スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が亡くなる

2010年06月07日 20:40

仕事をしているとそうなっているような気がする。
本当に自分のやりたいことができる人はほんの一握りしかいないものです。
それはただの諦めだと誰かは言うのかもしれません。
それを声高らかに叫んでいたあの頃に戻りたいといつも願った。
でも、もう戻れない僕らは今日もまたこうして小さな世界で慣れ合って。
心を取り戻していく。



日本人は働き過ぎだ、うん。

心が亡くなる。
だから、仕事が終わって、ほんの一瞬のプライベートな時間はとても大切で愛おしい。
自分の好きなことをしてうんと心を癒す。

私にとっては、本を読んだり、音楽を聴いたり、映画やアニメを観たり、ゲームをしたり・・・こうしてここでどうでもいいことをただ書き連ねたりすることがそれだと思う。

最近はアニメにかかる比重を減らしたはずなのに、一向に積んでる本やゲームが減っていかない。

ようやく、「織田信奈の野望」3巻が読み終わりましたよ。「司書とハサミと短い鉛筆」や「電波女と青春男」、「僕は友達が少ない」、「機巧少女は傷つかない」、「インポッシブル・ハイスクール」etc...新刊が出る度に買うが、たまってく一方だw早く最新巻に追い付きたいと思うものの無理なんだろうなと思ってますw



最近の楽しみは、欲しいものをあれこれ妄想することですね。

今までは、妄想しても無理なんだよなぁと諦めてたものが今ではすっかり働くようになってしまったので、嫌でもお金は入ってくるのです。
だから、妄想してても夢のような話ではなく、非常に現実的な話になってしまったのですよ。
今年中にはPS3もPSPもipodも買っちゃうよー!脱アナログ化しちゃうよ。

でも、レトロな時代があったことも大切にしていきたい。
いつも思い出すよ、あの時を。
忘れたくないよ、この時を。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/453-8bbb69f5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。