スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け op.25~新年~

2010年05月05日 23:06

一年の始まりの日が始まる第25回。
そして、再び、始まりの場所へ。

・滔々と降りしきる雪の中で(後編)-言葉にできない想い-
新しい年の始まりを一緒に迎えた爽子と風早。二人はお参りをしたり、おみくじを引いたりして初詣の刻を過ごした。そして、最後に二人が向かった場所は―――。

最終回は、それぞれに時間が割り当てられてましたね。

矢野ちんはまぁ、これからという感じなのでともかく、ちづと龍のシーンは短いながらもいい感じでした。
龍がしてきてくれてたことをちづもきちんと返していく、返していきたいという思いを持っていて、龍もそれに謙遜するのではなく、ちづの想いを自然と理解し、尊重しているからこそ、ためらうことなく、その思いを受け入れていました。この二人の関係も、やっぱり、いいよなぁ。



爽子と風早は相変わらずの甘々ですなw爽子が握っていた主導権は少しずつ風早に移っていて、手を差し伸べたり、幸福のお裾分けをしたりといつもの調子が出てましたねw

そんな二人がイベントの最後に向かったのは二人が最初に出会った場所。

個人的には、ここで爽子と風早の関係を終着させてもいいなとも思いました。お互いに告白して恋人同士になるという。
二人が最初に出会った場所で結ばれるというのは何ともドラマチックだし、そして、アニメとしての「君に届け」という一つの作品としても纏まりができますしね。
基本、原作付きのアニメはオリジナル展開を嫌う人が多いと思いますが、この作品に限って言えば、最後の最後にやってくれても良かったかなと。これまでがほとんど原作通りに進めてくれて、かつ質が高かったし、この作品のスタッフは非常にこの作品を理解しているなとか愛してくれているなとかが私にはアニメを通してよく伝わっていたので、おそらく、オリジナルの展開にしても納得の範疇にしてくれたのではないかと。



前回も少し書いたのですが、爽子と風早の二人はもう全く同じような気持ちを抱いていて、その点で二人は繋がっていて、それを見ている私たちにとっては、二人の前には確かな未来が待っていることを予感させています。

ただ、肝心の当人たちにはお互いが抱いている気持ちがまだ届いていないようなんですよね。「大好き」という気持ちは、特に。
もう届いていても不思議じゃないのですが、原作でもアニメでも届いておらず、まだ物語を続けるのには理由があって、おそらく、二人の前に「障害」がなかったからというのが私の考えとしてはありますね。
「友達」にしろ、「ライバル」にしろ、それができあがるまでに相当の困難があったことはすでに見てきた通りです。まぁ、二人の前に障害がなかったかと問われれば、これらのドラマの間にあったと言えば、あったかもしれませんが、それでも二人がお互いを信じる気持ちや大好きという気持ちの点では「揺らぎ」を与えることはなかったように思います。
「恋人」という関係にしても、それ相応の困難があって、それを乗り越えた末に、成立するものだということでしょうね。

アニメでは描き切れなかった「これから」は、原作では見られるわけですが、正に、今言ったようなことが展開され、描かれていたのではと思います。原作でのこの先の展開は少し冗長が過ぎるかなと思うところもあるのですが、やはり、必要なエピソードでしょうね。

そういう意味では、やっぱり、もう1クール用意しておいて、最後までやり切って欲しかった、より完璧にして欲しかったという欲は出てきますよね。



こんな感じで、色々な結末の仕方があって、色々と思うところはあれど、総じて満足のいく出来だったと言えるでしょう。
原作から知ってる方も、アニメから入った方も、ほぼ全ての人に愛される作品になったと思いますね。ストーリー展開にしろ、キャストにしろ、音楽にしろ、絵にしろ、文句のつけるところを挙げるのが難しい。あえて挙げるならDVDのみならず、BDも出してということくらいかw
2期にも期待ですね。そして、同時に1期のBD-BOXを出すという何ともやらしい戦略w見える、見えるぞw
こほん。
いずれにせよ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れさまでした。


しかし、「キミトド」は最後までマイペースだったなぁw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/441-6777a159
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。