スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 バイエルン・ミュンヘン vs インテル

2010年05月24日 00:37

2009-10 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 バイエルン・ミュンヘン vs インテル
2010.5.22(土) 20:45 サンチャゴ・ベルナベウ・スタジアム




今回、どちらが勝っても三冠達成という段階ですごいもんだと思うのですが、去年のバルセロナも三冠達成してましたね、そういえば。

まぁ、インテルの組織と個の強さが光った試合でした。

バイエルン・ミュンヘンはリベリーの欠場が響きましたかね。このチームは彼とロッベンの両サイドのアタックが魅力的で生命線だと思うので、その片翼を最初から失った状態では厳しいものがありました。
その上、インテルの組織的な守備は見事としか言いようがない。ボックスの外でボールを回すしかできないバイエルン・ミュンヘンが日本代表に見えましたよ。

インテルの攻撃は手数をかけず、シンプルなものでした。
1点目も2点目もディエゴ・ミリートが素晴らしかったですね。派手さはないものの、実に、基本に忠実なプレーの塊。ポストプレー、ドリブル、フェイント、そして、シュート。全てにおいて見るべきところがあったと思いますね。もちろん、そこに至るまでの各個人のプレーの正確性も言うまでもないですが。




RESULT

バイエルン・ミュンヘン 0-2 インテル

0-1 ディエゴ・ミリート(前半35分)
0-2 ディエゴ・ミリート(後半25分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/449-f62b12d1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。