スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! op.4~Day Game~

2010年04月24日 23:05

プレイボール!の第4回。
青空に白球舞う。もう一度人生をやり直せるなら、今度はあの球を落とさないように、と強く願った。

「消えるな」
球技大会で野球に参加する為にSSSは各自でチームを創ることになった。音無は日向と組んで、メンバー集めに奔走するが、なかなか集まらない。それでも、何とかチームとして体裁は整った「チーム日向」は決勝戦へと勝ち進み、天使がいる「チーム生徒会」と対戦することに。試合は「チーム日向」が一点リードのまま、九回二アウト二、三塁の場面。残りアウト一つの場面で、日向が―――。

音無の役割が非常に気になる今回。
そういえば、天使の目的と同等に彼の素性も目下、謎でしたね。

おそらく、ゆりたちSSSとはまた違う存在だと思うのですが、どちらかと言えば、天使に近い存在のような感じがしますね。
天使が「人間を消す」存在ならば、音無はその逆。「人間を消させない」存在なのかもしれません。今回の日向に対する思いがこの予感に拍車をかけますね。

あの世界は「死後の世界」ですが、それでも、そこにいる当人たちは間違いなく「生きて」いて、その意味では「人間を消す」ということをしている天使は「悪役」のように見えます。
しかし、俯瞰的に死後の世界を見つめることができる天使「たち」にとっては自分たちの行為に間違っているところなどない、こうすることが正しいと信じています。
しかし、それに疑問を持ったのが音無で、神への反逆の罪として地上に堕とされたのかも。いわば、音無は「堕天使」でしょうか(これなら、ギルド降下作戦の際に最後まで生き残った理由も、記憶喪失の理由も説明がつけられるか?)。

音を奏で、譜面(世界)を思いのままにできる天使。
そして、音を奏でることができなくなった、音を無くしてしまった音無。

当初は、ゆりと天使が対局の位置にあるのかと思いましたが、意外にも音無と天使がその関係にあるのかもしれません。
3話で「悪役」という言葉を天使が自虐的に使っていたように見えたのが個人的には気になってて、やっぱり終盤は天使と音無らSSSが共闘して神への反逆をする展開になったりするのかなぁ?

まぁ、それはさておき、この場合、はたして、天使の行為が正しいのか音無の行為が正しいのか。

自分の人生に納得させて人間を消していく天使。
死後の世界とはいえ、生きてることに変わりはない人間を消したくない音無。

この辺りの葛藤も見所の一つとなり得るか?



と、こんな感じで、妄想ばかりは膨らむんですよね。
だんだんと制作サイドの思惑に乗ってきてるんじゃないの、これ?
本当、結末が気になるし、楽しみですなぁ。それだけに、失敗した時が怖いんですけど。

どうでもいい話かもしれないが、音無はサイドスローなのねw



しかし、日向の出番は思いの外、早かったなぁ。もっと後に取っておくのかと思った。そして、日向は野球少年だったのか。全然、想像つかねぇw
死の原因は「Angel Beats! -Track ZERO-」でも語られてましたが、あれにしても大元はドラッグが原因になるのか、ふむふむ。
ちなみに、そちらではゆり、日向、大山の三人の絡みが良かったので、本編でそれが全く見られないのが淋しいところ。その辺の余裕はさすがにないのかもしれない(BD/DVDのオーディオコメンタリーでは見られそうですね)。EDの絵を見てると、大山は日向より藤巻と仲が良さそうなのがZEROを読んでた者としては、何故か胸の内がざらつく。はっ、まさか、これって―――w



それにしても、相変わらずコメディとシリアスのバランスの悪さが気にかかる。
今回は割と面白かった方だと思うんですが、普段のギャグは狙ってやってるような感じが見え見えで笑うというより冷めてる私。

で、今回のオチとしてあれはどうだろうというのもありまして。
あの場面は「音無が何かする」ってことが重要で、その結果がああなったならそれは良かったのですが、ユイが入ってくるっていうのが、どうも。ユイが入る余地はどこにもなかったと思うのですがね。

そんなユイですが、やはりと言いますか、既定路線のようにガルデモのボーカルということになりそうですね。OPがユイの実力を披露する場面としてストーリーにそのまま組み込んでるのが上手い(ただ、やっぱり、OPはピアノが主になってるLiaさんのバージョンの方が好きですね。そして、EDも本当にいいよなぁ。OP/EDのシングルは欲しいなぁ)。



次回、Favorite Flaver。次も今回みたいなコメディ色の強い回になるのかな?



・「Angel Beats! SSS(死んだ世界戦線)RADIO」 第4回
今回は花澤香菜さんもいます(嘘w)。

このラジオ、私にとっては今のところ可もなく不可もなく、いわゆる「普通」のラインにあるので、実は、感想を書くのが難しい(ぇw)。その原因はどこにあるのか?
「100HIT」なんて本来は突っ込むのが本旨のはずなのに、上手いと感心しちゃってますよwその辺のズレに私は勝手に面白がってますがw

グッズなら、タペストリーが希望だなぁ。最近、本気でタペストリーに嵌ってるのでw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/438-02b91c1a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。