スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまで経っても絶望は消えない どこへ行っても希望は見えない

2010年07月04日 23:59

春からの約三ヶ月間、日記にはネガティブなことしか書いてねぇなぁってことに気づく。

まぁ、私自身、そんなにポジティブシンキングできる性質ではないもののそれまでは割と楽しいことも書いてたような気もするんだよね。



自分が世界で一番不幸なんじゃないか。



もちろん、自分よりずっとずっと不幸な人がいることは何となくでは分かっていてもそう思わずにはいられない日々の毎日。

はぁ。

先の未来には苦しいことや辛いことしか見えないなぁ。

もちろん、休日は自分の好きなように過ごしているけど、「仕事」の領域が「休日」の領域にも浸食してきて、心の底から楽しめてないことにも気づいた。

いつも思うんだけど、働いている他の人たちはよくこの環境で生きていけるなぁと感心してしまう。
多分、慣れてしまって、それが「当たり前」になってしまったんだと思うけど、私には今の環境が「当たり前」にはなりそうにもない。



とりあえず、「一年」働くことを目標にしてます。
それができたら、次は「三年」かな。
そんな感じである程度の体裁と経験と知識を手に入れられたら、今の会社は辞めてるような気がする。
そしたら、一年はのんびりと旅にでも出たいなぁ。
子供の頃から、ファンタジーが好きな身としては旅って夢とか憧れですよね。



あー、でも。

その後は、どうなるのかなぁ。

何て考え出すと、キリがなくなっちゃいます。

とにかく、親を悲しませないように。親より先には死ねんよなぁ。

そしたら、どうだろ?



最早、本気なのか冗談なのかも何もかも分からん状態です。
多分、ここで色々と書けてる状態なので、まだ私の精神は安定を保っているのかもしれません。でも、壊れる一歩手前かもしれない。



お前が死にたがった「今日」は「昨日」死んだ誰かが生きたかった「明日」だ。

これは誰の言葉だっけか?



さぁ、絶望の朝がやって来るw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/462-bfb4b549
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。