スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト op.12~蒼穹ニ響ケ~

2010年04月02日 23:59

第1121小隊が戦争を起こさせない為に動く第12回。
空に高らかに響く音が世界を止める―――。

・蒼穹のヲト
ノーマンズランドの国境を挟んでヘルベチア軍と正統ローマ軍が睨み合い、戦争が始まろうとしていた。これ以上の悲劇を起こさせない為に、第1121小隊の乙女たちはタケミカヅチを起動させ、戦場の中心へ―――。

困ったな。最終回、普通に良かったよw
Aパートが始まった頃は、えらく絵も崩れてるような感じがして、やっぱ、ダメっぽいな・・・と思ったものですが、途中からだんだんとその考えを改めさせられることになろうとは。
特に、Bパートからのタケミカヅチのシーンは引っ張りに引っ張っただけあって見惚れましたね。BGMとの相乗効果もあって、カナタの「アメイジング・グレイス」までの一連のシーンは映像的に文句のつけようがない。

第1121小隊の面々も立ち位置がはっきりしていて、砦内でのやり取りも良かった。私がもっと見たかったのはこういうことなんですよね。



一方で、脚本的には相変わらず色々と思うところがあるわけで。

一番はカナタたちの行動が物語を通して大きな力になっていないということかな。
カナタの「アメイジング・グレイス」のシーンがその最たる例だと思うのですが、カナタの音に聴き惚れて、動きを停止させるまでも、それは一時的なもので、その後、敵軍は普通に進軍を始めようとしたわけで、人の心を変えるには至ってないんだなと。仮に、敵軍はカナタたちのことなど知る由もないのだから納得しても、ホプキンス大佐の心にカナタたちの想いは全く響いてなかった(アーイシャの心は変えることができたのかもしれないけど、個人的にはあれでは説得力が弱いかなと。そういう意味でのホプキンス大佐だと思ったんですが、あれじゃあ本当にただ物語を終わらせる為だけに出したキャラクターに感じてしまう)。
ここをどうにかするだけでかなり評価は変わってくると思うんですよね。某所で否定的な意見が多いのも肯けて、これまでの物語は何だったの?って思っちゃうんですよね(まぁ、その過程にしても今回のことと結び付けるにはえらく乖離してるような気もするので、これもどうかなと思いますが。全体的にちぐはぐ感は否めない)。リオにしろ、あれだけ時間を割いておいて、見せ場はあれだけ?って気持ちが大きいですし。

11、12話の展開はもっと時間をかける必要があったと思います。
私的に、6、8、10話は考える必要があると思いますし、ノーマンズランドがそれほど重要な設定でなかった(私たちが過大に捉え過ぎてた)ことを思うと5話もその余地がありますかね。



結構、この作品に対しては辛口に言ってきましたが、基本的には満足してますし、それなりの評価もしていいかなと思っています。
間違いなく、チャレンジしていた作品だったと思いますし、よくやってくれたなという思いもあります。何でもかんでも問答無用に別媒体の作品をアニメ化に持ち込む今のアニメ業界に一石を投じてくれたかなと。
本当にスタッフ、キャストのみなさんにはお疲れ様でした。

と言いたいところなのに、見事にその気持ちに水を差してくれた方がいましてね、ええ。まぁ、某所を見てる方たちはあの発言を知ってると思います。ここでは、わざわざ取り上げませんが。
どうして、最後の最後でこんな複雑な気持ちにならなきゃならんのだ・・・。



いずれにせよ、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の感想はこれにて終了!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/429-0d12c9f4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。