スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

free time.

2008年03月06日 22:52

旅行から帰ってきてからすぐに3日ほど学校があったので、久々に丸1日フリーでした。
昨日の記事は何だと言われましても、疲れていて覚えてませんわ。

とりあえず、3日分ほど録画して溜まってたアニメを見て、これまた溜まってた各々のwebラジオを聴いて、昨日買ってきたジャンプスクエアを読んだ。

アニメは、ただいま3月1日から「コードギアス 反逆のルルーシュ」と「天元突破グレンラガン」を1日1話見ていこう計画遂行中。

そんな訳で現在は6話まで進行しましたが、両方とも面白いと思う。

谷口悟朗さん監督の作品は全部見てきましたが、コードギアスはその中でも特に名前が知れ渡ってますよね。
やっぱりCLAMPが関わってる事が大きいのかな?
コードギアスは確かに面白い(まぁ、今の私の場合なら面白くなりそう、ですが)。でも、ストーリーや作画の質とか演出?とかを比べるんなら「プラネテス」や「ガン×ソード」とかももっと知られててもいいんじゃないかなぁとか思ってみたり(もしかしたら私が思う以上に知られているのかもしれませんが)。

グレンラガンは、あれだよ、あれ。バイストンウェルの・・・げふっ。
1~3話は割と良かったのに、4話ですごいテンション下がったなぁ。あれは絶対要らないだろ(コードギアスの6話もどうかなとは思いますが、それまでが重かったので箸休め的に持ってきたのかなと思えば容認できる)。
とりあえず、ヴィラルが出てくると燃えるなぁ(6話でラストちょっとの出番で次回がかなり楽しみだ)。熱いよ。檜山修之さんの声がいいです。
檜山さんの声は多分、「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」のシローが初だったと思うんだけど、いい声してるわ。こういう声を張り上げる系?かな、叫ばせるとなんか熱いんだよ、うん。私的にね。
Zのカミーユ役の飛田展男さんなんかも個人的には檜山さんと同じ感じ受けるかな。
Zの45話以降のカミーユ×ハマーン、カミーユ×ヤザン、カミーユ×シロッコのバトルは最高にたまんないです。カミーユの声といいセリフといい良すぎですわ。
劇場版Zでは見事に改悪されてたことに未だに怒りを感じてますよ。
本気でカミーユのセリフで言いたい。



暗黒の世界に戻れ!ハマーン=カーン!!(副音声:劇場版Z!!)



ジャンプSQは、創刊号から購入してます。久々に雑誌を購入してます。
多分、藤崎さんの「屍鬼」を連載してなかったら購入してませんでした。
藤崎さんの絵は好きです。特にカラー描かせると本当に鳥肌ものだよ。綺麗。美麗。
そんな「屍鬼」は今回もページ数が多い。毎回60ページ近くだから凄い。もう1巻出せるよ。
多分ですが、ジャンプSQの単行本はカラー付きそうですよね。テガミバチやドラゴノーツとかはあるようなので勝手にそう思ってますけど。
話が停滞してるように言われてますが、私はそうは思わなかったけどなぁ。ページ数多くかけてる割にはってことかな?今回の一連の出来事の中心にいるのが辰巳?って見せたり、夏野の近くもいよいよ危うい雰囲気になってきたぞとか、カラーの葵ちゃんに惚れるだけでも(葵ちゃんといい律ちゃんといい今後はメインとかになるのかな?と原作未読者は思ってみたり)十分今月分は果たしてると思うから、やっぱページ数の割にはってことかもしれません。
何となくだけど、来月か再来月に巻頭カラーのほうがもっと盛り上がってたんじゃないかなぁ。

「クレイモア」、クレア達がナンバー2を圧倒しました。このシーンちょっと長かったので、とっとと倒して次に進みそうで嬉しいんですが、苦戦どころか圧勝ですからね、クレア達強くなりすぎてないかい?まぁ、7年も間があるしいいのか。
しかし、これは本当に私のようなジャンプSQからのご新規さんにはぜひとも漫画喫茶でこれまでの話を見てきて欲しいかな。1、2巻はともかく3巻のテレサの登場からがこの作品の本当の始まりかも。ここからがんがん本が進む。進みましたね。

後は、今月から初まった「放課後ウインド・オーケストラ」。
何か主人公にすごい共感。てか君は私か、って位。
でも、漫画の中は綺麗な女の子と出会って、仲良くなって、楽しい青春が・・・なんだよね。
こうやって嘆くだけだから永遠にヘタレでチキンでダメダメなんだよ、私は。
だから、私的にこの主人公には自分からアクションを起こして欲しかったな。何か向こうから話しかけてどんどん展開してるような気がしたので。
他にも細かいところはいろいろありますが、まぁ、話も絵もあくまで無難な感じですが、こういう無難なと言いますか、王道的なものは普通に好きです。
同系統の先月で打ち切られた?「清く正しく美しく」があまりに酷かったので、私的にはこれでまたさらにこの雑誌にお金をかけても苦になんねーぜ度合いが上がりましたよ。



ふへー、久しぶりに長く書きましたかね。
まだ、映画の感想、旅行の感想、キミキスの祇条さんスキENDの感想と祇条さんメインの二次小説とか(1週間くらい離れてるから特に記憶が薄れつつある・・・うう)とか音楽の感想に、感想、感想ですが、書きたいことが溜まってるなぁ。

こうやってブログをやってみて改めて思うのですが、



思うことを文字や言葉にする大変さ



ってのをしみじみ感じる。
自分の文章力の無さもそうだし、その分野に関する知識の無さとか、そういうのをすごい痛感する。
もっともっと色んな事を知っていきたいし、いかなきゃなぁと思う。
時間もお金もどっちももっとあってほしい。
でも、どちらも限られているモノだからこそ、
私たちはたった一度の人生を価値のあるものと思って生きていかなきゃいけませんよね。檜山
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/47-b39ca02e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。