
今まではお金がないけど、時間があった(それでも足りないくらいだった)。これからは、時間がなくなるけど、お金が入る。欲しいものもいっぱいあって、そういうのはきっと手に入るようになるんだろうけど、時間がない。いつもいつも選択しなくちゃいけない。両方を求めるのは無理なのが世界のシステムなんだろうね。



で、今月はというと、引っ越しですよ。これが、しんどかった。今も微妙に片付いてないし。

恋と選挙とチョコレート タペストリー

真っ先にしたのは、タペストリーを部屋に飾ることw
「恋と選挙とチョコレート」の千里と衣更のタペストリー。これまでタペストリーって何ぞや?って感じでしたが、通販で何となくの気持ちで頼んでたのですが、実物を見て、これはいい!とすっかり興奮してしまいまして、ええ。いや、すっかりタペスタラー(???)ですよw誰か来てもすぐに仕舞えるしね。まぁ、誰か来ることなんて年に一回あるかないかですけどwビバ、タペストリーライフwニヤニヤ眺めるのが最早、日課。気持ち悪いという言葉は聞こえない。

まぁ、こういうことをしつつ、他にも色々と。

清浦夏実「十九色」ポスター(サイン入り)

清浦夏実さんのイベントに参加したりね。ほとんど一月前の話だw
この時はポスターにのみサインの予定がそれ以外でもいいよってことになって、アルバムを持ってなかったのを激しく後悔した日でしたさwちゃっかり、みんなは持ってきてるし。うーむ、まだまだ経験値が足りん。
しかし、言いたいことは言えたのかなぁ。伝えたいことは伝えられたのかなぁと直接お会いして握手してお話するときにいつも思うのです。つい先日、牧野由依さんのイベント時(詳細は後ほど公開予定?)にも思ったけど、やっぱり緊張するのよ。そして、自分のコミュ力の無さに絶望するというw
それにしても、彼女は今後、地方に来てくれるだろうか。この時、自分以外には10~20人くらいしかいなくて、「きっと、ここでのイベントは最後かもな・・・」と思ったのはここだけの話。ライブに行きたいんだけど、都会ではなかなか難しいんですよね。でも、頑張って地方から出向くファンもいるわけで、こっちも頑張りが必要なんだろうなとも思う。


京都遠征

サンガドックとポテト

ちゃっかり、先週、西京極に行ってましたw京都遠征だ。
試合内容と感想を記事にしようと思ってたんですけど、すいません、完全に時期を逸しました。
仙台戦も勝って喜んでたんですけど、昨日の磐田戦の方がすごかったねw何で、私が観に行った時は柳沢はゴールを決めてくれないんだよぅ。まぁ、ともかく柳沢のJ通算100ゴールまで残すところ1。直接観たいけど、まぁ、無理だろうなぁ。はぁ。
反対に富山は夢のスコアでやられてて、泣きました。本当に世の中は上手いことできてる。

下の写真、せっかくだから撮ろうと思ってたのに、一口食べた後で気づきましたw


true tears Blu-ray BOX1

true tears Blu-ray BOX2

待ってましたの「true tears Blu-ray BOX」!
某所でみんなも盛り上がってるけど、私も盛り上がってる!私も再生機器ないけど、買っちゃったよw
まぁ、これに関しては紆余曲折ありましたが、私はあやひーこと高垣彩陽さんの愛の力に動かされて、購入を決めたので、画質とか画質とか無問題なわけで。でも、問題があったことは事実なので、次にちゃんと活かして欲しいもんですね。
次は「ZEGAPAIN -ゼーガペイン-」か!?とも言われてますが、どうなるのでしょう。「かみちゅ!」もBD化が決まりましたし、気になるのは「sola」か。
「true tears」の次は「かみちゅ!」欲しいなぁ。値段も「true tears」同様に安い方だから、かなり動いてるんだよねぇ。その前に、お前は再生機器を買えって話ですがw



って、感じです。何が?って感じですが。長くなってきて話の繋がりとか無視し始めてますw
仕事はやっぱり、ストレス溜まるものだと思うから、プライベートで発散させないと、と思ってる私でございます。
時間と引き換えにお金が。苦しみがあるから喜びがある。

幼年期は終わった。
明日から新しい日々の始まり。
それを幸福にするも不幸にするも全て自分次第。



ちなみに、「幼年期の終わり」はご存じクラークのSF小説より。
外国文学って文化が違うからかとっつきにくいなぁと思うことがある(まぁ、言うほど読んでるわけでもないのですがね。だからこそ、もっと読みたい)のですが、これは面白い。というか惹き込まれるなぁ。

こうやって、締めたつもりでもダラダラ続けるのがマイクオリティw
ちょっと真面目に書いたところもありますが、基本、のんびりダラダラ不真面目スタイルは変わらないと思いますw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/426-fc7897f7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。